転職成功ノウハウ   2017.07.19

在職中の転職活動は会社にばれる?よくあるケースと対処方法

転職活動は会社にばれる?
picupPick Up!
 転職の達人が厳選する「転職エージェント徹底比較」

働きながら転職活動をする中で、会社にばれてしまうケースもあります。

会社にばれてしまうと、その後に「やっぱり今の会社に残ろう」と思った時のリスクがありますし、小さな会社ですと「辞める予定ならすぐに辞めてもらって構わない」などと転職期間中に辞めざるを得ない状況に追い込まれてしまう可能性もないわけではありません。

このページでは、どんなケースで転職活動が会社にばれるのか、ばれない為の対策はどのようにしたら良いかを解説しています。参考にしていただければ幸いです。

在職中の転職活動が会社にばれることは多い?

自分で公言しない限り、転職活動をしていることが会社にばれることは、それほど多くないことです。しかし、自分で公言していなくても、話してあった同僚から上司に漏れてしまい会社にばれてしまうケースはあります。

会社員である限り、「会社を辞めようとしている」ことを知られることにメリットはありません。

働きながら転職活動をするメリットは様々ありますが、その中には「良い転職先がない場合は残れる」ということもあります。

会社を辞めたくて仕方がなく100%転職することがハッキリしているのであれば、まだしも、「会社に残る」可能性があるのであれば、慎重に行動するようにしたいところです。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

転職活動が会社にばれるケース

自分で公言していないにも関わらず、転職活動が会社にばれるのはどんな時でしょうか。

  • 同僚から漏れる
  • 態度で怪しまれる
  • 服装などでばれる
  • 過剰な活動でばれる
  • 転職サイトでばれる

上記のようなことで、転職活動がばれるケースがありますが、もう少し詳しく説明していきます。

同僚から漏れる

これは、一番気を付けたいところです。悪気が無くてもつい口が滑ってしまうことは誰にでもあるでしょう。飲みの席で理性が弱まっているところで「つい上司に話してしまった・・・」というケースだって考えられます。

仕事に関する相談は仲の良い同僚にするでしょうが、実際に転職活動をしていることを話すことは、慎重に行うようにしたいところです。どうしても話しておきたい、相談したい、といった場合は、「口外無用」なことをしっかりとお願いしておきましょう。

態度で怪しまれる

転職活動をしていると、今の仕事に身が入らないというケースもあります。普段の仕事にプラスして転職活動をしているわけですから、疲れも溜まってくるでしょうし、何より気持ちが切れてしまいがちです。

仕事というのは、思った以上に気を張って頑張っている人が多いものです。それだけに「辞める」と思った時点で、その張っていた糸がプッツリ切れてしまう人も多いです。

転職する理由はどうあれ、お世話になった現在の会社に「退職まで」一生懸命、集中して仕事をすると決めて、あくまで真剣に仕事に取り組むことが大切です。

そうすることで、転職活動にも、転職後にも良い影響があると信じて、目の前の仕事に取り組むようにしてください。中途半端な仕事をして転職していくより、きっと「頑張って良かった」と思える転職になることをお約束します。

服装などでばれる

転職活動をしていると、面接を受ける機会が出てきます。「いつもよりも髪形に気を使っている」「いつもより身だしなみがきちんとしている」ことくらいでも違和感を感じて怪しまれるケースがあります。

特に、面接などで定時退社をする機会が増えると、「今までとは明らかに違う」印象がありますので、服装なども怪しまれやすくなります。

まだ、この程度であれば、ごまかすことができますが、会社での服装がカジュアルな場合、面接時だけスーツを着て会社に行けば、なんとなく勘付かれてしまい、問いただされるケースもあります。

かといって、着替える時間もないでしょうし、スーツを持ち運ぶなど、かなり負担もありますから、面接する企業に予め事情を話して了承してもらうようにしましょう。

きちんと事情を伝えれば、マイナス評価にはなりませんし、伝え方次第では、「配慮ができる」という好印象につながる可能性だってあります。

過剰な活動でばれる

優秀な人で転職エージェントで紹介を受ければ受けるほど、多くの面接を受けるようになるケースがあります。

そうなると、明らかに以前と違って早い時間に退社する回数が増えるでしょうし、有給休暇の取得が増えるケースもあるでしょう。また、疲れが溜まって現職の仕事どころではなくなる恐れがあります。

そういった状態では、周囲もうすうす気づいてしまうものです。

多くの紹介を受けたからといって、全ての企業の面接を受ける必要はありません。断っても「面接だけでも受けてください」とゴリ押しされる場合もあるかと思いますが、「仕事をしながらなので全てはスケジュール的に難しいです」とキッチリ伝えるようにしましょう。

週に2回も3回も面接が入れば、誰だって疲れてしまいます。特別に良いと感じている企業の面接なら、スケジュール的に大変な時期があっても頑張るべきな場合もありますが、基本的には担当のコンサルタントとよく相談しながら、余裕のあるスケジュールを組んでもらえるようにしましょう。

転職サイトでばれる

転職サイトの登録でばれるかを心配する人もいますが、確かに自分の会社が自分の利用する転職サイトで求人募集をしている場合などは、担当者にばれる可能性はあります。

ただし、そういったことのないように、自分の会社や特定の会社をブロックする機能があります。

関連企業などもふくめ、転職活動を行っている情報が漏れると困る会社はブロックするようにすれば良いだけなので、大きな心配はありません。ただ、ブロックだけは念のため必ずしておくようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る