転職成功ノウハウ   2017.09.14

転職の不安を解消する方法~転職活動の不安なら行動で解決できる

転職の不安を解消しよう
picupPick Up!
 転職の達人が厳選する「転職エージェント徹底比較」

転職活動には不安はつきものです。転職活動中に「良い転職ができるのだろうか」「失敗したらどうしよう」と思うこともあるでしょう。

また、内定が決まっても「新しい会社に行くのが不安でしょうがない」という人も実は多くいます。

不安に思うのは人間ですから仕方ない面も多々ありますが、漠然とした不安に囚われていても良いことはありません。

このページでは、転職にまつわる不安にどのようなものがあるのかと、不安を解消する為の情報を掲載していますので、少しでも気が楽になり、安心してもらえたら幸いです。

転職活動の不安

 

転職そのものに不安を感じる人もいれば、転職活動に不安を強く感じる人もいます。

  • 良い転職先が見つかるかどうか不安
  • 仕事をしながら転職活動できるのか不安
  • 自分に自信がなくて不安
  • 面接で厳しくされそうで不安
  • 適切な評価をしてもらえるか不安
  • 転職エージェントが不安

転職を考えている人のうち、実際に転職活動を行っている人は、たったの1割程度という調査もあります。現在の会社に不満はあるものの、様々な不安要素がある為に、転職活動を行うまでに至らない人が多いからです。

転職活動に関しては、上記のようなもの以外にも様々な不安があるでしょうが、「実際に転職活動してみる」ことをおすすめします。

多くの人が漠然とした不安を抱えるものですが、「転職活動=転職の決断」ではないということを確認すると、少し楽になる人もいるのではないでしょうか。

転職活動は、あくまで「現状より良くなる為」の「手段」です。転職活動を行ってみて「やはり今の会社に残ろう」という決断をする場合もありますし、良い条件を提示され実際に転職をすることもあります。

人は、未来のことに不安を感じやすいです。その理由は「良く解らないもの」に不安を感じるからです。

転職活動にも、様々な不安がつきまとう事はありますが、実際に動いてしまえば「なんてことはない」というケースがほとんどかと思います。

「どうしようかなぁ・・・不安だし」と行動せずにいるのであれば、何でも良いですから1つ転職活動に繋がる行動を起こしてみることをおすすめします。

良い転職先が見つかるかどうか不安

この不安は、いくら考えてみたところで答えはありません。私が答えるなら「見つかることもあるだろうし、見つからないこともあるかもしれません」という回答になるでしょう。

しかし、実際に転職活動を行う中で、思ってもみない企業との出会いがある場合もあります。また、良い転職先をみつける確率を上げる方法はあります。

会社への不満を周囲に漏らすと「会社なんて、どこでもそんなもんだよ」という答えが返ってくるか、一緒に似たような仕事への愚痴を並べるか、どちらかのケースが多いのではないでしょうか。

しかし、実際に転職活動をした体験を持っている人の意見なら、少しは耳を傾ける価値がありますが、そうでないなら、そんな意見に耳を貸してはいけません。

後悔しないようにするためには、実際に動いてみて、自分の考えで決断することが大事です。

仕事しながら転職活動できるか不安

仕事がただでさえ多忙なのに、転職活動を行うのは確かに労力が掛ります。しかし辞めてからの転職活動にはリスクもありますし、何より決断する勇気も必要でしょう。

転職活動の負担は、転職エージェントを利用することで、減らすことができます。

転職エージェントは、無料で希望に沿った求人の紹介を受けられ、職務経歴書などのチェックや面接対策、面接スケジュールの調整、給与・待遇の交渉など、転職に関するサポートを受けれるサービスです。

特に求人を探す労力は、ただ求人案件をチェックするだけのようで、転職体験者の多くが、一番労力が掛ったと口を揃えます。

また、自力で進めた場合、受かる見込みの薄い企業に応募し続け、予定より期間が掛ってしまうこともありますが、転職エージェントでは採用の可能性のある企業中心の紹介になる為、内定率も高くなり転職活動の期間を短縮することができます。

転職活動は、進んでしまえば、心配するほどでもなかったというケースもありますし、動いてみて本当に両立が難しいのであれば、一旦転職活動を中断することもできますから、まず実際に動いてみることを強くおすすめします

自分に自信が無くて不安な場合

自分のキャリアに自信が無く、「果たして良い転職先が見つかるのだろうか・・・」と転職活動をする前に不安になって行動ができていない人も多いのではないでしょうか。

もちろん、素晴らしいキャリアを積んできた人もいるでしょう。しかし、自分のキャリアに自信を持てない人のほうが多いのではないでしょうか。

転職は何も誰が見ても優秀な人だけがするようなものではありません。もし自身が持てなくても、誰にでも強みになる特性があるはずです。

自身がなかったのに、転職活動を行ったら、すんなり決まったと言う人だってかなり大勢います。自分の強みも特に見当たらないという人は、リクナビNEXTの『グッドポイント診断』を利用してみましょう。

高度な診断ですが、無料で受けられ、質問に答えていくだけで、18種類の項目から5つの『自分の強み』が解るようになっています。

SPIという就職用のテストを開発したリクルートが、そのノウハウを詰め込んで作った本格的な診断テストなので、無料と言ってもバカにはできません。アピールポイントが明確になりやすいので利用価値が高くおすすめです。

面接で厳しくされそうで不安

圧迫面接と言われる、わざと厳しい質問をする面接も無くはありませんが、学生相手ではない転職の面接で圧迫面接は稀だと言って良いでしょう。

もちろん、在職期間が短かったり、転職回数が多かったり、企業が心配になる要素があれば、面接で聞かれる可能性が高いです。

しかし、ネガティブな理由で転職を検討していたとしても、前向きに転職を検討し将来に向けた意欲が高いと思わせるアピールは可能です。

企業が知りたいのは、職歴という過去だけではありません。入社後に、どういう意欲でどのようなスキルや経験、特徴を生かして貢献してくれるのかという点を知りたいのです。

その意味で、後ろ向きに転職活動を行うのではなく、「より良い人生にする為に転職する」と決めている人であれば、魅力をアピールすることは充分に可能だと言えます。

転職の目的は「より(自分にとって)良い会社」に転職し、人生を豊かにすることではないでしょうか。そうであるなら、ぶっちゃけ受かることを目的にしないほうが良いです。

「受かる為のアピールをして受かる」のと「自分らしくアピールして受かる」のとでは違いますし、採用側からすれば「紋切型の面接」では応募者の魅力を感じにくいからです。

仮に、厳しくしてくる企業があれば、ストレス耐性や日常と違う状況でどう対応するのかを見ています。それが嫌ならその会社は断れば良いですし、入らないほうが幸せかもしれません。

ともかく、面接で厳しくされるかもという不安は、ほとんど気にする意味がありませんので、安心して転職活動をしていくようにしてください。

適切な評価をしてくれるか心配

これも心配の1つになるでしょうが、企業によって人材ニーズは違います。あなたに100点つける企業がいれば、50点しかつけない企業もあるということです。

また、単純に、適切な評価をしてくれたと思えない企業へは転職しなければ良いので、心配する必要はありません。

できるだけ適切な評価を受けるには、やはり企業のニーズに合わせたアピールが必要になります。評価を気にする人はアピールが苦手な人かもしれません。

この場合も転職エージェントを利用して面接対策をお願いするようにすることで、企業のニーズをとらえたアピールが可能になりますので、積極的に利用するようにしていきましょう。

転職エージェントが不安

転職エージェントを利用したことのない人にとっては、どういう流れで進むのかも解らず、不安があるかもしれません。

しかし、これも不安になるよりとにかく使ってみれば解ります。というより、使ってみないと解らないことも多いと言ったほうが良いかも知れません。

流れとしては、登録すると、転職エージェントの担当者から電話やメールがきて、面談日程の調整を行います。その時に軽く職歴等をヒアリングされます。

面談もしくは電話でのカウンセリングで、転職先への希望や職歴、スキルや特徴などを担当するコンサルタントが掴んでいく為のヒアリングが行われます。

面談の後半には、求人を数件から10件ほど紹介されます。その後も引き続き紹介をしてもらえます。

応募したい企業があれば、面接スケジュールを調整してもらい、必要があれば面接対策をしてくれます。

そうして行きたい企業に内定が決まっていきます。

このように、説明することは可能ですが、実際に使ってみないと不安はなくならないでしょうし、合わないと思えば中止すれば良いだけですから、まずは1社でも面談を受けてみることをおすすめします。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

転職そのものの不安

転職活動に対する不安の他にも、転職そのものにも不安な要素は沢山あります。

  • 転職先が合わないかもしれない
  • 退職を言い出すのが不安
  • 転職先の人間関係が不安
  • 想像していた業務ができるのか
  • 順調なキャリアアップができるのか

転職先が合わないかもしれない

内定は出たものの、いろいろ調べていくうちに「自分には合わないかも知れない」という思いが湧きあがって不安になるパターンです。

実際には、入社してみなければ解らない部分も多々あるのは間違いありません。しかし、「自分には合わないかも」と思った理由を1度整理するようにして欲しいと思います。

その上で、自分に合わないとう思いが払しょくできないのであれば、内定をもらったからといって、入社を決定することはおすすめできません。

このような不安に悩まされない為には、やはり応募前の段階で、自分のやりたい仕事や条件面の希望を明確にしておく必要があります。

転職でも企業研究や業界研究、自己分析といった準備はできるだけしっかりしておくことが大切です。内定をもらってから断るのは心苦しい面もありますし、面接などの手間を考えても、応募する企業はできるだけ希望にマッチしていることを前提にする必要があるでしょう。

例えば転職エージェントを利用していても、担当から勧められて、余り気乗りしていなかったけど応募してみたというようなケースも起こり得ます。

希望が明確になっていないと、勧められるがままに転職先を決めてしまうケースも出てきますが、仮に入社後に「やっぱり合わない」と気づいてもすぐに転職するのは避けたいですし、後戻りがしづらくなります。

そうならない為には、事前に希望をしっかりと伝え、合わない可能性を感じれば、断ることも大切です。転職後に多少の不満を感じることがあったとしても、自分で決断できていれば、後悔より満足の上回る転職になりやすいでしょう。

退職を言い出すのが不安

内定が決まってから、上司に退職を伝えるのに悩む人も多いです。

たしかに不安なことではありますが、こればかりは不安に思っても仕方ありません。

今までお世話になった感謝の気持ちで伝えるようにしましょう。

法律では退職届を提出して14日間で退職できることになっていますが、円満退職をするためには、引継ぎなどで少々時間が掛かっても仕方ない面があります。

転職先の入社日の兼ね合いもありますが、内定が決まって転職を決断したら、できるだけ早目に退職を伝えるようにしましょう。

転職先の人間関係が不安

特に、人間関係を理由に転職をした人にとって、次の会社での人間関係も不安になることが多いでしょう。

しかし、不安に思っていたら人間関係が良好になるわけではありません。

自分なりに次の会社で円滑な人間関係が築けるように、努力していくほかありませんし、無駄に不安になるよりも、新しい会社での新しい生活をどうやって楽しくしていくかを想像したほうが有意義です。

人間関係は、自分が悪くなくても悪化することはありますし、環境を変えれば大きく変わることも多々あります。古い企業体質などが遠因になっている場合など、企業の有り方が発端の場合は、できるだけ内部情報を集めた上で転職を進めるようにしていきましょう。

社風などの内部情報は、Vorkersなどの企業の口コミサイトや、転職エージェントのコンサルタントからある程度仕入れることができます。

転職前の人は参考にしてください。

想像していた業務ができるのか

実際に働いたら、言われていた業務と違う業務だった。というようなケースも無くはありませんが、このような不安を抱える理由の1つに「詳細な業務内容を把握しきれていない」で転職を決めてしまうということが挙げられます。

企業の応募要項だけでは、解らないことは非常に多いと言わざるを得ませんので、面接時にきちんと質問しておく必要があります。

また、面接だけではなく、面接だけでは把握しきれない情報を転職エージェントに確認しておくのもこういった不安を少なくするためには必要です。

リクナビNEXT

リクナビNEXT転職者の8割が利用!求人数、転職実績ともにNo.1の転職サイト。転職を考えたら、まずはリクナビNEXTに登録しておきましょう。簡単に自分の強みを知ることができるグッドポイント診断で自己分析などの転職準備が捗ります。

サイト登録・詳細を見る

まとめ

現職で働き続けた場合と、転職した場合の将来を、熟考した上で、今の会社に残るという決断をできれば問題ありませんが、「転職したい気持ち」がくすぶったまま、なんとなく仕事を続けてしまう人も多くいるでしょう。

1度、転職したいと考えたのであれば、そう思った理由が解決できなければ、いずれ転職する可能性が高いです。しかし、、「上司が嫌」などという場合は、数年待てば解消されるケースもあります。

また、業務の有り方が納得できない場合などは、改善の提案をしていくことで、不満を解消できるケースもあります。しかし、いくら努力を重ねても「どうにもならない」ことも会社では多いものです。

その不満の中、将来働き続ける選択をすることも有りですが、それが嫌な場合は早目に転職を検討したほうが良いでしょう。

転職活動は、行動してみて、途中で辞めることもできます。内定をもらったからと言って、必ず転職しなければいけないわけでもありませんので、現状打開の為に、まずは転職活動を進めてみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る