女性の転職

20代女性の転職成功体験談~人気の事務職や未経験の仕事で成功

一般的に女性は男性より転職が難しいと思われていますが、実はそんなことはありません。

実際に転職した女性のうち、約8割の人が満足しているというデータもあります。一方で転職しないほうが良かったと思っている人はたった8%ほどです。

女性は「勇気が出ない」「時間が足りない」などの理由で転職を後回しにしてしまうことも少なくないでしょうが、良い転職を実現している人が多いので、積極的に検討すると良いでしょう。

このページでは、20代前半の女性(24歳・25歳)、20代後半の女性(28歳・29歳)の計4名の転職体験談を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

24歳女性の転職体験談 事務職→営業職

前職と転職理由

前の会社で事務職をしていましたが、小さい会社だったので受付も電話番も雑務も経理はもちろん、簡単なテレアポや営業さんの代役でネゴまですることもありました。

転職した理由は、やりたい仕事にチャレンジしてみたかったいうのが一番大きいです。

元から外交的で明るいと言われるような性格なので、内勤より外にも出れる営業のほうが向いているんじゃないかと思っていたし、前職もいろいろ経験できたのは楽しかったんですが、一般事務をやっている友達と比べると、残業も多く割に合わないと思うところがありました。

どうせなら総合職で収入も増えたほうがいいし、コミュニケーションは得意だという自覚もあったので、未経験でも転職しやすい年齢のうちに転職しようと決意しました。

転職活動について

営業の求人は沢山ありましたが、保険や不動産はきつそうなので、飛び込み営業の少なそうな法人営業ができる会社という条件で選びました。

10社ほど応募しましたが、途中で選考辞退したりもあり、最終面接に進めたのは今の会社だけですが、転職活動を始めてから内定が出るまで1か月半くらいの短期間済みました。

面接では、事務職だけどテレアポやネゴの経験があることや、外交的で明るい性格をアピールできたと思います。面接官から「営業に向いてますね」と言われたので「受かったかな」と思いました。

転職後の感想

営業職は苦手な人もいたり、ブラックな労働環境だったらどうしようと不安も多少はありましたが、向いている人には転職もしやすい職種だと聞いていましたし、実際に転職活動をしていても、女性でも活躍できる企業は多い印象でした。

実際に働いてみて、事務とは全く違って体力的にきついと思うことは少々ありますが、会社規模も収入面も前よりずっと良くなりましたし、解らないことも多いですが充実した毎日を送っています。

25歳女性の転職体験談 営業職→事務職

前職と転職理由

私は前職では塾などを運営している教育系の企業で営業をしていました。会社規模も大きく福利厚生や給与などの待遇面はとても満足していましたが、労働環境は最悪でした。

入社前は100%反響営業だと言われていたのに、実際働いてみれば望みもしていない顧客リストに延々とテレアポをさせられたり、意味の薄いビラまきを毎週させられたりが続きました。

会社に属した以上は会社の命令に従わなくてはいけないのは理解していたつもりだったので、我慢しながら働いていました。

どうにもストレスが溜まってしまって転職を思い立ったのは入社から3年経ったくらいでした。

転職の直接的なきっかけは休憩時間までテレアポを強要されたことでした。その前にコンプラが厳しくなって、本社が残業時間にうるさくなったこともあり営業所の売上げが落ちていました。

その分の売上げを休憩時間も使って上げろということなのですが、コンプライアンスの本質をはき違え過ぎではないですか?

もちろん、上司にもおかしいという事は伝えましたが、「じゃぁ、お前が下がった分の売上げを業務時間だけで立てられるのか?」と言われ、さすがに転職先を探しました。

転職活動について

とにかく、とっとと辞めたかったんですが、貯金が少なかったので退職してしまうのはヤバイと思って、働きながら転職活動をしました。

自由に使える時間は少なかったですが、転職エージェントを利用して、上手く時間を使って面接を受けていくようにしました。

職種は事務職でなければダメということはなかったんですが、ちょうど営業アシスタントで営業職より事務職に近い仕事内容の求人が出ているということで受けました。

営業での経験が活かせることをアピールできたのと、とにかく転職したい思いが強かったので、熱意は伝わったと思ってましたが、すんなり内定が決まりました。

模擬面接を電話でしてもらって、企業のニーズに沿った受け答えの準備ができていたのが勝因だと思っています。

転職後の感想

とにかく楽です。収入は減ってしまいましたが、今の仕事量ならまるで問題ないくらいです。

大変な思いもしてきたので、ちょっとやそっとのことは耐えられますが、上司も営業の人たちも親切で、楽しく過ごしています。

事務の経験も積めますし、今後の役にも立ちそうです。でも、今のところは、また転職したくなるとは思えないくらい満足しています。本当に転職して良かったです。

28歳女性の転職体験談 SE社内SE

前職と転職理由

6年間ほどSEとして様々なプロジェクトを経験してきました。それなりにスキルを身に着けることができたと思っていますし、仕事自体が嫌だということはありませんでした。

しかし、転職前の会社では残業や休日出勤が多すぎて体力的にもきついし、結婚後も働きたいと思っているので、どちらにしてもこのままではダメだと思っていたので、大きなプロジェクトが終わったタイミングで転職を決意しました。

転職活動について

残業だらけですので時間に余裕が無いですし、1人で転職活動するのも不安があったので、転職エージェントを利用しました。

1社目のI社ではブラックっぽい臭いがする企業も沢山紹介されましたし、働き方を変える為に転職するので、応募したい企業がありませんでした。

その後に紹介された求人でもピッタリな会社は紹介してもらえなかったので、なかなか大変だなと思いましたが、他にも3社ほどの転職エージェントに相談してみたら、親身になってくれる人が担当になったところがあって、条件通りではないものの応募してみることに。

書類の添削や面接対策もしてもらって臨みましたが、3社受けて内定0で「しんどいなぁ」と感じていたときに、「ちょうど企業の希望と○○さん(私)のスキルが合った良い求人があります」と連絡をもらいました。

そこからは、懸念していたのがバカみたいなほどアッサリと内定をもらえて転職が決まりました。退職日の折り合いをつけるのが結構大変でしたが、無事に円満退職でき今に至ります。

転職後の感想

現職は社内SEなので、今までとは違った悩みはありますが、残業は少ないし休日はしっかり取れるし、給与は上がるしで、良いことのほうが断然多いです。

うまいタイミングで希望に近い求人が見つかったことや、ちょうど良いスキルが身についた転職時期が重なったことで、良い転職ができたんじゃないかと思います。

29歳女性の転職体験談 販売職→営業職

前職と転職理由

小さい会社での事務職を経て、前職では化粧品関係の販売職を2年半していました。店舗でのお仕事だったので、お客様の接客や商品知識もついてくると、同じ日々が続いていく感じがしていました。

事務職も退屈だったので、やりがいを求めて転職したんですが、何か違うなぁと違和感を感じている部分があって、転職は何度か検討していました。

決定的だったのは、お店のスタッフが変わって、急に人間関係が悪化してしまったことです。関係を築いていくことも不可能では無いとは思いましたが、疲れてしまって。

それなら、元々もっと他の仕事にチャレンジしてみたいと転職活動に踏み切りました。

転職活動について

20代後半ですから、年齢が年齢なので未経験の仕事は簡単ではないと周囲からも聞かされていました。

だけど、事務も販売も経験して、同じ仕事はしたいとは思っていませんでしたので、時間は少し掛ってもいいやくらいの軽い気持ちで取り組みました。

転職エージェントも利用しましたが、どんな仕事をしたいか明確にするように言われ、今まで一番仕事や将来について考えた気がします。

振り返ってみたら、今まで適当にやってきたんだなぁと(笑)

結局、働くのは嫌いではないし、コミュニケーションもできるほうだと思っていたので、営業を選びました。求人も思っていたより多くあって、最終的に、どの企業を選ぶかはかなり迷いましたが、とりあえず5社ほど応募して2社面接を受けました。

内定は10社に1社出れば良いほうと聞いていたので、覚悟してたんですが、選考自体は思っていたより苦労せずに、一ヶ月くらいで済んでしまいました。

後で「元気があって個性的(少し変という意味らしいです)だったのでインパクトがあった」と言われました。自分らしく面接に臨めたのが良かったのかなと前向きに思っています。

転職後の感想

まるで畑が違う仕事ですが、売上を上げることができたときの充実感は、今までになかった充実感があります。

1週間程度の研修で商品知識やロープレなどをやった後、未経験なのに担当エリアを持たされて焦りましたが、飛び込みとかはないルート営業が中心なのですぐに慣れました。

まだ不慣れなことが多くて、頭がパンクしそうなこともありますが、周囲が優しく教えてくれます。残業は少しありますが、収入も上がったし、土日は休みだし、不満は少ないです。

長く続けられそうな手応えがありますので、お仕事頑張って実力を付けていきたいと思います。

まとめ:20代前半・後半でも違いがある

年齢別に20代前半の女性2名と、20代後半2名の転職体験談を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

未経験職種なら第二新卒のうちに転職したほうが良いと言われることもありますし、20代前半より後半のほうが女性の転職は厳しくなると言われることがあります。

しかし、実際には一般的にな転職市場より、転職する人の経験やスキル、人間性や特徴などは千差万別ですし、準備が万端な人もいれば、何となく転職活動を開始する人もいます。

つまり転職活動してみないと、解らないことが多いということです。

現状を変えたいのであれば、まずはチャレンジしてみることが大切です。在職しながらなら良い転職先が見つからないようなら転職自体をしないという選択をすれば良いだけですので、そんなに不安に思う必要はありませんよ。

今回紹介した体験談は、ほんの一例ですが、転職を考える20代女性の参考になれば幸いです。

下記の関連ページもぜひ参考にしてください。

転職サイト 女性におすすめのランキング

事務職に強い転職エージェントと転職成功の為のポイント

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。