看護師の転職サイトランキング~病院・クリニック選びの決め手は?転職を繰り返さないための転職エージェント活用法

転職サイトランキング~看護師編 転職エージェント・転職サイトのおすすめ・比較・ランキング

看護師の転職を考える時、近年では転職サイトを利用した転職がポピュラーになりました。

忙しい看護師の方は特に、看護師に特化した転職エージェントを利用することで、転職活動に関する負担を大きく減らすことができます。

一般には転職エージェントを含めたものを「転職サイト」と呼ぶことが多く、こちらのページでは、転職エージェントも含めたものを「転職サイト」としてランキング形式で紹介しています。

転職サイトとエージェントとの違いや、メリット・デメリット、どのように活用すると良いのかなども解説していますので、参考にしていただければ幸いです。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

看護師の転職サイトランキング

まず、転職サイトは、「どれにしようかな」と1つに絞るのは間違いです。理由はランキング下部で解説しますが、より理想的な転職を実現する為には、最低でも複数の転職サイトに登録するようにしてください。

登録は多ければ多いほど、選択肢もメリットも大きくなります。

1位 看護のお仕事

看護のお仕事

  • 全国主要な医療機関の求人はほぼ全てカバー
  • 対応満足度など3つのNo.1
  • 職場の内部情報に詳しい
  • 待遇交渉にも定評がある
  • 無理に転職を勧めない
  • 転職支援金最大12万円プレゼント

上記の箇条書きは、看護のお仕事の特徴です。

『看護のお仕事』は、レバレジーズ株式会社の運営する看護師専門の転職支援サイトです。「サービス満足度No.1」「アドバイザーの対応満足度No.1」「友達に勧めたいランキングNo.1」(2013年ネオマーケティング調べ)と利用者の評価も高い転職サイトです。

業界最大級の看護求人数と、24時間体制の電話相談ができること、転職後のサポートも手厚いと言う定評があることから、看護師の転職サイトの中では、登録必須と言えます。

2位 ナースではたらこ

ナースではたらこ

  • 満足度No.1(2015年4月・楽天リサーチ調べ)
  • コンサルタントの対応も評価が高い
  • アフターフォローが充実している
  • 病院訪問・取材なども行っているので内部情報を得やすい
  • 希望する病院、クリニックの逆指名制度がある

ナースではたらこは東証一部上場のディップ株式会社が運営している看護師専門の転職サイトです。利用者の評価が高い転職サイトですが、大きな特長は「逆指名制度」でしょう。

あなたが〇〇病院に勤めたいと思っていたとしたら、〇〇病院の求人状況の確認や紹介の打診をしてくれます。行きたい医療機関がある場合は、嬉しい制度です。

病院・クリニックの内部情報も、実際に訪問してヒアリングしているので、職場の雰囲気やリアルな労働環境を知ることができ、転職後のミスマッチのリスクが減ります。

3位 マイナビ看護師

マイナビ看護師

  • 利用者の満足度は上位2社に負けず劣らず評判が高い
  • 離職率の高い病院・クリニックを紹介しない方針
  • 求人量、質ともに高いおすすめサイト

マイナビ看護師は、就職支援サイトNo.1のマイナビを運営するマイナビグループが運営する看護師専門の転職サイトです。

一番の特徴は離職率の高い病院・クリニックを紹介しないという信念のある運営方針が存在することです。看護士系に関わらずマイナビは、ブラックな転職先を紹介されたという悪い評判はほとんど見られません。

利用者が転職先で定着しやすいよう、精度の高いヒアリングやマッチングが行われていることを示すものでもあり、特に労働環境を改善したい人には必須の転職サイトとなるでしょう。

4位 ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクは、医療系専門の東証一部上場企業(株)エス・エム・エスが運営している看護師の紹介実績No.1サイトです。

看護師人材支援の老舗であり、グループの中では「ナース専科求人ナビ」なども運営しています。

利用者は年々増加中で実績・ノウハウが蓄積されているだけでなく、その成果としてナース人材バンクを利用して転職した人のアンケートでは97%が満足したと答えています。

専任のコンサルタントの手厚いサポートにも定評があり、拠点数が16か所と多いこtからも、サポート体制に力を入れていることが伺えます。

5位 ナースフル

ナースフル

リクルートが運営するナースフルは、知名度が高い看護師専門の転職サイトです。リクルートならではの高待遇条件の非公開案件を保有していますし、珍しい診療科目の求人も保有しています。

大都市圏の求人に強みを持ち、スムーズに転職を進めることができます。反面よくも悪くも効率的な傾向がありますので、経歴に自信のある人や高待遇を望む人におすすめしたい転職サイトです。

看護師の転職で決め手になるのは?

看護師の転職で決め手になった事は人によって違うものです。

しかし、「決め手になったこと」がはっきりしている人ほど、入職後に満足しているケースが多いように感じられます。

それでは、なぜ決め手になったことがはっきりしていたほうが良いかと言えば、「転職の目的意識」がはっきりしている人ほど、希望に合った転職先の病院・クリニックに出会いやすいからです。

人によって、「収入重視タイプ」、子育てなどもありワークライフバランスが取れる「生活重視タイプ」、仕事のやり甲斐や能力を活かすことを重視する「キャリア重視タイプ」と、転職に対する目的意識は違って当然です。

目的意識が漠然としたまま「できるだけ良い条件で・・・」と思ってしまうのも無理はありませんが、現職・前職で働いていて不満があっての転職活動だと思います。

自分が何を重視し、転職することにより実現したいことが何なのか、明確にして優先順位を付けておくことで、病院・クリニックが選びやすくなりますし、転職支援を受けても希望に合う求人が見つかりやすくなります。

あなたが本当に何を望んで、どの程度希望が実現できれば満足がいくかは、あなたにしか解りません。

転職エージェントを利用する際も、コンサルタントに明確に伝わるようにキャリアを振り返り希望条件に優先順位をつけておくことが大切です。

多くの場合、譲れない条件が実現できることが転職の決め手になると思います。

収入重視の人は「年収○○円以上」なら他は目をつむる、だけど「年収○○円以下」なら「休日日数は○○日は譲れない」など、具体的に希望条件を決めておきましょう。

生活重視の人は「平日昼間のみ」とか「土日休み」かつ「年収は○○円は譲れない」など、自分の望む生活が実現できる可能性が高くなるように条件を設定しましょう。

キャリア重視の人も「仕事内容は○○だから希望病棟への配属は譲れない」など自分のキャリアプランが実現できる条件プラス仕事を続けていけるだけの労働環境がどのようなものなのか、しっかり考えておきましょう。

いずれにせよ、転職は自分がどのような環境でどのような仕事をして、いくら対価をもらうのかなど、希望の実現に近づくことが大切です。

もちろん、全てを完璧に望めば働き口は無くなる人も多いでしょうが、これだけは譲れないという条件は持っていないと、転職先の病院・クリニックで満足がいく可能性も少なくなり、転職を繰り返すようなことになりかねません。

リクルートエージェント
転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細・登録はこちら

転職サイトと転職エージェントどちらが良い?

看護師の転職を希望する場合、転職サイトと転職エージェントどちらを利用するのが良いでしょうか。どちらも無料のサービスですが、メリット・デメリットがあります。

転職サイト・・・ネット上に公開された求人を閲覧して自分で応募するタイプの転職支援サイト(求人サイト)

転職エージェント・・・ヒアリングから、要望にマッチした求人の紹介、面接設定、面接対策、給与や待遇の交渉まで、転職に関わるサポートをしてれる

転職サイトは自力で応募条件から探し、応募していきますから、自分自身で選択することができます。反面、記載の応募条件と、実際の職場のギャップが大きい場合も十分に考えられます。

一方で、転職エージェントは、あなたの希望にマッチした求人を紹介してくれますし、転職に関する様々なサポートを受けることができます。

さらに、転職サイトやハローワークでの転職の場合、条件のみ整っていても、実際の職場の雰囲気などは解りませんが、転職エージェントでは、内部情報を保有していることが多いので、実際に勤めたときとのギャップを埋めることもできます。

ただ、転職エージェントは、依頼された求人を転職希望者に紹介し、入社してもらうことで、報酬を得ている企業ですから、「マッチ度とは関係なくとにかく入社してもらおう」と、ある意味強引に職場を進めてくるコンサルタントも存在します。

転職エージェントは、看護師特化の場合でなくても、常に上記のようなデメリットが存在します。しかし、非公開の求人を紹介してもらえたり、紹介から待遇・給与交渉までしてくれるサービスはメリットのほうが大きいです。

上記のように、それぞれに、メリット・デメリットが存在しますが、上手に活用することができれば、転職エージェントを利用するメリットが大きいのは間違いありません。

エージェントは担当者の質で転職の質が変わってしまう

転職エージェントは、担当になったコンサルタント次第で満足度が左右してしまう傾向があります。利用者の満足度が高い口コミでの評判は、「希望に合った職場を紹介してもらえ満足」「給与や待遇が上がって満足」「労働時間や休日などの労働条件が良くなった」といったものです。

反面、悪い口コミ、評判では、下記のようなものがあります。

  • 希望していない求人に、しつこく応募させようとする
  • すぐに転職する予定がないのに、急かされた
  • 出れないタイミングで電話してくる
  • 夜勤明けに電話されてうざい

エージェントは転職サイトと違って、担当者が付きますので、担当者によっては、上記のような「配慮が足りない」行動であったり態度で転職希望者に接してくる場合も残念ながらあるようです。

まず、転職エージェントは、入社させることで病院やクリニックから報酬を得るビジネスなので、「全てこちらの思う通りには動いてくれない」という事を、認識として持つことが大切です。

しかし、上手に利用した時のメリットは大きいものですから、その上で「担当者を上手くコントロールしていくこと」を心がけて使うだけで、だいぶ状況が違ってくることもあります。

なにより、担当者の能力や相性が、最重要であることは間違いありません。1人の担当者のみで、利用した転職エージェントを判断するのは、非常にもったいないことでもあります。

看護師の転職に限った話ではなく、転職エージェントを利用する際は、下記のポイントに気を付けることが大切です。

  • 複数の転職エージェントを利用すること
  • 譲れない条件は、はっきりと伝えること
  • 聞く耳を持たないダメ担当は遠慮なく変更すること
  • 全てを任せる他力本願は止めること

1つずつ解説していきます。

複数の転職エージェントを利用すること

複数の転職エージェントを利用するのは、それぞれに違う求人の取り扱いがあり、選択肢を広げることができるということもありますが、「担当者の当り外れのリスクを減らす」ことができるからです。

1つのエージェントで、変更してもらうことも必要が出てくることがありますが、変更してもらうまでの時間が無駄になります。複数同時に進めていれば、こちらの話を真摯に聞いてくれる担当により早く出会える確率を上げることができますので、必ず複数のエージェントに登録しましょう。

譲れない条件は、はっきりと伝えること

例えば、勤務時間に悩んでいる場合は、「労働条件」、給与UPが譲れない場合は「給与・待遇条件」など、転職するにあたって改善したいから転職を希望するのですから、「譲れない条件」としてハッキリ伝えることが大切です。

しかし、条件を挙げれば挙げるほど、マッチする求人は減ってしまいます。

あれも、これもとないものねだりをしてしまえば、「そんな都合の良い求人があるわけないでしょ?」と思わせてしまっても無理がありません。

そこで、「譲れない条件」と「できれば希望したい条件」の2つに分け、転職するに当たって実現したい優先度を決めておくことが大切になります。

その上で、マッチした求人を紹介してもらえない場合は、「担当者がダメ」か「マッチする求人がその時ない」か「現状の経歴・スキルでは希望できない条件だった」のかのいずれかです。

看護師は売り手市場の為、無理に進められるまま、転職してしまうのはもったいないですが、逆に条件を付け過ぎても、例えば経歴が短ければ、経験のある希望者が優先されるのは当然のことでもあります。

つまり、あなたの市場価値に合う範囲で、あなたの希望を適えていくということが、現実的な転職活動といえるでしょう。

その上で、「譲れない条件」を譲ってしまうのであれば、転職の満足度は上がらない可能性もあるということを認識した上で、少しでも転職して良かったと思える転職先を紹介してもらえるよう、頑張っていきましょう。

聞く耳を持たないダメ担当は遠慮なく変更すること

こちらも、できる限り真摯に対応し、譲れない条件と、譲っても良い条件を伝えているにも関わらず、的外れな求人しか紹介してもらえなかったり、転職を急かし続けるようなダメな担当に当たってしまった場合は、遠慮なく変更を申し出ましょう。

その際は、急ぎの場合は電話のほうが良いのですが、電話では言い訳をして変更してくれない事も考えられます。スムーズに変更をしてもらえたという意見もありますが、場合によっては言いくるめられて変更できなかったという人も存在します。

各転職エージェントでは、問い合わせフォームが用意されていますので、メールで担当変更の依頼と、その理由を明記して送るようにしましょう。

全てを任せる他力本願は止めること

「転職エージェントに任せておけば大丈夫」と考えている人ほど、マッチしていない求人を紹介されれば憤るでしょう。その裏側には「こんな対応されると思ってなかった」という期待とのギャップが存在するものだと思います。

あくまで、無料のサービスです。「お客様は神様」とばかりに、希望を適えてもらおうという認識では転職エージェントを上手に活用することは難しいです。

少々言葉が厳しくなりましたが、転職活動は自分の人生にとって分岐点です。その行先は、あくまで「自分で選択する」ことが必要だと思います。

例えば、転職を希望する病院から夜勤明けに電話が掛ってきたとします。恐らく「こんな時間に勘弁してください。また〇〇時に電話してくれませんか?」とは言わないでしょう。

こちらの希望の連絡時間を教えているのであれば、夜勤明けの電話は確かに非常識です。しかし、

転職エージェントも仕事ですし、エージェント側の都合もあります。もちろん遠慮して合わせる必要はありませんが、感謝の気持ちや人としての配慮を忘れないように、真摯な姿勢で対応するように心掛けましょう。

まとめ

確かに、良い病院やクリニック、良い担当者と出会うのも縁という不確定な要素に身をゆだねるしかない部分もあります。

しかし、より自分が納得のいく選択をして転職するためには、転職エージェントを有効活用することに多大なメリットがあるのも事実です。

転職サイトを利用して自力で応募するのも、ハローワークを利用するのも、転職エージェントを利用するのも、それぞれ一長一短はありますが、理想の転職成功に向けて、できる限りの努力をしていくことが大切だと思います。

最後に「白衣の天使」の象徴フローレンス・ナイチンゲールの言葉を贈って終わりにします。

「天使とは、美しい鼻をまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者である」

看護師のお仕事は、大変な事も多いでしょうが、信念を持ち社会の役に立たれている皆様の転職成功を陰ながら願っております。