dodaの2chでの悪い評判と良い評判を解説

dodaを利用する前に、どのような評判があるのか知りたいという人も多いでしょう。

このページでは、dodaの2chでの評判を解説しています。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

dodaの2chでの悪い評判

dodaの2chでの悪い評判は、主に下記のようなものがあります。

  • 電話連絡がしつこい・うざい
  • 希望外の的外れな求人紹介が多い
  • 連絡が来ない、遅い
  • 担当者が使えない
  • メールがうざい
  • 社内選考で落とされる
  • 面接辞退したら紹介してもらえなくなった

ここからは、1つずつ評判を見ながら解説していきます。

電話連絡がしつこい・うざい

電話連絡がしつこい。無視しても何度もかかってくるし

業務中に電話がしつこくてうざい。上司いるし出られないのくらい解るだろ

dodaの悪い評判には「電話での連絡がしつこい」「うざい」という意見が良く見受けられます。

非公開求人の紹介や、日程調整の連絡は相手企業も絡むため、早目に設定したいというエージェント側の都合があるので、何回も掛ってくることはあります。

しかし、たいして求人を紹介できない利用者にはしつこく電話を掛けることもありませんし、電話が良く鳴る人は需要がある証拠でもあります。

うざいようであれば、「平日の○時から○時までは仕事なので電話は繋がりません」と伝えておくようにしましょう。電話が無理な時間帯はメールのみの連絡にしてもらうことも可能です。

ただ、メールは見落とすこともありますし、非公開求人などもタイミングを逃せば、募集終了になってしまうことも考えられますから、自分が可能な時間に早めに連絡を返すようにしましょう。

dodaの電話連絡については、『dodaの電話はしつこい?うざい連絡を無視した時のデメリット』のページも参考にしてください。

希望外の的外れな求人紹介が多い

営業経験もないのに営業経験必須の求人とか紹介される・・・

いまいち興味のない求人ばかり紹介される。ちな低スペ

経験職種でもない求人を紹介されるのであれば、恐らくスカウトメールのほうだと思われます。

未経験の職種というのは経験職種より難易度が上がるので、求職者が希望しない限りはdoda側も進めてこないというのが基本的な考え方です。

ただし、希望職種で紹介できる求人が少ないような利用者の場合、未経験歓迎でスペックを重視しない企業の求人を紹介される可能性はあります。

そんな場合は、もし興味があっても、紹介された企業をしっかり調べて、ブラックでないか確認したほうが賢明です。

スカウトメールは、絞込み条件で適当にメール送信ができてしまいますが、担当のキャリアアドバイザーがあまりに的外れな求人を紹介してくる場合は、理由を聞いた上で納得できない場合や、断っているのにしつこい場合は「使えない」という判断をしても良いでしょう。

担当は、交替してもらうこともできますし、別のエージェントを利用するのも1つの方法です。

とにかく、転職エージェントはdodaに限らず、担当の能力や人柄で満足度がまるで変ってしまう性格を持っているものなので、認識した上でうまく使いこなすことが大切です。

下記のページも併せて参考にしてください。

dodaはブラック企業ばかり紹介される?
dodaを利用してブラック企業ばかりだったという評判もちらほらあります。利用する人にとっては、本当にブラック企業ばかり紹介されたら嫌でしょうし、先に本当のことを知っておきたいでしょう。このページでは、dodaが本当にブラック...

連絡が来ない、遅い

面談終わってから連絡が全くこない。見捨てられたか。

日程調整の連絡が遅すぎて調整つかなかった。おかげで辞退することになってしまった

応募後の連絡が遅くて使えなかった

連絡がしつこいという悪い評判がある一方で、連絡がこない、遅いとった悪い評判もあります。

dodaは利用者もめちゃくちゃ多いので、担当のキャリアアドバイザーが1人で見る求職者の数も多くなります。

全ての人に平等に連絡しようと思っているアドバイザーもいるでしょうが、多くの場合「すぐに転職が決まりそうな人」や「高スペックで高年収が狙えそうな人」の優先順位が高いものです。

見捨てられたと諦めるのは簡単ですが、doda側にも事情があるので、頭にきたり落胆する気持ちは抑えて、こちらから連絡を取るなど、少しでも密な連携ができるように心がけることも大切です。

たしかに、日程調整連絡などが遅いというのは、使えないアドバイザーの特徴の1つでもありますし、スムーズに連絡をしてくれないことには、転職活動にも支障が出ます。

このあたりも、担当になるキャリアアドバイザーの能力が物を言う部分が大きいので、受け身で利用するだけでなく、ある程度こちら側がコントロールするつもりで対応することも大切です。

もちろん、使えない場合は、「担当の変更」「別の転職エージェントの利用」も検討するようにしましょう。

基本的にはdodaに限ったことではないので、良い担当に巡り合うことは転職エージェントを利用した転職のカギになります。

下記のページも併せて参考にしてください。

dodaのエージェントは連絡がしつこい?連絡が来ない?
dodaの転職エージェントを利用している人の口コミなどを見ていると、「連絡がしつこい」「うざい」などのネガティブな意見もしばしば見受けられます。しかし、反面「連絡が来ない」という人もいます。連絡がしつこいのと、連絡が来ないの...

担当者が使えない

使えないエージェントが希望の条件とまったくかみ合っていない求人しか紹介してこない

dodaはブラック求人ばかり強くおすすめしてきて信用できない

紹介断ったら急に態度が悪くなった。ガキじゃないんだから・・・

使えないというと幅が広いですが、主に「こちらの話を聞いていない」「ブラック企業しか紹介してこない」「連絡が上手く取れない」「性格が合わない」といった内容です。

使えないのはdodaではなく、担当になったキャリアアドバイザーです。良い担当になった人は、満足度が高くなる場合が多いので、使えない場合は、「担当の変更」「別の転職エージェントの利用」も検討するようにしましょう。

下記のページも参考にしてください。

転職エージェントが使えないと感じた時の3つの対処法
転職エージェントはとても便利なサービスです。しかし、ネット上での世間の評判や体験談では、あまり良くない噂を耳にすることもあります。正直、あなたが「転職エージェントは使えない」と思っていたり、「そんな噂を耳にして迷っている」のであれば...

メールがうざい

dodaのメールが毎日増えてうざい

要らない意味不明な求人ばかりメールで送りつけてくる

営業経験ないのに経験必須の求人を「あなたにあった求人」とか笑える

メールがうざいという悪い評判は、基本的にスカウトメールのことです。スカウトメールは登録条件にマッチした求人がメールで配信されるものですが、企業は多くの人に求人を見てもらいたいことが多く、全く的外れな求人が届くことが多々あります。

さすがに、営業経験が無いのに「営業経験必須」とか書いてあるメールが届いたら「バカにしてんの?」と思いますよね。それは怒っても当たり前です。

しかし、そもそもスカウトメールは、そういうものという認識を持つ必要があります。十中八九合わない求人でも、1つでも良い求人があれば、価値は充分あるとも言えます。

「そんな無駄な求人見ている暇ねーよ」と思われた人は、メールを無視すれば良いですが、それでも邪魔なら、スカウトメールが役立つことはないかもしれないので、停止してしまえば良いです。

社内選考で落とされる

決まって3日後に書類落ちの連絡がくる。社内選考があるのかな?

書類選考って企業の前にdodaでやってるの?

良質な求人になればなるほど、年収設定も高く企業が支払う報酬も多くなるため、それだけ企業の要望する人材ニーズのハードルも高くなります。

dodaに限らず、多くの転職エージェントでは、企業の高い人材ニーズに応えるため、社内選考を行いスクリーニングした後のマッチ度の高い利用者を企業に紹介することがあります。

社内選考を行わず、書類が届く直接応募なら選考に通る求職者もいるでしょうが、転職エージェントの社内選考で通った人は、企業側も信頼を置いているので内定率が上がるというメリットもあります。

直接応募とエージェント経由の違いは下記のページで解説していますので参考にしてください。

dodaの直接応募とエージェント経由の違い。書類選考で差が付く理由
dodaは、求人検索型の転職サイトと、転職エージェントのサービスの両方を同一のサイトで展開していますので、少々ややこしい部分があるかもしれません。そこで、今回はdodaでの直接応募とエージェント経由での応募の違いについて解説していき...

面接辞退したら紹介してもらえなくなった

内定辞退しようとしたら、しつこく入社したほうが良いと迫られた

紹介報酬(成績)が挙げらなくなるから必死だね

面接辞退したら、その後全然紹介してもらえなくなった

応募したのに辞退は企業に迷惑掛るからエージェントとしたらNGでしょ。

応募を了承して面接設定をした後に、面接辞退をしたり、一次面接に通って二次や最終面接を辞退をされると、転職エージェント側としては企業に顔が立ちません。

そんなの求職者には関係ない話なのですが、転職エージェント側が非常識な対応として捉えてしまう以上は、できる限りこちらも配慮する必要があると言えます。

その後も求人を紹介してもらいたいのであれば、練習のつもりで面接を受けておくなど大人の対応をしたほうが良いでしょう。

ただし、内定後にしつこく転職を迫ってこられても、入社したい意思が無いのならキッパリ断りましょう。

やはり内定後に企業に断りを入れるのは、転職エージェント側からしたら困るケースではあります。しかし、求職者は人生が掛っているのですから、最終的には気にせずに自分の意思を貫くことも大切です。

内定が取りやすい求職者なら、その後も紹介を続けてくれますし、最悪対応が悪くなるのであれば、別エージェントを利用すれば良いだけです。

doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

dodaの2chでの良い評判

dodaの2chでの良い評判は、主に下記のようなものがあります。

  • キャリアアドバイザーが親身になってくれる
  • 面接対策が充実している
  • 年収交渉してもらって年収アップした
  • 低スペックなのに良い求人を紹介してもらえた

キャリアアドバイザーが親身になってくれる

アドバイザーは親身になってくれて他より良かった
人によるもんだろうけどね。

低スペックだけど、親切な担当が最後まで面倒みてくれていい会社見つかったよ

dodaの良い評判の中には、担当のアドバイザーが親身になってくれた、親切だった、丁寧だったという評判が多いです。

悪い評判では「使えないアドバイザーだった」という意見がありますが、一方で良い担当に恵まれた人にとっては、dodaは親切という評判になります。

どの転職エージェントでもそうですが、担当は人なので、基本的に対応の良し悪しは、その人の性格や能力、相性などで印象は大きく変わってきます。

dodaは利用者の満足度が高い転職エージェントですが、良いアドバイザーが担当につけば良い転職に大きなアドバンテージになります。

面接対策が充実している

面接後に何で通過したか教えてくれて最終面接に役立った

過去の応募者が落ちた理由や受かった理由を教えてくれて対策しやすかった

応募企業で聞かれる内容や面接官の特徴まで教えてくれた。全ての企業ではなかったけど、情報持ってる企業のは教えてくれるので助かる

dodaは面接対策にも定評があります。

担当のキャリアアドバイザーが、応募企業の過去の面接の質問内容や、応募者の採用理由などまで把握していることがあり、企業によっては詳細な内容が事前に解ってしまいます。

企業がどんな人材が欲しくて、どんな質問をするのか、過去にはどんな人が採用されたのか、など事前に知っているのといないのとでは、対策の仕方も変わってきますし、かなり助かることは間違いありません。

また、担当のアドバイザーのサポートだけでなく、面接力アップセミナー(動画版もあり)などで基本的・全般的な面接対策のポイントを学ぶこともできますし、評価が高くなるのも頷けます。

面接対策については、『dodaエージェントサービスの面接対策は価値がある。模擬面接も受けることを推奨。』のページも参考にしてください。

年収アップできた

内定後に年収交渉してもらったら80万円アップした

零細企業に勤めてたのに大手グループ会社に採用されて年収120万アップ
低スぺなのに良質な案件紹介してもらえることもあるのな

年収アップできたという評判も良く見かけますが、年収アップに関してはdodaだからできたということでは無いかもしれません。

というのも、転職の市場価値は人によって違うものですし、マッチした求人が、利用のタイミングであるか無いかによっても差が出るものだからです。

基本的に、市場価値が高い人は年収アップしやすいですし、そうでない人は年収ダウンする人もいます。一般的には転職エージェントを利用した場合の年収アップ率は、利用しない場合より高い傾向があります。

dodaの場合、年収アップ率は非公開ですので解りませんが、利用者満足度が高いですし、年収アップしたという評判も見掛けることができます。

また、「年収交渉」をお願いして、年収アップしてもらったという意見もあります。

年収・待遇交渉は、どの転職エージェントでも「できる」とされていますが、実際には全ての利用者に行うようなものではありません。

企業のニーズに合致している場合、企業に高く評価されていれば、「他社で○○○万円」と伝えるだけで、それ以上の年収定時をされるケースもありますので、エージェントも年収交渉に乗ってくれるでしょう。

しかし、「他の受験者でも良かった」という程度の場合は、年収を上げるくらいなら他の人を採用すると言われかねませんので、エージェント側も安請け合いはしてくれません。

そのあたりの駆け引きも、担当との信頼関係を上手く築ければ、ある程度フランクに交渉してもらうよう促すことは可能ですのが、こちらの工夫と担当の能力にもよりますので、過度な期待はしないほうが良いです。

リクルートエージェント
転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細・登録はこちら

2chなどの評判は主観ということに注意しましょう

ここまで、dodaの2chでの悪い評判、良い評判について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

2chなどに書き込まれる評判は、悪いものも良いものも、書きこんだ人の主観によるものです。

全ての意見が、あなたにそのまま当てはまるようなものではないということを認識した上で参考にするようにしましょう。

希望職種も違えば、年齢も違う、性別も違うかもしれない、市場価値も人によってまるで違うのですから、全ての意見が参考になる訳ではありません。

また、悪い評判があるからといって、それだけで利用しないというのは、可能性を狭めてしまうだけですので、おすすめできません。

担当のキャリアアドバイザーの能力や相性などによる部分も大きいので、良い担当に出会えれば、良い転職を実現しやすくなりますし、dodaのように圧倒的な非公開求人を保有している転職エージェントは、利用しないデメリットが大きすぎます。

そういった意味では、SNSの口コミでも、転職会議やvorkersなどの転職口コミサイトでも同様ですが、あくまで参考程度にするようにすることをおすすめします。