20代の転職を成功に導く為の方法

20代は転職成功のチャンスが広がるベストな時期

転職サイトDODAの「転職活動の実態調査」では、25~29歳の転職経験者は35.3%というデータがあります。

同調査で40歳になるまでに転職を経験している人が52.5%ですので、転職を経験した39歳までのビジネスパーソンのうち、実に67%の人が20代で転職をしているということになります。

当然、調査データにより差がありますが、概ね30%~40%の人が20代で転職を経験していると言われていることからも、20代は転職する人が多いことが解ります。

参考サイトDODA転職活動の実態調査

それでは、20代に対する企業の需要はどうでしょうか。

企業からの20代の需要は増加中

20代に転職のチャンスが多いことは今に始まったことではないのですが、近年は特に企業からの20代の需要が増加しています。

その理由は主に下記の3点です。

  • 不況下で新卒採用を見送ってきたため
  • 少子化で新卒採用だけでは人員が足りない
  • 若手の離職者の補充

多くの会社では年齢構成上、若手が足りず、積極的に人員確保をしようという動きがあります。しかし、新卒採用では大手人気企業に人材が偏るため、中途採用で人材を確保する必要性が高まっています。

また、離職者は一定割合(大卒3年で約3割)出ますので、若手が足りていない企業は後を絶ちません。

そのため、20代の若手は売り手市場が続いています。求職者からすれば、転職する為の条件が整っていると言えます。

第二新卒・既卒・フリーターも需要がある

経歴が浅い、または未経験の20代の多くは自信が無く、転職や就活に及び腰になっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、そういった20代の若い世代にも企業の需要は広がりを見せています。

それぞれの定義を簡単に解説すると下記のようになります。

  • 第二新卒・・・社会人経験3年未満、25歳未満の20代
  • 既卒・・・新卒時に何らかの理由で就職しなかった人
  • フリーター・・・社会人経験がなくアルバイトで生活している人

社会人経験が3年未満の第二新卒と呼ばれる世代や、新卒時に就職しなかった既卒、アルバイトをしているフリーターなども、若手であれば転職市場で需要が増加しています。

一昔前の感覚では、正社員はなかなか難しいと思われてきた人たちも、仕事に対する意欲や人物本位で採用する「ポテンシャル採用」が多くの企業で行われています。

転職や就活を検討している人は、ぜひ前向きに自信を持ってチャレンジしていって欲しいと思います。

下記のページでは、それぞれのタイプに合わせて、転職(就活)の方法や、知っておくべきポイントを解説していますので、参考にしてください。

20代の転職タイミング

同じ20代でも目的に合わせたベストな転職タイミングには違いがあります。
転職理由は様々ありますが、目的に合わせて転職を検討することが、将来のことを考えた時に重要です。

25歳以下~第二新卒

25歳以下は大卒で「第二新卒」に当てはまる年齢です。
第二新卒は、社会人経験が浅く即戦力としての魅力は少ないものの、最低限の社会人経験がある為、ビジネスマナーを身に着け、若く体力があり吸収力が高いというメリットがある為、多くの企業が材確保に動いています。

未経験職種や異業種への転職も比較的容易に行える年代ですし、年齢を重ねれば重ねるほど、難しくなるキャリアチェンジを検討するなら、25歳でに一度検討しておくのと良いと言えます。

転職は3年は我慢したほうが良い?1年目・2年目の転職は不利?

第二新卒の年齢は何歳まで?経歴が短くても転職成功は実現できる

24歳・25歳の転職は男性も女性もキャリアチェンジのタイミング

20代後半~キャリアアップ

20代後半の若手は、ある程度仕事を覚え、徐々に難易度の高い仕事も任されるようになっていきます。

この年代では、今までの経験や身につけたスキルを活かし、さらに大きな仕事や年収アップを狙った「キャリアアップ」の転職を検討すると良い時期です。

27歳・28歳の転職はベストタイミング?未経験職種・異業種も可能

20代の転職回数は2回まで

20代での転職回数は3回目以降で成功率がグッと下がる傾向があります。

20代のビジネスパーソンへの需要は大きい為、悲観する必要はありませんが、20代がキャリアプランを考える上で、より理想的な転職タイミングを検討するのであれば、頭に入れておくようにしたいところです。

20代の転職は何回までOK? 前半・後半でも違う企業の評価

20代が転職成功する為の方法

20代では、求人数が多い為、様々な選択肢があります。

しかし、求人の選択肢が多い分、良質な求人に出会える転職方法が理想です。

主に、下記の3つの方法が転職を成功する為におすすめの方法です。

  • 転職サイトを利用する
  • 転職エージェントを利用する
  • ハローワークを利用する

転職サイトは、リクナビNEXTのように、WEB上に公開された求人の中から、興味のある企業を探し、自力で応募していくものです。

転職エージェントは、無料で求人の紹介から書類対策、面接対策、面接スケジュールの調整、待遇・給与交渉まで、様々なサポートをしてくれるサービスです。

まだ、すぐに転職したいと思っていない人や、マイペースで転職活動を進めて行きたい人には転職サイトが合っていますが、転職エージェントとは違う求人になりますので、どちらも利用したほうが良いです。

すぐに転職したい人は、断然転職エージェントをおすすめします。20代の若い世代は特に転職経験もなく、経歴も浅い場合が多い為、転職に関する様々なアドバイスを受けながら、可能性を広げていくことが転職成功にプラスになります。

また、サポートがある状態での転職活動と、ない状態では転職活動の負担も大きく違います。

その上、転職エージェントでは非公開求人を多数保有していて、より良質な企業の求人の紹介を受けられる可能性が高いです。

ただし、地方在住の場合、転職エージェントのみでは選択肢が狭くなる可能性がありますので、その場合はハローワークも積極的に利用することをおすすめします。

20代が転職成功する為の方法や、おすすめの転職サイト・転職エージェントについては下記のページで詳しく解説していますので、そちらを参考にしてください。

20代におすすめの転職サイト・転職エージェント。ココを使えばOK

第二新卒を転職成功に導く転職エージェントを厳選してみた

第二新卒で大手の内定を獲得できる理由と方法

ただし、タイプ別にもおすすめは変わります。

  • 女性の場合
  • 特化型サイトがある場合
  • 既卒・フリーターの場合

女性の20代におすすめの転職サイト・エージェント

女性の転職では、女性ならではの悩みや不安があります。その点、女性の転職実績が豊富で、サポートに力を入れている転職エージェントのほうが、安心して利用できるというメリットが大きいです。

下記のページではタイプ別におすすめの転職サイト、転職エージェントを紹介しています。

転職サイト 女性におすすめのランキング

特化型サイトがある場合

業界に特化した転職エージェントがある場合は、業種・職種に制限がない総合型の転職エージェントを利用するとともに、専門性の高い業界・業種特化の転職エージェントを活用することをおすすめします。

理由はその業界・業種の求人が集まっていることと、その分野について詳しいコンサルタントが在籍しているからです。とはいえ、リクルートエージェントやDODAなど、大手の総合型の求人数も捨てがたい為、併用が望ましいという結論になります。

IT業界ハイクラス経理外資系

既卒・フリーターの場合

既卒の人やフリーターの場合、大手の総合型エージェントを利用しようと思っても、求人が無く断られるケースがあります。だからといって、転職エージェントを活用した転職活動ができない訳ではありません。

近年では著しい若手不足から、企業の需要が広がっていますので、まずは下記のページの情報やおすすめ転職エージェントを参考にして、転職活動をスタートさせていただければと思います。

既卒の就活に成功する為の5つの方法。就活サイトの活用がカギ

フリーターが正社員になれる4つの方法とおすすめ転職エージェント