女性の転職 2018.07.10

20代前半の女性が転職成功するために知っておきたいポイント

女性の転職20代前半

同じ20代の女性でも20歳から24歳までの前半と、25歳~29歳までの後半では違いがあります。

このページでは20代前半の女性の転職のメリットや転職事情など、良い転職を実現するために、知っておくべきことをまとめてありますので、ぜひ参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

20代前半女性の転職事情

20代前半の女性は、いわゆる「第二新卒」の年代です。

少子化もあり、新卒採用では若手の人材を確保しきれない企業が多いことや、新卒から3年以内での離職率が常に3割程度になることで、若手の人材不足は深刻です。

新卒枠で確保しきれなかった若手の人材や、退職してしまった社員の分の人員は、20代前半の第二新卒の採用で補うことが多く、求人も多く転職はしやすいと言われています。

20代前半の女性が転職するメリットは下記の2点です。

  • 人物面重視のポテンシャル採用
  • 未経験職種にチャレンジしやすい

20代前半は大卒であれば、第二新卒と言われる年代です。

一般的に、第二新卒は社会人経験が3年未満の若手求職者を指しますが、この年代は即戦力としての側面より将来性を買っての採用の側面が強い為、実績やスキルをそれほど問われることなく転職することができます。

女性の場合は男性と違い、結婚や出産によって働き方が変わっていく人が多いので、企業としてもできるだけ若いほうが懸念材料が少なく、採用しやすいというケースも少なくありません。

また、人物面重視の採用なら経歴は問われずらく未経験職種へのキャリアチェンジも成功しやすく、現職が自分に合った仕事かどうか解らないという人にとっても、転職を検討するのに適した年代です。

20代後半でも25歳~26歳くらいまでなら未経験歓迎求人もある程度ありますし、それ以上でも未経験職種にチャレンジできないわけではありませんが、より即戦力が求められる傾向があり、実務経験が無いと応募できない求人も多くなります。

そのため、20代前半は実際に転職を決断するかは置いておいても、転職を検討してみる良いタイミングだと言えます。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

20代前半の女性が求められるもの

経歴が浅い20代前半の女性に企業が求めるのは「ビジネスマナー」と「吸収力」です。

数年でも社会人経験があることで、ビジネスマナーは身についている前提での採用になります。

社会人としての基礎ができていれば、新人研修でビジネスマナーを教えるような必要もなく教育コストが抑えられるというのが企業側のメリットですから、社会人として常識的な対応ができるかは重要な要素です。

また、年齢が若く、経験やスキルが問われづらい分、「早く仕事を覚えて活躍してくれる」吸収力や、上司や先輩の意見を聞ける素直さも求められます。

経歴は浅くても、仕事に対する工夫や努力したエピソードなどを交えながら、意欲をアピールすることが大切です。

リクルートエージェント

リクルートエージェント転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

20代前半女性が転職する際の注意点

20代前半の女性が転職する場合、企業は「またすぐに辞めないか」という点は不安材料になります。

もちろん、第二新卒の募集なら、企業側も早期退職をした人材だということは理解していますが、だからといって転職後にすぐに辞められれば困ってしまいます。

そこで、下記の2つのことをしっかり準備しておくようにしましょう。

  • ポジティブな転職理由を考える
  • 将来の事を見越したキャリアプラン

ポジティブな転職理由を考える

「また辞めてしまうかも」という不安を払しょくする為には、前職を辞める理由になった理由がネガティブでも、ポジティブな内容にして伝えることができるかが重要になります。

「ネガティブな退職理由」=「ポジティブな要素が発揮できないことが原因」

と考えてみると解りやすいでしょう。

例えば、人間関係が悪くて辞めたい場合、本当は建設的な意見を交わし合いながらチームワークの良い職場で働くことで、仕事上の成果を上げていきたいのかも知れません。

そうであれば、「もっと提案力を発揮して、会社に貢献したい」というポジティブな転職理由に変換できます。

人によって、退職理由の本質は違うでしょうから、自分でじっくり考えてみることが大切です。

将来の事見越したキャリアプラン

20代前半の女性であれば、目先のネガティブな退職理由やプライベートの充実など、今この時を充実したものにしたいという想いが強いかも知れません。

しかし、今の不満が解消されれば良いものではなく、5年後や10年後にどうなっていくのかもとても大切なことです。

しかも、将来のことを見越したキャリアプランがしっかり伝えられれば、ポジティブな印象を与えることが可能です。

20代前半の女性におすすめの転職サイト

20代前半の女性は、ほとんどの人が「はじめての転職」でしょう。

どうやって転職活動を進めていいか不安の多い人も多いでしょうから、「転職の達人」としては転職エージェントを利用することをおすすめします。

ただし、希望する職種によっては、求人検索型の転職サイトのほうが求人が多い場合もありますので、あなたの目的によって、利用する転職サイトを選ぶようにしましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

以前にウーマン・ウィルという女性専用のエージェントを立ち上げていたこともあり、女性の求人も多く保有し、女性の転職サポートに力を入れている転職エージェントです。

マイナビエージェントは20代の若手に人気がありますが、丁寧なサポートとホワイト企業の求人の紹介が多いという定評があり、サポート力を必要とする20代前半の第二新卒の女性にもおすすめできる転職エージェントです。

マイナビ独自の優良案件も沢山保有していますので、まずは登録して求人紹介とアドバイスを受けるようにしましょう。

DODA

doda
国内最大級の求人数を誇るDODAは、書類対策、面接対策などのサポートにも定評があり、全ての方におすすめできる転職エージェントです。

リクルートエージェントと並んで求人数が圧倒的なだけでなく、求人の紹介数が多く選択肢を広げやすいので、20代前半の女性にも使いやすいエージェントと言えます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントリクルートエージェントは、最大手の転職エージェントです。求人数が圧倒的な為、登録必須と言われますが、良い意味でも悪い意味でも効率的なため、手厚いサポートを期待する人には低評価になるケースもあります。

しかし、相性の良いコンサルタントについてもらえた時には、圧倒的な求人数を生かして、希望にマッチした質の高い求人を紹介してもらえる確率が高く、やはり外すことはデメリットと言えます。

20代前半の求人割合は多くはないのですが、求人数がDODAと同様に圧倒的ので、求人数では結果的に多いということになります。

特にキャリアアップを考えている人は必ず登録するようにしましょう。

typeの転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、サービスにこだわった質を重視した姿勢を貫き、高い年収アップ率を実現している転職エージェントです。

『女の転職@type』を運営するキャリアデザインセンターが運営。古くから女性の転職に力を入れているので安心です。

女性に人気のある事務職にも強みがあります。

業界内でも手厚いサポートに定評があり、大手との差別化を「サービスの質」で図る姿勢は転職者にとっては有難いです。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県)の求人がメインですので、首都圏の人にはかなりおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリア

『パソナキャリア』は、丁寧なサポートが評判の転職エージェントです。求人数は中規模ながら、拠点数が、外と比べて圧倒的に多いことからも、充実したサポートに取り組む姿勢を感じます。

20代前半女性の求人にも強くおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT
ここからは、求人検索型の転職サイトの紹介になります。

リクナビNEXTは、リクルートが運営する最大級の転職サイトで、転職者の8割が利用するほど人気があります。

求人数が多く、転職先の選択肢を広げるという意味では、登録必須の転職サイトと言えます。女性が活躍できる仕事も、多く取り扱っていて毎週、火曜日・金曜日に新規の求人が更新されるので、ちょくちょく求人をチェックしてみましょう。

スカウト機能で気になるオファーがあるまで待つのも有りです。

女の転職@type

女の転職@type
「女の転職@type」は、キャリアデザインセンターという、老舗企業の運営する転職サイトで、幅広い職種の求人を取り扱っています。女の転職@typeは、名前のとおり、女性の求人のみを取り扱う転職サイトです。

「事務・経理・人事などのオフィスワーク系」、「営業・企画・マーケティング系」、「サービス・販売系」に強みがあり、多くの求人が掲載されています。

女性限定の求人のみの掲載なので、求人を探しやすく、機能やコンテンツも女性向けなので使いやすいという人が多いです。

とらばーゆ

とらばーゆ
『とらばーゆ』はリクルートが運営する女性専門の転職サイトです。

女の転職@typeと比較すると、美容系・医療系の求人が多いのが特徴です。もちろん、オフィスワークや営業などの職種の求人も掲載されていますが、「アパレル・コスメ」「エステ・ネイル・美容師」「医療・歯科・介護・福祉」「看護系」の求人も充実しているので、希望職種によっては利用価値が高いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。