転職エージェントの賢い使い方

転職エージェント経由と直接応募ではどちらが有利?落ちたら再応募もアリ?

 

「転職エージェントは企業の採用コストが高いので、直接応募のほうが採用されやすい」とか、「転職エージェントでは書類選考に落ちたけど、直接応募したら通った」なんて話もネット上で見掛けることがあるかと思います。

このページでは、転職エージェントを利用した場合と、直接応募でどちらが有利なのか、また、転職エージェントで落ちた場合に直接応募するのはアリなのかといった、気になる内容を解説しています。

ぜひ参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

転職エージェント経由と直接応募ではどちらが有利か

 

転職エージェント経由の応募と直接応募はどちらが有利なのか解説していこうと思います。

その前に、まず直接応募の定義をしておきますが、直接応募とは、「企業の自社サイト」「ハローワーク」「転職サイト(求人サイト)」からの応募を指します。

どちらが有利なのかは、企業側の視点に立ってみると分かりやすいでしょう。

直接応募と転職エージェントでは採用コストが違う

企業側から見ると、転職エージェント経由の求職者を採用するのと直接応募の求職者を採用するのでは、採用コストに大きな違いが出てきます。

転職エージェントに人材紹介を依頼して、採用した場合の成功報酬の相場は年収の25%~30%と言われていますので、年収500万円で人材を採用した場合、企業の採用コストは下記のようになります。

  • 転職エージェント経由・・・150万円(年収の30%の場合)
  • 直接応募・・・0円

一目瞭然で転職エージェント経由の採用のほうがコストが掛ります。

そのため、直接応募のほうが採用されやすいなんて噂があることは事実です。

しかし、その噂が本当かは相当怪しいものです。

転職エージェントに求人が出る企業は採用コストを掛けられる企業

企業の自社サイトやハローワーク経由での応募なら、企業の採用コストは選考に掛る人件費だけということになります。

採用コストが掛けられない、要は経営状態が芳しくない零細企業であれば、採用コストが掛らない採用方法を選択するでしょうが、ポイントは転職エージェントにも求人が出されているという点です。

採用コストが掛けられない企業は、そもそも転職エージェントに人材紹介を依頼しません。

ですから、採用コストが抑えられるという理由だけで、直接応募の求職者を優遇するかと言えばかなり微妙です。

実際は採用コストが掛るケースが多い

直接応募は、自社サイトやハローワークだけでなく、リクナビNEXTを代表する転職サイト(求人サイト)からの応募もあります。

このケースでは、採用時には費用が掛らないものの、転職サイトの掲載費用が掛かりますし、応募者が多くなれば選考に掛るコストもかさむ場合があります。

例えば、リクナビNEXTの掲載費用は、掲載方法にもよりますが、一番高いプランだと「2週間で144万円」掛かります。(大きな画像を使って目立たせることができるプラン)

この時点で年収500万円の人を採用した場合に転職エージェントに支払う採用コスト150万円とほぼ同額になってしまいますよね。

安いプランでは、「4週間で20万円」というプランもありますが、文字情報だけですから目立ちませんし、企業の魅力をアピールしづらく、応募者が集まる期待も薄くなってしまいます。

また、応募者が集まれば集まったで、選考に手間も時間もコストも掛かります。

転職エージェントと転職サイト、どちらにも求人依頼している企業は、はなから採用にお金を掛ける気が満々ですから、採用コストが安くなるという理由で採用者を決定するとは考えづらいです。

少しでも良い人材を採用したいという思惑がある

また、企業は少しでも良い人材を採用したいものです。

同程度のスペックだったとしたら、採用コストが掛らない人を採用する可能性があるという程度で、良い求職者を紹介してもらえたのであれば、迷わず成功報酬を転職エージェントに支払うでしょう。

個人の財布から支払うのであれば、迷うでしょうが、人事担当者は会社の予算を使って採用するのですから、少しでも良い人材を採用して評価を上げたいというのが本音です。

零細企業で社長や上位役職者が採用を決定しているのであれば、コストダウンをもくろむ可能性もありますが、そのような会社は恐らく転職エージェントは使いません。

また、転職エージェントを利用すれば、転職エージェント側が要望に応じた人材を選定してくれますから、0から選考するのと違って、手間も掛かりませんし、企業にとっては好都合だったりもします。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

直接応募のメリットは、転職エージェント利用のデメリット

それでは、直接応募にメリットが無いのかと言えば、そうでもありません。

直接応募するメリットは、転職エージェントを利用した場合のデメリットでもありますが、下記のようなものがあります。

  • 社内選考で落ちると書類選考が通らない
  • 好きな企業に応募できない

社内選考で落ちると書類選考が通らない

転職エージェントでは、社内選考をしているケースがあります。

社内選考とは、応募者の中からさらに転職エージェントの社内でスクリーニングを行うことを指します。

例えば20人が応募したとして、10人に絞り込んだ状態で企業側に選考書類を回すといった感じです。

社内選考は「採用活動を代行する」という転職エージェントのサービスの1つで、企業から依頼されれば、企業の代わりに転職エージェントがあらかじめ選考を行う形になります。

そうなれば、わざわざ作った書類が、企業に送付されていないなんてケースもあり得ることになります。

「転職エージェントの選考に落ちたのに、直接応募したら簡単に面接に行けた」なんて言う感想も、ネット上を調べればちらほら見かけますが、「実際に企業が見ていない」ことによって、利用者が不利になってしまうケースも有り得るということは覚えておきましょう。

ただ、転職エージェントも企業に代行して「企業の求める人材」と全く違うスペックの応募者だけをふるいに掛ける作業をするので、実際に直接応募しても合否は変わらないことがほとんどです。

好きな企業に応募できない

転職エージェントでは、紹介された企業のみに応募することができるので、自分が応募したい企業の求人を転職エージェントが保有していたとしても、紹介されないことがあります。

直接応募なら、(言い方は悪いですが)どんなに場違いなスペックだったとしても、応募すること自体はできますし、可能性が0に近かったとしても、絶対に受からないとは言い切れないですが、そのわずかな可能性は転職エージェントを利用することでなくなります。

反対に言えば、転職エージェントに紹介される企業は「内定を得られる可能性がある」わけで、市場価値に見合った企業のみに応募できる分、効率的に転職活動を進めることができるということでもあります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

転職エージェントで選考に落ちたから直接応募するのはアリ?

転職エージェントで書類選考に落ちた企業にどうしても行きたい!という場合もあるかもしれませんね。

そんな場合、落ちた後に直接応募するのはアリなのでしょうか。

企業は契約違反になる

転職エージェントは、直接応募で採用されても売上になりませんから、人材紹介を依頼してきた企業との契約時には、直接採用しないように罰則を設けています。

例えば、転職エージェント経由で応募したAさんが、選考で落ちました→その後に直接応募してきて採用することにしました。といったケース。

これでは、転職エージェントは報酬を得られないですし、紹介しただけ損ですから契約違反としてペナルティーを設けて、そういったことのないように手を打ってあるわけです。

しかし、実際には、直接応募した求職者が転職エージェントに言わない限り、バレない可能性が高いですし、一度落とした人を採用しているわけですから、解っていてそうしたわけではないので、トラブルにはなりにくいです。

転職エージェントで落ちたのに直接応募で受かるケース

転職エージェントで書類選考に落ちた企業に直接応募して受かるケースは、転職エージェントが社内選考しているケースです。

実際に履歴書や職務経歴書などの選考書類は、転職エージェントで止まっていて企業には送付されていませんから、直接応募されてきた初めて、その企業の採用担当の目に触れることになります。

直接応募してみるのもアリでしょう

「転職エージェントに直接応募してもいい?」と聞けば、当然ながらNOと答えます。だって、売上にならないんだし、契約違反なんだから当たり前です。

ですから、転職エージェントで落ちたけど、直接応募してみたいなら、黙ってするに限ります。

もしかしたら、書類選考に通る可能性もありますから、その可能性に賭けるのはアリでしょう。

ただし、「直接応募したら通った」という人がいるからといって、過度な期待は禁物です。ショックを受けることになる可能性が高いからです。

前述したとおり、転職エージェントのスクリーニングは、企業が行うような応募者の詳細な比較に基づいているわけではありません。

例えば企業が「大卒以上で○○の実務経験が3年以上ある人」とか言う足キリの目安を提示してきたら、転職エージェントはそれにしたがっているだけです。

元から、企業が希望するだけのスペックがなかったり、条件に当てはまっていないから社内選考で落ちていますので、一次面接くらいまでは進めたとしても、採用まではかなりハードルが高いということは認識しておいたほうが良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。