第二新卒・20代の転職

第二新卒とはフリーターも含むのか。第二新卒とフリーターとの違いは?

新卒から一度就職して退職後、フリーターをしている人もいれば、就職せずにフリーターをしている人もいるでしょう。

このページでは、「第二新卒とはフリーターも含まれるのか」「フリーターと第二新卒はどう違うのか」ということを解説しています。

最後までお読みいただければ、フリーターの人が、正社員になる為のヒントになると思いますので、ぜひ参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

第二新卒とはフリーターも含むのか

第二新卒の定義ははっきりとしたものがある訳ではありませんが、一般的には下記のようなものです。

新卒(高校・大学)で一度就職し、3年以内の求職者

つまり、第二新卒の要件は下記の2つになります。

  • 新卒時に一度就職していること
  • 卒業から3年以内

細かく言えば、企業の求人ごとに捉え方が違いますので、この限りではなく、第二新卒歓迎としながら大卒を対象と考えている場合や、いわゆる「就職」ではなくても「何らかの就業経験があること」と捉えている場合など多岐に渡ります。

「3年以内」というのも、「5年以内」だったり、「社会人経験2~5年目程度」など、求人によってそれぞれ幅が違ったりします。

結論として、現在フリーターだとしても、新卒時に就職した後に退職しているのなら「第二新卒」に含まれます。

新卒時に入社した会社を退職したけど、転職先が決まらずにフリーターをして生活費を稼ぐといったケースは珍しくありません。その期間が長引いてしまったという人も少なくないでしょう。

ただし、長期間フリーターをしているような場合は、なんでその間に就職をしなかったのかというところは必ず聞かれますので、納得できる理由と今後は長く勤めていきたいという意思を伝える必要がありますので、しっかり準備するようにしてください。

フリーターと第二新卒の違い

上記で解説したような一般的な定義に当てはめるなら、フリーターと第二新卒との違いは、新卒時に一度就職したことがあるかどうかの違いです。

他にも既卒とよばれる求職者もいますが、こちらは新卒から3年未満の職歴なしの若手を指します。つまり、新卒時に就職しないでフリーターをしていても3年未満なら既卒というカテゴリーになります。

企業から見たフリーターと第二新卒の違いは「社会人経験があり、最低限のビジネスマナーを習得している」かどうかの違いです。

フリーターでもビジネスマナーを身につけられないとは言いませんが、多くの企業では正社員経験、最低でも派遣社員や契約社員の経験があることが前提になるケースが多いです。

社員にはアルバイトと違った責任や理不尽さが付き物と言っても過言ではありません。一般的な常識が会社では常識ではないケースなどもありますし、「正社員経験がある人のほうが、耐性もあるだろう」と考える企業があるのは当然と言えば当然です。

ただし、正社員経験が必要かどうかは、これも求人によって違いがあり、例えばリクナビNEXTでは、フリーターのみの経験でも第二新卒として扱っていますので、第二新卒歓迎求人に応募することが可能です。

リクナビNEXTでは「最終学歴を修了後、何らかの就労経験が3年以内の方のこと」を「第二新卒」と呼んでいます。年齢や雇用形態は不問であり、正社員や契約社員、派遣社員だけでなくアルバイトも「就労経験」に含まれますので、あなたも第二新卒に当たります。

引用:リクナビNEXT

ただし、正社員としての就労経験がある第二新卒のほうが優遇される現実は覚悟しておいたほうが良いでしょう。

書類選考の時点で苦労することも多いでしょうから、やみくもに応募を繰り返してもショックを受けるだけの可能性があります。

覚悟の上で、なるべく沢山応募するというのも1つの手ですが、おすすめはフリーターや既卒などの就職支援を専門で行っているエージェントです。

下記におすすめのエージェントを紹介しておきますので、積極的に利用するようにしていきましょう。

就職Shop

就職shop
就職Shopはリクルートが運営する「既卒・フリーター」、正社員未経験の20代の為の転職エージェントです。

就職Shopを利用するメリットは下記の3点です。

  • 正社員未経験から正社員を目指しやすい
  • 書類選考がパスできる
  • 面接対策やセミナーが充実している

就職Shopは、フリーターや既卒など社会人経験が無い求職者、経験1年未満のほとんどキャリアのない20代の若手を「人材のニーズ」とする企業を集め、人材支援を行っている転職エージェントです。

元から、フリーターの需要がある企業のみを集めている為、既卒でも正社員を目指しやすいです。

実際に転職Shopを利用して就職を決めた人のうち「4人に3人が正社員未経験」ですし、既卒者にとって利用価値の高い転職エージェントと言えます。

もう1つ大きな特徴は就職Shopで紹介された求人に応募する際は、全て書類免除だということです。書類選考で落とされる確率が高い既卒の求職者は、面接から選考が始まることは負担が大きく減りますので大きなメリットです。

また、就職Shopでは、模擬面接やセミナーなど、サポートが充分に整っている為、既卒でも自信を持って面接に臨めます。

就職Shopが紹介する企業は、全て取材・調査済み企業の為、実際に働く際の労働環境など細かい内部情報も知った上で就職することができます。

就職Shopの詳細・登録はこちら

既卒・フリーター・第二新卒向け特化のハタラクティブ

ハタラクティブは、既卒・フリーターといった「職歴がない求職者」、正社員未経験者の若手に特化した求人を中心に扱っている転職エージェントです。

ハタラクティブを利用するメリットは下記の3点です。

  • 未経験歓迎の求人が常時1,500求人以上
  • 約60000人の実績がある
  • 若年層専門のプロが在籍している

ハタラクティブは、既卒の就職実績が豊富で、求人も常に豊富に保有しています。また、既卒の求職者を数多く支援してきて蓄積されたノウハウに基づくサポートには定評があります。

企業への推薦もしっかり行ってくれる為、コンビニバイトやホストなど多種多様なフリーターが正社員で転職している実績がありますので、利用するメリットは大きいです。

ただし、ハタラクティブは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の求人オンリーなので、利用できない人もいる点は残念な点です。反対に1都3県の既卒者なら、第一選択肢として今すぐにでも登録すべき転職エージェントです。

ハタラクティブに登録する・詳細を見る

就職成功率80%越えのJAIC

jaic

JAICは既卒・フリーターから正社員での就職を支援する転職エージェントです。「まるで自信がない」という人には、上記の2社よりおすすめです。

JAICを利用するメリットは下記の3点です。

  • 無料の就活講座でビジネスマナーが学べる
  • 約20社を書類選考なしで受けられる
  • 就職成功率が80.3%と驚異的

JAICに登録すると、10日間の無料の就活講座を受けビジネスマナーを学ぶことができます。

ビジネスマナーを学んでから就職できることで、就職時の安心にもつながると思います。また、紹介企業にも「ビジネスマナーを学んでいる」という売り込みになります。

約20社に書類選考なしで面接ができ、かつ80.3%という驚異の就職成功率は、「企業に強く推薦されている」証拠であり、ビジネスマナーや若手の就業意欲が高い人材が企業ニーズである証拠と言えます。

ちょっと風変わりな転職エージェントではありますが、成功率の高さからも、利用価値は高いです。

利用するには、まず無料説明会に申込みするところからになります。

JAICの無料説明会申込み・詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。