女性の転職 2018.07.13

20代女性が転職を成功させるのための4つのポイント

20代女性は需要も高く、転職をしやすいと言われています。

しかし、何も準備せず、安易に転職を決断するのは失敗のリスクを高めることになりますので注意が必要です。

このページでは、20代女性が正社員への転職を成功させるためにポイントになる要素を解説していきます。最後までお読みいただければ、失敗のリスクを減らすことができると思いますので、ぜひ参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

20代女前半・第二新卒の女性の転職

20代前半は、いわゆる「第二新卒」と呼ばれる世代です。社会人経験が数年で経験としては浅く、即戦力にはなりづらい年代ですが、既に社会に出てビジネスマナーを身に着けていることや若さゆえの将来性、柔軟性があることから、企業からも人気があります。

20代・前半の第二新卒とは?

第二新卒はハッキリとした定義がある訳ではありませんので、企業や転職媒体によっても、「いつまで(何歳まで)」といった捉え方には違いがあります。

一般的によく言われる定義は、「新卒時から社会人経験3年未満の若手求職者」もことを指します。

20代前半の女性のメリット

20代前半の女性が正社員での転職するにあたって優位な点は主に下記の3点です。

  • ビジネスマナーを身に着けている
  • 若くて結婚や出産まで猶予がある
  • 新卒採用では足りない若手を確保できる

20代前半の第二新卒世代とはいえ、社会人経験を数年積んでいれば、社会の常識には慣れていることが想定されます。

ビジネスマナーや基本的な仕事、取り組む姿勢などに関しては、新卒のように0から教える必要が無い分、教育コストを抑えられますし、吸収力もあるため即戦力とまではいかなくても早目に戦力になってくれる可能性が充分にあります。

また、女性の場合は結婚や出産を機に退職したり、働き方を大きく変える必要性に迫られることが多く、まだすぐに結婚しない可能性が高いと考えられる20代前半は、懸念材料が少ない分、採用されやすいということが言えます。

さらには、少子化の影響もあり、新卒採用時は人気企業に応募が集中し、多くの企業では新人を確保しきれていない現状があります。

3年で3割を超える離職率から見ても解るように、3年未満で辞める人も少なくなく、その分の若手人材を確保するために、t第二新卒世代の中途採用を積極的に行っている企業が多くあります。

求人数で言えば、20代半ば以降、27歳~28歳あたりが一番多いですが、経歴を重視されず人物面重視のポテンシャル採用になることを考えると、今の会社に大きな不満を抱えたまま我慢を続けるのであれば、未経験職種へのキャリアチェンジを含め、早いうちに転職を検討することも視野に入れると良いでしょう。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

20代女後半の女性の転職

20代後半の女性は、未経験職種へのキャリアチェンジをするにしても、今までの経験を活かしてキャリアアップするにしても、良いタイミングと言えます。

転職するにしてもしないにしても、一度しっかりと将来のキャリアプランについて考え、転職を含め検討していくようにしたい年代です。

20代後半の女性のメリット

20代後半の女性が正社員での転職するにあたって優位な点は主に下記の3点です。

  • 即戦力として目途が立つ
  • まだまだ若く将来性がある
  • 30代より雇用の際のリスクが少ない

20代後半の女性は、ある程度の実務経験があり、即戦力として目途が立つ上に、まだまだ若く、柔軟性や吸収力も高い年代なので他社に染まり切っていないという魅力があります。

20代前半よりも、さらに教育コストを抑えられますし、人によっては即戦力になってもらえるのですから、企業としてはとても助かります。

この年代の女性は、今までの経験やスキル、実績を活かしてキャリアアップすることも可能ですし、実際に年収アップもしやすい年代です。

また、まだまだ若い年代でもありますので、若手人材が欲しい企業にとっては、とても魅力があります。将来性も充分にありますので、30代以降と比べると、未経験職種への転職にチャレンジをすることも可能です。

リクルートエージェント

リクルートエージェント転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

未経験職種への転職は20代のうちがベスト

未経験職種・業種の成功割合

「自分がしたい仕事がある」「自分に合った仕事がしたい」と悩む20代は少なくありません。

もちろん、今の会社で長年勤めあげることで少しずつ仕事の楽しさを覚え、仕事を好きになるケースもあります。しかし、大きなストレスを抱えながら、やりたくない仕事をこれから先も我慢しながら続けていくことを考えれば、若いうちに新たな仕事を探していくのは悪いことではありません。

上の図は、DODAのエージェントサービス利用者の統計データですが、左側が異業種転職(=未経験業種)、右側が異職種転職(=未経験職種)に実際に転職した人の割合が示されています。

24歳以下の第二新卒では、異業種への転職割合が70.5%、未経験職種への転職が48.0%で、多くの人が未経験の仕事にチャレンジしていることが解ります。

20代後半(25~29歳)になると、異業種への転職割合が63.4%、未経験職種への転職が36.7%となり、前半よりは少し割合が減っていきます。

DODAのエージェントサービスで未経験歓迎求人の割合は8%しかありませんが、20代は前半でも後半でも多くの人が未経験職種への転職を実現していることを考えれば、難易度もそれほど高くないということが解るでしょう。

ただし、日本では転職をすればするほど生涯賃金は下がるというデータがありますので、転職を繰り返さないで済むように情報収集をしっかり行い、できるだけ長く勤められるような仕事内容、企業を探していくようにして欲しいと思います。

また、求人を探す際は、転職エージェントより転職サイトのほうが未経験求人の割合自体は多いですが、離職率の高い業界や企業の若手の大量採用というケースも少なくありませんので、まずは転職エージェントを利用を優先することをおすすめします。

未経験歓迎求人の多い、比較的転職しやすい職種については『20代におすすめの未経験でも転職しやすい職種。後半は厳しい?』のページを参考にしてください。

20代女性の正社員への転職を成功に導く4つのポイント

20代女性が転職を成功させるために、下記の4つのポイントをしっかり押さえていくようにしましょう。

  • 情報収集をしっかり行う
  • キャリアプランを考える
  • 希望条件を明確にする
  • 転職エージェントを利用する

情報収集が転職失敗を防ぐカギ

20代は、「上司や同僚など人間関係が悪い」「仕事が楽しくない」「残業が多い」など、ネガティブな状況に我慢の限界に達していたり、そもそも就職前のイメージと実際の仕事とのギャップ、ミスマッチを感じていて「とにかく辞めたい」と感じる人も多いでしょう。

しかし、転職しやすい年代だからといって、何も考えずに「退職すること」を優先してしまえば、転職失敗のリスクを高めることになってしまいかねません。

学生時代には社会がどのようなものかもまるで解らないですから、企業のイメージや事業規模などで判断し就職を決めた人も少なくないでしょう。

しかし、学生のような感覚で転職先を決めてしまえば、自分にとって満足のいく企業に当たるかどうかは、ただの運任せになってしまいます。

安易に転職するのではなく、業界研究や企業研究を含めて、事前にしっかり情報収集をしておきましょう。

キャリアプランは女性も大切

キャリアプランは、5年後・10年後の将来にどのような仕事をして、どのようなポジションで活躍したいのか、という将来のビジョンのことですが、これがないと面接時にも企業から見ればなんとなく転職したいだけのように映ってしまいます。

面接対策という意味合いだけでも重要ですが、実際に「こういう仕事でこういう活躍がしたい」、「だからこの企業に転職したい」といった筋道をつけて企業を選択するのと、適当に選ぶのでは転職後の満足度に大きな差が出る可能性があります。

また、女性の場合は、結婚や出産を迎え、子育てをし、社会復帰して・・・と一連のライフスタイルの変化を想像してみれば解るように、環境が目まぐるしく変化します。

実際に結婚のタイミングになってから考える人も多いですが、結婚後は出産する可能性が高い以上、企業は採用しづらくなるものです。

小さい子供を子育てしている最中ならなおのこと、正社員での採用は限られてしまいます。実際に女性は出産・子育ての忙しい30代より、子供が中学生になるなど落ち着いて働く環境が整う40代のほうが正社員になりやすいという声もあるほどですから、20代のうちに一度シミュレーションしておくようにしましょう。

希望条件を明確にする

希望条件を曖昧にしたまま転職をしようとすると、転職先で不満が多くなり失敗だったと後悔に繋がる恐れがあります。

仕事内容はもちろんのこと、年収や勤務地、休日や残業、福利厚生などなど、現在の不満を解消でき、より良い環境で仕事ができる条件をしっかり整理しておきましょう。

また、転職は全ての希望を実現できる人は多くありませんし、希望ばかり言っていれば転職先の選択肢は少なくなってしまいますから、優先順位をつけ、どこまでが譲れない条件なのか、どこからが妥協しても良い条件なのか、明確にして臨むようにしてください。

転職エージェントを利用する

転職エージェントでは、希望条件や経歴にマッチした求人の紹介や、面接スケジュールの調整、職務経歴書や面接の対策、給与・待遇交渉など、転職に関する様々なサポートを無料で行ってもらえます。

企業からの依頼で求職者をマッチングするサービスなので、企業がどのような人材を欲しがっているのか、職場環境や社風がどのような企業なのかなどの内部情報を把握している為、内定率も高くなりますし、転職後のミスマッチのリスクを減らすことができます。

在職中の転職活動でも、負担がすくなく、不安があれば相談もできるので、一人で進めるよりもスムーズに転職することが可能です。

扱っているのは、ほとんどが正社員の求人ですし、幅広い職種の求人案件がありますし、WEB上では閲覧できない非公開求人がほとんどですので、思ってもみない良質な求人と出会える可能性もあります。

20代女性は、はじめての転職だという人も多いですから、サポート力に定評のある転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

ただし、転職エージェントはキャリアアドバイザーの能力や相性が成功の可否を握っているという側面もありますので、複数利用して良いキャリアアドバイザーと巡り合うことが大切です。

1つずつ試していると、時間だけ掛かってしまうこともあるため、初めから複数の転職エージェントに登録し転職活動を進めて行くようにし、良い求人を紹介してもらえた転職エージェントや、良いキャリアアドバイザーと出会えた転職エージェントを継続して利用するようにしてください。

20代女性におすすめの転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

以前にウーマン・ウィルという女性専用のエージェントを立ち上げていたこともあり、女性の求人も多く保有し、女性の転職サポートに力を入れている転職エージェントです。

マイナビエージェントは20代の若手に人気がありますが、丁寧なサポートとホワイト企業の求人の紹介が多いという定評があり、サポート力を必要とする女性にもおすすめできる転職エージェントです。

マイナビ独自の優良案件も沢山保有していますので、まずは登録して求人紹介とアドバイスを受けるようにしましょう。

DODA

doda
国内最大級の求人数を誇るDODAは、書類対策、面接対策などのサポートにも定評があり、全ての方におすすめできる転職エージェントです。

リクルートエージェントと並んで求人数が圧倒的なだけでなく、求人の紹介数が多く選択肢を広げやすいので、20代の女性にも使いやすいエージェントと言えます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントリクルートエージェントは、最大手の転職エージェントです。求人数が圧倒的な為、登録必須と言われますが、良い意味でも悪い意味でも効率的なため、手厚いサポートを期待する人には低評価になるケースもあります。

しかし、相性の良いコンサルタントについてもらえた時には、圧倒的な求人数を生かして、希望にマッチした質の高い求人を紹介してもらえる確率が高く、やはり外すことはデメリットと言えます。

20代前半の求人割合は多くはないのですが、求人数がDODAと同様に圧倒的ので、求人数では結果的に多いということになります。

特にキャリアアップを考えている人は必ず登録するようにしましょう。

typeの転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、サービスにこだわった質を重視した姿勢を貫き、高い年収アップ率を実現している転職エージェントです。

『女の転職@type』を運営するキャリアデザインセンターが運営。古くから女性の転職に力を入れているので安心です。

女性に人気のある事務職にも強みがあります。

業界内でも手厚いサポートに定評があり、大手との差別化を「サービスの質」で図る姿勢は転職者にとっては有難いです。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県)の求人がメインですので、首都圏の人にはかなりおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリア

『パソナキャリア』は、丁寧なサポートが評判の転職エージェントです。求人数は中規模ながら、拠点数が、外と比べて圧倒的に多いことからも、充実したサポートに取り組む姿勢を感じます。

20代前半女性の求人にも強くおすすめです。

20代女性におすすめの転職サイト

リクナビNEXT

リクナビNEXT
ここからは、求人検索型の転職サイトの紹介になります。

リクナビNEXTは、リクルートが運営する最大級の転職サイトで、転職者の8割が利用するほど人気があります。

求人数が多く、転職先の選択肢を広げるという意味では、登録必須の転職サイトと言えます。女性が活躍できる仕事も、多く取り扱っていて毎週、火曜日・金曜日に新規の求人が更新されるので、ちょくちょく求人をチェックしてみましょう。

スカウト機能で気になるオファーがあるまで待つのも有りです。

女の転職@type

女の転職@type
「女の転職@type」は、キャリアデザインセンターという、老舗企業の運営する転職サイトで、幅広い職種の求人を取り扱っています。女の転職@typeは、名前のとおり、女性の求人のみを取り扱う転職サイトです。

「事務・経理・人事などのオフィスワーク系」、「営業・企画・マーケティング系」、「サービス・販売系」に強みがあり、多くの求人が掲載されています。

女性限定の求人のみの掲載なので、求人を探しやすく、機能やコンテンツも女性向けなので使いやすいという人が多いです。

とらばーゆ

とらばーゆ
『とらばーゆ』はリクルートが運営する女性専門の転職サイトです。

女の転職@typeと比較すると、美容系・医療系の求人が多いのが特徴です。もちろん、オフィスワークや営業などの職種の求人も掲載されていますが、「アパレル・コスメ」「エステ・ネイル・美容師」「医療・歯科・介護・福祉」「看護系」の求人も充実しているので、希望職種によっては利用価値が高いです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。