第二新卒のメリットとデメリット~現実も知って有利な転職を。

社会人経験が新卒から3年未満程度の「第二新卒」と呼ばれる求職者は、短期離職することで生じるデメリットがあるのも現実です。

一方で、若手不足のため企業が第二新卒に注目している近年では「第二新卒のうちに転職すること」のメリットもあり、大きなストレスを抱えたまま現職に留まるくらいなら、転職を考えても良い年代でもあります。

いずれにせよ、転職を決断する前に第二新卒で転職する場合のメリットとデメリットは知っておくべきですし、転職するのであればメリットを最大限活かすことが転職成功のカギになります。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

第二新卒のデメリットは短期離職という現実と即戦力でないこと

 

第二新卒のデメリットは、主に「短期離職」というネガティブな現実があることと、即戦力として見るには経歴が浅いことです。

またすぐに辞めないかという不安があること

第二新卒は、就職したにも関わらず数年で退職し、求職活動を行っているのですから、企業からは「また辞めるのでは?」という目で見られます。

第二新卒を積極採用している企業でも、この不安を払しょくしてもらえないと、なかなか採用を決めるわけにはいきません。

ましてや、第二新卒以外の中途採用の求職者と比較された場合、短期離職がネックになって選考に不利になるケースがあります。

即戦力を求めている求人だと成功率が下がること

一般的には経歴は「3年以上の実績」と考えられていますので、短い経験しかない第二新卒は即戦力として採用することは少ないです。

基本的には、新卒採用されたけれど退職したしまった社員の代替や、新卒採用で確保できなかった分の穴埋めであることが多く、即戦力を求める企業の選考では、実績がある求職者と比較された場合は不利になる事が多いです。

新卒採用を優先する企業だと求人が出にくい

大手企業のように、新卒採用で多くの社員を確保できてしまう企業の場合、第二新卒の採用は行う場合も、退職者の穴埋め程度の求人になることが多いです。

第二新卒を積極採用する企業も増えてきていますが、全ての企業がそうだという訳ではないので、新卒より選択肢が狭くなるというデメリットがあります。

doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

第二新卒のメリットは若さが武器のポテンシャル採用

それでは、第二新卒のメリットを見ていきます。第二新卒は転職市場では需要のある年代なので、転職すること自体はそれほど難しくありません。

メリットも押さえた上で、しっかり準備を進めて行きましょう。

ポテンシャル採用の第二新卒枠で転職できる

何より多きなメリットは「第二新卒枠」とよばれる採用枠があることです。

「第二新卒歓迎」とされる求人の多くは、実績がある即戦力ではなくても、若い人材が欲しいという企業です。

通常の中途採用は、即戦力になることが前提の採用ですが、第二新卒は、やる気や性格など人物本位の選考基準で採用が行われます。

「ポテンシャル採用」と言われることがありますが、この時期なら、とにかく若さが最大の武器になるのは大きなメリットです。

とにかく若手需要が高く売り手市場になっている

リーマンショック以来、新卒採用を控えてきた企業が、近年では若手不足に悩んでいます。また、少子高齢化が進んでいることで、若手の絶対数自体も少なくなっています。

会社の構成上、若手が全く足りていない企業も少なくなく、若手社員の補充にコストを掛ける企業が増えています。そのため、第二新卒のような20代前半の若手を欲しがる企業は沢山あり、転職しやすい市場の状況があります。

優良中小企業に転職しやすい

業績も良く、福利厚生がしっかりしているにも関わらず、世間一般の知名度が低い企業は山ほどあります。

特に中小企業では、新卒採用がしづらい状況が続いています。これまでは倍率の高い有名企業は避け、優良中小企業を狙う新卒もいたのですが、近年の傾向では多くの新卒がネームバリューのある有名企業の受験に偏ってしまっています。

そのため、下手な大企業より安定しているような優良企業でも新卒の確保が間に合わないという状況が生まれています。

第二新卒での転職では、そういった優良中小企業にも転職しやすく、狙い目になることは大きなメリットです。

大企業でも第二新卒の積極採用が増えている

「大企業は無理なの?」と思った人もいるでしょうが、大企業でも近年では第二新卒に注目が集まっています。

例えば博報堂のように、業界未経験の第二新卒まで募集して、違った持ち味の人材を入れることで、良い化学反応を起こそうとする企業も徐々に増えてきています。

また、一般的な大企業の目安の「一部上場企業」にも知られていない企業は沢山あります。

新聞の株式欄を見てみれば、あなたの知らない名前も沢山あることに気付くと思います。

有名人気企業は別として、大企業でも新卒確保が十分できず、第二新卒を積極採用する企業はありますので、大手企業にチャレンジすることも可能です。

 

リクルートエージェント
転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細・登録はこちら

第二新卒のデメリットを消してメリットを最大限に活かすには

ここまでで、第二新卒の転職にはメリットもあれば、デメリットもあることが解ったかと思います。

 

それでは、デメリットを消してメリットを最大限活かすにはどうすれば良いでしょうか。

転職理由はしっかり準備をする

まず、デメリットの大きな要素「短期離職」を打ち消すには、採用担当者の「また辞めるかも」という不安を払しょくしていく必要があります。

中途採用の面接では、ほとんどの場合で「なんで辞めたんですか」と退職理由を聞かれます。

第二新卒の選考では「短期離職」というネガティブな現実がありますので、さらに細かく突っ込んで聞かれることを覚悟しておいたほうが良いです。

 

キャリアアップを理由にした場合・・・「辞めないでも実現できたんじゃないの?」

社風や仕事のやりがいを理由にした場合・・・「改善する為に何か行動しましたか?」

など、質問を返されることを前提に準備しておく必要があります。

 

また、「うちの会社も大して変わらないんだけどなぁ・・・」と思われてしまえば、またすぐに辞める不安は払しょくすることができませんので、応募企業の内部事情もできるだけ詳しく調べておく必要があります。

転職エージェントを利用することが大事

転職サイトのような自力の応募では「第二新卒歓迎」とされている求人を調べて応募するしかありませんが、広く応募者を募る為に記載されている場合もあります。

そうなれば、元々第二新卒より即戦力が欲しい企業の求人に応募してしまう場合や、実績のある中途採用者がライバルになることも考えられます。

そうなれば、選考には不利な状況になってしまいますよね。

転職エージェントを利用した場合は、元から企業の欲しい人材像を把握していますので、「ポテンシャルのある第二新卒が欲しい」という企業を中心に紹介してもらうことができます。

また、企業の内部情報にも詳しいことが多いので、内定率を高めるアピールの方法を一緒に考えてもらえます。

さらには、優秀なエージェントの場合は、求職者がアピール仕切れていないアピールポイントを企業側にプッシュして推薦してくれることもあります。

そのため、転職エージェントを利用することは第二新卒が良い転職をするにあたってとても大切なことになります。

複数の転職エージェントが必要

しかし、第二新卒の求人は、全体の求人の中の一部でしかありません。

1つのエージェントを利用していたのでは、狭い選択肢の中で消去法で選ぶようなことになってしまうことも考えられます。

さらに、優秀なキャリアアドバイザーが担当に付いてくれるかどうかでも転職の質が変わってきてますので、必ず複数の転職エージェントを利用し、紹介される求人や担当の良し悪しを比較するようにしてください。

実際に転職成功した人のほとんどが3社以上の転職エージェントを併用しています。

車や家など高い買い物をするときは、相見積を取ったり、複数の物件を比較すると思います。

転職は、人生の中でも大きな岐路になるものですので、車や家などと同様に複数のエージェントを比較するようにしましょう。

利用するのは大手の転職エージェント一択です。それぞれに独占案件で第二新卒の求人を扱っています。

主な転職エージェントを下記に紹介しておきますので、参考にしてください。

  • マイナビエージェント・・・サポート力が高くホワイト求人紹介に定評がある。大手・中小の独自案件も多数保有。
  • doda・・・常時10万件以上の圧倒的な求人数の転職エージェント。サポート力も定評がある。
  • リクルートエージェント・・・NO.1の求人数や実績。良質な非公開求人を多く保有している。
  • type転職エージェント・・・首都圏のみだが、サポートの手厚さはトップクラス。首都圏ならおすすめ
  • パソナキャリア・・・サポートの丁寧さが魅力で女性にも人気があるエージェント。求人数も多い。
  • Spring転職エージェント・・・アデコグループの転職エージェント。良質な求人も多数保有している。
  • JACリクルートメント・・・年収500万円以上の人におすすめ。外資系転職では欠かせない。
  • ハタラクティブ・・・自信が無い人向け。既卒やフリーターの支援も行っている。

まとめ

いかがだったでしょうか。

第二新卒という年代にしかない「第二新卒枠というチケット」を上手に利用するためにも、メリットとデメリットをしっかり理解した上で、転職活動をしていきましょう。

あなたの転職が満足のいく良いものになりますように陰ながら応援しています。