第二新卒・20代の転職

第二新卒の転職を相談するのは転職エージェントがおすすめ

経歴が3年未満のビジネスパーソンは、転職市場では「第二新卒」として扱われます。

社会人としての経歴が浅く、スキルが身につくだけの経験もないことが多く、経歴の優れた求職者と比べればマイナス面も少なくはありません。

しかし、少子化で新卒採用がうまくいっていない企業は沢山あり、第二新卒にとって転職のしやすい売り手市場の状況が続いています。

経歴が浅いことをネガティブに捉えてしまう人も少なくありませんが、正しい方法で転職活動を行っていけば、希望を実現できる良い転職をすることが十分に可能です。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

第二新卒は充分な需要がある

第二新卒が転職するときに、注意しておきたいのは「経歴が無いからロクな転職先が無い」と決め付けてしまわないことです。

企業からすれば、中途採用は基本的には即戦力を補充したいと考えますので、経歴の優秀な人と比べた時には、第二新卒は有利とはいえません。

しかし、若手不足の影響や、近年の就職希望者に有利な転職市場の動向から、第二新卒もかなり転職しやすい状況になっています。

新卒採用は売り手市場と言われれば言われるほど、有名な大手企業に求職者が流れ、少子化もあいまった結果として、人気企業以外は採用が追い付かない状況になっています。

若手が足りない企業では、若手というだけで価値があります。経歴が浅いとはいえ、ビジネスマナーを身につけた第二新卒は採用したい企業が多いです。

第二新卒の転職で相談するべきなのは?

しかし、ハローワークや求人検索型の転職サイトでは、求人票や募集要項に年齢制限をつけることもできませんし、結果として経歴の優れた求職者との競争になるケースも少なくありません。

例えば「第二新卒が欲しい」と思って募集を掛けた場合でも、応募者に20代後半の即戦力になれる人材が募集してきた場合、第二新卒は不利になってしまいます。

反面、転職エージェントでは、企業から「第二新卒の人材」というように、希望条件が設定されていますので、経歴が優れた人材との競合を避けることができます。

そういった意味でも、第二新卒の転職で相談するべきなのは、転職エージェントになります。

転職エージェントでは豊富に求人が集まっていますし、膨大な求人から自分で選定していかなくても、希望条件に合わせて厳選した求人をマッチングしてくれます。

また、転職に関する様々な不安に対しても、転職のプロがアドバイスをくれるので、精神的な負担も減らすことができます。

無料で、選考対策や面接スケジュール調整など、様々なサポートを受けられるので、積極的に利用するようにしましょう。

一般の転職エージェント

それでは、第二新卒が転職エージェントを選ぶ際は、どのようにすれば良いのか解説していきます。

まず、『リクルートエージェントや『DODA
、『マイナビエージェント』などの一般的な転職エージェントです。

メリットとしては、知名度があるため、企業とのパイプが太く、良質な求人が多く集まる点です。

近年では、第二新卒に力を入れているエージェントも多いので、まずは大手の転職エージェントを利用するようにして欲しいと思います。

リクルートエージェントでは、利用者の30%が25歳未満の第二新卒と言われる年代です。サポートがどちらかというと、あっさりしていますが、求人数は圧倒的な為、必ず登録するようにしてください。

ただし、相談だけしてみたいという場合は、雑に扱われてしまうリスクがありますので、そのような場合は、まずはマイナビエージェントから利用することをおすすめします。

マイナビエージェント』では、利用者の17%が第二新卒ですし、サポート期限もなく、求人も納得がいく説明を受けることができるので、第二新卒でも安心して相談することができます。

DODA』は利用者の14%が第二新卒ですが、リクルートエージェントに次ぐ利用者数を誇るエージェントなので、第二新卒の利用者数は少なくありません。

サポートにも定評がありますので、利用してみることをおすすめします。

第二新卒に特化したエージェント

まず、理解しておいて欲しいのは、一般のエージェントのほうが求人の質は高いです。

というのも、第二新卒に特化したエージェントは、同時にフリーターや既卒の求人も取り扱っています。

つまり、「経歴の無い、または経歴の浅い若手」専門だということです。

基本的に中小企業の求人が多くなる傾向がありますし、質の面では一般のエージェントより低くなりがちです。

ただし、専門なだけあって、書類選考がパスできたり、手厚いサポートを受けられるエージェントも多く、企業の規模だけで判断せずに自分に合った転職先を探したい場合には利用価値が高いです。

第二新卒特化のエージェントの中でおすすめなのは、下記の2社です。

就職Shop』は、リクルートが運営する転職エージェントで、紹介された求人に応募する際は、全て書類免除になることが大きな特徴です。また、就職Shopでは、模擬面接やセミナーなど、サポートが充分に整っている為、既卒でも自信を持って面接に臨めます。

紹介企業は全て取材・調査済みの為、実際に働く際の労働環境など細かい内部情報も知った上で就職することができます。

ハタラクティブ』は、就職実績が豊富で、求人も常に豊富に保有しています。また、第二新卒の求職者を数多く支援してきて蓄積されたノウハウに基づくサポートには定評があります。

企業への推薦もしっかり行ってくれる為、内定率も高く利用するメリットは大きいです。

ただし、ハタラクティブは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の求人オンリーなので、利用できない人もいる点は残念な点です。反対に1都3県の既卒者なら、第一選択肢として今すぐにでも登録すべき転職エージェントです。

まとめ

第二新卒は充分に需要がありますので、ネガティブに考えず、自信を持って転職活動を行うべきです。

ただし、短い期間で転職をすることは事実ですので、なぜ転職をすることになったのか、どのような会社なら長く続けることが可能なのかなど、自己分析を行って慎重に企業を選定していくことも忘れないようにしましょう。

自分だけでいろいろ考えても良いことはありませんので、転職したいと思ったら、まず転職エージェントに相談していみるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。