女性の転職

アラフォーの転職の成功のカギを握るのは経験とスキル。女性や未経験職種は厳しいのを承知して慎重な準備をしよう

アラフォーの転職

アラフォー世代は40歳前に転職しようと検討している人と、40歳を超えて厳しいのではと不安に思う人とが混在する世代です。

近年では、30後半以降の求人も増え、以前より転職しやすい状況が続いています。

ただし、若手のようにスキルが無くても人物本位のポテンシャル採用という訳にはいかず、年齢なりのスキルや経験を活かせる人材かどうかが転職成功と失敗を分ける大きなポイントになります。

このページでは、アラフォーの転職成功を実現する為に知っておくべき情報やアラフォーに絞った視点でおすすめの転職エージェントの紹介をしていますので、ぜひ参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

アラフォーの転職事情

アラフォーは、昔と違って、転職市場でも需要が年々増えていますので、「市場価値を見直された年代」であると言えます。

背景には、下記のような企業の事情があります。

  • 若手のビジネスパーソンが不足している
  • 第二新卒などの採用を増やしたが、予定通り育たない
  • 経験値が高い即戦力を雇うほうが有益だと判断した

ここ5年ほど雇用が伸びているものの少子高齢化の影響もあり、若手のビジネスパーソンが不足しているので、20代はかなりの売り手市場になりました。

そんな中で、新卒採用は大手に人材が流れ、大企業でも知名度が足りない企業や中小企業は、新卒だけでは人材確保が難しくなっています。

その結果、新卒3年未満の若手で転職を希望する第二新卒の人材に目を付けましたが、実際には思うように育っていかない現状があると言われています。

若手は、企業の年齢構成上、不足しているので、未だに需要は高いですが、年収も低く抑えられても、育つ前に辞めてしまうケースも後を絶ちません。

結果、一回りして「高い給与を支払っても、経験とスキルがある人材の方が良い」と気付き始めた企業が増えています。

転職者の年齢別構成

図はインテリジェンスの転職サービス「DODA」 転職成功者の年齢調査(2016年上半期)から引用したものですが、このデータによれば、20代の割合が減っているのに対し、30代後半以降の年代の転職割合が増えているのが解ります。

先に解説した、企業の需要の傾向の変化もありますし、単純に高年齢層でも転職する人が増えたということもあります。企業の中途採用への理解度、積極性も10年前とはまるで違います。

理由はいずれにせよ、アラフォー世代でも転職できるチャンスは年々広がっているということです。

アラフォーの転職回数は3回目までOK。4回目は厳しい

年齢別・転職回数と転職成功率

DODAの「転職は何回まで許される?転職回数と成功率の関係性」のデータでは、30代後半以上の転職回数は、3回目でも成功率が高く、初めての転職を100とした場合に90を超えた成功率があります。

アラフォーの年代になれば、転職を数回した人でも、それぞれの経歴がしっかりあることで、3回目程度の転職であれば能力を活かした転職が可能だということが解ります。

4回目以降でも若手と比べると、成功率は高いと言えますが、企業が気にしだすのは4回目の転職からということが解ります。

3回目の転職の場合は、転職回数を気にする必要はあまりありませんが、4回目以降の転職の場合は、それなりに厳しく見られることを想定して、懸念を払しょくできるアピールを準備しておくようにしていきましょう。

アラフォーの転職は女性では厳しい?

しかしながら、一概に年代を切り取ってアラフォーといっても、男性と女性とでは大きな違いがあることは知っておく必要があります。

女性の場合、アラフォーというだけで、正社員として企業で活躍している人の総数は少なくなります。理由は単に女性が活躍しやすい社会でないからという事だけでなく、結婚出産を機に正社員を辞め、パートや派遣で働く人や専業主婦になる人もいるからです。

中途採用は、新たに事業拡大の為に新規人員を確保したいケースもありますが、基本的には退職者の穴埋めやプラスαの人員確保の手段です。

したがって、元から少ないパイの奪い合いの構図があるということです。

基本的に、若手が辞めた穴は、スキルを求める必要性も少なく、給与が少なくて済み、長期間勤めてもらえる可能性がある若手が埋めます。

アラフォー世代の辞めた穴をアラフォーの求職者が埋めるというケースでも、スキルのある若手が採用されるケースも少なくありません。

結果として、アラフォー女性の転職は企業が「欲しい」と思えるだけの経歴や能力があることが大前提になってきます。

ただし、全年齢で働き手不足という市場全体の流れからすれば、理想を追い求めすぎず、年収や労働環境などの希望に妥協できる柔軟性を持って挑めば、アラフォーだから転職できないということはありません。

女性に限らず、年齢が高くなればなるほど、企業の人材ニーズにマッチ度が高い事が採用条件になるのは当然とも言えますので、市場価値に合わせた企業選びは必須になります。

アラフォー女性が事務職への転職を希望するのは厳しい

アラフォー女性ということでは、もう1点注意していただきたいことがあります。

女性の場合は、家庭の状況に合わせて仕事の負担を減らしたいと、営業職などから内勤希望、とくに事務職に転職したいという人も少なくありませんが、そうなればかなり厳しいです。

厚生労働省発表の『一般職業紹介状況』の最新データ(2017年3月発表)事務職の求人倍率は0.45倍、一般事務に限れば0.36倍です。

こちらは、労働形態は問わないデータですから、正社員に限ればさらない狭き門です。若手でも契約社員や派遣社員が正社員に取って変わる時代になっていますので、なかなか厳しい転職になります。

ましてやアラフォーであれば、さらに厳しいと認識する必要があります。

簿記検定や事務スキルの資格など(Word、EXCEL、Power Pointなど)があったほうが有利と言われますが、実際の採用現場では、資格よりも経歴重視です。

アラフォー女性でも事務職で採用されるケース

中小企業では、一般事務職とは呼べないほど、多くの業務をこなす必要があるケースがあります(経理職と総務職と営業事務とテレアポを同時にやるなど)が、様々な業務を経験してきて多くの業務をこなせる人であれば、若い事務員では務まらないケースもあります。

上記は一例で挙げましたが、若手や派遣・契約社員でも変わりが務まる業務内容の場合、なかなか厳しいという認識を持った上で、会社の大小に拘らず、幅広く応募をしていくこと重要になります。

アラフォーの転職で未経験職種・異業種は無理?

異業種への転職の場合は、一概に厳しいとは言えず、同職種で培った能力があり、活躍できることをアピールできれば、問題なく転職できるケースも少なくありません。

しかし、ただでさえ若手と違い企業ニーズとマッチ度の高いスキルや経験が求めらえるアラフォーでは、未経験職種への転職は厳しいと言わざるを得ません。

DODAの調査によれば、30代後半の人でも28%の人が未経験職種に転職をしていますが、営業職への転職というケースが目立ちます。

未経験職種への転職は40歳がらみになれば、営業職のように常に需要が多い職種に限定されてしまいますので、希望する職種によるものの、経歴を活かしにくい職種への転職は簡単ではない事は容易に想像できます。

アラフォーの転職に有利になる資格

ここまで解説してきたように、アラフォーという年齢上、それまでの経歴や培ったスキルや知識とそれを活かしてきた経験、裏付けとなる実績が無い限り、思ったような転職は厳しいのが実情です。

つまり、資格云々よりも、経歴と能力がある程度は保証される要素がなければ、採用しにくい年齢だということは間違いありません。

資格で言えば、資格を持っていることで、経歴を越える裏付けはなされませんので、経歴重視になるのは、仕方がないことです。

しかし、資格自体が転職に有利になるものも無い訳ではありません。

一例を挙げると、宅地建物取引主任、ファイナンシャルプランナー、行政書士など専門性の高い資格です。

※医師、司法書士、弁護士などはアラフォーからでは現実性が薄すぎるので割愛します。

ただし、専門性が高くても雇用が少なければ、転職しやすい訳ではありませんし、転職に役立つからと取得する人も多く、結果あまり役に立たたないということも有り得ます。

どの職種にも使えそうな資格は、多くの場合、ないよりはマシ程度のもので、資格だけで有利になるという認識をしてしまうのは危険です。

資格は取得することで、努力したというアピールができますし、自信を持てるという意味では無意味ではありませんが、それよりも、今までの経験、スキルから、何をどう企業にアピールしていくのかという事を深く考えていくほうが大切です。

アラフォーが転職成功するには?

アラフォーの転職では、若手と違い、よりシビアに企業ニーズと合った経験や能力が必要だとお伝えしてきました。

実際には、優れたキャリアの人もいれば、自分ではさしたるキャリアが無いと感じる人もいます。

ここでは、キャリアに自信がある人と無い人で、別々に転職成功の為の方法を解説していきます。

キャリアに自信があればハイクラス向けの転職エージェント

ハイクラス・エグゼクティブなど、高年収層の転職に特化した転職サイトやエージェントは、年々増えていますが、その中でも実績があり、評判の高い転職サイト・エージェントを紹介します。

経歴、キャリアが優れている人は、一般の転職サイトやエージェントでは、見合った求人を保有していないケースもありますので、市場価値より低い企業へ転職してしまうリスクを避ける為に、大手の総合型エージェント以外にも、下記に紹介するようなハイクラス向けの転職支援を受けるようにしてください。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、リクルートキャリアが運営する、ハイクラス転職に特化した転職エージェントです。

他の転職エージェントとは異なり、登録されている600名以上のコンサルタント(ヘッドハンター)の中から指名ができる点が有用なサービスです。

ハイクラス層は、一度の転職失敗がその後のキャリアに大きく影響することもあり、慎重に転職を進めることが大切ですが、希望業界や職種に強いコンサルタントを選ぶことで、入社後のミスマッチを軽減することが可能になるため、心強いサービスであると言えるでしょう。

また、登録して希望を記入しておくだけで、ヘッドハンティングのオファーが来ることがありますので、すぐに転職を決めたい人でなくても、高い条件で登録しておくことで思ってもみない好条件のオファーを受けられる可能性があります。

公式サイトを見る

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。全てを利用するには、月額費用が掛かりますが、その分、外では見つからない求人が見つかると定評があります。

無料でも登録、利用ができますが、全ての機能を使うためには、現在年収が750万円未満の会員は「タレント会員」(2980円/月)、750万円以上の会員は「ハイクラス会員」(4980円/月)です。

ビズリーチは、1300人以上の厳選されたヘッドハンターや人事担当者から直接オファーを受けられるサービスが特徴で、ハイクラス会員では上場企業の役員レベルの案件を多く保有しています。

公式サイトを見る

 

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、特に外資系、グローバルの求人に強みがある、売上ベースで業界3位の転職エージェントです。

ハイクラスの求人案件を多く保有しているという意味では、上記の2社より上と言えるでしょう。しかも高年収なほどサポートが手厚いという噂もあり、高年収での転職を目指す人に選ばれ続けている転職エージェントでもあります。

提案力の高さも業界内での評判が高く、求人の質の高さでも定評がある為、ハイクラス転職において利用価値が非常に高いと言えます。

公式サイトを見る

キャリアに自信が無ければ、転職エージェントと転職サイトを併用

自分はさしたるキャリアは無いという人でも、求人型の転職サイトとは違った求人がありますので、より幅を広げる意味でも、サポートしてもらえるという意味でも、転職エージェントを利用できる場合は、積極的に利用しましょう。

その上で、アラフォーでは経歴によっては断られる可能性もありますので転職サイトも併用していきましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは最大手の転職エージェントです。圧倒的な求人数や転職実績から企業からの信頼が厚いのが特徴です。

幅広い層、業種の求人が集まりますので、ミドル世代の良質な案件も保有していますので、積極的に利用していきましょう。

公式サイトを見る

DODA

DODA

DODA』は、リクルートエージェントに次ぐ業界2位のエージェントです。

利用者の転職満足度が高く、求人数もリクルートに匹敵し、サポートにも定評がある転職エージェントです。

リクルートエージェントと同時に登録することをおすすめします。

公式サイトを見る

Spring転職エージェント

spring転職エージェント

世界中にグローバル展開しているアデコの転職エージェントですが、良質な案件を豊富に保有する反面、面談希望者を断ることがないと言われているので、キャリアに自信が無くても気軽に面談を受けることができます。

企業担当と求職者担当が一緒な為、複数の担当になるケースが多いですが、その分、企業の情報はより正確に把握していますので、転職後にミスマッチで後悔するようなリスクを減らすことができるのは大きなメリットです。

公式サイトを見る

リクナビネクスト

転職エージェントで断られた場合や、お目当ての求人が紹介されなかったという場合は、転職サイトで求人を探しましょう。

リクナビNEXT

  • 求人数・転職実績が日本最大級
  • 毎週新着・更新案件だけでも約2000件
  • リクナビNEXTの限定求人が87%
  • 転職する人の8割が利用

条件を絞りすぎて少数の企業に応募していても、時間ばかり掛ってしまいます。アラフォーだと書類選考の通過率も低くなりますから、できるだけ多くの企業に応募して行くように心がけましょう。

内定が出たからといって、転職しなければならない訳ではありませんから、選考を受けながら転職先を絞っていくことが望ましいです。

 

まとめ

アラフォーの転職は若手と違って、経験とスキルが企業ニーズとマッチするかが転職成功のカギです。

応募企業の情報もしっかり収集し、どのような人材を求めているのかを把握した上で、書類対策、面接対策に時間を掛けていくことが転職成功の近道です。

選考対策や企業情報を収集する上でも、転職エージェントのサポートがあったほうが断然負担が減りますので、積極的に利用するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。