リクルートエージェント

リクルートエージェントで職務経歴書を添削してもらうメリット

リクルートエージェントを利用すると、職務経歴書の添削をしてもらうことができます。

「自分で作れるからいい」という人もいるかもしれませんが、職務経歴書を添削してもらうことは大きいメリットがありますので、必ずアドバイスを受けるようにすることをおすすめします。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

リクルートエージェントの職務経歴書のサンプル

リクルートエージェントでは、職種別に職務経歴書のサンプルがあります。

こちらは、登録者ではなくても利用することができますので、職務経歴書作成の参考にするのも良いでしょう。

リクルートエージェント「職務経歴書のサンプル

また、リクルートエージェントに登録し、面談を行った後では「レジュメnavi」という職務経歴書作成支援ツールが利用できるようになります。

レジュメnavi

職種ごとのテンプレートもあり、案内にしたがって記入してけば良いので便利です。

「レジュメnavi」ではWord形式でダウンロードできるので、印刷したければすぐにできます。

職務経歴書は作成途中でもダウンロードできますので、少しずつ進めることもできますし、作成した職務経歴書は「パーソナルデスクトップ」というマイページから提出することができます。

職務経歴書の添削は大きなメリットがある

別にアドバイスなんてもらわないでも職務経歴書くらい書けるよという人も少なくないでしょう。

しかし、リクルートエージェントを利用するなら、しっかりチェックしてもらいアドバイスをもらうようにしましょう。

 

職務経歴書を添削してもらうメリットは下記の2点があります

  • どのようなアピールをすれば良いのかが分かる
  • 応募企業に合わせたアドバイスももらえる

特にはじめての転職の人は、仕事上のエピソードや実績の数値化など、具体的なアピール方法がいまいち分からないという人が多いのではないでしょうか。

切り口が分からない状況では、いくら頭を悩ましても良いアピールが浮かばないこともあるでしょう。

リクルートエージェントで添削してもらえば、曖昧な部分をブラッシュアップすることができますし、どう書けば分からない部分があってもすぐにアドバイスを求めることができます。

また、志望動機はもちろんのこと、自己PRの内容も企業ニーズを念頭に作成しなくては、ピントの合った職務経歴書は作れません。

ですから、職務経歴書の内容は、応募する企業によっても内容を変更する必要があります。

リクルートエージェントでは、企業から依頼を受けていますので「どのような人材が欲しい」という企業側のニーズを把握しています。

ですから、はじめから選考に通りやすいアピールがしやすくなり、選考通過率を上げることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
複数の利用で転職成功をマイナビエージェント』は、サポート力もありホワイト求人の紹介にも定評があるので多くの人におすすめです。

ただし、転職成功は、優秀なキャリアアドバイザーに出会えるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーに出会う為には、初めから複数の転職エージェントに登録することが必要です。

実際のところ転職では、ほとんどの人が3社以上のエージェントを利用しています。

マイナビエージェント』の他に今すぐ登録しておいたほうがいい転職エージェントは、タイプ別に以下に紹介しておきます。

・転職が初めてという方は、以下の3つのエージェントがオススメ

リクルートエージェント
DODA
パソナキャリア

・第二新卒での転職を検討している方は、以下の2つのエージェントがおすすめ

リクルートエージェント
ハタラクティブ

・ハイキャリア(現在の年収が500万円以上)の転職を検討している方は、  以下の3つのエージェントに登録して求人の幅を増やしましょう。

リクルートエージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ

その他のエージェントについては、転職エージェント比較のページをご覧ください。