第二新卒・20代の転職

第二新卒の転職で空白期間が長い場合の対処法。ブランクでも不利にならない回答をしよう

第二新卒が転職するとき、経歴の空白期間を気になる人も少なくありません。

一般的に、経歴には空白期間を作らないほうが不利になる要素が少なくなりますので、無いに越したことはありません。

特に、第二新卒のような若手だと「また辞めるのでは?」という懸念を払しょくする必要がある上に、空白期間の件も印象が悪くならないように考える必要があり、不利な要素が増えてしまいます。

しかし、既にブラックがあるのであれば、ネガティブな思考にハマってしまうのは最悪なことです。

面接で聞かれた時に、根拠がしっかりしていて納得がいく伝え方をすれば、採用担当者も安心して内定を出すことができますので、前向きに対処する方法を考えていくことに集中していきましょう。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

第二新卒が職歴の空白期間を作ってしまう理由別の対処法

まず、空白期間を作ってしまう理由は何でしょうか。

  • しばらくゆっくり休みたい
  • なかなか内定が出ない
  • アルバイトをしていた
  • 病気の療養をしていた

主に上記のような理由が多いのではないでしょうか。

それぞれの理由についの面接時の対処法を解説していきます。

しばらくゆっくり休みたい

特に、第二新卒は、学生から社会人になり、誰もが社会の理不尽さを味わうものです。

そんな中で頑張ってきたのですから、先の事を考えるより、まずは少しゆっくりしたいと考えるのも無理はありませんよね。

リフレッシュして仕切り直しというのも別に悪いことではありませんが、面接で伝える場合は、そのまま伝えてしまっては「遊んでたんだ?」と聞き返されてしまいます。

そんな場合は、リフレッシュをしている間にも、転職先の情報収集や自己分析は行っていたと思いますので、下記の例のように答えるようにしましょう。

在職中は多忙で時間が取れなかった為、落ち着いて今までの仕事を振り返りキャリアの見直しを行ったり、自分の特徴を活かして長く活躍できる企業を慎重に探していました。

「長く勤める企業を慎重に選んだ結果、御社に応募した」という意思が伝われば、採用担当者も安心して受け入れることができます。

なかなか内定が出ない

自己分析や、応募する企業選びなどに時間を費やしてしまったり、応募してもなかなか選考が突破できない場合などは、空白期間が長くなってしまうケースもあるでしょう。

この場合、空白期間が3ヶ月以上になってくると「他の企業で採用されなかった人」というマイナスな印象を持たれてしまう可能性があります。

その懸念を払しょくするにも、「長く勤める為に自分を活かせる企業を慎重に選定してきた」という答え方ができます。

また、「思ったより時間が掛かってしまいましたが、その期間で○○といった経験ができ、今後に向け有意義な時間だったと思っています」

というように、空白期間の経験や努力してきたことなどについて話し、前向きに行動してきた事が伝わると良い印象になります。

アルバイトをしていた

空白期間が長引けば、誰しも生活費にも困るような状況になるでしょう。

その為、アルバイトをすること自体は仕方ないことですが、ダラダラと空白期間が長くなればマイナスになってしまうほうが多いです。

このような場合、「アルバイトをしながら○○という資格取得の勉強をしていた」「アルバイトの業務で○○というスキルが身に就いた」など、仕事に関連付けができる回答をするように心がけましょう。

病気の療養をしていた

病気の場合、「また病気が再発しないのか」という点が採用側としては気になるところです。

しっかり休んで、今は元気でやる気も漲っているという事が伝わるアピールをするようにしましょう。

病気療養していたのに、嘘をついて理由を並べても説得力に欠けますし、嘘はバレてしまうことのほうが多いです。

理由を正直に伝えた上で、採用担当者が懸念を持つことを払しょくできれば大丈夫ですので、しっかりと説明できる準備をしておくようにしましょう。

どのように話せばいいか解らないときは

空白期間の説明が自分だけでは、どう説明していいか解らないというような場合は、転職エージェントに相談するのが一番です。

ここで解説してきたのは一般的な空白期間の理由ですが、人によっては、いろいろ事情もあるでしょうから、企業から直接依頼されているエージェントに相談することで、客観的な立場からのアドバイスが受けられます。

「こういう風に回答していくと良いですよ」と言われるだけで、自信を持って説明することができるようになりますし、「空白期間なんて気にしない」という企業の紹介を受けられる場合もあります。

基本的に「今すぐにでも転職したい」という意思があれば、しっかりサポートしてくれるエージェントが多いので、そこは安心してプロに相談するようにしていきましょう。

おすすめの転職エージェントは、利用者に親身になって納得の行く企業を紹介してくれるサポート力や提案力があるエージェントです。

下記に条件に当てはまるエージェントを紹介しておきまうすので、参考にしてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、第二新卒を含む20代~30大の若手に強い転職エージェントです。

マイナビの知名度を活かして、企業との太いパイプがあり、良質な独占案件を多く保有しています。

大企業から中小・ベンチャーまで幅広い求人がありますが、特に優良中小企業の独自案件は評価が高いです。

求人数では、業界最大手のリクルートエージェント、2番手のDODAには及びませんが「紹介数が多い」「ホワイト求人の紹介が多い」という定評があります。

多くのビジネスパーソンにおすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェンとの公式サイト

DODA

DODA

DODAは国内トップクラスの圧倒的な求人数があり、転職実績も豊富で強みを持っています。

利用者の満足度が非常に高いことでも知られ、書類対策・面接対策など丁寧なサポートに定評がありますので、安心して利用することができる転職エージェントです。
利用者の年齢層は幅広く、若手から40代まで利用価値が高いです。

typeの転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、サービスにこだわった質を重視した姿勢を貫き、高い年収アップ率を実現している転職エージェントです。

業界内でも手厚いサポートに定評があります。大手との差別化を「サービスの質」で図る姿勢は転職者にとっては有難いです。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県)の求人がメインですので、首都圏の人にはかなりおすすめです。

下記のエージェントは、業種・職種やタイプ別のおすすめエージェントです。該当する人は参考にしてください。

業界(強み)転職エージェント名おすすめ度
ITエンジニアワークポート
ゲーム・WEBマイナビクリエイター
高年収・管理職・専門職JACリクルートメント
管理部門特化JACリクルートメント
高年収・外資・海外JACリクルートメント
薬剤師マイナビ薬剤師
事務職パソナキャリア
保育士マイナビ保育士
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。