面接 2017.12.26

自己PRで真面目という長所をアピールしたい場合の注意点と例文

自己PRで真面目をアピール

真面目なことは、企業にとってもプラスになることなので、選考書類や面接でも積極的にアピールしていきましょう。

ただし、そのまま「私は真面目です」と伝えても良い印象を残せるとは限りません。

このページでは、面接の自己PRで、真面目なことをアピールしたい場合にどのよな点を注意すれば良いのかを解説し、例文を紹介しています。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

自己PRで真面目をアピールしたい人のポイントと例文

真面目な人は、業務を一生懸命こなしてくれますし、ミスなくコツコツ作業を行う事を求められる、職種では特に強みになります。

社内のルールも厳守してくれそうですし、嘘をつかない誠実さも持ち合わせているイメージがありますので、良いことだらけのような気がしますが、一方で、真面目が短所になってしまう場合もあります。

下記に挙げるのは、自己PRで「真面目」なことをアピールしたい人に気を付けて欲しいのは、実際どうかは別にして、下記のような印象も同時に与える可能性があるということです。

  • 几帳面すぎて柔軟性に欠ける
  • リーダーシップが取れない
  • コミュニケーションが下手
  • 暗い

几帳面すぎて柔軟性に欠ける

真面目な人は、仕事にも一生懸命に取り組んでいるので、どうしても完璧主義になりがちです。自分の仕事に対してプロフェッショナルだという点では、素晴らしいことですが、時に周囲の人に対しても同様の真面目さを求めてしまいがちになってしまうことがあると思います。

社内でも社外でもいろいろな人がいます。スムーズに仕事をしていくためには、自分の価値観を押し付けるようなことはマイナスです。

また、「自分は一生懸命働いているのに周囲はサボっている」というように周囲と見比べて、自分が損をしていると苛立ってストレスを抱え込んだり、いい加減に見える人の意見を聞けない頑固な面があることも考えられます。

真面目をアピールするのであれば、同時に周囲への柔軟性も併せ持っていることが解るエピソードを入れるのが望ましいです。

リーダーシップが取れない

真面目過ぎて周囲へ配慮しすぎてしまい、自分の意見が言えない人もいます。

仕事では、重要な局面で決断しなくてはならないこともありますし、断るべきところを断れず仕事を溜めこんだり、クライアントの要望に応えすぎて後から大変なことになったりということも考えられます。

そのようなことからリーダーシップに欠ける印象がありますので、チームをまとめて仕事を成功させたエピソードなどがあれば、一緒に入れ込むと良いでしょう。

コミュニケーションが下手

円滑に仕事を進める為には、社内であっても社外であってもコミュニケーション能力は重視されることが多いです。

しかし、真面目な人は、コミュニケーションが下手な印象があります。

真面目でコツコツ作業をするだけで済む職人さんのような仕事であれば、それもメリットですが、多くの場合、コミュニケーションが不要ということは少ないので、真面目だけどユーモアもあリ、コミュニケーション能力がある魅力的な人だということが解るアピールをしたいところです。

暗い

真面目だから暗いということはありませんが、そういう印象を持たれる場合もあります。

明るすぎてうるさいのも困りますが、暗いよりは明るいほうが良いという見方をされるものです。

真面目で明るい人材だとアピールするには、やはり面接での言動が大切です。明るい表情やハキハキした受け答えが苦手な人もいるかもしれませんし、無理をし過ぎてもバレてしまいますが、できるだけ注意して準備しておきましょう。

真面目をアピールする例文

「私は真面目です」と答えても、ただ長所を答えているだけですし、なんのことやら伝わりませんよね。

自己PRは長所を聞かれているわけではないので「真面目」という言葉をあえて使わ必要はありません。

真面目なことをアピールしたいのであれば、仕事のエピソードを盛り込み、「真面目なんだな」と思わせることが大切です。同時に前章で解説したような「企業が不安視する要素」を打ち消せるエピソードが加えられていれば、さらに良いPRができます。

私は前職で3年間○○の法人営業に携わってきましが、社内で常に上位10%の成績を収め、昨年は目標達成率140%の成果を出すことができました。当初はセールストークが下手だった為、成績も伸び悩みましたが、誰よりもクライアントの元に足を運び、求めらえる製品の知識だけでなく、顧客が抱える課題や改善方法についても真剣に考え付き合ってきました。苦手だったセールストークも連日にわたりロールプレイを繰り返すことで、自信を持って話せるようになり、クライアントとの会話が弾むコミュニケーションが取れるようになりました。その結果、「あなたを信頼するから発注している」という評価を受けることが多くなり、全社でも上位10%の営業成績を出せるようになったことは大きな自信になっています。幅広い顧客を持たれる御社で、さらに営業力に磨きをかけ売上に貢献していけるよう努力していきたいです。

ポイントは、具体的な実績を数値によって定量化することと、具体的なエピソードを用いて抽象的な印象になることを防いでいることです。

真面目で努力家な印象と、諦めずに仕事に取り組んで結果を出してくれる人材であることがアピールされています。

例文はあくまで例文なので、今までの経歴を振り返って、どのような時に評価されたか、どのような点を工夫して仕事をしてきたかなど、整理するとことから始めるようにしましょう。

何も整理せずに文章を考えても、材料に何を使うか決めずに料理を始めるようなものです。

何もアピールできる材料がないと言う人もいますが、自己PRを組み立てる材料は、誰でも少なからずあるはずです。実績らしい実績がない場合も、努力や工夫をしてきたことはあると思いますし、上司や同僚の評価を盛り込むなど印象に残る自己PRを作っていきましょう。

自己PRの書き方や例文は下記でも詳細に解説していますので、参考にしてください。

転職の自己PRがスラスラ書ける職務経歴書作成6つのステップと例文

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。