年収ダウンでも成功と言える転職と許容範囲の考え方

年収ダウンでも成功と言える転職と許容範囲の考え方 転職活動

転職では、できれば年収アップしたいと考える人がほとんどでしょう。

しかし、年収ダウンしても良い転職だったという人も少ないわけではありませんし、納得のいく環境に転職できたのであれば成功と言っても良いのでないでしょうか。

ただ、大幅な年収ダウンは避けたいのは当然ですし、許容範囲も考えておく必要があります。

このページでは、「年収ダウンしても成功」と言えるケースと、許容範囲の設定の決め方について解説していきます。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

年収ダウンしても成功といえる転職

転職の条件で「年収はどうでもいい」と考える人は少ないかと思いますが、転職理由やライフスタイルによっても転職先に希望する条件はさまざまです。

転職成功は他人の評価ではなく自分の評価ですから「結局のところ満足したのかどうか」ということが基準になります。

そう考えると、年収アップという限定的な要素ではなく、総合的な要素になりますから、年収ダウンしても成功ということは充分に考えられます。

また、転職時点で年収ダウンしても、将来的に今の会社に残るより年収が高くなるケースも十分にあります。

それらを踏まえて、年収ダウンしても成功といえる転職は下記のようなものです。

  • 将来の年収が上がるケース
  • やりがいなど自分が望む要素が強いケース
  • ライフスタイルに合っているケース
  • 望むスキルが身につくケース
  • とにかくストレストから解放される

将来の年収が上がるケース

転職時に年収ダウンする場合も、会社によっては将来的に今の会社に残るより年収が上がるというケースも少なくありません。

反対に、転職時に年収アップしても、その後に給与が上がらず、前の会社のほうが良かったと後悔するパターンも決して少なくありません。

そのため、転職後の目先の年収だけではなく、転職後にどのように年収が上がっていくのかを想定して会社を選ぶことが重要です。

もし、転職時に年収ダウンしても、生涯賃金が高くなるのであれば、もはや年収ダウンとは言えないでしょうし、一時的に年収ダウンしても成功と言ってよいのではないでしょうか。

転職後の年収は、業界や会社の業績も関係するでしょうし、元からの給与体系も関係します。

正確に情報を把握することは難しいと思いますが、年収が高い業界や会社なら転職後に年収アップをしやすいでしょうし、モデルケースを確認することも1つの方法です。

企業に直接聞くのは難しいでしょうから、自分で確認できることは確認した上で、転職エージェントの担当さんに、うまく聞き出してもらうよう相談してみると良いでしょう。

やりがいなど自分が望む要素が強いケース

仕事にやりがいを感じずに自分に合っていない仕事やつまらない仕事をずっと続けていくことは、自分はもちろん、会社の利益にもなりません。

自分が天職と思える仕事に出会える人は少ないかもしれませんが、それでもやりがいを感じながら仕事をしたいと強く望んでいた場合、転職先の仕事にやりがいが感じられれば、年収ダウンしても成功と呼べるでしょう。

人生の中でも仕事に費やす時間はとても多いですから、やりがいは重要だと思います。男性の場合はとくに人生=仕事みたいな部分がありますのでなおさらです。

やりがい以外にも、「お金より大事な要素」が人によってはあるかもしれません。

例えば楽しい同僚に囲まれて円滑な人間関係の中で仕事をしたいだとか、反対にあまりコミュニケーションを取らないで済みじっくり取り組める仕事がしたいなど、あなたに合った仕事のスタイルがあるはずです。

自分が望む希望がかなえられていて、かつ年収ダウンしても許容範囲であれば、十分に転職成功と呼んでいいでしょう。

ライフスタイルに合っているケース

ある転職者の話ですが、趣味でたくさん音楽のライブに出掛ける人がいました。

その人の場合は、「とにかく趣味のためにプライベートの時間が欲しい」と言っていました。そのため転職の条件は「有給をしっかり取れる」「残業が少ないこと」「土日は絶対休み」「定時で帰れる社風」というものでした。

結果として、年収は100万円近くダウンしましたが、本人は大満足で、今までより幸せだと言っています。

もちろん、将来を考えれば後悔する可能性も0ではありませんが、年収ばかりが基準ではない人もたくさんいると思います。

収入が高く仕事が楽しければ夜中まで働いても良いと考える人もいるでしょうし、反対に早く帰って仕事以外の人生の優先度を上げたいという人もいるでしょう。

結局は、あなたのライフスタイルや価値観に合った転職先が見つかり年収ダウンが許容範囲内であれば、それもまた転職成功といえます。

望むスキルが身につくケース

転職時には年収ダウンしてしまう場合でも、将来的に自分が望んでいるスキルが身につけられるという場合もあります。

手に職をつけるという考え方ですが、将来のキャリアアップにつながる可能性があれば、年収ダウンしただけで転職失敗とはならないわけです。

20代の若手の人がメインになる考え方だと思いますが、未経験の仕事にチャレンジし、スキルアップをした後に良い条件で転職するということも視野に入れて転職するのも悪いことではないでしょう。

とにかくストレスから解放される

転職はキャリアアップを望む人ばかりがするものではなく、前職に不満が大きい場合が多いです。

残業時間が長すぎる、サービス残業ばかりしている、仕事がつまらないなど不満の理由はさまざまですが、

特に人間関係で心身ともに疲弊してしまったり、パワハラやセクハラで本気で悩んでしまったなんていう場合には、とっとと逃げ出したい気持ちになるでしょう。

転職できればそのストレスから解放されるのですから、年収ダウンしたって構わないという人も少なくありません。

結果的に我慢しておけば良かったという人もいるでしょうが、ブラックからホワイトに転職した人は、年収が下がっても大抵の場合は心から良かったと思うでしょう。

doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

年収ダウンの許容範囲はどのくらい?

年収がダウンしても必ずしも失敗とは言えない、むしろ成功と呼べる転職もあるということを話してきましたが、それにしても許容範囲はあるかと思います。

当然、年収ダウンの許容範囲は絶対的なものではありません。「100万円下がったらダメ」とか「20%以内なら問題ない」とかではなく、人によって全く異なるからです。

家庭があるかないかでも違うでしょうし、家庭がある場合は奥さんの意見も考慮する必要があるでしょう。

普通に生活ができれば良いという価値観の人もいれば、人より裕福な暮らしがしたいという人もいるでしょう。

例えば月収30万円でまるで貯金ができていない人が月収25万円になれば、生活スタイルを変える必要がでてきますし、30万円で余裕で貯金ができていた人でも同じ生活を続けるなら貯金額が少なくなります。

年収が1000万円あっても貯金できない人もいるし、年収300万円でも貯金ができる生活を送る人もいます。

このように、人によってまるで違うライフスタイルや価値観がありますから、許容範囲も自分に合わせて考える必要があります。

現在の自分の経済的な状況や、将来のライフプランなどを含め、どの程度の年収までなら許容できるのかしっかり考えていくようにしましょう。

年収が下がるからといって内定辞退をして後で後悔するという人もたくさんいますから、あらかじめ自分なりの許容範囲を設定して後悔のない転職活動にしていただければ嬉しいです。

リクルートエージェント
転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細・登録はこちら

まとめ 年収ダウンでも転職成功はできる

大幅な年収ダウンは避けたいのが本音だと思いますが、10%程度ならそれほど問題ない場合も多いでしょう。

結局のところ、転職するあなたが、納得がいき転職後の生活で満足できることが重要です。

お金のために働くという価値観もありますが、人生はお金だけではありませんから、総合的に考えて転職するかどうか決断していくことが大切だと思います。