転職が決まらない理由は?焦りや不安で辛い時の対処法

転職がなかなか決まらないと焦りや不安があって辛いのは当然ですし、半年・一年と転職活動期間が長引けば、「いつ内定がもらえるのか」と鬱々した気分になってしまのも仕方がありません。

そんな辛い状況の時こそ、一度立ち止まって「なぜ転職がうまくいかないのか」理由を整理して、戦略的に転職活動を進めていくことが大切です。

半年・一年とブランクが続けば、経済的な負担も大きくなりますし、精神的な辛さは増えていく一方ですが、そういった人の中にも上手に方向転換をして、すんなり転職が決まっていく人も少なからずいます。

今現在、転職活動中で焦りや不安を抱えている場合も、転職を検討するにあたって既に不安になっている人も、知っておいたほうが良いことを解説していいますので、参考にしていただければと思います。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

転職が決まらない理由は?

転職なんてすぐできるだろうと思っていたのに「転職が決まらない」という人も意外と少なくありません。

年代や希望職種などによっても様々ですが、ここでは転職が決まらない理由を挙げていきます。

  • 企業のニーズにマッチしていないアピールをし続けている
  • 市場価値に見合わない企業ばかりに応募を続けている
  • 転職活動の手段が合っていない
  • アピールの仕方が解っていない

順番に解説していきます。

企業のニーズに合わせたアピールが転職を決めるカギ

企業は、採用したい人の年齢や経歴、スキル、人間性(性格的な特徴、長所)などを総合的に判断して採用を決めていきますが、募集にあたっては初めから「このような人材が欲しい」という人材像が必ずあります。

企業は当然のことながら、求める人材像によりマッチした人を採用しますので、あなたが優れた経歴を持っていて、練り込まれた良い自己PRをしたとしても、企業のニーズとズレていれば、なかなか転職が決まらないということは起こってしまいます。

それに気づかずに、同じアピールを続けてしまえば、想定より長い転職活動をしなくてはならなくなるケースも出てきます。

選考書類、面接時に行うアピールは、ただ自分の経歴を披歴すれば良いというものではありません。特に自己PRは、自分の売りを伝えるという事より先に、企業のニーズを知るところから始め、それに合わせたアピールが必要です。

そうするためには、企業研究を行って、どのような人材ニーズがあるのかを調べる必要があります。

ただ、自力で調べる意識は大切ですが、限界もありますので、基本的には転職エージェントから聞き出していくことと、コンサルタントに自分のアピールできる材料を明確に伝えいくことが重要です。

エージェントは企業から「こういう人材が欲しい」という希望を受け、求職者を募集し転職支援を行います。ですからある程度の人材像は初めから解っています。

転職エージェントは転職が決まらないことでデメリットだらけですから、自分のアピール材料が初めから伝わっていれば、内定の出る可能性の高い企業を中心に紹介してくれます。

マッチする企業を紹介されていないのであれば、コンサルタントの提案力不足か、双方のコミュニケーション不足や理解度の不足が原因の可能性が高いです。

優秀で魅力はあるけど、希望の人材像とマッチしないというケースでは、最終選考までは進むけど、内定が出ないことが多いので、そのような状況に陥っている場合は、アピールの角度を変えるか、企業の選定を再考したほうが良いかもしれません。

市場価値の確認から始めなければ転職は決まらない

転職エージェントを利用していれば、市場価値に見合わない企業の紹介はそもそも受けることができないので、ここは読み飛ばしていただいて結構です。

しかし、ハローワークや転職サイトを利用している場合、どの企業にも自由に応募ができますので注意が必要です。

例えば解りやすく「経験年数と年数に応じたスキル」が選考基準の会社があったとします。

そこに、基準に満たない経歴やスキルの人が応募をしても、募集が少ない不人気な求人以外では、なかなか転職が決まらないのは当然のことです。

特に、なかなか面接まで進めないという人は、自分の市場価値では内定が難しい企業に応募を続けている可能性がありますので、気を付けるようにしましょう。

その場合も、「それじゃぁ、もう希望の条件なんていいや」と投げやりになるのではなく、選択肢の中からより希望を実現できると感じる企業に応募するようにしてください。

転職は、前職の不満を解消したり、希望を実現していくことで初めて成功です。ただ転職を決めたからといって後で後悔しては意味がありませんので、応募企業選びは慎重に行うようにしたいです。

ただ、自力では限界もありますので、まず転職エージェントを利用してどのような求人を紹介してもらえるのかを確認するのが手っ取り早いです。

数社の紹介を受ければ、「どの程度の企業が今の自分が転職できるレベルなのか」ということが解ります。

転職活動の手段が合っていない

転職と言えばハローワークという人もいるでしょうし、転職サイトや転職エージェントを利用する人もいるでしょう。

しかし、その人に合った転職活動の手段があるので、合っていない場合は、転職が決まらない状況に陥ってしまうリスクを高めてしまいます。

例えば、内定の可能性の高い企業を紹介してくれ、様々なサポートを無料で受けられる転職エージェントを利用するメリットは大きい人が多いですが、次のような場合には、反対にデメリットになる場合があります。

  • 担当のコンサルタントの能力が低く、相性が悪い場合
  • 地方での転職を希望している場合

転職エージェントは会社によっても特徴がありますが、良い転職をする為に重要な要素の1つに担当のコンサルタントの提案力や相性というものがあります。

いくら転職エージェントが沢山求人を保有していても、うまくマッチングさせられない理解力や提案力の低いコンサルタントが担当した場合、企業のニーズと求職者の経歴やスキルにズレが生じてしまいます。

また、相性が悪かったり、やる気がなかったりする担当がついた場合、こちらの話をなかなか理解してくれなかったり、希望と違う求人ばかり紹介して推薦してきたりと、スムーズな転職活動にならないケースも少なからず見受けます。

そんな場合は、担当は変更が可能ですし、エージェントは沢山ありますからエージェント自体を変更すれば良いですが、そのことを知っていないと「こんなもんだろう」と、そのまま利用を続けてしまいますので、知っておくことは大切です。

また、大手の転職エージェントでは、全国展開をしていますが、大都市を除く地方の求人は、まだまだ少ないのが実情です。

いろいろな手段を利用するのは可能性を広げる意味で良いことですが、地方での転職を希望する場合は、大都市と比べもともと求人が少ない為、ハローワークや転職サイトなども併用し選択肢を広げていくように注意することが大切です。

アピールの仕方が解っていない

面接で必死でアピールしようとする余り、焦ってしまって上手く魅力が伝えられていなかったり、自分の都合ばかり話して、採用担当者をガッカリさせているケースも少なくありません。

例えば「成長したい」「こういう仕事がしたい」など仕事に関する向上心を感じて良さげですが、採用側からすれば、何のメリットも感じないものです。

企業が知りたいのは、仕事でどういう工夫や努力をして、その結果どういう実績があるのか。その経歴を活かして自社で活躍してくれるのか。ということです。

数字やエピソードを交えると説得力が増しますので、過去の仕事を思い起こし整理しながら、「だから御社でも貢献できますよ」という事が伝わるようなアピールにしていくことが大切です。

doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

転職が決まらない焦りへの対処法は?

転職が決まらないと誰でも焦りを感じると思います。しかし、焦ったからといって状況が好転するわけではありません。

反対に転職が決まらないときの焦りは転職失敗のリスクを高めてしまいます。焦ってしまって、「どこでもいいから内定を」と思い始めたら、危険信号です。

焦りを感じてしまったら、一度落ち着いて、冷静かつ客観的に、今までの転職活動を振り返ってみるようにしましょう。

自己分析をし直す

転職活動では自分が商品です。自分の特長をしっかりと把握できていなければ、応募先の企業に良いアピールはできません。

充分にできているという人は問題ありませんが、適当に済ませていたと思い当たる場合は、もう一度しっかりと自分を見つめ直す作業を行うようにしましょう。

アピールは企業によって変える

前章で解説した部分と重なりますが、自己PRは自分の経験やスキルをアピールするだけでは足りません。

企業には採用したい人材像というものがあります。自分が売りになると思っている特長をアピールし続けても、企業の人材ニーズと違っていれば、なかなか採用されることはありません。

企業がどのような人材を欲しがっているのかを、しっかり考え良いアピールができるようにしていきましょう。もし、同じようなアピールを繰り返していたのであれば、一度アピールの角度を変えてみるのも良いでしょう。

転職エージェントを利用する

もし転職エージェントを利用していないのであれば、活用するようにしましょう。

転職エージェントでは、企業が採用する人材像を把握しています。以前に内定を得ている人がどんなアピールをしたのか、面接でどのような質問をされるのかまで教えてもらえますので、的外れなアピールをしないで済みます。

転職エージェントを利用している人の中でも、模擬面接を依頼しない人が多いですが、非常にもったいないです。

企業に合わせた対策ができていなければ、優秀な経歴の持ち主でさえ、なかなか転職が決まらないというケースはありますから、必ず依頼するようにしましょう。

焦りを感じない為には在職中に転職活動を

これから転職活動を始める人は、焦りを感じない為に退職せず仕事をしながら転職活動を行うようにしましょう。

転職活動で、焦る一番の理由は仕事がないからです。

仕事が見つからないと、収入が途絶えますし、家族の目や世間体も気になり始めます。

毎月、生活費は必要ですし、贅沢は言ってられないという心境になるのは容易に想像できるでしょう。

そうなれば、どこでもいいやと、転職活動を始める前の目的感を忘れてしまい、転職先で後悔するなんていう、経験したくない事態にもなりかねません。

仕事をしながらの転職活動は、応募先を見つけるだけでも時間が取れず大変ですし、面接のスケジュールも企業と直接交渉するようなので、なかなか負担が大きいものです。

転職エージェントを利用するようにすれば、その負担を大きく軽減できるだけでなく、内定を獲得しやすいように、様々なサポートをしてくれます。

どこでもいいなら、求人に応募しまくって、面接をガンガン受けるのが一番短期間で転職先が見つかると思いますが、転職の目的を果たし、かつスムーズな転職活動にするには、転職エージェントの利用が必須です。

転職が決まるかどうか不安な人も、在職しながら転職活動を開始すれば、転職しないという選択も可能ですから、あまり深刻に考え過ぎず、求人の紹介をしてもらうことをおすすめします。

半年・一年と転職が長引いて辛いなら休むのもアリ

半年・一年と転職活動が長引いてしまえば、誰でも辛いものです。収入が途絶えてしまえば生活するだけでも大変なことですし、仕事をしていたとしても物理的にも精神的にも負担が大きくしんどくなってしまうでしょう。

前の会社を退職してしまっていれば、そうもいかないでしょうが、現職を持ちながらの転職活動なら、転職活動自体を一旦休止するのもアリです。

一旦休んで、仕切り直しをすることで、焦りや不安で辛い状況もリセットできるかもしれません。

企業研究を行い、アピールの方法を変えても、なかなか転職が決まらないのであれば、経験やスキルが不足していることも考えられます。

そんな場合は、アピールできる材料を作ってから、良い条件で転職をしたほうが良いですし、精神的に辛い状況で頑張り続けても必ずしも良い結果になるとは限りません。

リクルートエージェント
転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細・登録はこちら

おすすめの転職エージェント

不安が大きい人におすすめの転職エージェントの条件は下記の2点です。

  • 求人数が豊富なこと(選択肢が多い)
  • サポート力(提案力・理解力)が高いこと

その条件を満たすエージェントを下記に紹介していきますので、参考にしてください。

doda

doda

doda』は、数ある転職エージェントの中でも、圧倒的な求人数を誇る転職エージェントです。

利用者の転職満足度が高く、サポートにも定評があります。「リクルートエージェントも同様に他社を圧倒的に凌ぐ求人数を保有していますが、転職がなかなかうまくいかない人には、サポート力を重視してdodaをおすすめします。

公式サイトを見る

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒の求人メディア「マイナビ」の運営する転職エージェントです。

新卒の就職時にマイナビを使用する人が圧倒的に多いことで、マイナビエージェントも若い世代には馴染みやすく人気があり、第二新卒を含む20代~30代の転職におすすめです。

40代以降の場合も、dodaと同じく利用者層が広いので、マイナビエージェントは利用したほうが良いです。

しかもサポート力には定評があり、ホワイト求人の紹介が多いと評判が多いエージェントなので、安心して利用することができます。

経歴に自信が無い場合は?

大手の転職エージェンとは使ったことがあるが、転職が決まらなかった人や、利用自体を断られてしまったという人は、下記で紹介する転職エージェントの利用も検討していくようにしましょう。

ハタラクティブは、第二新卒、既卒者に特化した転職エージェントです。

「フリーター」「既卒」の方など、「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」をメインに取り扱っています。

にも関わらず、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%と非常に優秀な実績を誇る転職エージェントでもあります。

全く経歴に自信がない人でも安心してサービスを受けることができるのでおすすめです。大手転職エージェントでは、なかなか決まらないという人は、利用してみることをおすすめします。

詳細を見る

他にも未経験職種への挑戦やフリーターからの正社員挑戦などに力を入れている『ワークポート』もおすすめです。ワークポートは元がIT特化なので、IT、WEB、ゲーム業界に特に強みを持っています。

また、「求職者の資質や志望に対し、厳選して案件を紹介するスタイル」で、紹介数は絞られるものの、一次面接の同行まで行っている『AidemSmartAgent』も登録しておきましょう。

経歴が浅くて不安な人は、「就職Shop」もおすすめです。

自信が無くて転職が決まるか不安になってしまうという人は、より多くの転職エージェントに登録して、少しでも選択肢の幅を広げていくことも視野に入れて転職活動を進めるようにしましょう。