転職エージェント

転職エージェントが信用できないという人の体験談と対処法

転職エージェントが信用できない

転職エージェントを利用した人の中には、「転職エージェントが信用できない」という感想を持つ人も少なくありません。

転職エージェントもビジネスなので、会社や自分の利益なることを中心に動くキャリアアドバイザーも当然いますが、反対に転職する人に寄り添ってくれる親切な人が担当につく場合もあります。

転職エージェントでは、良い転職ができるかが、担当によって左右されてしまう側面もありますので、それだけ信用できる担当なのかどうかということは重要だとも言えます。

このページでは、転職エージェントが信用できないで困った人の体験談と、そうなってしまう理由や対処法を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

転職エージェントが信用できないで困った体験談

ここでは、実際に信用できない転職エージェントを利用した人の体験談を紹介していきます。

応募を急かしてくるダメなキャリアアドバイザー

30歳・女性 商品企画

私はリクルートエージェントを使って求人紹介を受けてきましたが、どこの企業に応募しようか迷っている段階から、「ここがいい」と勝手な意見を押しつけてきたり、応募を急かしてきたりしました。

もちろん「まだもう少し考えさせてください」と伝えてましたが「他の人に決まっちゃいますよ」とか言ってくるし、私的にも決め手に欠く求人だったので、もういいやって感じになってしまいました。

そのまま連絡を無視して放置してやろうかとも思いましたが、他を使うからと言って断りました。

転職エージェントはビジネスなのはわかってるけど、もう少し転職する人の身になってくれないと信用できません。

信用すべきと言っている人もいますが、こんな担当の言いなりになっていたらダメだと思います。

もう転職エージェントはいいかなと思ったんですが、結果をいえば、別のエージェントで転職しました。

そっちでは急かされたりもしなかったし、こちらの意見を尊重してくれてるなと感じられる人だったので、ある程度信頼はできましたが、前のこともあったので余計な気を使って疲れました。

転職エージェントの会社は選べても担当の人は選べないんで当たり外れはあるということだと思います。

連絡が来ないで放置された

26歳・男性 消費財営業

はじめに面談でヒアリングを受けて5社ほど求人の紹介を受けました。どの会社も自分が良いと思えるところがなくて、どこか受けたほうがいいかもと思いつつも、丁重にお断りました。

転職エージェントからは「あなたくらいのキャリアだと紹介した企業を応募しないと厳しい」といった内容のことをグチグチ言われ、行きたくない会社でも受けろっていうのかよと頭にきました。

たしかに、大したキャリアではないとも思いますから、ぜいたくは言えないのも解ってますが、やる気までなくなってしまうような言い方をされたのは残念でした。

もう転職エージェントは使わないで転職しようかとも思ってますが、周りの友人は営業なら仕事は沢山あるだろうから使ったほうがいいところに行けると言うので今は迷っているところです。

言葉使いがひどかった

28歳・男性 ITエンジニア

転職エージェントを使ったけど、タメ口であれやこれや意見を言ってくるし、まともな社会人とは思えずにとてもじゃないけど信用できないと思いました。

なんでお前に上から目線で言われなきゃいけないんだよ!とキレてやりたくなりましたが、大人の対応をして紹介を断ってきました。

別のエージェントも何社か使いましたが、すごい丁寧なキャリアアドバイザーにもあたって、全く違うんだなと驚いたくらいです。

フランクなほうがいい人もいるのかもしれないけど、初めから態度がでかい担当だったらさすがにみんな引くんじゃないでしょうか。

個人的には転職エージェントは担当がダメだと思ったらすぐ違うエージェントを使うほうがいいと思います。

連絡が遅くて言い訳がひどい

33歳・女性 事務職

私が使ったW社の担当は別に悪い人ではなかったんですけど、連絡がとにかく遅い。何か聞いても返事がこなくて全く転職が進まない気分でイライラしました。

こっちも苛立ってるので連絡が取れたときに文句を言いましたが、大して誤りもせず言い訳で返してきたので、使えないと判断しました。

それなりに忙しいんだろうけど、こっちにも限度があります。連絡くらいはある程度しっかりして欲しい。きちんと誤ってもらえたらある程度は目をつむったかもしれませんが、結果的には切って良かったと思ってます。

他の転職エージェントでは、そんなことはなかったので、信用できない転職エージェントもあるんだなぁという印象です。

転職エージェントが信用できない理由と対処法

転職エージェントは、キャリアアドバイザーとよばれる担当がつき、求人の紹介や転職活動のサポートをしてくれるサービスです。

担当がつくということは、結局のところ人と人の関わりになりますから、キャリアアドバイザーとの相性次第という側面はかなり大きな要素と言えます。

実際に転職エージェントを利用して、信用できないという感想を持った人の多くが下記のような理由です。

  • 態度や言葉使いが悪い(むかつく・うざい)
  • 連絡がしつこい、遅い
  • 転職や応募を急かす、強引すぎる
  • 性格が全く合わない
  • 担当の能力がない

1つずつ解説していきますね。

態度や言葉使いが悪い(むかつく・うざい)

転職エージェントによっては、多くのキャリアアドバイザーの態度や言葉使いがフランクなこともありますが、多くの場合は敬語で丁寧なところのほうが多いです。

しかし、担当によっては、そちらのほうが関係性を築きやすいと思っている人もいるようで、ときに言葉使いが社会人とは思えないくらいフランクなケースもあるようです。

いくら無料でサポートしてくれるっていっても、一応顧客でもあるわけですから常識はずれな態度や言葉使いをされれば多くの人が信用できないと感じるのも頷けます。

連絡がしつこい、遅い

転職エージェントを使っていれば、仕事中は電話が取れないのに電話が頻繁に鳴ることもあります。場合によっては緊急性の高い連絡もあるでしょうが、取れないのにしつこく電話がかかってくれば、誰でも嫌な気持ちになりますよね。

連絡がしつこいのが嫌な場合は、仕事の時間は電話が取れないので、何時から何時までの間にするか、全てメールにして欲しいと伝えるようにしましょう。

反対に、連絡が全く来ないとか、遅いというのも、信用できない理由の1つになります。

放置されたり連絡があまりに遅い場合は、単純に能力不足で連絡を忘れていたり、担当している利用者の中での優先順位が低い場合が考えられます。

キャリアアドバイザーは、複数の利用者を担当していますから、ある程度は仕方ない部分もありますが、あまりに連絡が遅いと感じるなら、遠慮なく催促したほうがいいです。

転職や応募を急かす

転職は決断するのも簡単なことではないですから、急かされるのは誰でも嫌ですよね。

転職エージェントは、利用する求職者の内定が決まることで、企業から報酬を得られるビジネスですから、売上げを上げるために早く転職をして欲しいというのが本音です。

担当のキャリアアドバイザーが自分の成績ばかり考えていたり、ノルマ達成のために急かしてくることは少なくありません。

ただ、転職する人に寄り添えないようなキャリアアドバイザーは信用できないですから、理由も言わずに急かしてくるような人が担当になったときは、担当の変更を依頼するか、他の転職エージェントに変えましょう。

転職エージェントを利用して良い転職をするためには、言いなりになるような受け身な使い方はおすすめできません。

もちろん、事情はあるにしても、人生が掛っているといっても大げさではないのですから、担当者をコントロールできるに越したことはありません。

応募や転職を急かされた場合はとくに、言いなりになっていたのでは良い転職はできませんので、キッパリ断る勇気も必要です。

性格が全く合わない

人ですから、相性が全く合わない場合もあります。多少のことは我慢できるでしょうが、あまりに合わないなと思ったら、担当を変更するか他の転職エージェントを利用したほうが良いです。

担当の能力がない

転職エージェントは利用者が多いと、1人で何十人も担当するということもあります。

ですから、ある程度は仕方ない部分もありますが、単純に担当のキャリアアドバイザーの能力が足りない場合もあります。

特に、利用者が増えている転職エージェントでは、経験が少ない新人が担当につくことも少なくありません。

担当に経験値や能力がなければ、プロのアドバイスはできませんから、求人の提案力や選考対策や企業へのプッシュなど、転職エージェントを利用する際のメリットがかなり薄れてしまいます。

若くても優秀だったり、経験が少なくてもセンスがあるキャリアアドバイザーもいますが、まるでダメだと感じたら、我慢しすぎずに担当変更や、別のエージェントを利用するなどの対処をしたほうが良いです。

担当の変更も良いが転職エージェントの併用がベスト

ここまで、信用できない転職エージェントの体験談や、その理由などを解説してきました。

転職エージェントを利用する以上、担当のキャリアアドバイザーによっては、信用できない状況になる可能性はあります。

そのリスクに対処するには2つの方法があります。

  • 担当を変更する
  • 他の転職エージェントを利用する

担当を変更する

転職エージェントはほとんどの場合、キャリアアドバイザーを変更することができます。

直接言わなければいけない転職エージェントもありますし、メールや連絡フォームで依頼できる転職エージェントもあります。

直接言うのは気が引けますので難易度が高いですが、信用できないような状況の場合は遠慮なく担当を変更するようにしましょう。

他の転職エージェントを利用する

どうしてもその転職支援会社じゃないとダメな場合でなければ、別の転職エージェントを利用するという方法があります。

担当のキャリアアドバイザーがみんな信用できないようなことはないのでハズレだと思ったら転職エージェントを変えてしまうことも考えましょう。

はじめから併用するのがベスト

ここまで解説してきたように、担当の当りハズレの要素が大きいですから、ハズレを引いてから対応を考えるより、はじめからリスクを軽減してしまうほうがずっとおすすめです。

はじめから、大手転職エージェントに3社くらいは登録して、紹介された求人の内容や、担当者との相性、丁寧さなどによって使い続ける転職エージェントを決めていけば良いです。

非公開求人も、どの転職エージェントにも独自案件がありますから、選択肢を広げるという意味でもはじめから併用するのがベストですし、1つずつ利用するより時間を有効に使うことができますので、おすすめです。

利用しないことにした転職エージェントでも、また使う可能性がありますから、それとなく利用し続けるのもOKですし、使わないと決めたなら、「ちょっと転職時期を見直したいと思います」と言って、一時休止してもらえば良いです。

使わないからといって面倒臭いから放置する人もいますが、今後の事を考えれば、放置するより、利用を中断することを伝えるほうが良いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。