転職成功ノウハウ

第二新卒は在職中の転職がベスト。ブランクを空けないことが大事。

第二新卒は、新卒から3年未満で転職する人のことを言いますが、転職活動をするなら、必ず在職中にすることをおすすめします。

このページでは、どうして在職中の転職が良いのか、その理由を解説していきます。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

第二新卒の転職は在職中がベスト

第二新卒は企業の需要も高い年齢層ですが、転職活動をするなら、在職中にしていくことをおすすめします。

その理由は下記の4点です。

  • 焦らず良い企業を探せる
  • 経歴にブランクができない
  • 費用に困らない
  • 転職しないほうが良いという決断もできる

1つずつ解説していきます。

焦らず良い企業を探せる

在職中であれば、退職後に転職活動を行うのと違い、焦らずにじっくり転職先を見極めていくことができます。

退職後であれば、ブランクの事や費用のこと、周囲のプレッシャーなどから、「とにかく内定をもらえる転職先を」と焦ってしまうケースが多いです。

第二新卒は需要もあるので、求人は沢山あります。しかし、だからこそ企業の選定はしっかりと行う必要があります。

イメージでなんとなく選んでしまったり、表面的な条件のみで決めてしまうと、実際に転職した後にミスマッチが起こる可能性が高くなってしまいます。

自分に合っているのか、将来のキャリアプランを実現できるのかなど、企業の選定をしっかり行っていくには、在職中に焦らずに転職活動を行うことをおすすめします。

経歴にブランクができない

退職してすぐに転職できれば問題ありませんが、半年、1年とブランクが空いてしまう人も少なからずいます。

そうなれば、生活費も必要なのでアルバイトを始める必要性もありますし、転職活動に充てられる時間は在職中と大差ないような状態になる場合もあります。

そうしているうちに、さらにブランクが長くなってしまえば、正社員での転職が難しくなっていきます。

辞めるのは簡単ですが、その後のプレッシャーは、在職中とは比べものにならないので、安易に退職を選択しないように注意するようにしましょう。

費用に困らない

費用も第二新卒に限らず在職中に転職活動をしたほうが良い大きな理由の1つです。

転職に掛る費用は、スーツや靴を新調しなければ、交通費や書類代、書籍代くらいなものですから、大きなお金が掛るわけではありません。

しかし、退職して収入が無くなれば、生活費や携帯代など日常で掛っている費用についても工面しなくてはならなくなります。

第二新卒では退職金に期待することができませんし、貯金を費用に充てれば、当然貯金が減りますからもったいないです。

すぐに決まればまだしも、内定まで時間が掛かると、焦りも出ますし不安も想像以上になりますから、在職中の転職活動のほうが楽です。

転職しないほうが良いという決断もできる

在職中の転職活動なら、転職先の候補と現職を比較することができます。

比較した上で、転職したほうが良さそうなら転職をすれば良いですし、そうでなければ、もう少し会社に残るという選択もできます。

しかし、当然ながら退職してしまえば、なかなか出戻りはできませんし、転職活動を一旦中断するようなことも難しくなってしまいます。

転職しないほうが良いと判断したときに、会社に残る選択肢があるということは思った以上に大きなメリットになります。

とにかく退職したいという場合も、できるだけ在職中に転職活動を行うようにしましょう。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

在職中の転職活動なら転職エージェントが必須

ここまで、第二新卒が在職中に転職活動をしたほうが良い理由を解説してきましたが、仕事をしながらの転職活動は大変なことも多くなります。

デメリットの中でも、時間が取れないことがネックになって、転職活動が進めにくいことは大きいでしょう。

しかし、転職活動で大変な、「応募企業の選定」や「面接スケジュールの調整」は、転職エージェントを利用すれば解決してしまいます。

自分の希望に合わせて求人紹介をしてもらえ、書類対策や面接対策、スケジュール調整など様々なサポートを無料で受けることができますので、在職中でも転職活動がスムーズに行えます。

また、自力で進めて行くのと違って、いろいろ相談できモチベーションを維持しやすいというのも大きなメリットです。

第二新卒は、転職の経験も初めての人が多いですし、解らないことに対しての不安も大きいと思います。

転職のプロに相談し、アドバイスを受けながら転職を進めることで、自力で取り組むより大きく負担を減らすことができます。

また、転職エージェントを利用することで、思ってもみない良質な求人と出会える可能性も高めることができますので、第二新卒が転職する際は転職エージェントの利用は必ず検討するようにしてください。

おすすめの転職エージェントは、いろいろありますが、まずは求人数が他社と比べて圧倒的(5~6倍)な下記の2つのエージェントを第一選択肢として利用していきましょう。

第二新卒の求人に特化したエージェントも存在しますが、まず最大手の2社に登録し、併用する形で利用するのがベストです。

DODA

DODA

DODAは国内トップクラスの圧倒的な求人数があり、かつ20代の転職実績も豊富で強みを持っています。

利用者の満足度が非常に高いことでも知られ、書類対策・面接対策など丁寧なサポートに定評がありますので、安心して利用することができる転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。リクルートの知名度と企業との太いパイプで、大手から優良中小企業、ベンチャー企業など、良質な求人案件を幅広く保有しています。

DODAと同じく、他の転職エージェントと比較した場合、求人数が圧倒的に多く、転職エージェントを利用する上で外せない選択肢です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。