転職成功ノウハウ 2018.02.06

年間休日数97日はきつい?休日の内訳や転職を考える際の注意点

年間休日97日は、慣れている人からすれば、なんとかなる休日数かもしれませんが、もっと多い休日をもらっていた人からすれば、かなりきついと言わざるを得ない休日数です。

転職は給与の不満や人間関係の不満が理由になることが多いですが、同様に休日が少ない、残業が多いなど、労働環境に不満が理由になるケースも非常に多いです。

ここでは、現在の仕事が年間休日97日しかない場合の土日・祝日など休みの内訳や、転職を考える場合に注意しておきたいポイントを解説していますので、参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

年間休日97日以下の休み内訳

年間休日数が97日以下の場合に休みの内訳はどうなるでしょうか。

年間休日97日の内訳

年間休日97日の人は、土日が稼ぎ時になるような仕事が多いです。

販売職や宿泊業、飲食業、サービス業のような仕事が主になりますが、土日を軸にして考えるのではなく、週に何回、月に何回という休みの内訳になることが多いです。

その上で、土日休みだったらどうなのかというと、年間52週なので104日が休日です。年間休日97日というのは、土日を全部休みにした休日数に満たないということになります。

シフト制の場合で内訳を考えると月に8回休みで96日になります。年間97日だと、それでほぼ全ての休日数になります。

土日が稼ぎ時の職業は、だいたい一般企業が長期休暇になるゴールデンウィークや年末年始も忙しいことが多いですから、同じ時期に長期休暇は取りづらくなります。

現実的な休日の運用は、月間7日休みの月と、8日休みの月があり、余った分を長期休暇に充てるといった内訳になるかと思います。

また、夜勤などがあり、週に1.5日休みという休日形態の仕事もあります。その場合、52週で78日の休日数となりますので、残りの19日は長期休暇に充てられたり、月によって追加の休みになるという内訳になることが多いでしょう。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

年間休日97日はきつい?

内訳を見て解るように、年間97日しか休めないので、休みだけ見ればキツイということになります。

年間休日の平均は約114日ですので、平均から見ても17日も少ない休日数になります。

しかし、残業が少なかったり、好きな仕事だったりすれば、楽しいという人だっていますし、一概に転職したほうが良いという結論にはなりません。

転職は、様々な条件を総合的に考えて、自分が納得して働ける仕事を見つけることが大切です。

ただ、「休みが少な過ぎてもう辞めたい」と思っているのであれば、97日より多い休日の仕事は山ほどありますので、転職活動を始めてみることをおすすめします。

平均より多くの日数を仕事に費やすことになる

平均の年間休日数である約114日の人と比べたとき、定年までの労働時間がどれくらい違うのか比較してみます。

定年を60歳としたときに、大卒なら38年間ということになります。高卒なら42年間になります。

平均の114日休める場合と、97日の場合の差は17日です。

  • 大卒・・・17(日)×38(年)=646日
  • 高卒・・・17(日)×42(年)=714日

上記のようになり、大卒の場合でも、約1.77年、高卒だと約1.96年も多くの日数を仕事に費やすことになります。

ただし、これはあくまで休日日数の話で、年間休日が120日でも残業時間によっては、より長い時間仕事に費やすことになるケースも少なくありません。

シフトが決まっている仕事では、繁忙期以外、残業時間が多くない企業のほうが多いでしょうから、その点も含めて考えてみたほうが良いです。

例として挙げておくと・・・

  • 残業なし年間休日97日・・・8(時間)×268(日)=2144時間
  • 残業毎日2時間年間休日120日・・・10(時間)×245(日)=2450時間

となり、2時間残業に違いがあるだけで、年間休日の多い仕事のほうが仕事に費やす時間は長くなるということです。

転職は総合的に判断すべき

上記の説明のように、必ずしも休日数が少ないことがデメリットになるかというとそうではない事が解ると思います。

転職前には、「休みが少ない!」と不満に思っていても、実際転職してから休日は多いけど、残業が多くて大変だし、たまに休日出勤もあるなんて状況になったとき、どう感じるでしょうか。

転職は、1つの条件や不満解消のみの為にしても満足できるとは限りませんし、かと言って多くの条件が全て整う企業も多くはありません。

結局のところ、休日などの労働環境、仕事のやり甲斐、人間関係などなど、仕事には様々な要素を総合的に考えて、自分のライフスタイルにあったバランスの良い転職先を探していくことが重要です。

例えばプライベートを充実させたいなら、休日数が少ないのはデメリットになる場合が多いですし、精神面でも、休日数が多いほうが楽だと言う人が多いと思います。

しかし、毎日早く帰って子どもといる時間を持ちたいというような場合は、休日が多いだけでは実現できない希望になってしまいます。

もちろん、年間休日が多い上で、残業が少な目の企業もありますが、様々な事を総合的に考えた上で、どのような企業できたいか検討していくのがベストだと言えるでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

有給休暇は取得できるかもポイント

休日が少ない分、有給休暇で休めば良いと考える人もいるでしょう。

しかし、有給休暇は付与されても、使いづらい会社はまだまだ多いのが現実です。

有給取得率は、会社四季報などでも掲載されていますが、実際の労働環境の詳細を知るには、Vorkersのような口コミサイトを参考にしたり、転職エージェントに相談して、内部情報を把握する事が必要です。

有給休暇の取得率は、平均値48%ですから、若い世代だと年間5~6日取得できれば良いという感じになります。

「有給を取ると周囲にも迷惑が掛るかも」「仕事が溜まるだけ」というような事を考える必要も出てきますので、やはり休日は企業の定める休日を基準に考えるほうが安心です。

転職を検討する際の注意点

もっと年間休日が多い会社に転職したければ、該当する企業の求人は沢山あります。

しかし、転職をしたいと思って転職サイトをチェックしているけど「転職したいと思える条件に合った求人がない・・・」と思ったことがある人も少なくないのではないでしょうか?

転職エージェントは企業HPや転職サイトに一般公開されていない「非公開求人」を沢山保有しています。

しかも、「非公開求人」の割合は8割~9割と言われています。転職サイトなどを見て見つかる求人は全体の1~2割でしかないのですから、理想の求人に出会えなくても不思議はありませんよね。

あなたの希望を実現する可能性を高めるためには、必ず転職エージェントを活用し、非公開求人を紹介してもらうようにしてください。

転職エージェントを利用する際は以下のポイントが重要です。

  • 大手の転職エージェントを利用すること
  • 優秀なキャリアアドバイザーと出会うこと

細かく言えば他にもありますが、一番重要なのはこの2点です。重要過ぎるので詳しく解説していきます。もう少し我慢してお読みいただければ幸いです。

大手の転職エージェントを利用すること

大手の転職エージェントを利用しなくてはいけない理由は、求人数が圧倒的に多いからです。紹介される求人の選択肢が広がることで、よりあなたの希望にマッチした求人が見つかりやすいというメリットは、想像以上に大きいです。

具体的には、下記のような転職エージェントを利用しましょう。

  • マイナビエージェント・・・サポート力が高くホワイト求人紹介に定評がある。大手・中小の独自案件も多数保有。
  • DODA・・・常時10万件以上の圧倒的な求人数の転職エージェント。サポート力も定評がある。
  • リクルートエージェント・・・NO.1の求人数や実績。良質な非公開求人を多く保有している。
  • type転職エージェント・・・首都圏のみだが、サポートの手厚さはトップクラス。首都圏ならおすすめ
  • パソナキャリア・・・サポートの丁寧さが魅力で女性にも人気があるエージェント。求人数も多い。
  • Spring転職エージェント・・・アデコグループの転職エージェント。良質な求人も多数保有している。
  • JACリクルートメント・・・年収500万円以上の人におすすめ。外資系転職では欠かせない。

優秀なキャリアアドバイザーと出会うこと

ただし、大手の転職エージェントにもデメリットはあります。

大手の転職エージェントでは、利用者が多い分、キャリアアドバイザーの数も多くなり、経験値や能力に差があります。

そのため優秀なキャリアアドバイザーが担当に付いてくれるのと、経験の浅い担当が付くのとでは、満足度にもかなりの差が出てしまいます。

優秀なキャリアアドバイザーと出会うには、複数の転職エージェントに登録し、机上ではなくリアルな体験を元に比較することです。

優秀なキャリアアドバイザーが付いてくれれば、企業のリアルな労働環境など内部情報も詳しく調べてくれますし、何より応募企業の採用担当に、強力にプッシュしてくれます。

もし、あなたが面接で上手くアピールできない人なら、なおさら企業に売り込んでくれることがメリットになります。

優秀なキャリアアドバイザーは、連絡がスムーズで希望にマッチした求人を紹介してくれ、書類や面接などの選考対策が丁寧かどうかで見極めるようにすると良いでしょう。

反対に使えないキャリアアドバイザーなら、連絡が遅く、希望に合わない求人をゴリ押ししてきたり、選考対策を適当に済ませようとしますので、その差は誰でも感じられると思います。

そのような担当だったら、あなたに代わって企業にアピールしてくれることは期待できません。

そうならない為にも、しつこいようですが必ず複数の転職エージェントに登録しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。