第二新卒の転職に良い時期と転職のタイミングは?

DODA 第二新卒・20代の転職

いずれ転職するにせよ、時期やタイミングが良いのか悪いのかは気になるでしょう。

しかし、一度辞めたいと思うほどの不満を抱えると、遅かれ早かれ転職する道を選ぶ人が多いので、そんな人はどのタイミングで転職すれば良いのか考えておくことも良いと思います。

このページでは、入社3年目までのいわゆる第二新卒世代の転職に適した時期について解説していきます。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

第二新卒は何年目なら転職可能?

第二新卒は、社会人経験が浅く、とても即戦力と言えるほどの経歴があるとは言えません。

しかし、企業では若手の人材不足が著しく、需要は常に多く転職しやすい年代でもあります。

したがって、1年目であっても2年目、3年目であっても、転職先が見つからないというようなことは、あまりありません。

ただし、いくら人物本位のポテンシャル採用といっても、少しでも経験を積み即戦力になりやすい人材のほうが好まれるのは確かです。

そういった意味では、何年目で転職するかによって、良い転職ができるかどうかに違いが出てくると言えます。

入社1年目で転職はダメ?

入社1年目では、まだまだ仕事をしているというより、勉強しているという人のほうが多いでしょう。企業としても新人は利益を出せなくても仕方ないと考えていますし、後に利益を生んでもらうために、いろいろ勉強し経験して欲しいと考えることのほうが多いでしょう。

したがって、第二新卒も入社1年目の場合は、ビジネスマナーを身につけ、社会に少しだけ慣れた新人というような扱いです。

より、良い条件で転職したいのであれば、1年目は転職に良い年数とは言えませんが、キャリアチェンジするなら早いほうが良いとも言えますし、心身ともに疲弊しているような状況なら転職を検討したほうが良いでしょう。

ただ、新卒採用で人材確保できない企業も少なくありませんので、仕事に対する熱意や自分の長所をアピールできれば、すぐに転職が決まることも少なくありません。

しかし、たった1年未満で転職するという事実は、企業にとって心配な面はあります。

「自社でもすぐに辞めたいとか言い出すのでは?」「健康などに事情があるのでは?」といった懸念材料は常にありますし、それは企業にとってはリスキーなことでもあります。

したがって、1年目で転職するというネガティブな事を将来的にポジティブにしてける人材だと思わせるアピールが必要です。

「前職ではできなかった事が御社なら実現できる」というように、前職と応募企業の違いを明確に伝え「1日でも早く仕事を覚え貢献していきたい」と熱意を伝えるようにしましょう。

また、希望条件などは高望みをし過ぎず、現状の不満を解消することを第一に考えていくようにしましょう。

入社2年目~3年目なら転職しても良い?

入社2年目は、すでに1年間は社会人経験を積んでいるので、ビジネスマナーという面でも、仕事に慣れているという面でも1年未満の第二新卒とは違う印象になります。

ただ、経歴としては浅いことに変わりはなく、仕事上の経歴をアピールしてもマイナスの効果になってしまうケースが多いです。

入社1年目での転職と同様に、経歴でのアピールはほどほどにして、フレッシュさや仕事に対する熱意で、企業の不安を払しょくしていくことが大切です。

3年目になると、人によっては、幅広い仕事を任されるようになっていたり、能力の差も少しずつではあるものの見え始めてきます。

とはいえ、やはり長い経歴の人からすれば、まだまだ新米ですから、スキルや経験をあまり強くアピールしすぎれば、ただの自信家に見られてしまうリスクもあります。

スキルに自信がある場合も、謙虚な気持ちを持って望みましょう。

入社1年目よりも2年目3年目のほうが、転職エージェントで紹介してもらえる求人が多くなってきますので、まずはキャリアカウンセリングを受け、どのような企業の求人を紹介してもらえるのか確認するところから始めていきましょう。

転職に良い時期なのかどうかは、人によっても違うので、求人紹介で市場価値を図るのが一番確実です。

紹介される求人で納得がいかない場合は、会社に残り、さらにスキルアップできるよう工夫をしていくという方法もあります。

doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

第二新卒が転職しやすい時期は?

第二新卒の転職は中途採用なので求人は一年中ありますが、より有利な時期としては、1~3月が挙げられます。

その理由は下記の2点です。

  • 決算期の3月に合わせて求人が増加するため
  • 新年度に区切りよく4月入社可能なため

決算期の3月に合わせて求人が増加する

転職求人が増加するのは、決算期を迎える会社の多い1月~3月です。

特に3月は、1月2月に決算作業に目途がつき、新年度の人員補充や、新規事業・プロジェクトなどに合わせた人材を募集しやすくなるいう背景があり、求人が増加します。

また、企業は年度ごとに決められてた予算の中で人材を確保するので、年度末は残った予算を使って求人広告を出す企業も増えやすい時期です。

4月入社は新年度で区切りが良い

企業は、4月入社なら新卒採用の社員と一緒に研修を行うことも可能ですし、人事異動も多いタイミングなので、第二新卒で入社する社員が増えても、スムーズに溶け込んでもらいやすいと考えます。

その4月入社を念頭に求人を出している企業も多く、他の時期よりスムーズに選考が進められることも多くなります。

1~3月以外の時期はダメなの?

1~3月は第二新卒にとっても転職しやすい時期だと言ってきましたが、それ以外の時期がダメだという訳ではありません。

他に転職するのに良い時期としては、7~9月がおすすめです。

3月が決算期の企業では、10月からが下半期になります。区切りの良いタイミングで人事異動や人材を補充するケースがおおいです。また、夏のボーナスをもらってから退職する社員の穴埋めもこの時期に行われることが多いです。

第二新卒が転職したらダメな時期は?

反対に第二新卒が転職するのに向いていない時期は、4月~6月です。

新年度を迎えると中途採用の求人が減ってしまいます。また、企業は新人の研修や翌年度の新卒採用で忙しい時期でもあります。

中途採用の求人自体はGWを過ぎると増え出しますが、新卒採用や新人研修に力を入れる企業が多い大手企業を狙っている場合は、この時期はあまり向いていないと言えます。

7月以降は、新卒採用や新人研修も一段落して、中途採用を行う企業も増えますので、準備をして待つのも良い戦略になるかもしれませんね。

リクナビNEXT
リクナビNEXT転職者の8割が利用!求人数、転職実績ともにNo.1の転職サイト。 転職を考えたら、まずはリクナビNEXTに登録しておきましょう。 簡単に自分の強みを知ることができるグッドポイント診断で自己分析などの転職準備が捗ります。

サイト登録・詳細を見る

まとめ

第二新卒が転職するのであれば、良い時期を見極めることより、実際に動いてみて判断するのが一番です。

特に、転職エージェントを利用すれば、紹介求人のレベルで現在の市場価値がつかみやすいので、紹介企業を見て、納得が行くようであれば、そのまま転職活動を行えば良いですし、残ったほうが良いという結論に至った場合も、それはそれで前進でしょう。

いつが良いかは人によっても違うものなので、まずは転職エージェントに相談するところから始めてみるようにしましょう。

転職エージェントを使うなら、求人数が圧倒的な最大手の2社から登録することをおすすめします。幅広い求人が集まっている為、求人が偏りづらく、市場価値を把握しやすいです。

doda 転職エージェント:トップクラスの求人数とサポート力で満足度◎

doda

dodaは国内トップクラスの圧倒的な求人数があり、かつ20代の転職実績も豊富で強みを持っています。

利用者の満足度が非常に高いことでも知られるdodaは、丁寧なサポートに定評があり、初めての転職でも安心して利用できる、おすすめの転職エージェントです。
キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、専門性の高いサポートが受けられます。

リクルートエージェント:最大手の知名度と実績

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。リクルートの知名度と企業との太いパイプで、大手から優良中小企業、ベンチャー企業など、良質な求人案件を幅広く保有しています。

dodaと同じく、他の転職エージェントと比較した場合、求人数が圧倒的に多く、転職エージェントを利用する上で外せない選択肢です。