転職エージェントと転職サイトの違い~どっちを使うべき?

転職エージェントと転職サイトの違い 転職エージェントの選び方

転職エージェントと転職サイトの違いは、ひとことで言えば「担当のキャリアアドバイザーに転職支援をしてもらう」か「自力で直接応募する」かの違いです。

転職エージェントでは、非公開求人を紹介してもらえ、面接スケジュールの調整や職務経歴書や面接などの選考対策、待遇交渉などさまざまなサポートを無料で受けることができます。

このページでは、それぞれの違いや、どっちを使うべきか決めるために知っておくべきポイントを解説していきます。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

転職エージェントと転職サイトの違い

まず解りやすいように、転職エージェントと転職サイト(求人サイト)の違いを表にして比較して見ました。

転職エージェント 転職サイト(求人サイト)
求人数 サイトに掲載されない非公開求人が多数ある 公開求人のみ転職エージェントと比べると求人数は少ない。
活動開始の手軽さ キャリアアドバイザーとの面談からスタート。場合によっては断られることもある。 自分のペースで求人検索を使って調べられる。思い立ったらすぐ開始できる。
客観的な視点 第三者がアドバイスをしてくれるので、応募企業への評価も客観的に判断しやすい。自分では気づかない適性を発見できることも。 全て自分で進めていくので、客観性は乏しい。判断基準が全て自分になる。(ただし、それがメリットになる人もいる)
転職成功率UPの為のサポート 応募書類添削や面接のアドバイスなど、手厚いサポートが受けられる。 転職ノウハウなどの情報を閲覧して勉強できる。
応募の手続き 面接の日程調整や、雇用条件の交渉、入社日の確認など、代行してくれるので負担が軽減 レジュメの登録をすれば、複数の企業にも簡単に応募できる。
アフターフォロー   退職手続きのアドバイスや入社後も相談に乗ってもらえる 特になし

転職エージェントでは非公開求人の紹介を受けられる

非公開求人の割合

非公開求人とは、転職サイト上に掲載されていない、転職エージェントだけが扱っている求人のことです。

求人全体の8割から9割は非公開求人と言われていますし、量だけでなく質の高い求人の多くも非公開求人として扱われています。

これだけでも転職エージェントを利用するメリットは大きく、反対に使わないことで可能性を狭めてしまう恐れがあります。

当サイトで「転職エージェントは必ず活用して欲しい」と何度も繰り返しているのは、可能性を少しでも広げて良い転職を実現して欲しいからです。

メリットが大きく、リスクはほとんどないのですから、必ず利用するようにしてくださいね。

求人を自力で探すかマッチングしてもらうかの違い

転職サイトでは、WEB上で公開されている求人を地域や条件などで検索しながら、応募したい企業を自力で探し直接応募をします。

また、スカウト機能とよばれるシステムがある転職サイトが多く、経歴のレジュメを登録しておくと、企業や転職エージェントから直接的なオファーを受けることができます。

一方で、転職エージェントでは、多数の求人の中から、経歴や志望業界・職種、希望条件などから、転職の可能性がある企業をマッチングしてくれます。

転職サイトでは公開求人の中なら好きな求人に応募できますが、転職エージェントの場合は基本的に紹介されなければ応募ができないので、選択肢が狭い感じがするかもしれません。

しかし、実際は膨大な量の求人から自分の受かる可能性があり、かつ希望条件にマッチした求人を探し出すことは、転職活動の中でも労力が掛る作業と言えます。

少しでも良い企業を見つけたいと誰もが思いますが、転職サイトでは良質な求人には応募数も多くなり、結果的に内定を得られる可能性は低くなります。

転職エージェントの場合は、内定の可能性がある求人を紹介してくれるので、手間が省けるということになります。

ただ、利用者のキャリアの優劣などでスクリーニング(ふるいわけ)されるということでもありますから、納得のいく企業を紹介してもらえないという人も出てきます。

サポートをしてもらうことでの負担軽減の有無

転職サイトでの転職活動は、求人を探しだし応募するところから書類作成、面接準備やスケジュールの調整、待遇交渉などまで、全て自力で行う必要があります。

全て自分でやりたい人や、まだすぐに転職をしたいと思っていない人の情報収集の段階ではメリットもありますが、実際に転職活動になるとかなり大変です。

転職エージェントを利用する場合は、非公開求人の紹介を受け、応募したい企業があれば、企業ごとの選考対策やアドバイスを受けることもできますし、スケジュールも企業との間に入って転職エージェントが行ってくれます。

転職にはリスクもありますから、在職中に転職活動を行うのが一般的ですが、仕事をしながら自力で転職活動を行うのはなかなか厳しいことです。

それらの負担を転職エージェントを利用することでかなり軽減することができます。

doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

転職エージェントと転職サイトどっちを使えばいい?

ここまでの解説を読んでいただいたあなたは、「転職エージェントのほうがいいんでしょ?」と思うかもしれませんね。

もちろん、ほとんどの場合、転職エージェントを利用することを第一選択肢にして欲しいと思います。

ただ「転職エージェンとが必要ない」というケースや、「転職サイトのほうが合っている」というケースも少なからずあります。

転職エージェントを利用したほうがいいケース

  • 仕事をしながら転職活動をしたい
  • 良質な求人を紹介して欲しい
  • 相談しながら転職を進めたい
  • いろいろサポートして欲しい
  • 職務経歴書の添削など対策をして欲しい
  • 模擬面接などの面接対策をして欲しい
  • 内定の確率をアップしたい
  • 給与待遇交渉をして欲しい

転職エージェントを利用することは上記でお話ししたように多くのメリットがあります。ほとんどの人の場合、利用しないことで受けるデメリットのほうが多いでしょうし、基本的には転職エージェントを利用したほうが良いでしょう。

転職サイトを利用したほうがいいケース

  • 地方の求人を探している
  • 年齢が40歳以上でキャリアに自信がない
  • 転職エージェントでは紹介されない企業に応募したい
  • 転職エージェントに利用を断られた場合

反対に、転職サイトを利用したほうがいいケースは、転職エージェントのメリットを受けられないケースです。

企業が集中するのは大都市ですから、地方の求人は比較的少なく、転職エージェントでもあまり紹介が受けられないことがあります。

その場合は、転職サイトでも求人が少ない地域なことが多いですが、転職サイトやハローワークなどを利用した転職のほうが効率的なケースがあります。

同様に、40歳以上など年齢が高くなればなるほど、求人数は少なくなり、企業の求める人材ニーズも高くなります。

その要望に応えられる優秀なキャリアがある人は別として、アピールできる要素が無いという場合は、転職エージェントで紹介が受けられない可能性があります。

また、転職エージェントでは企業にアピールできる経験やスキルがある人が優先的に良質な案件を紹介されます。

「この企業を受けたい」という明確な意思がある場合でも、利用者の中で優先順位が低ければ紹介してもらえませんから、紹介してもらえないが、その企業をどうしても受けたい場合には、直接応募をする以外の選択肢は無いです。

転職エージェントは紹介できる求人がないと利用を断られるケースがあります。

転職エージェントはたくさんありますので、1つ断られたくらいで落ち込む必要はありません。

他の支援会社に登録すれば良いのですが、どこに登録しても断られてしまうといった場合は、転職サイトを利用しできるだけ多くの企業に応募していく活動方法に切り替える必要があります。

下記のページも参考にしてください。

転職エージェントは必要ない?使うべきか使わない方がいいか迷ったら
転職エージェントは必要ないと思っている人も少なからずいると思います。もちろん、利用しないで転職する方法もありますが、利用しないデメリットも知った上で選択するべきでしょう。このページでは、転職エージェントが必要かどうかを解説し...
リクルートエージェント
転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細・登録はこちら

転職エージェントの選び方に迷ったら

転職エージェントは多くの人にとって利用すべきということを、転職サイトとの違いを解説しながらお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

とはいえ、転職エージェントは数が多く、どの転職エージェントを利用したらよいか迷うこともあると思います。

迷った場合は、大手転職エージェントなら担当者との相性のほうが重要なケースが多いので、大手から2~3社登録して良い印象を持ったところを継続利用することをおすすめします。

転職エージェントの比較やランキングを知りたい場合は、下記のページを参考にしてください。