転職エージェントの評判   2017.04.28

パソナキャリアの評判を分析。サポートの質の高さは大きなメリット

パソナキャリアの評判
picupPick Up!
 転職の達人が厳選する「転職エージェント徹底比較」

パソナキャリアは、実際に利用した人から「サポートが丁寧で手厚い」と、かなりの評判です。規模は中規模で求人数はDODAやリクルートに適わないものの、人によっては利用価値の高い転職エージェントと言えるでしょう。

このページでは、転職エージェント「パソナキャリア」の評判の分析からメリット・デメリット、どういう人が利用すると良いのかなど、なるべく解りやすく説明しています。

パソナがあなたが登録すべき転職エージェントなのか知ることができるので、是非、参考にしてください。

パソナキャリアの総合評価

パソナキャリア

総合評価 4.08

正社員転職に強み。拠点が多くどの地域に在住していても面談がスムーズ。サポートの評判がすこぶる良い転職エージェントです。
公式サイトはこちら

求人数求人数約3.9万件(内非公開求人 約2.4万件=2017年3月現在)
求人の質人材派遣業の経験が強み。正社員転職に強い。
年収アップ率 67.1%(年度は不明)
サポートの質詳細なキャリアカウンセリングによる的確なアドバイスや書類・面接対策には定評がある。
得意分野オールラウンドだがIT・医療・電気・流通などに強い。エンジニア・営業職・企画・マーケティング職に強み。
拠点数東京(立川・新宿・東京)・神奈川(横浜・橋本・平塚・武蔵小杉・小田原)・千葉(木更津・千葉・柏)・茨城(常陸大宮・日立・つくば・水戸)・栃木(真岡・佐野・大田原・宇都宮)・群馬(太田・高崎)・埼玉(狭山・深谷・所沢・熊谷・川越・さいたま)・新潟(新潟)・長野(長野・松本・上田・伊那)・山梨(甲府)・富山(富山)・石川(金沢)・福井(福井)・静岡(袋井・牧之原・沼津・浜松・静岡)・愛知(豊橋・名古屋)・三重(四日市)・岐阜(岐阜)・滋賀(草津)・京都(京都)・大阪(天王寺・大阪・難波・梅田)・奈良(奈良)・兵庫(神戸・姫路)・和歌山(若山)・鳥取(鳥取)・島根(松江)・岡山(津山・岡山)・広島(広島・福山)・山口(山口)・徳島(徳島)・香川(高松)・愛媛(松山)・高知(高知)・福岡(福岡・北九州)・佐賀(佐賀)・長崎(長崎)・熊本(熊本)・大分(大分)・宮崎(宮崎)・鹿児島(鹿児島)・北海道(旭川・札幌)・青森(八戸・青森)・岩手(盛岡)・宮城(登米・仙台)・秋田(秋田)・山形(鶴岡・山形)・福島(郡山・福島)・沖縄

この転職エージェントは・・・手厚いサポートを受けたい人におすすめ

書類選考対策や面接対策などサポートが高評価な転職エージェントです。
キャリアが浅い人でも親身にアドバイスをもらえると評判なので、自身がない人でも安心して登録できます。

パソナキャリアのメリット①サポートの質

パソナキャリアは、丁寧なサポート・手厚いサポートに定評があります。「利益より社会貢献や転職者の幸福を重視している」と言ってはばからないだけあって、とにかくサポートの評判は良い話ばかり聞きます。

点ン色エージェントを使う際、サポートの質が高いのと低いのでは、求人の紹介段階で大きな差が出てしまいます。

転職エージェントは求人している企業へ転職者を入社させることで、転職者の年収の25%~30%という報酬を得ています。

親身になってくれない担当が付くと、自分の成績の事ばかり考えて効率を重視することもあります。「とにかく決まりやすい企業」を勧めてきたり、「希望に添っているか」より、「年収が高い企業」を勧められることがあります。

例えば、学歴や職歴だけで判断して「このレベルの人ならココ」みたいな紋切型の効率重視な紹介をされるのと、転職者の希望やPRポイントにじっくり耳を傾けて、「この人にふさわしい企業はココ」と紹介してくれ、長所を企業にアピールしてくれるのとでは、大きな違いが出てきてしまいます。

また、学歴・職歴を見て「紹介できる求人はありません」と断られることも。もちろん、求人状況によっては断られることはあるでしょう。しかし「何で断られたの?」と思うような人が断られることも大手エージェントではあります。

また、「担当のキャリアコンサルタント次第」という面が非常に大きいのは、メリットの多い転職エージェントを利用する上での、一番のデメリットでもあります。

転職者の気持ちに寄り添って、一緒に考えてアドバイスしてくれる担当者が付けば、「転職活動が半分成功したようなもの」と言えるくらい、重要なことです。

もちろん、業界や企業のことを知り尽くしていて、適切なアドバイスができることも重要なことですが、まず親身になってくれることが最重要です。誰でも、人の話を聞いていないキャリアコンサルタントに自分の大事な転職を任せたくはないでしょう。

その点、パソナキャリアは丁寧と評判が高いのですから、利用しない手はありません。20代の若手で転職が始めての人はもちろん、キャリアに自信がない人も、安心して利用できるのではないでしょうか。

職務経歴書の添削や模擬面接など、内定率を高めるためのサポートも、非常に丁寧だと言われています。面接対策だけだったとしても利用価値があるという意見もあるほどです。

パソナキャリアのメリット②サポート拠点が多い

パソナキャリアは、110拠点と他の転職エージェントと比べても圧倒的な拠点数を誇ります。面談をするにしても、とてもスムーズですし、拠点数だけ見てもサポートに力を注いでいるのがハッキリ伝わってきます。

拠点数の少ないエージェントの場合、面談に行くのも一苦労ですし、遠くて行けない場合などは電話でのヒアリングになります。

お互い顔を見て、コミュニケーションを取ったほうが、キャリアコンサルタントの印象にも残りやすいですし、支援にも力がはいるでしょう。こちらの伝えたい事も、より伝えやすくなりますし、最初の面談以外でも会ってアドバイスやサポートをしてもらえる事はモチベーション維持のためにも助かります。

また、実際に会ってみないと解らない人の魅力は結構あるものです。転職エージェントでは、応募企業に紹介状を書きますが、面談で話す表情、話し方、1つ1つに企業にアピールできる要素が含まれているものです。

職務経歴書で解ることなら、紹介状に書かれている必要はありませんから、さらにプラスαのプッシュをしてもらうには、やはり実際に会ったほうが良いのは確実と言って良いでしょう。

その点、拠点数が多く、面談がスムーズな事も大きなメリットになります。

パソナキャリアのデメリットは求人数くらい

反対にデメリットは、「求人数の少なさ」です。しかし、求人数約3.9万件(内非公開求人 約2.4万件=2017年3月現在)というのは、少ないとは言えない規模です。

あくまで、転職エージェントトップの2社(リクルートエージェント・DODA)と比べた場合、見劣りするということであり、それ以外の転職エージェントと比べれば多いくらいです。

大手2社と共に利用すれば、求人数はカバーできますので、トップ2社と同時に必ず利用したい転職エージェントです。

 

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

パソナキャリアに登録すべき人は?

パソナキャリアは、「丁寧なサポート」を受けたい人におすすめです。基本的には、サポートは丁寧で手厚いほうが良いですから、年代・性別問わず、全ての人におすすめと言ってもよいかもしれません。

また、丁寧なサポートから、転職成功者が多いとも言われています。特に、難易度が上がる40代の転職でも実績がありますし、自信のない人や不安がある人でも、丁寧にヒアリングしてくれますのでおすすめです。

特におすすめの人:女性や20代の若手

サポートが丁寧で悪いことは1つもないので、合わない人は「丁寧な対応が苦手な人」くらいかと思いますが、特におすすめなのは、「女性」です。

パソナは古くから女性の転職にも力を入れて取り組んでいます。女性は結婚、出産など女性ならではの不安も抱えながらの転職活動になります。しっかり耳を傾けてくれ、親身になって一緒に転職を進めてくれる担当と出会えるかは大きなポイントとなりますので、サポートの評判が良いパソナはおすすめになります。

また、20代の若手も経歴が少なく、企業へアピールできる材料が少ない傾向がありますので、丁寧なサポートで企業へのアピールを行う為にも、サポートが重要になります。

まだ若いうちは、将来のキャリアプランについても明確になっていないことも多いのではないでしょうか。担当のコンサルタントの丁寧なヒアリングからの客観的なアドバイスを聞くこともできることも、パソナを20代におすすめしたい理由です。

リクナビNEXT

リクナビNEXT転職者の8割が利用!求人数、転職実績ともにNo.1の転職サイト。転職を考えたら、まずはリクナビNEXTに登録しておきましょう。簡単に自分の強みを知ることができるグッドポイント診断で自己分析などの転職準備が捗ります。

サイト登録・詳細を見る

パソナキャリアと併用すべき転職エージェントは?

転職エージェントは、メリット・デメリットを相互補完するために、複数登録することが基本です。

担当に付くキャリアアドバイザーの能力や相性も良い転職への重要なポイントなので、面倒臭がらずに少しでも多くのエージェントに登録するようにしたいところです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント国内トップクラスの求人数で質の高い非公開案件も多く抱えている。転職実績はNO.1と申し分がない。転職をするなら登録必須の転職エージェントです。

マイナス面は良くも悪くも効率が良いこと。担当にもよりますが冷たい対応に感じることもあるかも知れません。ただし、裏返せばスムーズで話が早いということでもあります。

利用者も多いため、キャリアコンサルタントはピンキリと言われています。リクルートエージェントのデメリットはパソナキャリアで埋めることが可能ですので、圧倒的な求人数で転職先候補の幅を広げるためにも必ず登録しておきましょう。

DODA

DODAリクルートに並ぶ国内トップクラスの求人数。こちらも登録必須の転職エージェントです。

20代~30代に強い。求人数が多い為、広範囲での求人があります。キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

ただし大手の為、経験の浅いキャリアアドバイザーも多く、当たり外れが大きいと言われています。

キャリアに自信があればJACリクルートメント

JACリクルートメント外資や海外進出企業に強く質も量もグローバルポジションではNO.1。ある程度キャリアに自信がある人や、キャリアアップを目指したいのであれば、おすすめの転職エージェントです。

登録の価値が十分にある転職エージェントですが、ハイキャリア特化なので市場価値が低いと案件を紹介してもらえない場合があります。

高年収・高キャリアの人は登録必須です。

まとめ:手厚いサポートならパソナキャリア

パソナキャリアは丁寧で手厚いサポートに定評がある転職エージェントです。

パソナキャリアのメリットは・・・「サポートの質が高い」「サポート拠点数が多い」ことです。

パソナキャリアのデメリットは・・・「求人の少なさ」です。ただし、リクルートエージェント・DODAのトップ2社と比較した場合のことで、その他のエージェントとなら多い部類に入ります。

転職エージェントを利用した転職では、キャリアアドバイザーが転職成功へのカギを握っていると言っても過言ではない為、キャリアアドバイザーのサポートの評判の良いパソナキャリアも大手2社とともに登録必須と言っても良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る