転職エージェントの評判 2017.05.08

マイナビエージェントの評判と特徴。利用すべき人は?

マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用する前に「どのような転職エージェントなのか」という点や「メリット・デメリット」や、「口コミや2chでの評判」は気になるところでしょう。

このページでは、マイナビエージェントの特徴を解説しながら利用者の良い評判も悪い評判もどちらも紹介していき、どんな人が使うべき転職エージェントなのか解りやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

マイナビエージェントの総合評価

マイナビエージェント

総合評価 4.22

転職サイトマイナビでの知名度を活かした企業との太いパイプと、丁寧なサポートが強みの転職エージェント。

人材紹介業界大手の強みを活かした転職成功のノウハウが蓄積している為、書類選考率や面接通過にこだわった対策も充実しています。

求人数自体は大手の中で4~5番手ですが、マッチング精度が高く「ブラック企業が多い」といった評判は皆無といっていいほど。

利用した際も紹介される求人数が多い割に、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧なアドバイスをしてくれたので、かなりおすすめできるという感想です。

マイナビエージェントの評判・詳細

エージェント公開求人数得意分野/おすすめ年代
非公開求人数面談場所・拠点(対象地域)
マイナビエージェント

特徴・評判
約0.8万件第二新卒 20代 30代 女性に人気 未経験◎ キャリアアップ 業種・職種全般 IT/通信 サポート力◎
約2.4万件東京、横浜、大阪、名古屋、福岡、広島、静岡

こんな人におすすめ

第二新卒~30代前半で、「はじめての転職」「2回目の転職」「女性の転職」といった丁寧なサポートを受けることが望ましいタイプに当てはまる人。

紹介数ばかりでなく、しっかりマッチングされた求人紹介を受けたい人。

ITエンジニアの転職にもおすすめ。

求人の量・質
  • 求人件数は、リクルートエージェント、DODAには及ばないが、業界トップクラスの求人数を保有。
  • 紹介数も少なくないので、地方以外は不満に感じる人が少ない。
  • 大手企業から中小企業まで幅広い求人を保有。マイナビ独自の案件も多く、特に優良中小企業の案件の評価が高い。
  • キャリアアップ転職に適しているが、年収1000万円超のハイキャリア求人は少な目。
  • 第二新卒歓迎求人も多いので、20代のキャリアチェンジにもおすすめできる。
得意分野
  • 業種・職種に関わらず、幅広い求人を保有。
  • 特に強みがあるのは「IT/通信」「管理部門」「営業職」「MR/メディカル」「ものづくり/メーカー」など。
サポート力
  • 業種・職種によって専任のキャリアアドバイザーが在籍。各業界出身者も多く、専門性の高いアドバイス・サポートが受けられる。
  • サポート期限がなく、条件に合っていない求人をゴリ押ししてくるようなネガティブな評判は少ない。ヒアリングした内容から丁寧に求職者にマッチした求人を紹介してくれる。
  • マイナビの企業との太いパイプを活かし、企業の内部情報に明るく、事前に社風や労働環境を把握しやすい。
職務経歴書対策
  • 概ね良い評判が多い。企業のニーズに合わせたアドバイスが適切。
面接対策
  • 模擬面接を受ければ企業に合わせた対策で内定率を高めることができる。
  • 面接後のフォローも高評価。
連絡の迅速さ
  • 担当の能力ややる気に拠るところも大きいが、メール中心の連絡だが、非常にスムーズ。
  • しつこく電話が鳴るようなことは少ない。
利用者の年齢層
  • 20代前半:17%
  • 20代後半から30代前半:59%
  • 30代後半から40代前半:18%
  • 40代後半から50代前半:5%
  • 56歳以上:1%
利用可能地域
  • 全国対応だが、地方に強みがあるわけではない。
  • 東京圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、大阪圏(大阪・兵庫・京都)、名古屋、福岡あたりの大都市中心に求人が集中している。
登録先マイナビエージェント公式サイト

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

マイナビエージェントを利用するメリット

マイナビエージェントを利用するメリットは、下記の3点です。

  • 第二新卒を含む20代~30代前半までの若手の転職実績が豊富
  • ホワイト企業の求人紹介が多いと評判が高い
  • 面接対策などのサポートが手厚いと評判

第二新卒を含む20代~30代前半までの若手の転職実績が豊富

マイナビ利用者の年齢割合上図はマイナビエージェントの公式サイトのデータですが、35歳までの利用者で全体の76%を占めています。

特に25歳以下の第二新卒の年代は、リクルートエージェント(14%)DODA(14.16%)と比べても割合が多く、若手に強いマイナビの特徴が出ていると言えます。

一方で35歳以上のミドル層や中高年の転職では、リクルートエージェント(15%)、DODA(39.23%)ですから、最大手2社と比べるとマイナビエージェント(24%)とちょうど間に入る形になります。

最大手2社は、求人数がずば抜けているので割合だけでは語れないですが、マイナビエージェントは特に若手中心に利用価値が高いと言えます。

20代前半 男性の口コミ 営業→販売企画

男性前の仕事が営業だったのですが、自分に合わないと感じていたので未経験の仕事に転職を希望しました。

リクルートでは思うような求人の紹介が受けられず「紹介した企業から応募するところが無ければそれ以上は紹介できない」と言われてしまい、マイナビエージェントに登録したところ、丁寧に希望を聞いてくれて内定までかなりお世話になりました。

結果的に年収もアップする形で未経験の職種に転職ができたのでとても満足です。

30代前半 女性の口コミ  事務職→事務職

女性前の会社も10年くらい在籍していて経験には自信がありましたが、事務職では紹介できる求人が殆どないと言われてしまいました。

年齢がネックになっているのでしょうが、活躍できる自信もあるのに、紹介の段階で半ば断られたような形になったと感じました。

結局、自力で探して転職をしましたが、私にはマイナビは合わかなかったと思います。

20代後半 男性の口コミ SE→SE

男性前職の労働環境が悪かったのですが、結婚をして生活面も見直すと、社内SEに転職したほうが幸せだと思って一念発起しました。

アピールできるほどの実績があった訳ではないのですが、こちらのスキルや得意分野をしっかり聞き出していただいて、「あなたにはこの企業が合っているのでは?」と勧められた企業を受けることににしました。

社内SEは、雑用的な事まで仕事を振られることもあって面倒くさい部分もありますが、残業は以前と比べものになりませんし、収入も増えたのでマイナビエージェントにお世話になって良かったと思っています。

ホワイトな求人が多いと評判

転職エージェントでは、自社に依頼のあった企業の求人を利用者に紹介していますが、全ての人に希望に合った良質な求人を紹介できるとは限りません。

良い求人は、より企業の要望にマッチした優秀な人材から優先的に紹介されますので、「ろくな求人を紹介してくれなかった」という悪い評判があることは当然とも言えます。

場合によっては「ブラック企業ばかり紹介された」と言う人もいますが、マイナビエージェントの評判ではブラック企業がらみの口コミは皆無で、反対に「ホワイト企業を紹介された」という口コミをよく見かけます。

こういった良い評判が多いことからも、丁寧なヒアリングとサポート力に優れているという定評に信憑性があることが伺えます。

面接対策などのサポートが評判

面接対策や書類対策など、サポートも評判が高いという特徴があります。

これは、前述の若手に強いという傾向性と関連性があることが推察されます。若手は経歴が浅く、管理職や特別なスキルなど、売りにできるスペックが相対的に少ないものです。

例えば、「営業部第一課の課長で15人の部下がいる」など、解りやすくアピールできる材料が少ないのであれば、コミュニケーション能力や意欲などの人物そのものの魅力をアピールする必要があります。

その為、より内定率を高めるには、企業に合わせた対策を行う必要があり、結果としてサポートの高評価につながっているこことが考えられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

マイナビエージェントのデメリット

マイナビエージェントを利用するデメリットは下記の1点です。

  • コンサルタントの当り外れの差がある
  • 断られることもある
  • 地方の転職にはあまり向いていない

担当のコンサルタントの当り外れの差がある

急速に求人数を伸ばし、拡大中のマイナビエージェントでは、経験の浅い若手のコンサルタントも少なくなく、当たり外れの差が出るケースがあります。

転職エージェントは提案力やサポート力がある良い担当と出会えれば満足度が高くなる一方で、能力のない担当者がつくと、とことん使えない場合もあります。

これは、どのエージェントでもデメリットとなる要素ですので、マイナビエージェントだけの話ではありませんが、転職エージェントの良し悪しの感想は担当者による部分も大きいです。

担当の当りハズレについては、特にマイナビエージェントの評判にネガティブな感想が多い訳ではなく、むしろ少ないほうですが、基本的には、リスク分散の為に複数の転職エージェントを利用することも大切です。

サポートが丁寧でホワイト求人の紹介が多いと定評のあるマイナビエージェントですが、「使えない」と感じたら担当の変更をしてもらうことが可能なので、遠慮なく交替してもらうようにしましょう。

コンサルの変更方法については、下記のページも参考にしてください。

転職エージェントが使えないと感じた時の3つの対処法

男性20代後半 男性の口コミ コンサル

マイナビエージェントで希望の条件を並べたら、明らかに嫌な顔をされました。

その後、R社も使いましたが、同じように条件を伝えて概ね希望通りの転職先を紹介してもらえたので、個人的にはR社のほうがおすすめです。

女性20代前半 女性の口コミ 商品企画

未経験職種への転職でしたが、マイナビエージェントの担当の人が親切にしてくれてとても感謝しています。

まだ仕事には慣れませんが、前の仕事と違ってやりがいも感じているので頑張っていこうと思います。

男性

30代後半 男性の口コミ 金融

D社もR社も気に入った求人紹介がなく、マイナビエージェントを使いました。初めの面談ではろくな求人が無くエージェントはダメだと思いましたが、後ほど良い求人が出たとのことで連絡をいただき、希望に近い転職先を紹介してもらえました。

マイナビエージェントに断られたという人も

46 名無しさん@引く手あまた  2017/09/03(日) 09:49:36.68
マイナビエージェントと登録したら、まさかの”紹介できる仕事が今のところ無い”ってきたww
マジかよw
引用元:2ch

マイナビエージェントは、基本的に年齢制限も無く、幅広い年代の求職者が利用できますが、場合によっては「紹介できる求人が無い」と断られてしまうことがあります。

マイナビエージェントに登録拒否の基準が存在する訳ではなく、エージェントが保有している求人と利用者の経歴や能力、年齢などを総合的に判断して、マッチングできる求人が無い場合は断られるというのが正しいです。

一般に年齢が高くなると求人は少なくなっていきますから断られる確率は上がりますが、これは年齢が高いからダメだということではないです。

例えば、マイナビエージェントにはエグゼクティブクラスのハイクラス案件には強くないと言われていますが、ハイクラス案件を希望するのは優秀な経歴がある人がほとんどでしょう。

しかし、いくら優秀な人でもマイナビエージェントにマッチする求人が無ければ断られる可能性はありますし、同様に、専門性が高く求人が少ない職種を希望する場合などは、優秀な人でも断られることはあります。

反対に大した経歴が無いと思っていても、20代の若手などは比較的求人が多く、紹介される可能性が充分にあるということになります。

断られることを気にし過ぎるあまり、優良な求人案件を逃してしまうのはもったいないので、積極的にマイナビエージェントを活用するようにしてください。

断られた時の対処法などは『マイナビエージェントに登録拒否される理由と断られた時の対処法』のページも参考にしてください。

地方の転職にはあまり向かない

マイナビエージェントにも地方の求人がない訳ではありませんが、主に大都市中心の展開をしています。

大手の転職エージェントは地方にはまだまだ弱い部分があり、地方で転職する場合は、中小の転職エージェントを利用するほうが良い結果が出ることがあります。

しかし、中小のエージェントを自分で見つけるのは結構やっかいです。そういった場合は中小の転職エージェントが集まっているマイナビエージェントサーチの利用も選択肢の1つになるでしょう。

713 名無しさん@引く手あまた 2018/01/21(日) 17:49:22.39 ID:OFWCvnZB0
今までメール無視していたマイナビエージェントサーチが、かなり良い求人多い事に気がついた。
いけそうなの全部検討に入れて、ウェブ履歴書更新したら全部応募しようと思う。

引用元:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1503710406/

該当される方は「マイナビエージェントとマイナビエージェントサーチの違いは何?」のページも参考にしてください。

2chの口コミは客観的に見よう

2chの投稿での口コミでマイナビエージェントの評判を知りたいという人も少なからずいると思います。

2chに限らず、「Vorkers」や「転職会議」のような口コミサイトも同様ですが、参考にするのは良いと思います。

ただし、どんな口コミも「主観」で書かれていることに注意しながら見ることが大切です。

特に2chの場合、悪い評判が目立つちますが、それには下記のような理由もあります。

  • 思うようにならなかったので愚痴る為に書き込んでいる
  • 同じような人を見つけて傷をなめ合っている
  • 自分の経歴や努力のせいにしたくない
人間だれでも失敗すれば、誰かのせいにもしたくなりますし、矛先が転職エージェントに向くのも理解できます。

また、同じような経験をした人がいれば「自分だけじゃないんだ」とホッとする心理も理解できます。転職活動は楽なことばかりではありませんから、時に愚痴るのも気持としては良く解りますよね。

しかし、人生の転機でもある転職ですから、人の意見に流されて可能性を自ら潰してしまうのは非常にもったいないです。

同じマイナビエージェントを利用しても、「非常に満足した」という人もいれば「糞みたいな求人ばかり紹介された」という、天と地ほどの感想があっておかしくないです。

担当のアドバイザーの違いもあれば、人によって経歴や人間的な特徴もひとりひとり違うのですから、Aさんの感想とあなたの感想が同じにならないことのほうが普通のことだと言えます。

転職エージェントは、良い転職を実現する為に利用するツールですから、使えなければ他を使えば良いですし、自力で転職するのも1つの選択肢です。

しかし、多くの非公開求人を扱い、転職活動全般のサポートをしてくれるマイナビエージェントのような転職エージェントを、利用しないという選択しを使う前に選んでしまえば、それだけ良い転職の可能性を狭めてしまうことになりかねません。

まとめ:マイナビエージェントをオススメな人

マイナビエージェントは、どのような人におすすめなのでしょうか。

メリット・デメリットから、下記の3点のうちどれかが当てはまる人におすすめです。

  • 第二新卒を含む20代~30代の若手
  • ブラック企業の紹介を避けたい人
  • 優良中小企業への転職を望む人

しかし、基本的には、リスクを避け選択肢を多く持つために他のエージェントと併用してください。

最低限、『リクルートエージェント』『DODA』の大手2社への登録は必須です。転職エージェントへの満足度は、担当で決まる部分もあるため、デメリットを補完するためには必ず複数のエージェントを利用するようにしましょう。

下記のページも参考にしてください。

転職エージェントは掛け持ちで複数登録がベストな使い方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

使える転職エージェントまる解り・6項目の徹底比較(完全版)

転職エージェントを利用する事は転職成功への近道ですが、どのエージェントを使えば良いのかは迷うものです。

・求人数
・求人の質
・年収アップ率
・サポートの質
・得意分野
・拠点数


上記の「6項目」から使える転職エージェントを手間暇を掛けて徹底比較しています。ぜひ、参考にしてください。

詳細を見る

複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。