転職エージェント 2018.01.17

マイナビエージェントに登録拒否される理由と断られた時の対処法

マイナビエージェントを利用しようとしても、紹介できる求人が無いと断られてしまうことがあります。

既に断られてしまった人もいるでしょうし、これから利用しようと思っているけど不安だと言う人もいるかもしれません。

このページでは、なぜ登録拒否されてしまうのか、利用可能な人の基準はどんなものなのかという点と、マイナビエージェントに登録拒否されてしまった場合に、どうすれば良いのかを解説していきます。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!手厚いサポートも魅力。

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

マイナビエージェントに断られる人の目安

転職エージェントの情報を調べていると、「現在年収が○○○万円未満」「TOEICが何点未満」など、登録拒否の基準になる数値があると言われることがありますが、実際にはどうなのでしょうか。

転職エージェントでは、マイナビエージェントに限らず、いかに優秀な経歴であっても、紹介できる求人が無ければ断られます。実際に優秀な人が利用できず、大した経歴がない人が利用できるという事は、少なからず起こっています。

マイナビエージェント自体に登録拒否の基準が存在する訳ではあなく、エージェントが保有している求人と利用者の経歴や能力、年齢などを総合的に判断して、マッチングできる求人が無い場合は断られるというのが正解です。

ただし、担当のさじ加減で紹介できたりできなかったりということを有り得ますし、担当コンサルが個人として効率を重視する為に線引きしている可能性までは否めません。

しかし、経歴や資格、語学力などだけで判断されるものではありませんので、自信のあるか無いかに関わらず、まず登録してみることが一番です。

場合によっては、断られる事もあるかも知れませんが、いちいち気にしていると転職活動は進まないので、気にせずに他のエージェントを利用するようにすることをおすすめします。

年齢が高くなると断られる確率は上がる

先ほども解説したように、経歴や年齢と保有求人を総合的に判断して紹介する求人をマッチングする為、求人が若手より少ない40代などは断られる確率は上がってしまいます。

マイナビエージェントは利用者の年齢層は幅広いですが、40代くらいから経歴によっては登録拒否される率は上がることがあります。特に45歳以降の利用者は企業の人材ニーズもピンポイントになってきますので、仮に断られたとしても意気消沈しないように注意してください。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

マイナビエージェントに断られた場合の対処法

マイナビエージェント

まず、登録前に不安に思っている人は、気にせずに登録してしまいましょう。

マイナビエージェントは、若手に強く、優良中小企業の紹介も多いという定評があります。(利用者の年齢層はそこそこ幅広く36歳~45歳まででも18%の利用者がいます)

求人数は最大手のリクルートエージェント、DODAには及ばないものの、ホワイト求人の紹介も多いことで有名ですので、大手の中でもおすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェンとの公式サイト

もし、マイナビエージェントに断られてしまった場合も、いちいち落ち込むことなく、別のエージェントを利用するようにすることを強くおすすめします。

しかし、登録から連絡までの時間のロスもありますし、ショックを受けるなと言ったところで、凹んでしまえば次の転職エージェントに登録するのに躊躇するかもしれません。

できれば、転職エージェントは、初めから複数登録するようにしてください。

そうすれば、時間のロスを減らすこともできますし、いちいち転職活動が進まなくなるのを防げます。複数登録した面倒になるのは、面接などのスケジュール管理です。

基本的には、数社の面談をして紹介される求人や、コンサルタントとの相性などで判断し、利用するエージェントを絞るようにするのがおすすめの使い方です。

より多くの求人の紹介を受けることができますし、提案力が高く親身になってくれるコンサルタントとの出会いは良い転職には欠かせない要素の1つなので、比較にばかり時間を掛けず実際に利用してみるようにすることをおすすめします。

まずは、DODAリクルートエージェントtype転職エージェントパソナキャリアあたりの大手転職エージェントに登録していきましょう。

年齢が高くて登録拒否されたと思った場合は

年齢が高いせいだと思った場合は、利用者の年齢層が高めな『DODA』など他のエージェントを利用するようにしましょう。

また、経歴に自信がある場合は、『JACリクルートメント』のようなハイキャリア向けの転職エージェントを利用したり、『ビズリーチ』のような、ヘッドハンティング型のサービスを利用することをおすすめします。

どちらも、マイナビエージェントとは反対に、40代以降の利用者が多いですし、一般のエージェントでは保有していないハイクラス案件を多く保有していることが特徴です。

断られない転職エージェントもある

いくつかの転職エージェントに登録拒否されると、さすがに嫌気が差すかもしれません。

そんな場合は、面談を断られないSpring転職エージェント(旧アデコ)がありますので、そちらを利用するようにしましょう。

spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、求人数、紹介数も満足という評判が多く、求人の質も評価が高いです。

アデコは世界中で一番の人材紹介会社ということもあり、外資系にも強みを持った転職エージェントですが、登録拒否が無く、面談を行ってくれますので、登録を断られるのが心配な人や、他で断られてしまった人でも安心して利用できます。

※面談をしたからといって必ずしも求人紹介を受けられるとは限りませんが、現状の市場価値や転職に関するアドバイスを受けられるだけでも利用価値があります。

Spring転職エージェント(旧アデコ)の公式ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
意外にチャンスが多い時期

4月は年度末の需要は減る時期ですが、同時にライバルも一気に少なくなる時期です。 求人自体は少なくないので転職に良いタイミングです。

 

この時期は焦らず良質な求人を探すようにするべきですが、その為には丁寧なサポートをしてくれる転職エージェントの利用が望ましいです。

  • マイナビエージェント・・・丁寧なサポートに定評でホワイト求人の紹介が多い。
  • 『DODA』・・・圧倒的な求人数と手厚い選考対策で利用者の満足度も高い。
その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。