第二新卒・20代の転職 2018.01.07

23歳で転職しても良い?23歳の転職事情と転職成功の為のポイント。未経験職種への挑戦は早いほうが良い?

23歳と言えば、大卒1年しか経歴が無いということですから、転職は難しいのではないかと思う人も多いでしょう。

実際に、経歴として認められるには大体3年程度の経験が必要です。

つまり、23歳の転職は、社会人経験はあるものの、即戦力として活躍できるほどの経験やスキルは無いとみなされてしまいます。

それでは、23歳で転職するのは止めたほうが良いのでしょうか。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

23歳の転職事情と良い転職成功の為のポイント

23歳は社会人経験1年程度ですから、経歴としてはほぼ無いような状態です。ようやく仕事らしい仕事ができ始める年齢でしょうし、仕事の面白みが解ってくる頃かもしれません。

企業からしてみれば、即戦力として採用できませんが、一方で深刻な若手不足に陥っている昨今の転職市場の状況からすれば、積極的に採用する企業も沢山あります。

基本的に、条件をあまり高望みしなければ、転職できないようなことはほとんどない世代だと言えます。

しかし、新卒採用で人材確保が仕切れない企業や、会社組織の年齢構成上、若手が不足している企業に需要は高いものの、必ずしも良い条件で転職できるとは限らないので注意が必要です。

即戦力としてではなく、社会人経験はありつつも、将来があり体力も柔軟性もある若手というポテンシャルだけを目当てに採用するものですので、多くは望めない場合が多いのも実際のところです。

企業が見るのは年齢だけではない

結局、企業が欲しがる人材は、自社で活躍できるスキルや経験を備えている優秀な人材です。より良い条件で転職をしたい場合は、やはり企業の求めるスキルや経験が必要になってきます。

そうなれば、23歳という年齢では、経験値もスキルも足りないという見方をされますが、実際には1年でも凝縮した経験を積みスキルを身に着けているビジネスパーソンも少なからずいます。

そういった場合は、年齢だけに囚われて転職のタイミングを図る必要はありませんし、説得力のある実績やアピールができれば、十分に希望通りの転職先を見つけることができます。

3年間は我慢したほうが良い?

石の上にも3年ということわざがあるように、「3年程度は我慢しろ」「1年くらいじゃ仕事の楽しさは解らない」など言われることもあるかもしれません。

実際に、続けているうちに仕事の幅も大きくなり、楽しくなる場合もありますし、続けることは悪いことではありません。

しかし、完全にやる気が無くなるほど「自分に合っていない」と思うような状況だったり、パワハラや過酷な労働環境のブラック企業で心身ともに病んでしまいそうなら、我慢する必要はないでしょう。

嫌々で、やる気がないまま年数ばかり経過したところで、有利な条件で転職する為に必要な経験やスキルは身につきませんし、そうするためには日々の工夫や努力は必要になってきます。

未経験職種へのチャレンジなら早いほうが良い場合も

しかし、人間というのは、やりたくない事で工夫や努力はできないものです。本当に合っていないと強く感じるのであれば、早いうちにキャリアチェンジする事は悪いことではありません。

かえって年齢が高くなってからキャリアチェンジをすることで、年収を大きく減らしたり、その後のキャリアに影響が出る可能性は高いので、安易に転職を勧めるわけではありませんが、検討してみて良いと言えます。

在職中の転職活動がベスト

ただし、転職する際は、在職中に転職活動をすることが大切です。若い世代ほど退職後に転職活動を行うことが多いですが、生活費などの工面も大変になりますし、時間がかかってしまえば、焦りも生じます。

焦ってしまえば、適当な転職先で手を打ってしまい、入社後に後悔するなんてことも少なくないですから、じっくり転職活動に取り組める環境作りの為にも在職中に転職活動を行うようにするのがベストです。

23歳で転職するなら、やりたい事をしっかり考えることが重要

既に、どのような仕事をしていきたいか明確な人は問題ありませんが、漠然としている人は、自己分析を行い、自分がどのような仕事に向いているのか、どのような仕事にやりがいや喜びを感じることができるのか自問自答することが大切です。

自分と向き合う作業になりますので、決して楽な作業ではありませんが、何度も転職を繰り返す羽目になることを考えれば、しっかりと熟考することをおすすめします。

また、自分だけではなかなかヒントが見つかりづらいので、自己分析ツールや、適職診断、転職エージェントなどでの客観的なアドバイスも、役立つことが多いです。

適職診断、適性診断は下記のページでも紹介、解説していますので参考にしてください。

 

自分に合う仕事がわからない人の仕事探しにオススメな無料の適職診断・適性診断テスト4選

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

23歳におすすめの転職エージェント

実際に転職をすると決めているのであれば、転職エージェントを利用するようにしましょう。

はじめての転職では何をどのように進めていけば良い転職ができるか解らないことだらけのはずです。

転職エージェントでは、求人の紹介から、書類対策、面接対策や面接スケジュールの調整など、転職に関わる多くのサポートを無料で受けることができます。

自力で進める場合よりも、希望に合った転職先を探しやすく、アドバイスももらえるので不安の大きい転職活動で助けられることは多いです。

DODA 転職エージェント:トップクラスの求人数とサポート力で満足度◎

DODA

DODAは国内トップクラスの圧倒的な求人数があり、かつ20代の転職実績も豊富で強みを持っています。

利用者の満足度が非常に高いことでも知られるDODAは、丁寧なサポートに定評があり、初めての転職でも安心して利用できる、おすすめの転職エージェントです。
キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、専門性の高いサポートが受けられます。

リクルートエージェント:最大手の知名度と実績

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。リクルートの知名度と企業との太いパイプで、大手から優良中小企業、ベンチャー企業など、良質な求人案件を幅広く保有しています。

DODAと同じく、他の転職エージェントと比較した場合、求人数が圧倒的に多く、転職エージェントを利用する上で外せない選択肢です。

マイナビエージェント:20代実績NO.1

マイナビエージェント

新卒の求人メディア「マイナビ」が運営する転職エージェントです。

新卒の就職時にマイナビを使用する人が圧倒的に多いことで、マイナビエージェントも若い世代には馴染みやすく人気があり、第二新卒~20代の転職実績にも強みを持っています。

若手実績が豊富なだけあって、サポートが丁寧で、ヒアリングをしっかり行い、ホワイトな求人の紹介が多いという声が多いのも魅力です。20代のことを良く理解している転職エージェントなので安心して利用できます。

特に中小企業に強く、マイナビ独自の優良な求人も保有しているため、積極的に利用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。