転職エージェントを賢く利用する為の知識の全て

転職エージェント転職エージェントは、要望にマッチした求人の紹介と転職に関連するサポートを行ってくれる無料サービスです。

近年では、約7割の人が転職サイトや転職エージェントのようなインターネット上での転職媒体を利用して転職活動を行っているというデータが存在するほど、転職には欠かせないツールになっています。しかし、転職エージェントの利用者は3割~4割でしかありません。

このページでは、まだ転職エージェントを利用したことのない方でも解りやすいように、基礎的なことから、転職成功率を高める転職エージェントの使い方、転職エージェントの選び方、エージェント各社の評判やメリット・デメリットまで、「転職エージェントを賢く利用する為の知識の全て」を順序立てて解説しています。

ここで解説している通りに、転職エージェントを賢く活用していくことで、転職成功に大きく近づくことは間違いないでしょう。

転職エージェントを利用するか迷っている方はもちろん、既に利用中で上手く活用しきれていない方まで、参考にしていただければ幸いです。

転職エージェントとは?

転職エージェントに登録すると、希望に合った求人の紹介から、履歴書・職務経歴書等の書類対策、企業との日程調整、面接対策など、様々なサポートを受けることができます。

このステップでは、転職エージェントと転職サイトの違いや、転職エージェントを利用するメリット・デメリットなど、どうして利用したほうが良いのかが解ります。

転職エージェントの基礎

転職エージェントの選び方は大手複数利用+特化型1社。業界・職種・年齢・男女別に強みのある転職エージェントを紹介

転職エージェントを利用する際の流れ

転職エージェントは登録を行うと、面談(キャリアカウンセリング)を行い、条件や経歴のヒアリング、求人紹介、書類対策、面接対策、内定という流で転職活動を進めていくことになります。

転職エージェントの面談(キャリアカウンセリング)

転職エージェントの面談は、経歴の確認や転職条件のヒアリングを行い、その場で紹介できる求人を紹介してもらえます。

基本的には転職エージェントのコンサルタントから質問をされるのでそれに答えていくだけで進んでいきます。難しく考える必要はありませんが、転職の際の希望条件を整理して、「譲れない条件」「譲っても良い条件」のラインは明確にしておくことをおすすめします。

転職エージェントの面談内容や場所一覧、服装など知っておきたい情報

転職エージェントの求人紹介

年齢や経歴、求められるスキルなどを総合して、マッチする求人を紹介してもらえます。

転職エージェントでは、利用者にだけ限定的に求人内容を伝える「非公開求人」を多数保有しています。基本的には、この非公開求人の中から求人を紹介されることになります。

非公開求人とは?メリット・デメリットの解説と転職エージェントの非公開求人数一覧

市場価値に合わせ、内定の可能性がある求人のみ紹介されることになりますので、紹介されたからといって全ての企業に応募するわけではなく、紹介された企業を調べ納得のいく応募先を決めていきましょう。

転職エージェントの紹介案件の断り方~メールの例文付

転職成功の確率を高める転職エージェントの活用術

転職エージェントを、活用する際に注意しておきたいポイントや、最大限利用価値を高める為の方法を知ることができます。

賢く利用することで、理想の転職に大きく近づくことができるでしょう。

転職エージェントは複数登録すべき

転職エージェントは、各社とも独自の求人案件を保有しています。また、太いパイプがある業界やサポート体制などの特徴にも違いがあります。

紹介される求人数を増やし、選択肢の幅を広げるためには、複数登録は必須になります。

また、担当に付くキャリアアドバイザーの能力や相性が大きなカギとなります。メリットを最大限活かし、デメリットを補完するためには、できるだけ多くの転職エージェントを利用することが大切なのです。

転職エージェントは掛け持ちで複数登録がベストな使い方。何社をどうやって利用する?

担当のキャリアアドバイザー(コンサルタント)と付き合い方も大切

転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザー(コンサルタント)が転職の成否を分けるカギを握っているため、良好な関係性を築くことも大切です。

転職エージェントとの上手な付き合い方。担当のやる気を引き出す注意点

相性が悪い担当コンサルは変更してもらう

転職エージェントは利用者は無料ですが、営利の企業です。当然、効率的に転職を進めていきたいのが致し方ありません。しかし、理由もなく、こちらの要望を無視した求人ばかり紹介してきたり、そもそも話を聞いてくれない、また信頼関係が築けそうもないと思った場合は、我慢し続ける必要はありません。

お互い尊重し合い信頼関係を築くのは大切ですが、難しい場合は遠慮なく担当のコンサルタントを変更してもらいましょう。

転職エージェントが使えないと感じた時の3つの対処法
転職エージェントの相性が合わない時の解決法

転職エージェントの評判やメリット・デメリット

転職成功者の転職エージェントの利用社数は平均4.2社(リクナビNEXT調べ)です。コンサルタントとの相性リスクを軽減し、選択肢を広げるためにも平均を上回る5社程度は登録するようにしましょう。

その上で、希望の求人を提案してくれた転職エージェント、相性が合い能力のある良いコンサルタントが担当になったエージェントに絞っていくようにしましょう。

各転職エージェントの特徴や評判

各転職エージェントの詳細な比較を行うより多くの転職エージェントに登録することが大切ですが、評判などは気になるところだと思います。特徴やどのような人に向いているのか、メリットやデメリットなど詳細を知りたい場合は下記のページを参考にして選んでください。

転職エージェントの評判のカテゴリー
リクルートエージェントDODAJACリクルートメントパソナキャリアマイナビエージェントtype転職エージェントワークポート

業種別・年代別におすすめの転職エージェントと、その理由を解説

女性IT業界ハイクラス経理外資系第二新卒20代20代・女性30代40代・男性