第二新卒で大手企業への転職は無理?大手から大手でなくても内定は狙える

第二新卒で大手企業に転職できるならしたいと思う人も少なくないでしょう。

一般的に経歴と認められるのは3年以上の実務経験を積んでからと言われますが、この第二新卒という年代だけは、経歴よりも若さと将来性、つまりポテンシャル採用が行われている年代です。

ただし、第二新卒だから大手企業に転職がしやすいのかというと、一概にYESとは言えません。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

第二新卒で大手企業に転職するのは無理?

大手企業は新卒採用を中心に採用活動を行っているという現実や、その新卒採用も中小企業より有利に進めることができるため、それほど若手の人材不足に悩んでいないという見方もあります。

そのため、第二新卒で大手への転職を成功させるのは、なかなか厳しいというのが一般的です。

第二新卒枠の採用があるからといって、誰でも大手に転職できるということはありませんし、数の上でも中小企業のほうが圧倒的に多く、大手企業のほうが選択肢が少ないという現実があるのは理解しておくようにしましょう。

しかし、大手企業は無理と言うわけでもありません。下記のような条件をクリアしている人なら、大手への転職は現実的にチャレンジできるレベルの難易度だと言えます。

  • 同業同職種
  • 大手から大手の転職
  • 実績がある
  • 高学歴

同業同職種への転職

同業他社から第二新卒の人材を採用する大手企業は少なくありません。

同じような仕事をしてきている訳ですから、即戦力としてもある程度計算でき、自社にも馴染みやすいという評価になりやすいです。

自社より規模が小さい会社出身だとしても、違った強みがあるものですし、より会社を良い方向に進めてくれる可能性を秘めているということは魅力の1つになります。

大手から大手への転職

新卒時に大手企業に入社している第二新卒は、大手企業が採用するという評価をした人材ですから、転職時にも有利になるケースがあります。

ただし、中小企業であれば、新卒採用で採用しきれない変わりに第二新卒を積極採用するケースも少なくありませんが、大企業の場合は、離職者の穴埋めという要素が大きくなります。

そのため、新卒時に入社するのと比べて、評価が低い状態からスタートしなくてはいけなくなるリスクがあります。

大手企業に在籍していたからといって、転職後も大手企業に転職して、必ずしも満足度の高い転職になるかは解らないものです。

待遇面や中途採用者の5年後、10年後のモデルケースなど、気になる事はしっかりと確認してから転職することが大切です。

それなりの実績がある

実績と言っても、たかだか数年間の経歴ですから、あまり鼻につくようなアピールはかえってマイナスになることもあります。

しかし、大手企業に転職をするのであれば、それなりに優秀なことをアピールできたほうが成功率が上がることも事実です。

学生ではないのでアピールはあくまで仕事上のものでなければ意味がありません。前職でどのような工夫をして、どのような実績を作ってきたのか。

経験から成長できたと感じたエピソードなども交え、活躍できる人材であることをアピールできる準備をしていきましょう。

高学歴の第二新卒

第二新卒は中途採用ですから、学歴よりも経歴・実績を重視するという意見もありますが、有名な大手企業の場合、現実的には旧帝大や早慶を始めとしたなど高学歴の求職者中心の採用になることがあります。

もちろん、高学歴だから採用するという訳ではないですが、比較的内定を得やすいことは間違いありません。

doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

中小企業から大手を目指すのはあり?

中小企業から大手企業への転職は、実績がそれなりにないと厳しいというのが一般的です。

しかし、新卒ではチャンスがなかった第二新卒にとっては、可能性があるだけでもチャンスだと言えます。

人物本位のポテンシャル採用ではなく、実績重視の年齢になってくれば、より大手企業への転職は厳しくなってしまいますので、第二新卒での転職ができるうちに大手にチャレンジするのも良いでしょう。

なぜ大手が良いのかは明確にしておこう

ただし、大手企業に転職したら安定するだとか、給料が多くなるだとか、大きな仕事ができるだとか、良い想像だけしていると、後々後悔する可能性もあることは知っておいてください。

確かにネームバリューがあったりブランド力があったり、他人から良い目で見られるなど、イメージだけなら良い点が多いかも知れません。

でも、実際に働いてみればイメージなんてものは意味がありません。他人の評価の為に仕事をするわけでもないですし、自分が幸せなのかどうかが大切でしょう。

給料が高くなるとも限りませんし、中小より安定しているとしても、将来ずっとそうだとは限りません。

仕事についても、大企業は仕事が細分化されている事も多く、「自分の仕事が役に立っているかどうか解らずモチベーションが保てない」とか「仕事が単純すぎてスキルアップができない」と大手企業から中小・ベンチャーに転職する人も少なくありません。

「大手だから」という理由だけで企業選びをしてしまえば、ミスマッチが起こり満足度の低い転職になる危険性があることを理解しておくようにしましょう。

その上で、自分の希望に近い仕事内容や働き方、諸条件がマッチした企業へ転職できれば成功といえる良い転職になると思います。

リクルートエージェント
転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細・登録はこちら

第二新卒が大手企業の内定を得るための注意点

第二新卒で大手に内定を得るのに一番大切なのは採用担当者が納得のいくような「退職理由」です。

他社を短期間で辞めたという事実がある以上、なんで辞めたのかは必ず聞かれます。

「うちに来ても同じ不満が出るんじゃないの?」「また辞めるだけじゃないの?」という企業側の不安を払しょくできなければ、内定を得ることはできません。

特に有名企業に勤めていた人は要注意です。前職が有名企業な時点でポテンシャル自体は確認されているようなものです。

そうなれば、採用担当の興味は必然的に人柄と退職理由に絞られてきます。

一般的に見れば「なんで辞めるのか解らない」「もったいない」という意見になるのは致し方ありませんから、細かく聞かれても納得できるような内容を準備していくようにしましょう。

また、下記ページの一般的によくある第二新卒の転職失敗例も参考にしてください。

第二新卒の転職成功のコツ~失敗例から学んで理想の転職を実現しよう。
新卒から3年未満の第二新卒は、経歴が浅くてアピール材料が少なくても人物重視で採用される年代です。企業にとって少子化による若手の人材不足は深刻で、新卒採用だけでは人材を確保できないことも少なくありません。そのため第二新卒の需要は常に高...

第二新卒で採用している企業の一覧は?

「大手の第二新卒の採用企業一覧」があれば便利なのですが、実際には「第二新卒採用をしています」と宣言している企業ばかりではありません。

第二新卒採用を拡大した博報堂など、企業サイトでもエントリーが行えるような企業もありますが、転職エージェントに求人を出し、非公開で募集している企業のほうが多いです。

狙う企業があるのであれば、企業サイトの採用情報を確認してみるのも良いでしょう。

また、転職エージェントなどの公開求人を確認する方法もあります。例えば「マイナビエージェント 第二新卒歓迎求人の一覧」のように求人を調べて、どんな求人があるのか調べる方法です。

しかし、転職エージェントは公開求人しかネット上で見ることができません。多くの求人が非公開求人ですし、公開求人は社名非公開というケースも多いので、参考程度にしかなりません。

どのような求人があるのか知りたければ、転職エージェントに登録して実際に大手の求人を紹介してもらえるか相談してみるのが確実です。

まとめ

第二新卒で大手への転職は、条件が整っていれば十分に可能です。

中小企業から大手へ転職したい場合は厳しい前提ですが、30代など年齢が高くなってからよりは可能性がありますので、第二新卒のうちにチャレンジしてみましょう。

どちらにしても、なぜ転職するに至ったのか、転職後は長く勤められるのかという点は納得のいく説明が必要になりますので、しっかり準備をしていくようにしましょう。