30代の転職

30代で未経験の異業種への転職は可能か?

30代は20代と違って、即戦力で活躍できる経験やスキルを持っていることが採用の条件になることがほとんどです。

そのため、異業種への転職の場合も未経験であれば厳しくなるケースがあります。

ただし、職種と違い業種の場合は、多くの割合の人が未経験で転職を成功させていますので、ポイントを踏まえた上で挑戦していけば、それほど恐れる必要はありません。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

30代の異業種転職の難易度は?

まず、職種と業種を混同する人もいますので、簡単に解説します。

 

業種・・・金融業・保険業、宿泊業・飲食サービス業、建設業、製造業など、産業のことです。

職種・・・営業職、エンジニア、販売職、事務職など、具体的な職務の内容のことです。

 

したがって、業種が違っても職種が同じなら、ある程度、経験やスキルを活かせるということになります。

一般的に、より良い条件で転職する場合、難易度は下記のような順番になります。

  1. 同業種・同職種
  2. 異業種・同職種
  3. 同業種・異職種
  4. 異業種・異職種

同業種・同職種は転職しやすい

同業種・同職種なら、同業他社で同じ仕事内容ですから、企業の違いで仕事の進め方が違うだけです。経験を活かせるので即戦力として活躍を期待できる上に、同業他社のエッセンスを取り入れられるので、企業側にはメリットが大きいです。

異業種・同職種はそれほど厳しくない

2番目の異業種・同職種は、業界が違うと専門知識も大きく変わる場合がありますし、業界内の暗黙のルール的なものも違ってきます。

そのため、敬遠する企業もありますが、反面、異業種の人材を入れることにより組織の活性化を期待する企業もあります。

結果的に特別な専門知識を必要としない業界であれば、異業種の転職はそれほどデメリットにはなりません。

同業種・異職種はそこそこ厳しい

同業種ならある程度は業界の知識もあり、早目に馴染めやすそうな気がしますが、未経験の職種に転職する場合は、それなりに厳しくなります。

20代であれば、ポテンシャル採用があり、キャリアチェンジも比較的容易ですが、30代ともなると実務経験のない職種への転職は、企業側も即戦力として期待しづらいですから当然のことと言えます。

しかし、違う職種でも経験が活かせることも無いわけではないですし、可能性が無いわけではありません。

同じ30代でも前半と後半では求人の供給量が違いますので、どうしても未経験職種へ転職したい場合は、できるだけ早目に動いていくことが大切です。

異業種・異職種は完全未経験

業種も違えば、職種も違うわけで、全くの未経験の仕事という扱いになります。

どうしても業界・職種を変えたい場合は、止めることはしませんが、転職しやすい仕事を選ぶことが条件になるでしょう。

営業職や販売職、飲食業・サービス業など、比較的求人が多く、いつでも募集している企業が多い仕事を選ぶのが基本路線になるでしょう。

また、経験を活かした転職ができない以上、収入などの条件面を求めすぎれば、転職時期が延びる恐れがあります。

ただし、元の職業の年収が低い場合や条件が悪い場合は、転職することで条件が良くなるケースも少なくありませんので、総合的に判断しましょう。

 

30代が異業種に転職するなら同職種がおすすめ

 

結論的に言うなら、異業種に転職する場合も同職種なら問題が少ないためおすすめです。

ただし、「全く違う仕事がしたい」という人も少なくありません。

転職が厳しいから辞めておく程度の軽い感じであれば、おすすめできませんが、「どうしても」といった強い気持ちがある場合は、嫌な仕事を続けていても良いことがあるとは思えません。

30代でキャリアダウンしてしまうのは、一般的に言えばもったいないことですが、家庭の環境やライフスタイルなど、総合的に考えて良い選択をしていただければと思います。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

30代で異業種への転職を成功させるポイント

未経験職種へのキャリアチェンジは、30代では28%程度(DODAエージェントサービスのデータによる)ですが、異業種転職は50%程度の割合の人がいます。

異業種でも同職種や、経験を活かせるアピールができれば、十分転職が可能です。

ここでは、30代で異業種転職を成功させるためのポイントを解説していきます。

志望する業界の研究は必須

例え同じ職種でも業界によって仕事の進め方は大きな違いがある場合があります。また、専門性の高い業界では、同職種であっても転職が厳しい場合があります。

転職を成功させるためには、あらかじめ志望する業界のことを調べ、どういう人材を求めているのか把握して臨むことが大切です。

自分で良いアピールをしているつもりでも、業界によっては的外れになってしまうことも考えられますので、業界や企業に合わせたアピールを練り込むことが重要です。

労働環境についても、業界でだいぶ違いがありますので、企業のリサーチも充分に行いましょう。

一例を挙げると、同じ営業職でも業界が変われば、クライアントが法人から個人に変わったり、ルート営業から新規開拓メインになったりと大きな違いがあります。

営業なら同じだろうと甘く考えていると、自分に合わなかったと後悔することになるリスクがありますので、事前に把握しておくようにしましょう。

転職プランは余裕を持って

異業種への転職は、未経験職種への転職と比べて難しくないですが、それでも志望業界によっては厳しく感じることは多くなるかもしれません。

そんな場合には、想定していたより内定がなかなか得られず、転職活動期間が長引くこともありえます。

はじめからある程度厳しいことを想定しておけば、リスクを軽減できます。

  • 転職活動期間を長めに想定しておく
  • 離職せず転職活動をする
  • 家族とよく相談しておく

転職活動期間は30代でも3ヶ月以内で決まる人が多いですが、長びいても焦らないように、はじめからそれなりに長く掛ると思っていたら良いです。

早く決まれば、想定より短くて良かったというだけですし、長く掛っても予定通りになります。

また、一度離職してしまうと、経済面が大変になりますから、仕事をしながら転職活動を行うのが基本路線です。早く現職を辞めたい人もいるでしょうが、耐えられないような状況でない限りは現職を続けながら転職活動を行いましょう。

もう1点重要なポイントは家族です。

30代では家庭を持っている人も多く、将来のことを考えれば年収ダウンは避けたいという人も多いのではないでしょうか。

新しい仕事にチャレンジしたいという想いや、転職活動に時間が掛るかも知れないこと、年収ダウンすることも十分あることなど、家族としっかり相談してコンセンサスを得ておくほうが安心です。

特に年収ダウンなどは男性の場合は奥さんに反対されることが多いと思います。どれだけ辛い仕事をしているかはなかなか当事者でないと理解できないですから仕方無い部分もありますよね。

しかし、我慢し続けて鬱になってしまうようなことがあれば、余計に家庭に負担が掛かります。

奥さんのストップというのは、30代の転職では少なくないことですが、人生の転機になる重要な時期ですから、じっくり本音で話し合うのがベストだと思います。

内緒で転職して事後報告という手もありますが、その辺りは家庭や性格によっても違うでしょうし、自己責任ですが、自分の判断で決断していきましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

まとめ

30代でも異業種転職は可能ですが、異業種の転職でも、難易度は様々です。

 

同職種であれば、特に問題がないことが多いですが、未経験の職種の場合は、なかなか内定が決まらなかったり、条件面が悪くなったりということも考えられます。

まずは、転職エージェントで、どのような求人紹介を受けられるのか、自分の市場価値を知り、アドバイスを受けながら転職活動を進めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。