転職エージェントの選び方

転職エージェントの比較の軸

  • 大手の転職エージェントを利用する
  • 複数の転職エージェントを利用する
  • 希望業界の特化型エージェントがあれば活用する

大手の転職エージェントを利用する

大手の転職エージェントを利用する理由は、なんといっても「求人数の多さ」が理由です。

企業との太いパイプがあるため、良質な非公開求人や独占案件が豊富にあります。

中小の転職エージェントにも良質な案件や優秀なエージェントが在籍することもありますが、保有求人は圧倒的に少ないですし、良いエージェントを探すための情報はほとんどありません。

結果として、まずは大手の転職エージェントを利用することが第一選択肢になります。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントには各社それぞれに独占案件があり、そのエージェントを利用しない限り出会えない求人があります。

また、転職エージェントは、担当になるキャリアアドバイザーの能力や相性が転職成功のカギを握っていると言っても過言ではありません。

リスクを回避して、良い求人や良い担当に出会うためには、複数の転職エージェントに登録するということが非常に大切です。

また、はじめに1社だけ登録して様子を見て、求人内容や担当がイマイチだったから他のエージェントに登録するという手順を踏むと、数週間程度の期間のロスが発生してしまいます。

ですから、始めから3社程度のエージェントに登録し、良い求人や良い担当に出会えたエージェントで選考を進めていくのが定石です。

数ある転職エージェントの中でおすすめできるのは下記の7社です。

  • マイナビエージェント・・・サポート力が高くホワイト求人紹介に定評がある。大手・中小の独自案件も多数保有。
  • DODA・・・常時10万件以上の圧倒的な求人数の転職エージェント。サポート力も定評がある。
  • リクルートエージェント・・・NO.1の求人数や実績。良質な非公開求人を多く保有している。
  • type転職エージェント・・・首都圏のみだが、サポートの手厚さはトップクラス。首都圏ならおすすめ
  • パソナキャリア・・・サポートの丁寧さが魅力で女性にも人気があるエージェント。求人数も多い。
  • Spring転職エージェント・・・アデコグループの転職エージェント。良質な求人も多数保有している。
  • JACリクルートメント・・・年収500万円以上の人におすすめ。外資系転職では欠かせない。

まずは、この中で求人数の多いリクルートエージェント、DODAと、サポートに強いマイナビエージェント、type転職エージェントあたりを3社ほど登録することをおすすめします。

転職エージェントを複数登録する理由と実際の掛け持ちする際の手順

特化型の転職エージェントも活用する

自分の志望業界やタイプに当てはまる特化型の転職エージェントがある場合は、そちらも上手に活用するようにしましょう。

IT/WEB業界や金融業界、薬剤師や看護師のように、専門性の高い業種・職種の場合は、業界内の企業に太いパイプを持つ転職エージェントが存在しますので、当てはまる人には利用価値が高いです。

※薬剤師や看護師、保育士のように、専門の転職エージェントでないと求人が少ない仕事もありますので、その場合は特化型を利用するのがベストの選択になります。

業界特化だけなくスペックによっても、ハイクラス・エグゼクティブなどの経歴が優秀で年齢層が高めの人向けのエージェントがあったり、既卒やフリーターなど経歴なしという人向けのエージェントがあったりします。

大手転職エージェントと、自分のタイプに合った転職エージェントを併用することで、よりよい転職ができる可能性を広げていくことができます。

それぞれの特化型転職エージェントについては、関連ページを参考にしてください。

ハイクラス・エグゼクティブIT業界(エンジニア・プログラマ)金融業界

転職エージェントの評判や特徴を比較

転職エージェント各社の特徴や評判を比較する際は、下記のページが便利です。

転職サイトランキング 重複なし22社の徹底比較!