第二新卒・20代の転職

高卒で28歳の転職は難しい?スキルのない未経験職種は避けよう

28歳高卒の転職

28歳はキャリアアップを考える転職には最適の年齢だと言えます。

しかし、大卒と比べてどうしても不利になりがちな高卒の転職では、注意しておきたいポイントがいくつかあります。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

28歳、高卒では転職は難しい?

高卒の28歳の転職で気になるのは転職が難しいのではないかということだと思います。まずは、28歳の高卒が転職市場でどのような転職事情になるのか知っておくようにしましょう。

大卒と比べて転職が不利

採用基準として「大卒以上」という求人を出す企業が多いですから、高卒の場合は大卒より求人が少なくなります。

大量採用や継続的な採用を続けている企業は、人手不足なので高卒以上を採用基準にすること多いです。

ただ、飲食・サービス業など代表とするように離職率が高かったり、休日が少なかったりといった条件的に良いとは言いづらい業界・職種の求人が多くなりがちです

そう考えると、仕事内容の選択肢も高卒のほうが狭くなりがちだということが言えます。

基準に沿わない形でも応募すること自体はできますが、採用の可能性は高いとは言えず、年収アップなどの待遇アップが可能な転職はなかなか難しいのが現状です。

未経験の仕事にチャレンジしづらい

中途採用は、基本的には即戦力として活躍してもらうことが前提ですから、経験者が優遇されます。

20代前半の若手なら、将来性を買ってポテンシャル採用も行われますが、28歳という年齢では、実務経験やスキルを重視して採用を行う企業が多いのは言うまでもありません。

そのため、未経験の仕事にチャレンジしたいと思っても、評価してもらえる可能性が低く、採用される場合も年収などの条件面でそれなりの妥協をしなくてはいけなくなるケースが多くなります。

若手は人材不足なので転職は可能

ネガティブな要素を先に解説しましたが、高卒で28歳だからといって、転職ができないという訳ではありません。

近年では、少子化の影響で若手の人材不足が深刻です。そのため、20代の転職の場合、多くの企業で学歴よりも経験や能力を重視した採用が行われています。

スキルなんてないよと思う人もいるかも知れませんが、10年間積み上げてきた経験があれば、資格を持っていても未経験の人よりずっと有利に転職を進められます。

28歳高卒の転職を成功させるには

転職成功といっても、現状の不満を解消して、満足のいく転職ができなければ、本当の意味で成功とは言えません。

より良い条件で転職するためには、どこでも良いからといった適当な考えではなく、慎重に企業を選ぶことが重要です。

ここでは、3つのポイントに絞って、28歳の高卒の方が転職成功できる方法を解説していきます。

同職種で経験を活かした転職がベスト

未経験職種にどうしてもチャレンジしたいという場合は除いて、基本的には同職種で経験を活かした転職先を見つけることが言うまでもなく転職しやすいです。

良い条件で転職をしたいなら、まずは同職種で探すようにしましょう。

今の仕事からどうしても違う職種の仕事に変えたいというのであれば、嫌々続けるよりキャリアチェンジしたほうが良いとも言えますが、それなりに厳しくなることは想定しておく必要があります。

5年後10年後の将来を見据えた転職をすること

例えば、転職時に年収が下がってしまったとしても、将来的には、今いる会社で続けるよりも高い収入を得られれば、決して悪い条件とは言えませんよね。

現状の不満を解消するために転職を選ぶ人は多いですが、目先のことだけでなく将来のキャリアプランも見据えて、どういった企業に転職をしたいか考えることも大事です。

企業の選定時にも5年後、10年後その業界や企業の業績が良くなる可能性があるのか、10年経ったら年収がどのくらいになる可能性のある企業なのかなど、できる限り調べていくことで結果的に良い転職を実現しやすくなります。

転職エージェントを活用する

高卒の方は、転職エージェントを利用できないと思っている人も少なからずいます。

確かに転職エージェントは断られてしまうケースもありますが、かといって試してみる前から可能性を否定してしまうのは本当に勿体ないことです。

転職エージェントでは、求人サイトに掲載されない非公開求人をたくさん保有しています。

しかも、転職サイトで扱っている求人の比にならない数の求人が集まります。

ですから、転職エージェントを利用しない時点で、選択肢が元からめちゃくちゃ少ない状態になります。

また、面接対策などの選考対策や、スケジュール調整などのサポート面でも、1人で転職活動をするときの負担をかなり軽減できます。

まずは大手の転職エージェントを少なくとも2~3社は登録して、どのような求人紹介を受けられるか確認するところから始めてみましょう。

おすすめの転職エージェントは下記の通りです。

上記で断られてしまった場合は、『ハタラクティブ』や『就職Shop』など、20代のスキルがなかったり経歴が浅い転職希望者に特化している転職エージェントを活用しましょう。

その上で、求人サイトで求人情報を探し、気になるところにはどんどん応募していくと良いでしょう。

リクナビNEXT・・・日本最大級の転職サイト。転職者の8割が利用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。