残業が多すぎて仕事を辞めたい人が知っておくべき転職のポイント

残業したくない 残業

「残業が多すぎて会社を辞めたい・・・」「残業が少ない会社に転職したい・・・」と思っている人も多いのではないでしょうか。

確かに余りに残業が多いと、体もしんどいですから、プライベートは寝るだけのような生活になりがちですし、会社を辞めたくなってしまうことは誰にでも共感できることです。

転職の達人も、月間100時間オーバーの残業をしてきたので、お酒も飲まずに終電に乗り込み、お酒臭い満員電車に揺られて会社を辞めたくなった経験が多々あります。

このページでは、

  • 労働基準法では残業時間の取り決めはどうなっているのか
  • 一般的に、みんながどの程度残業しているのか
  • そもそもブラック企業とはどんな企業なのか

など、知っておきたい情報を解説した上で、「どうすれば、残業過多なブラック企業でなく、ホワイトな企業に転職できるのか」という転職のポイントを紹介しています。

会社を本気で辞めたい人も、会社に留まりたい人も参考になる情報を掲載していますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

あなたの残業時間は長い?

世の中では「ブラック企業」という言葉がメディアなどを賑わすようになり、世間の目が厳しくなったこともあり、「ノー残業デー」などを取り入れる会社も増え、過度な残業は少なくなってきたような印象があります。

しかし、一部の会社の印象に過ぎない場合もありますので実際のデータから客観的に分析してみる必要があります。

労基法で許容される残業時間の確認

労働基準法では、労働時間は1日8時間まで、1週間で40時間以内と定められています。

しかし実際には、労働時間内では繁忙期など仕事が間に合わないことが十分考えられるため、労働基準法第36条に基づき、労使の間で「36(サブロク)協定」を結び、労働基準監督署に届けることで、企業が従業員を残業させても良いことになっています。

しかし、36協定を結べばいくら残業させても良いというわけではなく、期間別に「延長時間の限度」が定められています。

期間限度時間
1週間15時間
2週間27時間
4週間43時間
1か月45時間
2か月81時間
3か月120時間
1年間360時間

出典:厚生労働省「時間外労働の限度に関する基準」

www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/…/040324-4.pdf

このように、36協定では1か月45時間が限度であり、特別条項とで認められる、繁忙期などの一定期間の臨時措置としても、1か月60時間が限度とされています。

36協定は、以下でも解るように、知らない人も多くいますが、ブラック企業のいいなりなりにならない為には、労働者側が知っておく必要があります。

アンケートは6月に、20~65歳の働き手1千人(自営業やアルバイトなどは除く)にインターネットで実施。会社が残業を命じるには労使協定を結ぶ必要があることについて尋ねたところ、「知っている」と答えたのは56・5%、「知らない」は43・5%だった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000031-asahi-soci

doda
DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

Vorkersの調査では残業100時間超が12.9%

企業の口コミサイト「vorlers」が行った残業時間に関するレポートによれば、平均残業時間(月間)の割合は下記の表の通りです。(投稿された68000件の社員による在籍企業の評価レポートから残業時間を対象にデータを集計したもの)

 

平均残業時間の割合

ちなみに、このデータでは、36(サブロク)協定では残業時間には入らない「代休・振替休日のない休日出勤」の時間も含まれていますので、純粋な残業時間ではありません。

しかし、今あなたがしている残業が、一般的に見てどのくらいの度合いなのか知る目安にはなるかと思います。

調査データをもう少し細かく見ていくと、「20時間~40時間」が41.2%を占め、標準的な残業時間と言えるでしょう。(平均残業時間は47時間です)

一方で、50時間以上の割合だけでも43.7%100時間以上の残業をしている人だけでも12.9%と、まだまだ長時間んの残業をしている人は多いことが伺えます。

ちなみに、年齢で見ると35歳までの年代は、大体どの年齢でも平均で50時間以上(23歳のみ47時間程度)、35歳からは、年齢と共に残業時間が少なくなる傾向があるようです。

また、年収が高いほど残業時間は長く、特に35歳から39歳の年収1000万円以上の平均は70時間超というデータもあります。高年収をもらえるだけのスキルや立場があり、年代も働き盛り。活躍の場も多く残業が増えることが推察されます。

残業が多い仕事(業界別・職種別)

業種

イメージ通りと言えばイメージ通りな感じですね。業界全体が残業という意味ではブラックな場合もありますので、残業を少なくしたい人は選ぶ業界にも注意が必要です。ただし、残業が多い業種もやり甲斐はありそうです。

職種別

※出典:「vorlers」 残業時間に関するレポート

職種別の残業時間を見ると、上位には専門性の高い職種が並んでいます。そんな中、多くの業界で存在する営業職もやはり残業が多いです。

リクルートエージェント
転職実績NO.1!20代・30代におすすめ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。求人の質・量ともにトップクラスで、利用価値が高い転職エージェントです。

利用した際の感想は、提案力が高く満足の行く転職が効率的にできたという印象です。

質の高い独自案件も多く、まず最初に登録すべき転職エージェントです。

リクルートエージェントの詳細・登録はこちら

doda発表の残業時間調査

また、別のデータも見ておきましょう。2013年のデータではありますが、dodaが公表している「残業の多い職業・少ない職業は?全80業種、95職種別の残業時間調査!」のデータも参考になります。

残業の多い業種トップ10は

  1. メディア(広告)・・・49.1時間
  2. メディア(新聞)・・・40.9時間
  3. IT(EC/ポータル/ASP)・・・36.5時間
  4. コンビニ・・・36.3時間
  5. サービス(建物管理/安全作業)・・・35.8時間
  6. IT(コンサルティングファーム/シンクタンク)・・・35.3時間
  7. メディア(印刷関連)・・・34.7時間
  8. 建設/不動産・・・ディベロッパー・・・33.2時間
  9. メーカー(通信/ネットワーク機器メーカー)・・・33.0時間
  10. 小売/外食(外食/レストラン)・・・32.6時間

残業の多い職種トップ10は

  1. クリエイティブ系(映像関連)・・・53.7時間
  2. クリエイティブ系(編集・デスク)・・・52.8時間
  3. 建築系専門職・・・施工管理・・・51.3時間
  4. 専門職(コンサルタント)・・・50.0時間
  5. 販売サービス・・・ドライバー・配送スタッフ
  6. クリエイティブ系(webプロデューサー/ディレクター)・・・44.8時間
  7. クリエイティブ系(グラフィックデザイナー/イラストレーター)・・・43.1時間
  8. 金融系専門職(投資銀行業務)・・・43.0時間
  9. 営業職(広告・メディア)・・・41.9時間
  10. クリエイティブ系(クリエイティブディレクター/アートディレクター)・・・41.7時間

dodaの調査では、反対に残業の少ない業種・職種も公表されています。

残業の少ない業種

  1. サービス(スポーツ/ヘルス関連施設)・・・12.3時間
  2. メディカル(薬局)・・・12.4時間
  3. 金融(クレジット/信販)・・・12.8時間
  4. メディカル(病院)・・・13.2時間
  5. 小売/外食(専門店/小売店)・・・13.8時間
  6. メディカル・(医療機器メーカー)・・・13.9時間
  7. サービス(ホテル旅館)・・・15.0時間
  8. メーカー(服飾雑貨メーカー)・・・15.0時間
  9. サービス(士業関連)・・・15.2時間
  10. 金融・・・投信/投資顧問・・・15.2時間

残業の少ない職種

  1. 事務・アシスタント系(一般事務)・・・8.1時間
  2. 事務・アシスタント系(翻訳/通訳)・・・8.3時間
  3. 企画管理(貿易業務)・・・9.3時間
  4. 事務・アシスタント系(オペレーター)・・・9.3時間
  5. 事務・アシスタント系(秘書/受付)・・・11.0時間
  6. 事務・アシスタント系(医療事務)・・・12.1時間
  7. モノづくりエンジニア(CA)解析)・・・12.7時間
  8. 医療・食品・化学(品質管理/品質保証)・・・ 12.9時間
  9. 医療・食品・化学(薬剤師)・・・13.9時間
  10. ITエンジニア(社内SE)・・・13.9時間

※出典:doda「残業の多い職業・少ない職業は?全80業種、95職種別の残業時間調査!

(対象:22歳~34歳のホワイトカラー系職種の男女4000件)

いかがでしたでしょうか。どちのデータもインターネットを通しての調査の為、偏りはあると思いますが、サンプル数としてはそれなりに多いので、参考としては十分なデータと言えます。

残業が多すぎて会社を辞めたい人に注意して欲しいこと

前述しましたが、法律で定められた残業は36協定が結ばれている場合でも月に45時間、繁忙期などの臨時措置でも月60時間までしか認められていません。

「毎日3時間以上残業している」というような人は、勤務日数にもよりますが、だいたい60時間を超える残業になります。

そうなれば、平日はプライベートに使える時間などほとんどなく、会社を辞めたいと思うのも無理はありません。

残業60時間など多すぎると感じる状況が続けば、心身ともに疲弊してしまいます。

残業が多いのが当たり前というのは間違い

会社に勤めていると、少なからず同調圧力が生まれますし、上司などは「みんな毎日残業してるんだから当たり前」というような顔をして、早く帰る部下は「仕事に熱心ではない」という誤った評価をするケースも未だにあります。

しかし、ある程度の残業は仕方ないにしても、毎日だったり、月間60時間以上など、どう考えても多すぎる残業は決して当たり前ではありません。

厚生労働省が定めている「過労死ライン」では、「100時間を超える、または、2~6か月間にわたりだいたい80時間を超える」と「業務と発症との関連性が高い」と定められています。

しかし、残業80時間を超えていなくても、ある研究では、月に60~80時間残業をすると脳や心疾患のリスクが2~3倍になるというデータも存在します。

また、残業が多すぎるということは、精神的負担が増加していることも多いですし、疲れ切った心や体を癒す為の、自分の時間や家族との時間というような時間的余裕が無いですから、危険な状況だと言えます。

周囲の雰囲気に流されて「残業はみんなもしてるし当たり前」と考えるのは間違いですし、体や心を壊してしまう前に何かしらかの行動を起こしていくようにしましょう。

改善はなかなか難しい

残業が多い企業というのは、以前から従業員が残業することで成り立ってしまっていることも少なくありません。

しかも、残業代が出なかったり、申告制で申告しにくい状況があるような会社では、残業代を全て支払ったり残業そのものを減らすなどした場合は経営にも影響が少なくないでしょう。

そんな会社で、いくら上司に相談しても、改善することは望めないでしょうし、「労基署に行きますよ」などと伝えてしまえば、会社にも居づらい雰囲気になることは確実だと思います。

もちろん、会社に改善してもらいつつ、そのまま会社に残れるような良い策があれば良いのですが、簡単に改善するのであれば、あなたも会社を辞めたいとまで悩んでいないでしょう。

そういった場合は、労基署に訴える手はありますが、労基署も簡単には動いてはくれません。

仮に動いてくれたとしても経営者が逮捕されるようなことは稀ですし、労基署の指導により残業の改善は見込めたとしても「会社をつぶす気か」と思われるのがオチで、恐らくそのまま会社には残りづらくなってしまうのがオチです。

気まずくても早く帰るか転職しかない

結局のところ、上司が嫌味を言おうが、会社の空気が悪かろうが、自分のその日の仕事を終えて早く帰宅するようにするか、転職を本気で検討する以外に解決策は無いのかもしれません。

周囲に流されて帰りづらくても、「今日はお先に帰らせてもらいます」と言って、週に1回くらいから早目の帰宅をするべきですし、少しずつ回数を増やしていくようにして欲しいと思います。

ただ、会社の評価は下がる可能性もありますし、そうなれば出世は諦めるしかなくなります。

自分のたった1度の人生ですから、決断は自分でするしかありませんが、今のことだけでなく将来のことも考えた上で、会社に残るべきか転職するべきか、真剣に考えてみることをおすすめします。

残業の少ないホワイト企業に転職するには

残業が少ないホワイト企業に転職

単に残業時間が36協定に違反しているだけでブラックと仮定してしまうと「ブラック企業は思ったより多い」ということになってしまいます。

過度な残業は心身の健康にも良くないですし、ワークライフバランスは大切ですが、「やり甲斐があり高収入なら、残業も楽しい」という人だっています。

しかし、大切なのは、あなたにとって「長い残業がどうしても嫌」「耐えられない」というような切迫した状況であるなら、世間が認定しなかろうと、あなたにとっては「ブラック」だということです。

人によって仕事に対する価値観が多様であることは、当然のことですし、転職は、あなたの人生を豊かにする為にするものだと思います。

ここでは「ブラック企業」の一般的な定義と、ホワイト企業に転職するためのポイントを解説します。

そもそもブラック企業とは

ブラック企業という言葉は、もともとがネットスラングですから、明確な定義はありません。

一般的には下記のような特徴が挙げられます。

  • 極端な長時間労働
  • 厳しいノルマが課される
  • 賃金不払い残業など労基法違反が甚だしい
  • パワハラ・セクハラなどコンプライアンス意識が低い
  • 大量採用して不要な社員を辞めさせる
  • 離職者が後を絶たない

上記のような特徴に身に覚えがあれば、もしかすると、あなたの働いている会社はいわゆる「ブラック企業」かもしれません。

下記の「ブラック企業診断書」は、ブラック企業対策プロジェクトというサイトに公開されているものです。

ブラック企業診断書

  • 新規学卒社員の3年以内の離職率3割以上
  • 過労死・過労自殺を出している
  • 短期間で管理職になることを求めてくる
  • 残業代が固定されている
  • 求人広告や説明会の情報がコロコロ変わる

出典:『ブラック企業対策プロジェクト

個人的には、大学新卒の3年離職率は平均値が3割を超えているので、3割以上でブラックと言ってしまうのは違うと思いますが、目安としては3割は基準になります。

ちなみに、厚生労働省の発表している『新規学卒者の離職状況』での、最新の3年離職率のデータは下記の通りです。

  • 中卒・・・63.7%
  • 高卒・・・40.9
  • 短大等・・・41.7
  • 大卒・・・31.9

※このデータは雇用保険加入者が対象の為、雇用の形態は問われていません。

ブラック企業を見極める3つのポイント

①転職エージェントを利用する

転職エージェントに登録すると、面談でヒアリングをしてもらえます。その際に「残業時間が極力少ない企業」という条件を提示することで、残業時間が少な目の企業を紹介してもらえます。

それだけなら、リクナビNEXTのような求人検索型の転職サイトで「残業少な目」などのキーワードで探せば良いと思うかも知れません。

しかし、転職サイトの募集要項に記載されている残業時間の目安で判断し転職したけれど、実際働いてみたら記載の内容と違ったなどということも少なくありません。本来あってはならないことですが、実際にそういうブラック企業は存在する可能性は否めません。

転職エージェントの場合でも、同様のリスクが存在しない訳ではありませんが、企業内部の情報を把握していますので、リスクを軽減することができます。

転職エージェンとを利用する時に大事なのは、こちらの「要望をしっかりと伝えること」です。「残業少なめ」という条件で企業を紹介してもらえた場合も、実態とのギャップがないか、失礼のない範囲で詳細に聞くことも忘れないようにしましょう。

転職エージェントは利用者が採用されることで、企業から報酬を得るビジネスですが、入社後半年など短い期間で退職した場合は報酬を返還する事がほとんどです。

その為、退職理由になるような希望条件(今回の場合労働環境)は、できるだけ実現しようとしてくれます。

しかし、「年収もアップ」「残業は少なめ」「休日多め」「有名企業」等々、条件を並べたてれば良いわけではありません。

例えば、「年収もアップするに越したことはないが、残業が少ないのであればそこまでこだわらない」など、譲歩できる条件も提示し、柔軟な対応をすることが大切です。

よほど市場価値が高い場合以外は、条件を増やせば増やすほど紹介してもらえる企業は少なくなるか、最悪紹介してもらえないということも十分考えられますので注意が必要です。

残業が少な目の企業に転職することのみが望みの人と、ホワイト企業で収入もアップして福利厚生も優れた企業を紹介して欲しいという人では、どちらが紹介しやすいでしょうか。

前者のほうが紹介しやすいですし、求人を提案する難易度が低いですね。

この例は極端な例ではありますが、やはり希望条件はバランスが大切です。そのあたりは市場価値によっても希望できる条件に差がありますので、転職エージェントのコンサルタントと相談しながら、進めていくのが理想的です。

ホワイト企業への転職におすすめの転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、第二新卒を含む20代~30大の若手に強い転職エージェントです。

マイナビの知名度を活かして、企業との太いパイプがあり、良質な独占案件を多く保有しています。

大企業から中小・ベンチャーまで幅広い求人がありますが、特に優良中小企業の独自案件は評価が高いです。

求人数では、業界最大手のリクルートエージェント、2番手のdodaには及びませんが「紹介数が多い」「ホワイト求人の紹介が多い」という定評があり、残業が多いことが不満な人におすすめです。

サポートが丁寧でないエージェントは効率重視なので「そのくらいの残業は当たり前」と希望を受け入れてもらえないこともありますが、サポートが丁寧な『マイナビエージェント』なら安心です。

求人数・質 2.8万件(うち非公開求人=2.1万件)2018年2月現在)
サポート力 採用支援業界大手の強みを活かし、業界や企業に精通する。書類選考率や面接対策も手厚い。
年収アップ率 64%(現在は非公開)
おすすめの年齢層 25歳以下17%、25~35歳59%と第二新卒を含む若手に強いが36歳以上も24%と全年齢に対応。特におすすめなのは第二新卒を含む20代~35歳までの若手。
強みのある職種・業種 特に求人が多いのは、SE(IT/通信/インターネット)、営業職、機械/電気・電子/素材、営業職、医療系、コンサル、クリエイティブ系、バックオフィス(事務系職種)などだが、幅広い業種に対応している。

マイナビエージェンとの公式サイト

doda

数ある転職エージェントの中でも、圧倒的な求人数を誇り、かつサポート力に優れているのがdodaです。

最大手のリクルートエージェントも求人数からすると登録必須ですが、良くも悪くも仕事が早く、じっくり相談しながら転職を進めたほうが良いと思われる人には向かない場合もあります。

また、dodaでは転職サイトのdodaの求人もデータベース共有している為、求人の選択肢の幅が広がりやすいのも特徴です。

ホワイト企業の紹介にも定評がありますので、「残業が多すぎる」ことを伝えた上で、自分の妥協できる残業時間も明確にしておきながら、より条件の良い企業を一緒に探っていくことをおすすめします。

『doda』の公式サイトを見る

下記の転職エージェントについての記事も参考にしてください。

関連ページ

②就職四季報で起業情報を調べる

『就職四季報』は『会社四季報』の就職バージョンです。会社四季報はどちらかと言うと投資家用ですが、こちらは就職に特化しているので、転職の際の会社研究にとても便利です。

企業から掲載料を取らずに客観・中立的な立場で制作されているので、会社が出したがらない「離職率」や「有休消化状況」なども掲載されています。

転職エージェントで転職先を紹介してもらっても、鵜呑みにせず自分でも調べるようにしましょう。

就職四季報には、「優良・中堅企業番」や「女子版」もありますので、それぞれ用途にあったものを選ぶと良いでしょう。

③企業の口コミサイトで調べる

Vorkers』や『転職会議』のような、実際に働いている人のリアルな口コミが掲載されている、就職・転職の口コミサイトでを利用するのも、企業の実態を知る上では有用です。

しかし、転職した人や転職を考えている人が投稿しているので、偏った意見になる傾向があります。口コミはあくまで主観的な意見ですので、鵜呑みにし過ぎないように注意が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

残業が多い業種や職種を紹介し

  • みんながどの程度の残業をしているのか
  • 残業の多い(少ない)業種や職種
  • 残業の少ないホワイト企業への転職方法

などを解説してきました。

残業が多すぎることが理由で会社を辞めたいと思う人は多いでしょう。転職理由でも常に上位に顔を出す項目です。

残業が多い業種や職種には傾向がありますが、実際には、やり甲斐や給与とのバランスも転職をするかどうかの、重要なポイントになるでしょう。

残業が多いというだけでなく、複数の要素で不満があるのであれば、本格的に転職を考える時期に来ているかも知れません。

転職する場合、残業時間以外の希望条件がある場合は、一般的な残業時間の状況なども加味して考え、「どの程度の残業が許容範囲なのか」を明確にしておくようにしましょう。

その上で、サポートが丁寧な『マイナビエージェント』や『doda』のような転職エージェントを利用し、担当のコンサルタントにアドバイスをもらいながら、転職先を選定していくようにしましょう。

また、残業は少なくなったが他の部分が不満になって再度転職するか悩んでしまうというような事にならない為に、しっかりと自分の仕事に対する価値観を整理し、希望に添った理想に近い転職を実現してください。