女性の転職

28歳女性の転職事情と成功に導く4つのポイント。スキルや経験を活かした転職が成功のカギ

28歳女性の転職

28歳女性は転職を考える上では、良いタイミングと言えます。

しかし、当然ながら年齢だけで転職を決めるものではありません。より満足のいく、成功と呼べる転職をしていくためには、安易に転職を決めるのではなく、しっかりと自分の考えを整理した上で臨むようにして欲しいと思います。

このページでは、28歳の女性の転職事情と、転職成功の為の4つのポイントを解説していきます。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

28歳は遅くない!女性の転職平均年齢は29.7歳

DODAの調査した「転職成功者の年齢調査(2017年上半期)」によると、女性の転職成功者の平均年齢は29.7歳です。

また、転職成功者全体の37.9%が「25~29歳」に転職しています。

終身雇用制が崩壊しつつあるここ10年では、企業の中途採用に対する考え方も大きく変化しました。その結果、転職者の平均年齢は年々上昇の一途をたどっています。

女性は男性と比べて年齢が上がると転職しづらい傾向はあるものの、女性が活躍しやすい職場も増えていますし、10年前のように30を過ぎると転職できないなどということも無くなってきています。

28歳女性は一定のキャリアを積んで、経験とスキルを活かした転職をするには、ちょうど良いタイミングと言えます。

20代は求人も比較的多くありますので、転職には向いている年代だと言えるでしょう。

年齢よりも経験やスキルを活かせるかが転職成功のカギ

当然ですが、転職は年齢だけで考えるものではありません。年齢よりもむしろ、自分のキャリアをきちんと生かした転職ができるのかどうかが転職成功のカギを握っているのは言うまでもありません。

例えば、しっかりキャリアを積んで、企業のニーズに応えられるスキルや経験を持っていれば、30歳を過ぎても良い転職が可能です。

反対に、28歳でも企業の求める経験やスキルを持っていなければ、良い転職をするのが難しくなります。

とはいえ、誰でも優秀な経歴を持っているわけではないというのが現実でもあります。

対策としては、良い転職ができるように日頃の業務の中でスキルアップできる工夫や努力をすることです。何も意識せずに働いているのと、きちんと将来を考えて働いているのでは、数年も経てば大きな違いが出てしまいます。

もう1つは、「若いうちに転職すること」になります。近年では、女性でも30歳を過ぎたからといって転職しづらいと一概に言える転職市場の状況ではありませんが、それはあくまでも経験やスキルを活かせる人の話。

そうでない人は、企業の求めるスキルを磨くか、転職しやすい年齢で転職するしかありません。

そういう意味では、28歳は一度じっくりと転職を考えるのに適した年齢であると言えます。

未経験職種へは28歳でもラストチャンス

未経験職種への転職は年齢が上がるにつれて厳しくなります。

年齢が高い人で未経験職種への転職を成功させている人の多くは、販売職から営業職への転職です。

販売での接客経験、コミュニケーション能力が営業職でも活かせる点や、営業職がいつでも需要が高く求人が多いのが理由です。

実際に転職をする人にとっては、どの職種でも良いわけではなく、希望の職種があると思います。

全体的に見れば、年齢が若いうちしか、未経験職種へのチャレンジは難しくなるということを知った上で、自分の希望する職種がどのような難易度なのか、求人が多いのか少ないのかなど、調べていく必要があります。

転職エージェントを利用すれば、希望職種の紹介求人の内容を見れば、現状でどのような市場価値があるのかを知ることができます。

人によっては、条件の良い転職が可能な場合もあるでしょうし、そうでない場合もあるでしょう。

その上で、条件が悪い場合でも、未経験職種にチャレンジしたい人は積極的にキャリアチェンジしていくことをおすすめします。

いずれにせよ、28歳というタイミングでなければ、さらに条件が悪くなってしまいかねないですから、じっくり検討していくことが大切です。

28歳女性の転職を成功に導く4つのポイント

28歳の女性を中途採用する企業からすれば、やはり少しでも即戦力として働いてくれる事を期待して採用することになります。

したがって、転職成功の確率を上げていくには、企業のニーズに合った経験やスキルがあり、それらをしっかりアピールしていくことが大切です。

ポイントとしては、以下の4つのポイントが挙げられます。

  • 自分に何ができるのか整理する
  • 自分がやりたい事を整理する
  • 転職の条件を決定する
  • 転職エージェントを利用する

自分に何ができるのか

企業にとっては即戦力になる人材ほど価値があります。ビジネスマナーさえ身についていれば、ポテンシャルだけで採用できる第二新卒とは違います。

今までの経歴で、どのような仕事に取組み、どのような工夫をし、どのようなスキルを身につけてきたのか。また、具体的に仕事上のエピソードなども思い起こして整理していくようにしましょう。

こういうと少し尻込みしてしまうかもしれませんが、全ての人が素晴らしい経歴を持っているわけではないので、不安になる必要はありません。

何も優秀な経歴や人より秀でたスキルを持ち合わせている必要はありません。ただ、今までの経験をしっかりと整理しておかないと、アピールできるポイントをアピールできず、あなたの人材価値を下げてしまいかねません。

しっかりとキャリアの棚卸をして、自己分析を行い、どんなアピールができるか考えていくことが大切です。

自分がやいたい事を整理する

次に、将来どうなりたいかも含め、自分がやりたい事を整理していきましょう。

そして自分がやりたい事ができる企業なのかを見極めながら、転職先を選んでいくようにしましょう。

転職は、ただただ転職先を見つければ成功というわけではないと思います。

今の不満が何なのか、その不満を解消し、より自分の希望を実現していける企業に転職して初めて転職成功です。

やりたい事が不明瞭なまま、ただ転職をしてしまうと「転職先で思っていたのと違う」などとまた不満が出てきてしまうのがオチです。

転職して後悔する人の多くが、こういった基本的な自己分析ができていないことと、企業の情報を調べられていないことによるミスマッチです。

転職成功するためにも、自分がやりたい事をしっかり整理しておくことは大切なのです。

転職の条件を決定する

転職の条件は、給与が上がって欲しい、残業が少ないほうがいいなど、人によっていろいろな条件があると思います。

せっかく転職するのであれば、妥協せずに条件を考えることは大切です。

ただし、現実には、全ての条件を満たせる転職先はなかなかありませんし、あったとしても優秀な人から順番に内定が出るものです。

自分の経歴に自信がある場合は良いですが、そうでない場合は、条件にしっかり優先順位をつけ、どこまでが譲れないラインなのか、どこからが譲っても良い条件なのかを明確にして高望みしすぎることにも注意して転職活動に臨むようにしましょう。

転職エージェントを利用する

より良い転職を実現するには、転職エージェントの利用は必須とも言えます。

自力で転職先を探した場合、自分の市場価値に見合わない企業にばかり応募し、落ち続けたり、反対にもっと良い企業に転職できるのに、条件の悪い企業へ転職してしまったりと、市場価値を見誤る可能性があります。

転職エージェントでは、人材価値に合った受かる可能性の高い企業しか紹介されません。身の丈に合わない企業にチャレンジしたい場合は、利用価値が低いですが、通常の場合合格の可能性の低い企業ばかり受けたいとは思わないはずです。

また、書類選考や面接対策といった選考通過率を高めるサポートも行ってくれる為、転職活動の負担は大きく減ります。

また、プロによる客観的なアドバイスを受けることができるので、1人で考えていると訳が解らなくなりがちですが、不安を抱えずに転職を進めていくことができます。

転職エージェントは沢山ありますが、まずは『DODA』『リクルートエージェント』の2社には登録するようにしましょう。他のエージェントと比べて求人数が圧倒的で、選択肢を広げたり市場価値を確認するのにはうってつけだからです。

その上で、気に入る企業の紹介があれば、そのまま進めれば良いですし、そうでない場合、転職エージェントによって保有する求人に違いがあるため、別のエージェントも利用し幅を広げた上で、最終的にどのエージェントを利用していくか見極めるようにしてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タイプ別・年齢別 女性におすすめの転職サイトランキング

多くの比較サイトやランキングサイトでは、男女別に紹介されていないことが多く、「女性におすすめの転職サイト」をメインに扱ったページは少ない印象があります。

そこで、女性だけにスポットを当てた転職サイト・転職エージェントのランキングを作成しました。

タイプ別・年齢別にランキング形式で掲載し、どの転職サイト(orエージェント)を利用すれば良いのか、解りやすいように工夫しているので、参考にしていただければ幸いです。

比較・ランキングはこちら

複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。