転職成功ノウハウ   2017.08.23

在職期間が短くても転職理由で挽回!して転職を成功させることは可能

転職期間は短くてもアピr-うできる!
picupPick Up!
 転職の達人が厳選する「転職エージェント徹底比較」

転職までの在職期間が短いケースでは、転職に不利になってしまうと考える人は多いでしょう。

確かに、転職市場において決してプラスなことではありません。しかし、転職理由を聞かれた時の答え方次第では、マイナスを打ち消して「欲しい人材」と思わせるアピールが可能です。

今回は、短い職歴をプラスにする為に必要なことを解説していきます。ぜひ、参考にしてください。

転職までの在職期間が短いとマイナスになる?

短期離職してしまった職歴がある応募者に対して企業が懸念を持つのは当然と言えば当然です。まずは、企業がどのように考えて、どんな問題があるのかを認識しておく必要があります。

  • またすぐに辞めてしまうのではないか
  • 我慢強さが足りないのではないか
  • (体調などが原因の場合)健康面は大丈夫か

企業も費用を掛けて採用を行い、給与を支払うのですから、長く勤めてくれる戦力が欲しいのは当然です。そのニーズに応えられない可能性があれば不利になってしまうのは致し方ないことと言えるでしょう。

採用してもすぐに辞められては人事担当者の評価にも影響があるでしょうし、保守的な人事を行う可能性もそれなりにあるということを認識しておきましょう。

現在、在職中で短期退職を考えている場合は、基本的には様子を見る方向で考えたほうが良いでしょう。肉体的・精神的に余裕があるようなら、在職しながら転職活動を進める方法を取るようにしてください。不利になる可能性もある以上、短絡的に会社を辞めることはおすすめできません。

退職をすすめるのは、「心身ともに疲弊しきってしまう」と強く感じている場合だけです。肉体的にも、精神的にも、病気になってしまってからでは、その後はもっと大変な未来になってしまう恐れがあります。

勤めている会社の労働環境が余りにも過酷な場合や、パワハラ・セクハラなど精神的にダメージが大きい場合は、無理すれば良いというものでもないので、短期退職もやむを得ないとも言えます。

しかし、不利になることと「転職できない」ということとはまるで意味が違います。場合によってはスムースに転職が決まるケースも十分有り得るので、ネガティブになりすぎる必要はありません。

ネガティブになりすぎても意味はない

既に短い期間で退職してしまっている場合、ネガティブになって「職歴に傷がある」と嘆いていても、転職に有利になるわけではありません。

転職に自信のない人の中でも「職歴に難がある」ケースは非常に多く、2~3社落ちるだけで「職歴のせい」と思いこんでしまいがちです。

しかし、実際には短期退職していても、それほど期間も掛らず転職成功している人は沢山います。企業も人材のマイナス面だけに目を向けているわけではありません。

あなたの持っている強みを、しっかりアピールできれば、在職期間の短い転職であっても、期待感を持って採用するケースは多くありますので、ネガティブに考えすぎるのは良くありません。

転職を複数回経験している人の多くが、空白期間も経験していますし、短期間で転職をした経験のある人も沢山います。

「自分だけがレールを踏み外した」なんて悲観的に考える必要はありません。人生には良いときもあれば悪いときもありますし、誰もが何かしらネガティブになりうる側面を持っているものです。

既に自分でコントロールが不可能な事象に対して、ネガティブになっても意味はないと割り切って、できるだけ今からできることに集中するようにしていきましょう。

DODA

DODA圧倒的な非公開求人数!サポート力にも定評がある全年齢におすすめ

キャリアアドバイザーは業界・職種別に担当が分かれている為、プロフェッショナルのサポートが受けられます。

紹介される求人数や頻度など5つの満足度でNo.1。登録必須の転職エージェント。

サイト登録・詳細を見る

短期退職の理由をどうするか

実際の転職理由は、人によっても違いがありますが、面接時に必ず質問される事でもあるので、マイナスに受け取られない回答を用意しておく必要があります。

マイナスな側面は聞かれるのが嫌だと思うかもしれませんが、自己分析をしっかり行い、準備しておくことで、仕事に対する自分の思いを伝えられ、ネガティブポイントがアピールポイントにできるチャンスにもなり得ます。

マイナス面を打消し、反対にアピールをするには、自己分析を行い、「なぜ自分が辞めることになったのか」「将来こういう働き方をしていきたい」「このようなスキルを身に着けたい」など、本当の退職理由やキャリアプランを整理していくことが重要です。

面接での回答例などを参考にしても、自分の気持ちと違っていれば強いアピールは不可能です。百戦錬磨の面接官には本心でないことを見抜かれてしまう可能性が高いからです。

自分の考えを整理することで「良く自分を理解できている」「失敗を反省して意欲的に働く意思が強い」と感じてもらえるアピールが必ずできますので、答えを知りたい焦る気持ちを一旦おさえて、自分の気持ちと向き合うところから始めてみましょう。

面接時の回答方法としては、下記のポイントを参考にしてみてください。

  • 短期間で退職した理由と反省を率直に伝える
  • 前職では実現できないビジョンを応募企業で実現できることをアピール
  • 強みを活かす為、キャリアプランを実現する為に早目の決断をしたとアピール
  • プランと合致して長く勤められる企業を探していたことをアピール
  • 病気や家族の事情などで辞めた場合は現在問題がない点をアピール

これらをアピールする為には、自分の本音を整理する必要がありますね。しかも応募企業で実現できないようなキャリアプランをアピールしてもダメです。そのため、アピールには企業研究も必要になってきます。

リクナビNEXT

リクナビNEXT転職者の8割が利用!求人数、転職実績ともにNo.1の転職サイト。転職を考えたら、まずはリクナビNEXTに登録しておきましょう。簡単に自分の強みを知ることができるグッドポイント診断で自己分析などの転職準備が捗ります。

サイト登録・詳細を見る

自力では難しいことをサポートしてもらう

上記のように進めていくことで、短期退職のマイナスを打ち消すアピールは可能ですが、自己分析や企業研究にじっくり時間を掛けられるほど社会人は暇ではありませんし、離職中の場合はより一層大変なことです。

どう解決するかと言えば、基本的には「サポートしてもらう」ことをおすすめします。具体的には転職エージェントを利用するが第一の選択肢になります。

全て自分でやろうと構えるより、ずっとスムースな転職活動が実現できますので、必ず利用するようにしましょう。

短期退職をネガティブに考えてしまっている方におすすめは、サポート力に定評のある転職エージェントです。

DODA・・・求人数が圧倒的でありながら、サポートに定評がある転職エージェントです。

パソナキャリア・・・求人数はリクルートエージェントやDODAにはかないませんが、高いサポート力は評価が高いです。じっくり相談していきたい人におすすめの転職エージェントです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

使える転職エージェントまる解り・6項目の徹底比較(完全版)

転職エージェントを利用する事は転職成功への近道ですが、どのエージェントを使えば良いのかは迷うものです。

・求人数
・求人の質
・年収アップ率
・サポートの質
・得意分野
・拠点数


上記の「6項目」から使える転職エージェントを手間暇を掛けて徹底比較しています。ぜひ、参考にしてください。

詳細を見る