仕事に行き詰まりを覚えたら転職しても良い?原因別に解説

仕事に行き詰まりを覚えたら転職しても良い? 転職の不安・悩み

仕事に行き詰まりを感じている人は少なくありません。

転職をすれば解決することもありますが、転職しても同じような状況になってしまえば、プラスになりません。

このページでは、仕事に行き詰まった人が、どういったときに転職しても良いか解説していきます。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

仕事に行き詰まりを感じたら転職しても良いか

日本では仕事を楽しいと感じる人の割合が欧米と比べても極端に低いというデータもあります。

まずは、何が原因で仕事に行き詰まりを覚えているのか整理することが大切です。

またそれぞれの要因別に、転職しても良いならどういう状況か考えていきましょう。

 

仕事に行き詰まりを感じる原因

  • そもそも自分に仕事が合っていない
  • 仕事が難しすぎてついていけない
  • 人間関係で行き詰まっている
  • 労働環境などで行き詰まっている

そもそも自分に合った仕事ではない

自分に合った仕事ではないと感じるのは、特に若い人に多い傾向がありますが、仕事に慣れてきたら楽しくなったという人もいます。

仕事を後ろ向きに捉えている以上、辛いと感じてしまうという側面もありますが、数年経験して、仕事には慣れているはずなのに楽しく感じる要素がない場合は、本当に合っていない仕事の可能性があります。

「自分の得意なことは何なのか」「何を仕事にしたら楽しいのか」ということをしっかり考えて、希望業界や職種を検討できているのであれば、転職しても良い時期でしょう。

反面、まだそこまで考えず「ただ今の会社を辞めたい」というのは危険です。どのような転職先なら納得して働けるのか、一度しっかり考えておく必要があります。

自分に合った仕事の見つけ方~無料の適職診断・適性診断テスト4選
「自分に合う仕事なのか解らない」「自分の強みが解らない」という人は、適職診断などの診断ヒントになることも多いのではないでしょうか。適職診断で自分に合う仕事を診断したからと言って、その職業が本当に自分に合っているかは長く働いてみないと...

仕事が難しすぎてついていけない

「仕事がむずかしくてついていけない」と感じる場合は、その職種があなたに合っていない可能性があります。

しかし、単純に周囲のレベルが高い場合、努力することで高いスキルを身に着けられる環境の場合もあります。

「努力してでもスキルアップしたい」のであれば、簡単に辞めてしまうのはもったいないかもしれません。

ただし、あまりに仕事が辛すぎるという場合や、仕事ができないことで上司や先輩からパワハラを受けているような場合は、すぐにでも転職を検討して良いでしょう。

人間関係で行き詰まっている

人間関係で行き詰まるタイプの人は、似たような仕事を選んだ場合に、また同じような状況になってしまうことも少なくありません。

しかし、単純に「超嫌な人がいる」という場合は、転職をすることで一発解決するケースもあります。

「全体的に人間関係(コミュニケーション)が苦手」なのか、「一部嫌な人がいるのか」どちらなのか考えてみましょう。

前者なら、営業など人間関係が重要な職種ではなく、技術職など個人の作業が多い仕事を選ぶなどで特徴を活かせることもあるでしょう。

後者なら、その嫌な人がいなくなる可能性を見極めて、ずっと付き合うことになるのであれば、転職を検討するのも良いでしょう。

上司と合わない、うまくいかない。嫌いな上司がいる職場は転職したほうが良い?
面接で答える転職理由に人間関係を挙げる人は多くありませんが、実際の本年の転職理由では多くの人が人間関係が悪かったことを原因に挙げています。その中でも、上司に対する不満はことの他多く、上司との関係がうまくいかないことで転職をする理由に...

労働環境で行き詰まっている

残業が多すぎたり、休日が少なすぎるなど、労働環境で仕事に行き詰まりを覚えているのなら、その会社に留まっていても環境はなかなか変わることがないかもしれません。

あまりに過酷な労働環境では、心も体も疲弊してしまい、最悪働くことさえできないような状態になってしまう可能性もあります。

もちろん転職は良い面ばかりではなくリスクも伴いますが、思い切って転職をしてみるというのも良いでしょう。

年間休日96日の内訳と体験談。残業なしでもきつい?
年間休日96日は、平均の113.8日から見ても少ないほうだということが分かります。しかし、飲食業、宿泊業、販売職など、土日や祝日などが繁忙期の仕事では100日以下というのは珍しい訳ではありません。結局のところ、希望する仕事や...
残業が多すぎて仕事を辞めたい人が知っておくべき転職のポイント
「残業が多すぎて会社を辞めたい・・・」「残業が少ない会社に転職したい・・・」と思っている人も多いのではないでしょうか。確かに余りに残業が多いと、体もしんどいですから、プライベートは寝るだけのような生活になりがちですし、会社を辞めたく...
doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

転職活動をするなら在職中がポイント

転職活動をするなら在職中にしましょう。

仕事に行き詰まりを感じている人は「今すぐ会社を辞めたい」と逃げる転職に走りがちです。

しかし、転職活動を通して考えが変わる人も少なくありません。

そういった意味でも、今の会社に残り続けられ、転職活動の費用にも困らない在職中の転職活動をおすすめします。

在職中の転職活動は、何かと負担が大きいので、転職エージェントを活用し、負担を少なく転職先を探していくと良いでしょう。

下記のページも参考にしてください。

在職中に働きながら転職活動は面接が辛い?コツが解れば難しいことではない。
転職活動は、在職中に働きながらする方が良いのか、それとも退職してじっくり取り組んだほうが良いのか迷っている人も多いでしょう。一般的には若ければ若いほど、退職してから転職活動をする割合は多いですが、在職中に転職活動をするメリットが大き...
転職活動に行き詰まりを感じている人と簡単に決まった人との差は何?
転職に行き詰まりを感じ、「転職は簡単じゃない」「辛すぎる」と思っている人も少なくありませんが、反対に1ヶ月程度の短期間の転職活動で、応募件数が少なくても簡単に転職が決まったという人も少なくありません。仕事に行き詰まって転職活動を始めたの...