女性の転職 2017.12.27

40代女性が資格を取るならコレ!おすすめの資格7選

40代女性の転職に役立つ資格

女性は40代になると転職が厳しいと言われていますし、実際に経歴に優れたキャリアウーマンを除けば、簡単ではないのが現実です。

しかし、40代女性が正社員になるチャンスがないのかと言えば、そういうわけではありません。

転職が難しいという事は認識していた方が良いですが、諦める必要は全くありません。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

40代女性は経験やスキルを活かした転職がベスト

年齢が高くなればなるほど、企業としては即戦力になる経験とスキルを持ち合わせている人材を採用したいと考えます。

30代でも経験やスキルは求められますが、40代ともなれば、プレイヤーとして成果を上げられることが前提になりますし、管理職などマネジメント能力も期待されるケースが多いです。

転職成功には、これまでの経歴で身に着けたスキルや経験を、しっかりアピールできることが重要です。

近年の人手不足や企業の採用意欲の高まりから、40代の女性でも転職を諦める必要は全くありませんが、とはいえアピールできる経験やスキルを活かした転職をする事がベストです。

40代女性で未経験職種は厳しい

未経験職種は、以前の経験やスキルを活かせないことも多く、全く新しい仕事を覚えてもらうことになりますから、即戦力として計算が立ちません。

そうなれば、未経験職種への転職は厳しいと言わざるを得ないことは現実として受け入れることが大切です。

ただし、40代以降でも未経験職種に転職している人がいないわけではありません。

40代女性で未経験職種に挑戦したい場合は、下記のような成功パターンを意識して検討すると良いでしょう。

  • マネジメント経験がある
  • 培った経験やスキルを活かせる職種への転職
  • 需要がある業界・職種への転職

マネジメント経験は、職種が違っても経験を活かすことができます。また、職種は違っても経験やスキルが活かしやすい職種への転職も、未経験職種への転職の成功パターンになります。

実際に、販売から営業職などの転職は多いのですが、培ったコミュニケーション能力や、接客対応の経験が営業に活きることが理由でしょう。

また、営業職がどの企業にも必要不可欠であり、向いていない人もいることや、ノルマなどが厳しい事で離職率も高めな為、需要が高い職種だということもポイントです。

反面、事務職のように若手でも倍率が高すぎる職種へのキャリアチェンジは、40代女性ともなれば相当厳しいと認識する必要があります。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

40代女性が資格を取るなら~おすすめの資格7選

資格よりも、どのような経験とスキルがあるかが企業にとっては重要ですから、転職の為に資格を取るとしても、簿記やMOS、英検などではアピール度は高くありません。

転職に有利な資格は、その資格を取得自体が前提条件になるような資格です。現在主婦などでブランクがあり、40代から正社員になりたい意思があり資格を取るのであれば、資格自体が必要条件になる仕事を選ぶのも1つの手になります。

当然、同じ企業に応募するライバルも取得している可能性が高いですが、それでも応募者自体が少なくなる事を考えれば少しでも有利になる為の資格取得は検討する価値もあります。

この章では資格を持っていることで40代女性でも書類選考に通りやすくなる、転職に役立つ資格を紹介していきます。

資格名活かせる業界・職種難易度
2級FP技能士保険、証券、金融(主に営業)
社会保険労務士社労士事務所、総務人事

CAD利用者技術者試験

設計事務所、各業界のCADオペレーター
宅地建物取引主任者不動産業
医療事務管理士病院・クリニック
調剤事務管理士調剤薬局

2級FP技能士

いわゆるファイナンシャルプランナーです。

3級は入門者レベルで、合格率は50%~70%程度。2級も他の国家試験と比べれば決して難しい試験ではありません。合格率は35%程度です。

保険・金融業界で、コンサルタント・アドバイザー、営業などの仕事や不動産業界の住宅金融コンサルタントなどの仕事に有利になり、今後の需要も増える見込みです。

ただし、取得者も年々増加している為、決して転職需要が多いわけではないので注意が必要です。あくまでファイナンシャルプランナーとしての仕事をしたい場合に取得がおすすめです。

社会保険労務士

社労士は、合格率が7~10%と低いですが、女性にも人気がある資格です。

独立開業することも可能ですし、勤務するにしても、総務・人事関連の仕事の全般において有利になります。

今後も需要は増える見込みがありますし、少ない費用で開業することも可能な為、独立開業を目指す人にも人気です。

CAD利用技術者試験

派遣や在宅の仕事でも需要があるCAD利用技術者試験は、CADオペレーターとして活躍できる資格です。

CADシステムは、建築・土木・機械・電気業界などで広く活用されていますが、近年ではアパレルメーカーでも導入企業が増えています。

資格よりもスキルのほうが大切だと言うことは忘れてはいけませんが、資格取得によりスキルを磨いていき、それを根拠に転職するのには大いに役立ちます。

CAD利用技術者試験には、下記の種類がありますので、就きたい仕事に合わせた取得を目指す必要があります。

  • 2次元CAD利用技術者試験基礎
  • 2次元CAD利用技術者試験1級(建築)、1級(機械)、1級(トレース)、2級
  • 3次元CAD利用技術者試験1級、準1級、2級

それぞれ合格率に違いはありますが、2次元CADの1級(建築=22.4%)を除けば、4~6割くらいの合格率です。

2級を取得していないと1級は受験できません。2級は独学でも合格可能ですが、1級は専門学校や講座での勉強が必須と言われています。

宅地建物取引主任者(宅建士)

宅地建物取引主任者の合格率は15~17%といったところです。専門学校や講座を利用して勉強した人のほうが合格率が格段に高いです。

受験制限がない上、受験料も7000円と国家試験の中では安く、受験者が多くなることや、不動産業界に入社してすぐに受験させられるケースも多いのも、合格率が低くなっている理由と言えるでしょう。

主に不動産業界にしか需要はない資格ですが、求人も多く資格を活かした転職はしやすいです。

医療事務管理士

病院やクリニックで、事務の業務を行い、医師や看護師をサポートする資格です。わかりやすく言えば病院やクリニックの受付にいる人を思い浮かべると良いと思います。

資格が必須な仕事ではないですが、保険点数の計算など知識が必要な仕事なので、資格があることで有利になります。

少子高齢化もあり、病院は無くなることもありませんし、どの地域にもあるという点でもメリットがあります。

合格率は、55%程度で、試験の実施も多いので受けやすく取得しやすい資格です。

調剤事務管理士

調剤事務管理士は、調剤薬局で、処方箋の受付、保険証確認や調剤録の作成、会計、レセプト業務(調剤報酬請求事務)を行う仕事です。

医療事務が医師や看護師のサポートをするように、調剤事務は薬剤師のサポートをする仕事です。

合格率は60%程度で、それほど難易度が高いわけではない為、独学で受験する人が多いようです。

薬剤師の需要も増加の一途をたどっていますが、薬剤事務も、薬局だけでなくドラッグストアなどでも活躍できるため需要は少なくありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タイプ別・年齢別 女性におすすめの転職サイトランキング

多くの比較サイトやランキングサイトでは、男女別に紹介されていないことが多く、「女性におすすめの転職サイト」をメインに扱ったページは少ない印象があります。

そこで、女性だけにスポットを当てた転職サイト・転職エージェントのランキングを作成しました。

タイプ別・年齢別にランキング形式で掲載し、どの転職サイト(orエージェント)を利用すれば良いのか、解りやすいように工夫しているので、参考にしていただければ幸いです。

比較・ランキングはこちら

複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。