転職成功ノウハウ   2017.06.11

転職エージェントに断られる3つのパターンと相手にされない人の特徴

転職エージェントに断られる人の特徴

転職エージェントに登録しても「ただ今紹介できる求人がございません」と断られる場合があります。その為「断られた」と言う意見もTwitterで目にしたり、周囲の転職経験者に聞いたことがあるかもしれません。

確かに転職エージェントに断られることが無いわけではありません。しかし、断られたからと言って、転職エージェントを使えない訳ではありません。

キャリアがありスペックが高い人が断られ、キャリアが浅くスペックが低い人が断られないということもあることなので、まずは1社断られたからと言って「自分の市場価値が低い」などと決め付けることは非常にもったいないことです。

このページでは、転職エージェントに断られる人の特徴と、対応策を解説していますので、最後までお読みいただき、転職エージェントを有効に活用できるようにしていただきたいと思います。

スポンサードリンク

転職エージェントに断られる3つのパターン

まずは、転職エージェントにどういった場合に断られることがあるか解説します。

  • 利用者に紹介できる求人がたまたまない
  • 利用時期に求人数自体が少なかった
  • 利用者がエージェント会社の基準の対象外だった

転職エージェントは「利用者を企業に紹介し、入社してもらうことで報酬を得る」ビジネスです。

なので、基本的に断るよりは、転職を勧めたいという大前提があります。スペックが低いなら低いなりに求人がない訳ではありませんし、利用者がたまたま少ない時期に当たれば、アピールできる要素を見つけてでも企業に勧めてくれることが多くなります。

その上で、1つずつ解説していきます。

利用者に紹介できる求人がたまたまいない

転職エージェントは、キャリアやスキル、年齢などと、自社が保有する求人案件を総合的に判断して、紹介できる求人をマッチングします。

あなたが転職エージェントA社に登録する際、たまたまA社の保有する求人には、マッチする求人がない場合、断られることがあるというケースです。

利用時期に求人数が少なかった

たまたま利用時期に、利用者が多かったり、求人数が少ない、または求人内容に偏りが生じていたような場合は、紹介できる絶対数が少なくなるため、断られることがあるでしょう。

しかし、A社がダメでもB社は大歓迎かもしれません。タイミングもあるので、仮に断られても自信を失う必要はありません。

利用者が転職エージェント会社の基準の対象外だった

また、3番目に挙げた「基準の対象外」というのは、足きりの条件のようなものですが、これが存在している転職エージェントは、総合型のエージェントでは、皆無と言って良いでしょう。

よく、TOEICが何点以上、現在年収が500万円以上などのラインを伝えている人がいますが、実際にはそういった基準は存在していないと多くの転職エージェントで働いていた人が公言していますので、基準だけに囚われる必要はありません。

基本的には、担当するコンサルタントが、保有する求人と利用者の経歴やスキルを総合して考慮して、できるだけマッチした求人を探してくれることがほとんどです。

ただし、中には「スペックが低いと営業成績になりづらい」という個人の成績重視の担当者もいて当然なので、運が悪いとはじかれてしまうといったことが起こり得ます。

ただし、これはあくまで担当が外れだっただけですので、複数の転職エージェントに登録していくことで断られない転職エージェントは見つかることのほうが多いでしょう。

転職エージェントに断られる例外

例外は、ハイキャリア特化の転職エージェントや、業種や職種に特化(または求人が偏った)転職エージェント、求人のある地域が限定されている転職エージェントです。

ハイキャリア特化の転職エージェントでは、管理職や管理職候補、スキルが高い人をピンポイントで欲しいといった求人が集まる傾向がありますので、現在の年収が最低でも500万円以上でないと断られる可能性が高くなります。

また、特化型や求人が偏った転職エージェントでは、例えばITに特化しているのに、外の業界を希望されても求人がないので断るしかありません。

特化型であれば、特化していない業種を希望した人は利用しないかもしれませんが、総合型で求人が偏っているエージェントもあります。

IT特化から総合型に変わった『ワークポート』は、やはりIT系が強いのは当たり前ですし、若手に強みのあるマイナビエージェントが若手の求人に偏るのは当然とも言えます。

picup~Pickup~ 転職の達人が厳選する転職エージェント徹底比較。 ランキング形式で求人数・求人の質・年収アップ率など6項目の比較でどの転職エージェントを使えば良いか丸わかり! 転職エージェント比較

転職エージェントに相手にされない人の特徴

「ハイスペックなのに断られた」というような場合は、上記で説明した理由に答えがあります。基本的にはここまで解説してきた通りではありますが、ここでは、転職エージェントに断られる可能性が高い人の特徴を解説します。

転職エージェントに断られる人の特徴は、

  • 転職回数が多すぎる
  • 経歴が浅すぎる人
  • ブランクが長すぎる人
  • すぐに転職する気がない人

転職回数が多すぎる人

転職回数が多いからと言って、転職エージェントに断ららるわけではありませんが、転職回数が少ない人より多い人のほうが断られる確率は高くなります。

もちろん、意図的なキャリアアップで転職し、それぞれの会社でキャリアを詰めているのであれば、転職自体に問題はありません。

しかし、数年間で何度も転職をしている人は、紹介しても辞める確率が高いので、紹介しづらくなります。転職エージェントでは、入社後すぐに退職した場合には、報酬の一部返還が行われると言われています。

転職エージェント会社としても、エージェントに勤めるコンサルタントとしても、転職したら最低でも一定期間は辞めてもらっては困るわけですから、転職回数が多すぎる人は避けたい理由になるわけです。

転職回数が多い人は、面談を行えた場合も次の会社ですぐに辞めない事を意欲としてアピールすることが大切になるでしょう。

経歴が浅すぎる人

転職を短期間で繰り返してしまった人にも言えますが、新卒入社後3ヶ月も経たずに辞めたなど、あまりに経歴が浅い人の場合は、相対的に断られる確率は上がります。

1年経歴がある人と、3年経歴がある人で、実際にどちらが会社に貢献できるか解るものではありません。しかし、ある程度事務的な選択をするのであれば、どちらが有利かは解ると思います。

そういった場合は、できるだけ第二新卒や既卒の転職支援に実績がある転職エージェントを選ぶようにしましょう。

ブランクが長すぎる人

既卒はもちろんのこと、ある程度経歴があっても、退職してからのブランクは長ければ長いほど、断られてしまう可能性が高くなります。

これも、相対的な判断ですし、ある程度事務的な選択をするのであれば、ブランクがない人とブランクが長い人では、ブランクが長い人のほうが不利だということです。

今、転職を考えているのであれば、転職活動は退職せずに行ったほうが良いでしょう。仕事をしながら全ての転職活動を行うのは負担が大きいですが、転職エージェントを利用すれば最低限の労力で転職活動をすることが可能です。

既卒やフリーターの人は、専門の転職エージェントや、転職サイト、ハローワークなど、求人を幅広く探し積極的に応募していくことが望ましいです。

リクルートキャリアの既卒向け転職エージェント「就職Shop」

就職shop
就職Shopはリクルートが運営する「既卒・フリーター」、正社員未経験の20代の為の転職エージェントです。

就職Shopを利用するメリットは下記の3点です。

  • 正社員未経験から正社員を目指しやすい
  • 書類選考がパスできる
  • 面接対策やセミナーが充実している

就職Shopは、フリーターや既卒など社会人経験が無い求職者、経験1年未満のほとんどキャリアのない20代の若手を「人材のニーズ」とする企業を集め、人材支援を行っている転職エージェントです。

元から、既卒の需要がある企業のみを集めている為、既卒でも正社員を目指しやすいです。

実際に転職Shopを利用して就職を決めた人のうち「4人に3人が正社員未経験」ですし、既卒者にとって利用価値の高い転職エージェントと言えます。

もう1つ大きな特徴は就職Shopで紹介された求人に応募する際は、全て書類免除だということです。書類選考で落とされる確率が高い既卒の求職者は、面接から選考が始まることは負担が大きく減りますので大きなメリットです。

また、就職Shopでは、模擬面接やセミナーなど、サポートが充分に整っている為、既卒でも自信を持って面接に臨めます。

就職Shopが紹介する企業は、全て取材・調査済み企業の為、実際に働く際の労働環境など細かい内部情報も知った上で就職することができます。

就職Shopに登録する・詳細を見る

関連ページ:就職Shopの評判やメリット・デメリット。20代で未経験から正社員ならおすすめ

すぐに転職する気がない人

転職エージェントでは登録時に「いつごろ転職をお考えですか」といった設問が用意されていることがあります。ここで「半年後」とか「時期は考えていない」というような答えをしてしまうと、断られる確率は上がってしまいます。

転職エージェント側としては、保有している求人案件を、利用者にスピーディーに紹介し、企業に人材確保をしてもらうことが最優先です。

もちろん、担当者が人情深い人であれば、粘り強く相手してくれる可能性もありますが、ある程度事務的な選択をした場合には、「今すぐにでも」と答える人が優先されてしまいます。

対策としては、できるだけ「今すぐに」と答えることです。本当にまだ転職するかどうかも決めかねているような状況であれば、転職エージェントをすぐに利用せず、転職サイトでの情報収集から始めていきましょう。

いずれ、そろそろ本格的に転職したいと思った時に転職エージェントを利用することをおすすめします。

リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、リクルートが運営する最大級の転職サイトです。転職を考えたことがある人なら、ほとんどの人が登録するのではないかと思うほど人気があります。

求人数が多く、転職先の選択肢を広げるという意味では、登録必須の転職サイトと言えます。女性が活躍できる仕事も、多く取り扱っていて毎週、火曜日・金曜日に新規の求人が更新されます。

良いところがあれば転職したいが、すぐにでもという訳ではないという人は、まず転職サイトに登録し情報収集やオファーメールでスカウトを受けるところから始めていきましょう。

もっと詳しく知りたい方は、リクナビNEXTの関連ページもご覧ください。
リクナビNEXTを上手に利用する3つの方法

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

まとめ

転職エージェントは、沢山あります。既卒の支援に特化している会社、未経験の転職に特化している会社から、エグゼクティブの転職に特化しているものまで幅広く存在します。

自分の経歴やスキルが標準的だと思う人は、深く考えずに大手のエージェントを中心に当サイトでも紹介している転職エージェントに複数登録するところから始めれば良いでしょう。

自信の無い人は、大手のエージェントと同時に、自分にあった転職エージェントに登録するようにしましょう。例えば若手で経歴が浅ければ、マイナビエージェント、未経験ならワークポートなど、選択肢は沢山ありますので、当サイトの情報も参考にしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

使える転職エージェントまる解り・6項目の徹底比較(完全版)

転職エージェントを利用する事は転職成功への近道ですが、どのエージェントを使えば良いのかは迷うものです。

・求人数
・求人の質
・年収アップ率
・サポートの質
・得意分野
・拠点数


上記の「6項目」から使える転職エージェントを手間暇を掛けて徹底比較しています。ぜひ、参考にしてください。

詳細を見る