20代後半の女性の転職事情と正社員での転職成功のポイント

20代後半の女性の転職成功ポイント 女性の転職

20代後半の女性の転職は需要が高いため、キャリアアップを狙うにしても、未経験の仕事へチャレンジするにしても適していると言えます。

しかし、女性ならではの転職の不安もありますし、企業にどのように評価されるのか心配な人も少なくないでしょう。

このページでは20代後半女性の転職事情と転職成功のためのポイントを解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

20代後半の女性の転職事情

20代後半は、ある程度の難しい仕事を任せられるようになってくる年代です。そのため、経験やスキルを活かした転職はしやすいです。

また、まだまだ若くて柔軟性があり、新しい環境にも適応しやすいと評価されますから、未経験の仕事へのチャレンジも可能な年代です。

女性にとっても、プライベートを充実させるために、ワークライフバランスの改善ができる会社に転職したい。経験を活かしてキャリアアップしたい。など、希望を叶える転職をしやすい年代です。

女性の転職は30歳までという時代でもない

dodaが発表した2018年上半期のデータによれば、女性の転職の平均年齢は29.7歳です。

若い年齢で転職する人が多いことを考えれば、想像より高い年齢ではないでしょうか。

ひと昔前より女性の転職の年齢も上がっていますし、「30歳までに転職しないと」と年齢を意識しすぎる必要はなくなってきています。

しかし、何となく仕事をしてきた人の場合、アピールできるほどの経験やスキルがないなんてこともあるかもしれません。

思い当たる人は、年齢が上がれば上がるほど転職が厳しくなるのは現実ですので、20代のうちに一度真剣に検討してみるのも良いでしょう。

doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

20代後半女性に感じる企業の本音

企業が20代後半の女性を採用するときに懸念材料になるのは結婚と出産です。

すぐに結婚して辞められても困る

転職後にすぐ結婚して、会社を辞めてしまうようなことがあると、採用コストも教育コストも無駄になってしまいます。

また、仕事を続ける意欲があっても、結婚後は家庭のこともないがしろにできないですから、仕事の優先順位が下がり、残業ができなくならないかなども気になります。

ですから、20代後半の未婚女性の面接では結婚の予定があるかを必ずといっていいほど聞かれます。

仮に予定がある場合でも「すぐ予定があります」といえば採用しづらくなりますから、「良い人がいれば考えますが、現在予定はありません」と答えるのが無難です。

出産をすれば産休・育休がある

とくに既婚女性の場合は、出産の予定がないか気になります。

妊娠・出産は喜ばしいことですが、企業にとっては喜んでばかりいられません。

戦力になると思って採用したのに、転職後すぐに産休や育休に入られてしまうと、企業は負担ばかり掛ってしまいます。

利益がたくさんある大企業ならともかく、中小企業にとっては大きい痛手になりますので、採用しづらい面があるのは仕方ないところでもあります。

ワーキングマザーは採用しづらい

ワーキングマザーの場合、20代後半という有利な年齢を活かしづらいです。

というのも、小さい子供の育児中は、家庭優先になるのは仕方なく、仕事にいろいろ制約が生じる可能性が高いからです。

両親やパートナーの理解と協力があおげるのであれば、しっかり企業に伝えることで、採用しても大丈夫と安心してもらえる場合もあります。

しかし、子供がある程度大きくなり、子育てがひと段落ついたタイミングなら、影響が少なくなり転職しやすくなりますので、今いる会社でもうしばらく頑張るという選択肢も検討しましょう。

女性の活躍は支援したい

少子化によって人材不足が顕著になってきている近年では、女性の活躍を支援するという気運も少しずつ上がっています。

国としても女性活躍推進法の整備を行うなど、女性が働きやすい社会を目指した動きがあります。

女性ならではの視点で男性にはできない貢献をしてくれることも少なくないですし、女性が活躍することは企業も望んでいます。

ただ、結婚や出産、子育てというネックがある以上、採用に慎重になる企業も多いということは認識しておきましょう。

リクルートエージェント
転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細・登録はこちら

20代後半の女性が正社員での転職を成功させるためのポイント

ここでは、20代後半の女性が成功するためのポイントを解説していきます。

企業の懸念材料を払しょくしよう

20代後半の女性は年齢的には企業の採用メリットも大きいです。

そのため企業の不安材料を払しょくすることが転職成功の近道と言えます。

結婚や出産の予定が無いのであれば、数年間は大丈夫だろうと安心してもらえますので、企業が安心できる伝え方を準備しておきましょう。

女性の活躍に理解のある会社を選ぶ

女性の活躍が増えている近年でも、会社によっては女性の活躍に理解が無いケースも考えられます。

それだけに女性の活躍に理解のある会社を選ぶことは大切です。

転職をしやすいだけでなく、転職後の働きやすさまで影響のあることですから、しっかり下調べをしておく必要があります。

女性社員の比率が多い会社を選ぶ

女性が多い会社は、男性中心の会社より女性が活躍しやすい制度が整っていることが多いです。

女性が働きやすい制度があっても、運用の経験が乏しい企業では、実際に制度の効果を発揮できない場合もありますから、女性が多い企業は安心です。

福利厚生を調べる

活躍しやすい環境かどうかは、福利厚生をしっかり調べることが大切です。

産休や育休に関する制度や、その後の復職率がどうなのか。有給取得率や残業時間などは女性のライフステージの変化にしっかり対応できるものなのか。

というような点を中心にしっかり調べておきましょう。

転職するなら結婚前

未婚者と既婚者なら、出産までの時間がより長いであろう未婚者のほうが転職には有利です。

結婚する予定のある人は、結婚後より結婚前に転職したほうが良い場合が多いので頭に入れておきましょう。

出産の予定があるなら転職はやめておこう

転職後の数年間は仕事に集中できる環境が望ましいですし、周囲の評価が安定してから出産になれば、復職もスムーズにいきやすいです。

ですから、出産の予定がある場合は、今の会社に残るほうが復職がしやすいということになります。

転職準備をしっかりしよう

ネガティブな理由で転職したいと考えている場合、会社を辞めることが目的になってしまう場合が多いです。

そのため、とにかく辞められて他の会社に行けたら良いという安易な考えで転職活動をする人も少なくありません。

そういった場合、仕事に対する意欲や経歴のアピールを始め、転職理由の伝え方や、志望動機などの準備が足りずにアピールできないというケースも多くなるのは自然なことです。

キャリアの棚卸しや自己分析を行って、自分がどうしていきたいのかキャリアプランを描けるような準備ができれば、転職成功にグッと近づくことができますので、しっかり準備していきましょう。

転職エージェントを活用しよう

とくに転職の経験が無い人は、企業の情報を調べたり職務経歴書や面接のアピールなどの転職準備だけでも1人で進めるのは難しいものです。

とくに仕事をしながら、万全な転職準備をするのは大変なことです。

転職活動は様々な不安を抱えながら行うことも多く、プロのアドバイスやサポートを受けながら進めていける転職エージェントの利用は良い転職のためには必須です。

転職エージェントはたくさんありますが、選ぶ際は下記のページも参考にしてください。

28歳の転職の女性におすすめの転職エージェントと転職成功の為のポイント
28歳での転職は、キャリアアップには最適といえるタイミングです。また、異業種・未経験職種へのキャリアチェンジを考える場合も、30代になる前に決断することはメリットが大きいです。需要も高く、求人も多いので転職すること自体は難しくない年...