転職エージェント   2017.03.23

転職エージェントの担当のやる気を引き出す6つのポイント

転職エージェントの活用術

転職エージェントを利用する事で、転職に関する様々なサポートを無料で受けられ便利なのは間違いありませんが、転職成功に向けて正しく活用するには、いくつか大事なポイントがあります。

そのうちの大きな要素が「キャリアアドバイザーとの関係」です。キャリアアドバイザー次第で紹介してもらえる企業の質も変われば、サポートの質も変わってしまいますので、より良い転職をしたいのであれば、キャリアアドバイザーのやる気を引き出すことも大切です。

この記事では、キャリアアドバイザーのやる気を引き出す要素を6つ解説しています。

スポンサードリンク

キャリアアドバイザーのやる気を引き出す6つのポイント

転職エージェントを使用した転職の成否を決めるのは担当に付いてくれる「キャリアアドバイザー」の質です。

というのは、決して間違いと言えないほど「キャリアアドバイザー(コンサルタント)」の質は重要な要素です。

しかし、転職を本当に成功させたいのであれば、「キャリアアドバイザー任せ」にしてはいけません。転職エージェントのキャリアアドバイザーは常に何人もの転職希望者の担当として動いています。

まずは転職が、あなた自身の人生に関わる重要な転機であることを、しっかりと認識する事が大事です。

転職エージェントに好まれる転職希望者の特徴

転職エージェントは、「クライアント(企業)に人材を紹介する事で報酬を得ています」

ここで言う紹介は「入社」を指します。つまり、キャリアアドバイザー自身も、転職エージェント会社も、「入社」まで導けなければ売上が上がらないということになります。

企業として人材紹介業を営んでいる以上、できるだけ時間をかけず、どんどん転職を決めていきたいというのが本音でしょう。

その点を踏まえて「キャリアアドバイザーがやる気になる」転職希望者の特徴は・・・

  • どのクライアントでも欲しいであろう優秀な人
  • すぐにでも転職したい人
  • すぐに転職先が決まりそうな人

しかし、損得勘定だけでキャリアアドバイザーが動いている訳ではありませんので、人間性に訴えかける要素も大事です。下記に挙げるポイントも気を付けて転職エージェントを活用するようにしましょう。

  • 連絡等がスムーズ
  • 自分の情報を提供する
  • キャリアアドバイザーに感謝する

それぞれの項目について、もう少し詳しく説明していきます。

①どのクライアントでも欲しいであろう優秀な人

転職エージェントは転職者の転職先での年収によって得られる報酬が変わりますし、優秀な人ほど転職先も見つかりやすいのは言うまでもありません。また、他社に優秀な人材を取られないよう、万全のサポートをするのが当然です。

②すぐにでも転職したい人

転職エージェントに登録する際に「転職したい時期」を問われる場合があります。それほど転職時期については、転職エージェントにとっては重要なことです。

「今すぐにでも転職したい人」ならすぐに転職先を紹介できます。反対に「半年後に転職したい人」には、すぐに転職先を紹介することができません。「半年後に〇人欲しい」というような求人は稀ですし、「良い人材がいればすぐにでも欲しい」と考えている企業にとって「半年後」まで待てるはずもありません。

「良い転職先があればすぐにでも転職したい」と考えていない人は、登録しても良いサポートが受けられない可能性がありますので、特に本命の転職エージェントに登録するタイミングは準備を整えてからにしましょう。

③すぐに転職が決まりそうな人

キャリアアドバイザーが、すぐにでも転職が決まると思える人は、大きく分けて2パターンあります。

  • 企業ニーズにマッチした人材
  • 企業に推薦しやすい人

求人する企業のニーズに、ある程度マッチしている経歴やスキルを持っている転職希望者なら、紹介先企業を迷わずに提示できますし、内定までスムーズに事を運びやすい良い顧客ということになります。

また、転職に際して「求めるポイントが明確」な人には、要望に合った求人を紹介しやすくなります。経歴やアピールポイントなどが明確であれば、企業側との相性も探りやすく、企業に推薦しやすくなります。

こうした情報を初めから伝えておくことで「準備もできているし、すぐに決まりそう」とキャリアアドバイザーに良い印象を与えることができます。

もちろん、準備を完璧にこなそうと不必要な時間を費やさず、「とりあえず話を聞いてみよう」くらいの軽いノリで転職エージェントに登録したら良いのですが、必要な準備は面談前にしておくのが賢明です。

④連絡等がスムーズ

一般的な事として考えれば解りやすいですが、すぐに連絡が取れない人に連絡するのが億劫になるものです。キャリアアドバイザーが連絡をしてきた時は、できるだけ早く連絡を取るようにしましょう。

また、連絡がない時も定期的に電話やメールでコミュニケーションを取るようにしましょう。些細な事ですし、キャリアアドバイザーににゴマすりしてるようですが、企業の採用担当者のつもりで対応するようにしましょう。

⑤自分の情報を提供する

キャリアアドバイザーは、あなたの事を何も知りません。「どのような転職先を探しているのか」「希望する年収」「希望する業種・職種」決まっていなければ「どんな求人があるのか幅広く話を聞きたい」など、自分の情報を提供するようにしましょう。

これらの事は、転職エージェントに登録するとアンケートを取る場合が多いですが、できるだけ詳しく伝えることが大切です。

また、聞かれなくても必要そうな情報は伝えていきましょう。転職への意欲を伝えることができますし、情報が揃えば揃うほど、キャリアアドバイザーが求人を紹介しやすくなります。

⑥キャリアアドバイザーに感謝する

これは、当たり前のことではありますが、中には「自分が客なんだからサポートしてもらって当然」と考え、少しでも上手く事が運ばないと「使えない転職エージェント」と言わんばかりの愚痴を言う人もいます。

サポートをしてくれるキャリアアドバイザーには感謝の気持ちで誠意を持って応対するようにしましょう。

picup~Pickup~ 転職の達人が厳選する転職エージェント徹底比較。 ランキング形式で求人数・求人の質・年収アップ率など6項目の比較でどの転職エージェントを使えば良いか丸わかり! 転職エージェント比較

まとめ:キャリアアドバイザーに好かれよう

転職エージェントを利用した転職では、キャリアアドバイザーが転職の成否を分けるキーマンだと言っても過言ではありません。

転職は転職先が見つかれば良いものではありません。成功と思える転職を勝ち取るには、自分の市場価値を高められるに越したことはありません。キャリアアドバイザーに好かれるという事はその第一歩となります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

使える転職エージェントまる解り・6項目の徹底比較(完全版)

転職エージェントを利用する事は転職成功への近道ですが、どのエージェントを使えば良いのかは迷うものです。

・求人数
・求人の質
・年収アップ率
・サポートの質
・得意分野
・拠点数


上記の「6項目」から使える転職エージェントを手間暇を掛けて徹底比較しています。ぜひ、参考にしてください。

詳細を見る