40代の女性の転職で正社員になりたいなら。未経験では仕事がない?

40代の女性は正社員の割合が3割程度で、多くがパートを含めた非正規雇用で仕事をしています。

家庭・子育てと仕事の両立などを考えれば、非正規雇用のほうが都合が良いという人も沢山いますので、割合だけを見て正社員になるのが厳しいというわけではありません。

しかし、40代女性が正社員を目指すには、押さえておくべきポイントがあることも事実です。

このページでは40代の女性が正社員になるために必要なポイントを解説していきますので、参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

40代女性は転職。正社員では仕事がない?

40代の女性が転職をする際、正社員を目指すのは厳しいのかというと、一概に厳しいと言うことはありません。

というのも、30代でも女性の正規雇用は28%程度。40代になっても25%程度が正社員で働いていますから、それほど差はありません。

子育てなど家庭の状況に合わせて、融通の利きやすい非正規雇用を選択する人も多く、正社員として働きたい人ばかりではないのが1つの理由です。

また、正社員を目指して挫折するにしても、結婚や出産後、離職期間が長く、ブランクがあることでなかなか厳しい状況になっている再就職の人も少なくないでしょう。

たしかに、一度離職してしまうと正社員への復帰は狭き門と言わざるを得ないです。

その上、「時間は融通が利かないとダメ」「通勤時間は30分以内」など、やはり家庭のこともあってか多くの条件をつけなければ働けないという40代女性も多く、そのことで正社員での仕事が見つからない状況になっている部分もあります。

一方、40代まで正社員を続けている女性が転職をする際は、ブランクがある人の場合と状況に大きな違いがあるというのは言うまでもありません。

当然のことですが、年齢が高くなればなるほど、求人は少なくなる傾向にありますが、タイミングさえ合えば、好条件の転職先に巡り合える可能性は充分あります。

ですから、40代女性が正社員で就職することを考えるとき、ブランクの空いている人の「再就職」や「パートを含む非正規雇用から正社員への転職」なのか、現職で正社員の人の「正社員での転職」なのかでは大きな違いがあり、それぞれ別として考えていく必要があると言えます。

doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

40代女性の正社員から正社員の転職はキャリアを活かすべき

現職で正社員の女性は、先ほども解説したようにより良い転職先が見つかる可能性が充分にあります。

企業が40代女性に求めるのは下記の3点です。

  • 即戦力になる経験・スキル
  • 管理職経験・スキル
  • 高い専門性・スキル

企業が40代女性を正社員として迎えるにあたっては、基本的には即戦力となり得るだけの経験やスキルがあるのが前提になりますし、管理職や近い将来の管理職候補として迎えることになるケースが多いでしょう。

もしくは、高い専門性やスキルがあり、若い人には務まらない仕事を任せられるだけの人材が求められます。

ここまで言うとしり込みするかもしれませんが、それなりの長い経験がある訳ですから、企業の人材ニーズに応えられるだけのアピールポイントは、しっかり準備さえすれば必ず見つかるはずです。

全くないよと言う人は転職でも厳しくなりますが、年収ダウンを含め、条件面に妥協ができるのであれば、正社員で転職できないということは、それほど深刻に考えなくても良いでしょう。

ただし、「経験を活かす」という点については、基本的には外せないので、20代のようにどの仕事でも、可能性があるということではありません。

リクナビNEXT
リクナビNEXT転職者の8割が利用!求人数、転職実績ともにNo.1の転職サイト。 転職を考えたら、まずはリクナビNEXTに登録しておきましょう。 簡単に自分の強みを知ることができるグッドポイント診断で自己分析などの転職準備が捗ります。

サイト登録・詳細を見る

40代女性で未経験職種への転職は厳しい?

前章で解説したように、経験を活かせない未経験職種への転職は、基本的には厳しいと言わざるを得ません。

年齢が高くなればなるほど、企業は即戦力性を重視するので、1から仕事を覚えてもらうことになる未経験の求職者を優先的に採用することは難しくなります。

ただし、管理職経験を活かしてチームのまとめ役を期待されたり、別職種でも前職までの経験が活かせる職種への転職の場合は、企業ニーズに合わせたアピールさえできれば、可能性が無いという訳ではありません。

違う仕事に就きたいのに、ただただ今の仕事で我慢し続けるよりは、良い条件の企業から内定を得られれば転職を決断するというスタイルで転職先を探すほうが良いとも言えます。

基本的には、未経験職種へのチャレンジは厳しいですが、それを認識した上で、厳しいなりの準備をして、ある程度時間を掛けるつもりで転職活動を行うようにすると良いでしょう。

40代女性が転職に失敗しない為のポイント

40代女性が転職に失敗しない為には、押さえておきたいポイントがあります。

在職中に仕事を見つける

まず、一番大事なのは、簡単に仕事を辞めてしまわないことです。40代ともなれば多くの人が在職中に転職先を探しまうが、それでもdodaのデータでは18%の人が離職してから転職活動を行っています。

一度、離職してしまうと、なかなか転職先が見つからないときに必ず焦りますし、タイミングが合わなければ納得の行く転職先が見つかるかどうかも解らないのに、転職しなくてはいけない状況に自らしてしまうことになります。

必ず、在職中に転職活動を行い、納得のいく企業が見つかった場合のみ転職を決断するようにしましょう。

企業の人材ニーズを把握する

40代では、企業の求人も「こういった人材が欲しい」という人材像がより明確にあることが多くなります。

そのため、いくら優秀な経歴を持っていたとしても、企業が求めるニーズに合っていなければ採用に至らない可能性が高くなります。

そのため、企業がどのような人材を欲しがっているのかというところは外さないように情報収集することが必要になります。

転職エージェントを活用する

上記の2つのポイントを押さえるには、転職エージェントの活用が不可欠といって良いでしょう。

転職エージェントでは、希望や経歴にマッチした求人を紹介してもらえますし、面接スケジュールの調整や選考対策など転職に関する様々なサポートを無料で受けることができます。

在職中の転職エージェントは何かと負担が大きいですが、転職エージェントにサポートしてもらうことで、仕事をしながらでも転職活動がスムーズに行えます。

また、転職エージェントは企業から依頼されて人材を紹介する仕事なので、企業の欲しい人材像を始めからハッキリと把握しています。

自力で企業を調べることも大切ですが、どういったアピールをすれば内定が得やすいか、明確な答えがある中で準備を進めることができるのは大きなメリットになります。

主な転職エージェントを下記に紹介しておきますので、参考にしてください。

  • doda・・・常時10万件以上の圧倒的な求人数の転職エージェント。サポート力も定評がある。
  • リクルートエージェント・・・NO.1の求人数や実績。良質な非公開求人を多く保有している。
  • マイナビエージェント・・・サポート力が高くホワイト求人紹介に定評がある。大手・中小の独自案件も多数保有。
  • type転職エージェント・・・首都圏のみだが、サポートの手厚さはトップクラス。
  • パソナキャリア・・・サポートの丁寧さが魅力で女性にも人気があるエージェント。
  • Spring転職エージェント・・・アデコグループの転職エージェント。良質な求人も多数保有している。
  • JACリクルートメント・・・年収500万円以上の人におすすめ。外資系転職では欠かせない。

現在正社員ではない人が正社員を目指すには?

40代で現在正社員ではない女性が正社員を目指すには、需要が多い職種を選ぶか、非正規でも専門性の高い能力(例えばSEのような技術職)や経験を活かすことが必要になります。

まずは、「何で正社員になる必要があるのか」「本当に正社員として働いたほうが幸せなのか」という点をしっかり考えるようにしましょう。

その上で、正社員にどうしてもなりたいという場合は、より多くの手段を利用して仕事探しをしていき、多くの企業に応募をすることが大切になります。

仕事探しについては下記のページを参考にしてください。

すぐに見つかる仕事の探し方8選(正社員・契約社員の求人)
転職を本気で考えるなら「転職エージェント」または「ヘッドハンター」を利用する事をおすすめしていますが「仕事探し」の事情は人それぞれです。正社員になりたい人とパートの仕事探しとはまるで違います。ここでは、8つの仕事探しの方を紹介してい...

比較的正社員になりやすい、需要の高い職種や業界は下記の通りですので参考にしてください。

  • 営業職・・・どの企業にも必要な職種で需要は高いが離職率も高いため、常に求人が豊富。未経験でも社交的でコミュニケーション能力が高かったり、販売職経験なども活かしやすいのでアピールもしやすい。
  • 飲食・サービス業・・・休日が少ないのが難点だが、人手が必要ながらも離職率が高い。幹部候補になる可能性が高いので非正規でもリーダー的な経験があると正社員になりやすい。
  • 介護職・・・高齢化の影響で人手不足で需要は常に高い。肉体労働の割に収入が低いのは難点だが、ホスピタリティーが高い人には天職になる場合もある。
  • セレモニースタッフ・・・40代という落ち着いた年齢が活かせる仕事。若い人より有利な場合も多いのでおすすめ。

なお、女性に人気の高い事務職については、40代になると未経験ではかなり厳しくなりますので、チャレンジするならそれなりの覚悟が必要です。

40代女性におすすめの資格については下記のページで解説していますので、参考にしてください。

40代女性が資格を取るならコレ!おすすめの資格7選
女性は40代になると転職が厳しいと言われていますし、実際に経歴に優れたキャリアウーマンを除けば、簡単ではないのが現実です。しかし、40代女性が正社員になるチャンスがないのかと言えば、そういうわけではありません。転職が難しいと...