マイナビエージェント 2018.07.18

マイナビエージェントにログインできない理由と問い合わせ方法

 

マイナビエージェンとに登録したけど「マイページにログインできない」「マイページのURLが変わっていて解らない」「IDやパスワード、メールアドレスを忘れてしまった」という場合の対処法や問い合わせの方法について解説しています。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

マイナビエージェントにログインできない場合の対処法

 

マイナビエージェントログイン画面

マイナビエージェントにログインできない場合の対処法について解説します。

まず、現在のマイナビエージェントにマイページログイン画面のURLは「https://mynavi-agent.candidatemypage.jp/login/」になります。

また、マイナビエージェントに登録後、面談を受けるまではマイページへのログインはできないようになっています。

面談を済ませた後ならば、上図のログイン画面から、登録したメールアドレスとパスワードを使ってログインすることができます。

マイページのパスワードを忘れてログインできない場合

パスワードを忘れてしまった場合は、ログイン画面の下に「パスワードをお忘れの方・ログインできない方」というリンクが表示されていますので、クリックします。

その後、遷移した画面で、登録したメールアドレスと、電話番号を入力し、個人情報の取扱いに同意して「登録する」のボタンをクリックすれば完了です。

メールアドレスが解らなくなった場合は、自力で見つけるか問い合わせフォームから問い合わせが必要になります。

2016年5月9日以前の登録の場合

2016年5月9日以前に登録したIDで、転職活動を再開したい場合、IDが変更になっていますので、手続きが必要になります。

業務システムの切り替えにともない、2016年5月9日より、マイページのURL、及び、IDが変更となりました。

変更時にメールで連絡がされていますが、さすがにもうメールを見つけるのは無理かもしれませんね。

その場合は、お問い合わせフォームより、問い合わせをするようにしましょう。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

まとめ

いかがだったでしょうか。

マイナビエージェントのマイページにログインできないのは

  • 他のマイナビのサービスのログイン画面でログインしようとしている
  • ID・パスワードが間違っている(大文字・小文字の違いやナンバーロックを確認)
  • 面談がまだ終わっていない
  • 2016年5月9日以前に登録していてIDを変更していない

このページに書かれている内容以外でログインできない場合は、問い合わせをするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。