32歳・33歳での転職は厳しい?転職回数は2回目までならOKだが未経験職種は難しい。

32歳・33歳の転職 30代の転職

転職は年齢だけでタイミングを図るものではありませんが、30歳という区切りの年齢を前に転職に踏み切る人は少なくありません。

それだけに32歳・33歳で転職を考える人は年齢で転職を決断しにくいとも考えられます。

30代前半は、まだ若手のビジネスパーソンなので、転職市場での需要も少なくありませんが、20代とは違うのも事実です。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

32歳・33歳での転職は年齢的に厳しい?

当然ですが、企業は年齢が29歳だからOKで32歳ならダメというような安直な基準で採用を決めているわけではありません。

企業の採用基準は、あくまで希望する人材像に見合った経歴やスキルがあり、即戦力として活躍してくれることに他なりません。

しかし、30代前半は、まだ若いだけにより長く勤めてもらえる可能性があり、柔軟な発想を持っていることもプラスに働きます。

その意味では、32歳・33歳なら20代後半と大差ない採用基準になる企業が多いです。

もちろん、30歳の大台を過ぎていることは、イメージだけで捉えれば20代とは違いますし、数歳の違いでもマイナスに受け取る企業もないとは言えませんが、本質的に違いがない事が解らないような企業には転職しても仕方ないので、あまり気にしないようにしてください。

20代後半の人と、32歳・33歳の人が同時に応募してきたとして、全く同じ経歴・能力・人間性などの評価だったとすれば、20代を選ぶかも知れませんが、全く同じ評価という事自体がないことなので、より自社で活躍してくれそうなほうを企業が選ぶのは当然のことです。

20代後半でもポテンシャル採用というよりは、ある程度は即戦力としてのスキルや知識、経歴が求めらますから、30代前半なら、当然ながら今までの経歴を活かしたアピールは重要です。

これといったアピール材料がない場合も、仕事上で工夫してきたことや、仕事に対する意欲をアピールできるように、自己分析を進めたり、企業研究で応募企業のニーズを把握するなどの準備をすることが大切です。

ただし、現在の会社組織の構成上、若手が不足している会社は多いので、経歴より意欲を買われて採用されるケースも少なくありませんので、前向きに転職を検討したい年齢と言えます。

ポイント
ますは、転職エージェントに登録して、現在の市場価値で、どのような企業を紹介してもらえるのかを確認することが良い転職への近道です。

どこが良いか解らない場合は、求人数が圧倒的な『doda』『リクルートエージェント』から登録していきましょう。

30代前半で不利だと感じる人は半数

リクナビネクストの調査では、下記のようなデータが出ています。

30代前半、転職希望者の不安 「転職活動は不利だと思う?」
不利だと思う:57.5% 不利だと思わない:40.0% 有利だと思う:2.5%

50.4%の方が「不利だとは感じなかった」と回答。活動を終えた方々の意見を聞くと、30代前半くらいの年齢では、思ったほどには不利な場面に出くわすことはないようです。

リクナビネクスト:30代前半の転職って有利?不利?

年齢によるリスクは、転職活動前のほうが強く感じるものの、実際のほうが不利に感じることが少ないということが解ります。

年齢が不利に感じるケースは、ニーズに合っていない企業に応募することで多くなります。

前述のとおり、企業はニーズに見合った人材を欲していますので、需要に応えられるアピールができるかどうかで、大きな差が出てしまいます。

リクナビNEXTは、自力で応募していく転職サイトですので、ニーズや市場価値が合わない企業への応募が多ければ、年齢によって不利に感じる事も多くなるでしょう。

例えば、「20代の若手でビジネスマナーは身についている」というポテンシャル採用を考えている企業に30代前半が応募したとしても、企業ニーズとは合いませんよね。

そういったケースでは、特別に欲しいと思わない限り30代を採用することは少なくなるのも無理がありません。

転職エージェントを利用した場合は、こういったミスマッチは防げることなので、年齢により不利になるケースは30代前半では紹介した数値より、低くなるのは間違いありません。

また、同じ調査では、求職者の6割が3ヶ月以内に転職を決めているというデータもあります。

そのことからも、30代前半の転職は、決して厳しいというものではありませんので、ネガティブに感じる必要はまったくないでしょう。

doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

31歳・32歳の転職回数は何回まで?

年齢別・転職回数と転職成功率

dodaの「転職は何回まで許される?転職回数と成功率の関係性」のデータでは、30代前半の転職回数は、2回目までなら問題なく、3回目の転職でも6割程度の成功率があるということが解ります。

まだまだ若い年代ですから、あまり転職回数が多いのはマイナスに働くことがありますが、多少厳しくなる可能性があるということだけ認識していれば、3回目の転職でもチャレンジするには十分な転職成功率だと思います。

31歳・32歳の場合、高卒で13~14年、大卒だと9~10年の経歴ですから、その中で3回の転職なら、1社につき3年程度の経歴はあることになります。

「3年に1回転職するかもしれない人」という評価を覆し、安心してもらえる面接対策は必須と言えそうです。転職を繰り返した理由と、応募する会社で長く働く意思と裏付けになる志望動機など、しっかり準備しておきたいところですね。

4回目以降は、その後の転職も厳しくなることはデータ上、明確ですので、3回目が最後の転職のつもりで、よくよく企業を見極める必要も出てきます。

既に3回転職してしまっている人は、今いる会社でより希望を実現できるよう行動していくのも1つの道です。しかし、どうしても転職したいと考えているのであれば、長期戦になることもある程度考慮に入れておく必要があります。

安易に退職してしまい、なかなか転職先が決まらず焦って決めた転職先でまた転職したくなるなんて失敗は非常にもったいないことですので、思慮深く行動していくように心がけましょう。

ただ、「転職回数は多いけれど転職したい」と考えているのであれば、あきらめる必要はありません。転職回数が少ない人より転職成功率が下がるだけで、転職できないわけではないからです。

在職期間中に転職エージェントを利用すれば、仕事を続けながら転職先を探していくことは可能ですし、慎重に進めていけば、良い転職を実現できる可能性は十分あります。

また、ITエンジニアのように、スキルそのものに市場価値があるような職種では、転職回数はそれほど関係ないと考える企業も多いので、職種による傾向も考慮に入れておくと良いでしょう。

リクルートエージェント
転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細・登録はこちら

32歳・33歳の平均年収や転職での年収アップ率は?

30代前半で転職を検討するにあたって、「転職して年収がアップするのか」それとも「ダウンするのか」という点は非常に気になる部分だと思います。

家庭がある人ならお子さんがいる人も少なくないでしょうし、将来の事を考えれば収入はとても大事な要素になると考える人は多いでしょう。

32歳・33歳の平均年収は、下記の通りです。

年齢 平均年収 男性 女性
32歳 445万円 475万円 383万円
33歳 452万円 482万円 389万円

出典:マイナビエージェント『年代別平均年収』

平均年収はあくまで平均ですし、他の人より収入が高いのか低いのかを気にしていても、あまり良いことはないと思います。

あなた自身のライフスタイルやライフプランによって必要な収入は変わります。

「転職で年収アップする必要があるのか」それとも「多少下がっても大丈夫」なのかなど、収入に対する条件もしっかり検討しておきましょう。

次に、「30代前半の転職で年収はアップするの?」という平均年収より気になるところを見ていきましょう。

30代前半(30~34歳)の転職後に年収がアップした割合は、下記の通りです。

  • 30歳・・・51%
  • 31歳・・・60%
  • 32歳・・・48%
  • 33歳・・・62%
  • 34歳・・・64%

出典:マイナビエージェント『年代別平均年収』

年収がアップするかどうかは、当然ながら経歴にもよりますし、転職する企業によります。

転職によるキャリアアップを考えている人にとっては、実現可能な年齢だと言われていますが、30代後半より年収アップを狙った転職もしやすいと言えるでしょう。

32歳・33歳の転職は未経験職種・異業種へのキャリアチェンジは可能か

ここでは、32歳・33歳という年齢で、未経験職種や異業種へ転職するのは難しいのかどうか解説していきます。

未経験職種不問の求人割合

引用元:doda 『未経験の業種、職種に転職できる可能性は何%?

少々古いデータになりますが、上図をご覧ください。

職種経験不問の求人割合は約半数あります。

これは、業種が違っても、職種が同じであれば、それまでの経歴を活かし、即戦力として活躍できる土台があると考える企業が多いということです。

一部、専門性が高かったり、特殊な業界では、異業種からの転職を好まないケースもありますが、基本的には職種が同じであれば、「全く経験が活きない」というようなことがないため、企業からしても採用しやすくなります。

また、異業種からの人材を入れることで、新しい発想を得ようとする企業もありますので、職種が同じであれば、異業種への転職は比較的難しくありません。

一方で職種経験不問の求人は10%を切るほどしかないことが解ります。

当然ながら、応募職種に対して未経験の人であれば、新しい仕事を覚えてもらう必要があります。

ある程度、経験が活きる似た職種というものは存在しますが、やはり経験者と比べれば、戦力になるのに時間が掛かると考える企業のほうが多いのも当然です。

しかし、実際には、30%以上の人が未経験職種への転職を成功させていますので、職種未経験可の求人が少ないから転職成功が不可能という話ではありません。

未経験職種・業種の成功割合

引用元:転職サイトdoda 『未経験の業種・職種に転職できる可能性はどれくらい?

こちらの図は、年代別で異業種への転職と、未経験職種への転職をした人の割合が解ります。

32歳・33歳の属する30~34歳は、異業種への転職の割合が54.0%、未経験職種へ転職した人の割合は28.8%あります。

未経験職種の場合は、年齢が上がるにつれて成功率は下がるのは、即戦力になりづらいのですから、当然と言えば当然なことでしょう。

しかし、全ての人が未経験職種を希望するわけでもないのに、割合として28.8%もの人が違う職種の仕事に転職しているのですから、未経験職種を希望する場合も、決して悲観するようなことはないと言えます。

この数値も捉え方によっては、難しいと感じる人も少なからずいるかと思います。

ただ、現状「自分に合った仕事ができていない」と思っているのであれば、そのまま興味のかない仕事を続けるより、32歳・33歳は最後のチャンスと決めて、キャリアチェンジを目指した転職活動を始めてみることをおすすめします。

在職しながら転職活動を行えば、退路を断たずに余裕を持って取り組むことができますし、いろいろな会社を見ながら、慎重に吟味していくことが可能です。

自分に向いていないと思う仕事をこれから先も30年近く続けることを考えれば、有利だ不利だと頭を悩ませるより、実際に動いてしまうのが一番だと思います。

また、異業種・未経験職種だからといって、年収アップも可能ですので、様々な希望を叶えられる転職成功を実現していけるように、前向きに転職活動を行っていただきたいと思います。

未経験職種・異業種への転職は希望する業界・職種によっても難易度が違う

年齢だけではなく、希望する職種や業界によっても、難易度は大きく違うということは知っておく必要があります。

一例ですがメディカル業界への転職者は7割が異業種からの転職ですし、営業職への転職は需要が大きいこともあって、ハードルは低めになります。

一方で、離職率が低く競争が激しい職種、例えば事務職などを希望する場合は、難易度が高くなるケースもあります。

自分の希望する職種や業界が転職するが簡単なのか難しいのかは、事前に調査しておくようにしましょう。

転職エージェントに相談してみれば、あなたの経歴や強みを客観的に判断して、アドバイスをもらえますので、聞いてしまうのが一番かもしれません。

32歳で未経験職種への転職に成功するためのポイント
転職では、それまでのキャリアで積んだ経験やスキルを活かして、即戦力で活躍してくれることを企業側は望みます。20代であれば、経験よりも将来性や若さを売りにできるケースも少なくありませんが、32歳は30代前半といえども、基本的には経験や...

女性は32歳・33歳で転職成功するための方法

ひと昔前なら、女性の転職は20代までと言われてきましたが、もうそんな時代では無いと言って良いでしょう。

女性は男性と比べると年齢のハードルは高くなるケースがあるのも事実ですが、32歳・33歳くらいの年齢であれば、転職をあきらめる必要はありません。

ただし、20代前半のように経歴が無くても転職先がいくらでもあるというような状況ではありませんので、あなたのスキルや経験を活かせる企業を探すことが大切です。

とくに、事務職のような一般職の転職は20代より厳しくなってしまいます。もともとが倍率の高い人気職種ですし、比較的仕事を覚えやすいということもあり、若い人材の採用がしやすいからです。

総合職で今までの経歴を活かすことができる場合は、32歳・33歳でも需要がありますし、転職成功を実現できる人も多いと言えます。

転職エージェントの利用は積極的に

比較的転職しやすい総合職の場合は自分の経験やスキルが企業のニーズにマッチするかどうかが重要です。

一方、一般職の人は、そもそもの競争率が高いため、やみくもに応募を繰り返しても、なかなか選考に通らないこともありえます。

その為、どちらの場合も、転職エージェントを利用することで、良い転職ができる確率を高めることができます。

30代の転職は応募企業のニーズに合っていなければ、内定を獲得するのは難しくなります。転職エージェントは企業の人材ニーズを詳細に把握した状態で求人を紹介してくれます。

そのため、紹介される求人は、転職サイトなどで自力で応募するよりも、選考通過の可能性を高めることができます。

まずは、転職エージェントに登録し、ヒアリングを受けることで、どのような企業を紹介してもらえるのかを確認し、現状の市場価値を把握するところから始めていきましょう。

エージェントを利用しない場合は?

ここまで解説したように、30代前半の女性は20代女性のような人物本位の採用から、経歴を活かした即戦力採用になります。

それだけにニーズをしっかり確認し、自分の経歴や特徴を活かせることをアピールできる企業選びが重要です。

しかし、直接採用担当者からニーズを聞いている転職エージェントと違い、自力で調べるのには限界があるのも現実でしょう。

エージェントを利用しない場合は、その分、転職活動が長期化する可能性も視野に入れた上で、応募数を増やすなど対策していくことが重要になります。

結婚や出産がネックになる女性もいる

未婚の女性の場合、「結婚のご予定は?」という質問は必ずと言っていいほどされます。また既婚の女性の場合は「出産のご予定は?」という質問がされます。

企業としたら、採用後に短期間で寿退社されたり、出産で退職や育休に入られてしまうことはリスクでしかありません。

未婚であれば、「良い人が見つかればしたいとは思いますが、現状では予定はありません」と答えれば良いですし、出産のことを聞かれた既婚の方なら「授かり物ですから正確な事は言えませんが、出産したとしても長く働いていきたいと考えています」と答えれば良いです。

ただし、本当にすぐに結婚や出産の予定がある場合は、転職のタイミングを考えておく必要があります。

まず、転職を結婚前にするか結婚後にするかというタイミングについてですが、結婚前のほうが結婚後より仕事に集中してもらえると企業は考えます。

結婚後は家庭を理由に残業にも制約が出てくることが考えられますし、出産で産休になる可能性も考慮した上で採用を決めることになります。

当然、好条件で雇用するのはリスクが高くなるため、年収や待遇などキャリアダウンする可能性がどうしても高くなってしまいます。

一度、キャリアダウンしてしまうと、元のレベルまで戻すのは非常に難しくなりますので、結婚前後でどちらにすれば良いか迷っている場合は、結婚前に転職することをおすすめします。

次に、出産ですが、育休を取って、その後に復職したいと考えているのであれば、転職後1~2年は会社に貢献し、評価を高めておくべきです。

転職後すぐに育休という状況になれば、企業に迷惑が掛かりますし、周囲の同僚も良い思いをしない人がいるでしょう。

結果として、スムーズな復職の妨げになりますし、復職後も同じようなレベルの仕事を与えられるかは微妙になってしまいます。

すぐに出産の予定があるのなら、転職せずに現在の会社で育休を取得するというのが、より現実的な選択になります。

30代女性の未経験職種への転職については下記のページも参考にしてください。

32歳・33歳で資格なしでも大丈夫?

転職を考えるときに、資格があったほうが良いのかどうか、どんな資格で転職が有利になるかを知りたがる人が少なくありません。

しかし、あらかじめ知っておいて欲しいのは「資格があるから内定」というような、資格を採用基準にするような企業はほとんどないと言うことです。

士業のように、その資格が無いとできない仕事は別として、資格を持っていることより、実際の経験年数や経歴の中で培った能力があるのかないのかということのほうが企業にとっては重要だからです。

「資格はあるけど、実務経験が無くて全く使いものにならなかった」というようなマイナスの経験は企業は既に何度も繰り返してきています。

ですから、資格なしだからといってネガティブになる必要は全くありません。

それよりも、今までの経験やスキルをの中から、企業ニーズにどこまで合わせたアピールができるかが重要になります。

その上で、資格を取得したほうがアピールしやすいと感じたり、面接時に自信が持てるというプラスの面があるのであれば、資格取得も検討すれば良いでしょう。

32歳・33歳の転職失敗例

32歳・33歳で転職に失敗した人の例では、下記のような失敗例が挙げられます。

  • 年収が下がった
  • 前の会社のほうが良かった
  • 以前より忙しくなった

年収が下がった

転職では、年収が下がってしまう人もいます。年収アップの為に転職を決断した人は、年収が下がる企業には転職しないでしょうが、やりがいを求めたり、労働環境の改善を求めて転職した場合、年収ダウンは仕方ないと「転職時には思う」場合もあるでしょう。

しかし、いざ転職した後は、年収が下がったことを失敗したと感じる人も少なくありません。年収ダウンでも幸せだと満足できる人はいますが、あなたがそうだとは限りません。

年収が多いか少ないかは、特に家庭がある場合、重要になるケースが多いので、あらかじめどのくらいの年収なら不満に感じずに生活ができるかはイメージしておくべきでしょう。

前の会社のほうが良かった

残業が多くなったり、会社の方針が気に入らなかったり、人間関係が悪化したり、業務内容が合わなかったなどなど、様々なな理由はありますが、前の会社のほうが良かった、できるなら戻りたいという人も少なからずいます。

そういった人は、転職先企業の情報収集が不十分だったことによるミスマッチが起こっている可能性が高いです。募集要項では解らない、内部情報や実際の労働環境は調べるのが簡単ではありませんが、転職エージェントから情報収集を行えば自分で調べる以上の情報を手に入れることができます。

出戻りは基本的に難しいですし、吟味せずに転職して後悔しても、簡単に転職するわけにもいきませんから、できる限り詳しく下調べをして、入社後のミスマッチを減らせるようにすることをおすすめします。

以前より忙しくなった

やりがいのある仕事を求めて転職して、その目的は果たせたものの、以前より忙しくなったことに不満を感じ、失敗だったと後悔する人もいます。

特に残業が少ない会社から残業の多い会社に転職した場合、不満に感じる人が多いので、あらかじめ覚悟しておくことが必要だと思います。

コンプライアンス上、残業を抑える企業は増えてはいますが、まだまだ残業の多い会社は多く存在しています。そういう企業で働く人にとっては残業は当たり前という認識ですし、それを不満に思っている人は仕事ができない人というレッテルを貼られてしまう可能性すらあります。

そういった古い体質の企業は大企業・中小企業に関わらず、まだまだあります。もちろん、大手商社や電通なら残業だらけでもOKという考えの人もいるでしょうし、そんなの社畜だと考える人もいるでしょう。

結局は、あなたの考え方次第でもありますし、選択ですから、どちらが良いかという話ではありませんが、あなたの希望と違う環境になってしまわないように情報収集することが大切です。

転職の成功例・失敗例は、『転職成功事例(マイナビエージェント)』や『転職失敗事例(doda)』などで、多くの人の転職事例を見ると参考になります。

転職エージェントの利用を推奨します

32歳・33歳の転職では、市場価値に見合った企業に応募する必要性がありますし、転職後に後悔しても再度の転職はリスクが高いので、詳細な情報を手に入れやすい転職エージェントの利用をおすすめします。

退職後の転職活動も、長期戦になってしまう生活費が掛ることなどを含め、焦って適当な会社を選択してしまうリスクがありますので、在職しながら転職活動を行うのがベストです。

自力での転職活動は、負担が大きいので、転職エージェントにサポートしてもらったほうが、良い転職を実現しやすいです。

30代におすすめの転職エージェントは、求人数が圧倒的に多い上に、30代にも強い、『doda』『リクルートエージェント』から利用するようにしましょう。

また、経歴に自信があり、外資系や高年収を狙っている人は、『JACリクルートメント』がおすすめです。

いずれにせよ、転職エージェントはコンサルタントとの相性が重要ですので、1社だけ利用して決めるのではなく、選択肢を増やす為にも、複数利用が必須です。