保育士の転職

保育士の転職に良いタイミングはいつ?転職成功には情報収集に強いエージェントがおすすめ

保育士が転職するなら、どの時期が良いのでしょうか。

違う園に勤めたいと思った時がタイミングとも言えますが、求人数や転職後の事を考えれば、保育士の転職事情も踏まえた上で、転職活動を開始する事も大切です。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

保育士の転職タイミングはいつ?

保育士の転職でベストなタイミングは、人それぞれ違うと思いますが、ここでは一般的にどの時期に転職するのが良いのか解説していきますので、参考にしてください。

求人が増える年度末は狙い目

1~3月は、年度の切り替わる4月から勤められる保育士の求人が増加します。

どの園でも4月の新年度から、新しい体制になりますし、年度途中よりも同僚や園児との信頼関係を築きやすいという点でもメリットが大きいです。

スムーズに新しい職場に溶け込む為には、この時期の求人は狙い目の1つです。

だだし、同様の事を考えている求職者も多いので、ライバルも増加しますので、自分の経験をアピールできるよう準備しておくことが大切です。

秋の転職も求人数は多め

10~11月頃も、退職者が出ている園では、補充が行われやすいと言われています。

理由は一般企業より早目に退職を伝える人が多く、年度末まで勤める予定の人がこの時期に退職を願いでるケースが多いようdせう。

退職を願いでる時期ですから、同様に求職者が増える時期な為、求人も多くなる傾向があります。

通年通しての転職事情は?

中途採用の場合、年度末だけでなく、随時募集があります。その多くは退職者の補充が主な目的になりますが、現場の人員の関係上、早急に補充したいというケースも少なくありません。

その為、年度初めから働く保育士を探すときよりも緊急性が高く、短い転職活動期間で内定が獲得できるケースも多くなります。

その意味では、ねらい目として紹介した時期より、場合によっては良い転職タイミングになる場合があると言えます。

転職活動を始めるタイミングは?

転職活動の期間は人によって違いがありますが、1か月半~3ヶ月くらいの間で決定することが多いです。

自分が転職したい時期を見計らって、逆算してスケジュールを立てるようにしましょう。

例えば、3ヶ月間の転職活動期間を考えているのなら、3ヶ月前には活動を開始する必要がありますね。

新年度からの採用を考えているなら、遅くても1~2月には転職活動をしていなければ手遅れになる可能性があります。

焦って転職先の園を決めてしまうようなことがあると、入園後に希望の環境とのミスマッチで後悔するようなことになりかねませんので、ある程度余裕を持って転職活動を行うように気を付けたいところです。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

保育士の転職活動を成功させるには

「希望条件を実現できる園なのか」というポイントは、人間関係や労働環境、給与など、人によって違いがありますが、実際に働いてみないと解らないことは意外と多いものです。

なんとなく、イメージだけで決めてしまうと、後で後悔する可能性も少なからずありますので、調べられる事は転職前にしっかり調べておくようにしましょう。

実際に園に足を運んで、働いている保育士さんの様子や園の雰囲気を見てみるのも良いでしょうし、話を聞けるなら聞くのが一番かもしれません。

しかし、複数の園の実際の様子を見に行くような時間も労力もかけられないという人も多いと思います。

そこで、役に立つのが転職エージェントです。

転職エージェントでは、全て無料で利用できる転職支援サービスですが、施設の運営方針や職場の雰囲気、残業時間の実態などの内部情報を把握していますので、希望に合った園なのかどうかを確認しやすいです。

また、希望に合い、かつ内定の可能性が高い求人を紹介してくれるので、余りにも多い選択肢の中で迷う必要がなくなります。

自分ではしづらい年収・待遇交渉も依頼すれば行ってくれますし、面接対策も園に合わせたアドバイスをしてくれます。

おすすめのエージェントは下記の3社です。それぞれ特徴がありますが、転職エージェントは担当してくれるコンサルタントとの相性や提案力によってもだいぶ差が出てしまいます。

そのリスクを避ける為、複数に登録し、ヒアリングと求人紹介を受けた後で、求人内容や「この人なら信頼できる」と思うコンサルタントがついたところで、転職活動を進めていくようにしましょう。

1位 マイナビ保育士

マイナビ保育士

マイナビ保育士は、幅広い分野で転職支援サービスを行っているマイナビグループの保育士転職に特化した転職サイトです。

「マイナビ保育士」は大手だからこその、情報収集力の高さから、施設の運営方針や職場の雰囲気、残業時間の実態などの内部情報をしっかり把握している為、求人の数だけではなく、求人の質にも定評があります。

保育業界の転職事情に詳しいプロのキャリアアドバイザーが担当し、 年収アップが見込めたり、残業時間を減らせるような
好条件・好待遇の求人を希望条件に合わせて紹介してもらえます。

大手の強みを活かした人気企業や新設保育園の求人など、サイト上には掲載されない非公開求人を多数保有していますので、保育士の転職には外せない選択肢の1つになります。

地域的には、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県における保育園・保育施設の求人が豊富で強みがあります。

公式サイトを見る

2位 ほいく畑

ほいく畑

ほいく畑は保育士の転職支援で業界トップクラスの規模を誇る、保育士専門の転職サイトです。運営するニッソーネットは、自治体の委託を受けているほど、信頼性の高い企業なので、安心して利用することができます。

派遣だけでなく、正社員やパートの求人も取り扱っていて、約3000件の求人を公開しているほか、条件の良い優良な非公開求人も保有しています。

公式サイトを見る

3位 保育のお仕事

保育のお仕事

月収25万円以上でブランクがあってもOKの求人や、時短勤務で時給1500円以上、賞与年4回で残業少な目の幼稚園、有給休暇消化率100%などの好条件案件も。

サービス満足度97%、月間4000人の保育士が登録している日本最大級の保育士・幼稚園教諭専門の転職支援サービスです。

非公開求人を多数保有していますので、タイミングが良ければ好条件の保育所、幼稚園への転職の選択肢が広がります。

公式サイトを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。