年間休日

年間休日72日の内訳と少なすぎるから転職を考える場合のポイント

年間休日72日の内訳

年間休日72日は、さすがに少なすぎる休日数ですから、休日が少ないことが原因で辞めたくなることもあるでしょう。

このページでは、

  • 年間休日72日がどのような内訳になるのか
  • 何で少なすぎると言えるのか

など、年間休日72日の企業を検討している人に知っておいて欲しいことと

  • 休日数の多い会社に転職するためにどうすれば良いか

など、休日が少なすぎて転職したい人向けにポイントを解説していきます。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

年間休日72日の内訳

年間休日72日の場合にどのような内訳になるのでしょうか。

年間休日72日の企業は、シフト制の場合が多いとは思いますが、シフト制でない場合は、

  • 日曜日が休み・・・年間52日
  • 祝日が休み・・・年間16日
  • 長期休暇分・・・年間4日

という感じで72日の休みは終わってしまいます。

実際には、企業の就業規則で規定する年間カレンダーに基づいた休みの内訳になりますが、日曜日と祝日休みだけで、長期休暇が4日しかないという少なさです。

祝日が休みにならず、土曜日が休みになる場合は、

  • 日曜が休み・・・年間52日
  • 月1回土曜日が休み・・・年間12日
  • 長期休暇分・・・年間8日

といった感じでしょうか。

よっぽど、休みが欲しいと思わない好きな仕事でも、かなりしんどいでしょうね。

せめて110日くらいあれば、完全週休2日制で長期休暇も6日くらいになります。110日以上の企業の割合は45%もありますので、それ以上は希望しても良いのではないかと思います。(ちなみに年間休日100日以上の企業の割合は、79.2%です。)

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

年間休日72日は少なすぎる

厚生労働省の発表している「平成29年度の就労条件総合調査結果の概況」では、年間休日の平均は113.7日です。

つまり、平均より年間で約42日、毎月で約3.5日も少ない休日数ということになります。

平均より、月に3日~4日程度少ない程度なら問題ないと考える人もいるでしょうし、実際に問題ない人もいるかもしれません。

しかし、「まぁ大丈夫でしょ」と安易に考えているなら、一度しっかり考えておいたほうが良いでしょう。

平均と比べるだけでも少なすぎると言える休日数ですから、これ以上説明は不要かもしれませんが、少なすぎるという根拠は他にもあります。

先の厚生労働省の調査では、年間休日の割合も出されていますが、72日が分類される70~79日の企業の割合はたったの3.5%です。

79日以下全てを足しても4.7%ですから、ワースト4.7%の中に入る休日の少なさだということになります。しかも、72日は70~79日の中でも休日の少ないのですから、ワースト4.7%どころではないことが推察できます。

休日数が少ない業界もありますが・・・

世の中には、宿泊業や、サービス業、運輸業など、休日数が少ない業種も存在します。

やりたくて、そういった休日数の少ない業種を選んでいる場合は、ある程度は休日数が少ないことも許容しなくてはならないかもしれません。

ただし、72日はそれでも少ないです。

一番休日の少ない産業は「宿泊業、飲食サービス業」の97.7日ですが、この業種分類でも79日以下は20.5%で、69日以下だと5.2%しかありません。

メインとは42.8%の100日~109日ですから、休みが少ない仕事であっても72日は少なすぎるということが言えます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

休日が少なすぎて転職したい場合のポイント

ハローワークは無料で求人を掲載できるので、経営状態が悪い企業でも、ブラック企業でも、よほどのことが無い限り求人が出せます。

悪い求人ばかりではないですからハローワークを利用するのが悪いとは言いませんが、とても良質とは言えない求人が山のようにあります。

正直、ハローワーク以外の転職方法も利用すれば年間休日72日というようなことはほとんどないかと思います。

転職サイトで検索をしても110日以上、120日以上などの企業は沢山ありますし、かえってあまりにも少ない休日の会社を見つけるほうが大変なくらいです。

また、普通にキャリアがあるのであれば、転職エージェントを利用することも検討してください。

担当のキャリアアドバイザーがつき、非公開求人の紹介から、面接スケジュール調整、選考対策などなど、転職活動のサポートを無料で受けられます。

キャリアによっては紹介できる求人がないと断られることもありますが、可能性を広げるために行動することのほうが先決です。

自ら可能性を閉ざすのは非常にもったいないので、気にせずどんどん登録していきましょうね。

職歴が厳しく、大手は断られてしまったという場合も、若手なら需要がありますので、既卒やフリーターなどでも利用可能な転職エージェントを活用することも検討しましょう。

転職サイト・転職エージェントのおすすめ下記の通りです。

  • マイナビエージェント・・・サポート力が高くホワイト求人紹介に定評がある。大手・中小の独自案件も多数保有。
  • DODA・・・常時10万件以上の圧倒的な求人数の転職エージェント。サポート力も定評がある。
  • リクルートエージェント・・・NO.1の求人数や実績。良質な非公開求人を多く保有している。
  • type転職エージェント・・・首都圏のみだが、サポートの手厚さはトップクラス。首都圏ならおすすめ
  • リクナビNEXT・・・国内最大級の転職サイト。転職者の8割が利用する必須サイト。

また、上記の転職エージェントでは断られてしまったという場合は、下記のページも参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。