面接

自己PRで継続力・粘り強さをアピールする方法と例文

自己PR

継続力がある・忍耐力がある・粘り強さがあるなどの長所は、「大変な事があっても長期間活躍してくれる人材」というアピールになりますし、どんな仕事でも、努力や工夫をして向上心を持って取り組んでくれる印象がありますので、良いアピールになります。

しかし、実際に希望する職種で活かすことができなければ、弱いアピールにもなりかねません。

このページでは、より具体的に「継続力がある」「忍耐力がある」「粘り強さがある」という特徴を企業にアピールするための方法と例文を紹介していますので、参考にしてください。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

自己PRで「継続力がある」「粘り強さ」をアピール

自己PRでは、継続力がある、忍耐力がある、粘り強さがあるという言葉を使ってアピールするよりも、その長所を感じられる具体的なエピソードを盛り込んだ文章を作ったほうがアピールしやすいです。

新卒の場合は、勉強や部活、バイトなどの経験をエピソードとして自己PRに落とし込んでも良いですが、転職の場合は仕事と関係ないアピールをしても、それをどうやって活かして活躍してくれるのかピントが合いにくく良いアピールになりにくいです。

仕事上で、どうやって工夫や努力をしてきたのか、その結果どういう成果を得てどう感じたのか。というリアルな経験に基づいた自己PRが作れるように、経歴を整理していくところから始めていきましょう。

継続力の自己PR例文

仕事を始めばかりのときは、セールストークが得意ではなかったので、毎日ロールプレイを繰り返し、顧客と接するようにしてきました。結果として部署で一番多いアポイントを取ることができるようになり、営業成績は常に上位の結果を出すことができるようになりました。

毎日継続して努力を積み重ね、弱点を克服することで自分の強みを得た経験をアピールしています。実績を挙げたり、エピソードを挙げることで、説得力を高めることができますので良い自己PRを作りやすくなります。

粘り強さの自己PR例文

前職では商品企画に携わってきました。。マーケティングデータを分析する際は、表面的な事象ばかりに目を向けていても正解を導き出すことは難しく、数値の奥にある顧客の潜在的な需要を読む必要があります。その為、できるだけ固定観念を廃し、ターゲット層が今、何を望んでいるか、徹底的に考える癖をつけました。例えば顧客層が読む雑誌やテレビまでチェックし、顧客心理を徹底的に分析し意見を出し合うなど、地味な作業を続けていきます。商品を世に問うまでは正解か解らない仕事だからこそ、粘り強くあらゆる可能性を考え尽くすことに注力してきた結果、○○というヒット商品を生み出すことに貢献することができたと自負しています。御社でも経験を活かし、新商品・サービスを生み出し売上に貢献していきたいと思います。

具体的に工夫してきたことをエピソードを通してアピールしてあります。よりよりアピールをするには、説得力を持たせる意味でもアピールできる実績があれば盛り込むようにしましょう。

自己PRは企業のニーズに合わせることが重要

ここまで「思いやり」「気配り」「聞き上手」という長所の自己PRを解説してきましたが、自己PRは自分の長所を伝えれば良いというものではありません。

なぜなら、企業が欲しいタイプの人材がAという特徴を備える人だったとして、その企業にBという特徴をアピールしても、魅力が半減してしまうからです。

自己PRを作成する前に、まず企業研究を行い、企業が欲している人材像を探り当てることが、内定獲得にとっては大切なことです。

どのような人材を望んでいるのかは、募集要項などでもある程度は解りますが、詳細な情報を得る転職エージェントを利用するのが一番です。

転職エージェントでは、過去の質問内容や、どういった人が内定を得ているかを熟知しています。

したがって、的外れなアピールをしないで済みますし、自己PRを考える際のポイントを押さえることができます。

書類対策や面接対策は、不安に思う点や相談したいことは積極的に担当に聞いていくことが大切です。転職エージェントでは、模擬面接を受ける人はそこまで多くなく、自分だけで考えてしまいがちですが、受け身の姿勢でいるより、受かる為の情報を持っているプロにアドバイスを受けることで、内定率を上げていきましょう。

おすすめの転職エージェントは、求人数が圧倒的な下記の2社です。

DODA

DODA

DODAは国内トップクラスの圧倒的な求人数があり、かつ20代の転職実績も豊富で強みを持っています。

利用者の満足度が非常に高いことでも知られ、書類対策・面接対策など丁寧なサポートに定評がありますので、安心して利用することができる転職エージェントです。
キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、専門性の高いサポートが受けられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。リクルートの知名度と企業との太いパイプで、大手から優良中小企業、ベンチャー企業など、良質な求人案件を幅広く保有しています。

DODAと同じく、他の転職エージェントと比較した場合、求人数が圧倒的に多く、転職エージェントを利用する上で外せない選択肢です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

使える転職エージェントまる解り・6項目の徹底比較(完全版)

転職エージェントを利用する事は転職成功への近道ですが、どのエージェントを使えば良いのかは迷うものです。

・求人数
・求人の質
・年収アップ率
・サポートの質
・得意分野
・拠点数


上記の「6項目」から使える転職エージェントを手間暇を掛けて徹底比較しています。ぜひ、参考にしてください。

詳細を見る

複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。