転職の不安・悩み

転職の不安・悩み

仕事に行き詰まりを覚えたら転職しても良い?原因別に解説

仕事に行き詰まった人の原因別に、どういったときに転職しても良いか解説していきます。
転職活動

転職を迷っている人が決断する際のたった3つのポイント

転職は人生を左右するような転機とも言えますから、転職するかどうか迷うのは当然ですし、悩む人も多いでしょう。 しかし、悩みすぎて不安になっても良いことがあるわけではないことは誰もが理解していることだと思います。 転職の決断はあくま...
年間休日

年間休日72日の内訳と少なすぎるから転職を考える場合のポイント

年間休日72日は、さすがに少なすぎる休日数ですから、休日が少ないことが原因で辞めたくなることもあるでしょう。 このページでは、 年間休日72日がどのような内訳になるのか 何で少なすぎると言えるのか など、年間休日...
年間休日

年間休日107日の休みの内訳と違法ではない根拠

年間休日が107日というのは、厚生労働省が発表している平成29年度の平均値の113.1日と比べたときに6日ほど少ない休日数です。 しかし、業界によっては108日でも決して少ないとは言えない業界もありますし、 休日数は、周囲と比べ...
年間休日

年間休日60日。もし給料が高くても選ぶな!違法ではないけどしんどい。

年間休日60日は、週に1度の休みの他は8日間しか休みがないという非常に少ない休日数です。 この休日数では、よほど他の条件にメリットが無ければ続けていくのがかなりしんどいと思いますし、休日数が少なくて転職を考えているのなら、すぐにでも転...
年間休日

年間休日96日の内訳と体験談。残業なしでもきつい?

年間休日96日は、平均の113.8日から見ても少ないほうだということが分かります。 しかし、飲食業、宿泊業、販売職など、土日や祝日などが繁忙期の仕事では100日以下というのは珍しい訳ではありません。 結局のところ、希望する仕事や...
転職活動

年収ダウンでも成功と言える転職と許容範囲の考え方

転職では、できれば年収アップしたいと考える人がほとんどでしょう。 しかし、年収ダウンしても良い転職だったという人も少ないわけではありませんし、納得のいく環境に転職できたのであれば成功と言っても良いのでないでしょうか。 ただ、大幅...
年間休日

年間休日108日の内訳と転職を考える際に知っておきたいこと

年間休日が108日というのは、平均の113日と比べれて少しだけ少ないです。 しかし、業界によっては土日・祝日が書き入れ時などの理由で、もっと休日が少ない会社は沢山あります。 休日数は、周囲と比べてどうなのか気になるところでもあり...
NO IMAGE 年間休日

年間休日90日以下の会社は違法ではないけど少なすぎてきつい?

年間休日が90日未満の会社は、そう多くはありません。 仕事は休日数だけで選ぶものではありませんが、休日数が少ない企業を選ぶのであれば、それだけ慎重に行動すべきでしょう。 このページでは年間休日が90日の企業の内訳や、 年間休日...
NO IMAGE 残業

残業60時間以上で会社を辞めたいなら。残業代は割増になるが続けるのは厳しいかも。

残業60時間以上は残業代が割増になる 一ヶ月間に60時間以上の残業をした場合、残業代の割増率は1.5倍以上になります。 割増になるのは60時間を超えた分になりますが、残業代は通常の1.25倍ですので、例えば80時間の残業をした場合は...