仕事にやりがいはいらない?やりがいを感じない原因と転職を検討する際の注意点

せっかく毎日長時間働くなら、仕事は楽しいほうが良いですし、仕事にやりがいを求めるのは良いことだと思います。

しかし、世の中には「仕事はお金をもらっているのだから、やりがいなんていらない」という考え方もあります。

  • 仕事にやりがいを求める人
  • やりがいはいらないという人

どちらの考えも、間違いではないでしょう。しかし、仕事にやりがいを感じないまま、給与をもらうためだけに、人生の大部分の時間を消費してしまうのは個人的にはバカバカしいと思っています。

もちろん、人生は仕事だけではないので、仕事はお金と割り切って、仕事以外の時間を充実させるという方法もあるでしょうが、仕事が楽しいほうがより良いのでは?と思います。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

20代・30代のホワイト求人が豊富!関東・関西圏におすすめ

マイナビエージェントを利用した際の感想は、ホワイト求人の紹介が多く、丁寧に紹介の理由まで教えてくれたので安心して、任せられたという印象が強いです。

徹底した職務経歴書や面接対策など手厚いサポートでバランスが良く、無理に転職を急かされることもないので、利用者の評判もかなり良い転職エージェントです。

20代・30代の良質な求人案件が豊富なので希望通りの内定を得たいなら利用価値が高いです。

マイナビエージェント(登録1分・履歴書不要)

仕事にやりがいを感じない原因

仕事にやりがいを感じないからといって、すぐに会社を辞めるという決断はリスクが高いです。

そこで、まず「どうしてやりがいを感じないのか」という原因を考えてみると良いでしょう。原因が解れば、対処法もあるでしょうし、突き詰めていって問題が解消しないと解ったときに、初めて転職という選択肢を検討すれば良いと思います。

仕事にやりがいを感じない原因は様々だと思いますが、一例を挙げていきます。

  • 仕事に興味がない
  • 自分の為だけに働いている
  • 仕事の楽しさを知らない
  • 仕事のミスが多くついていけない
  • 自分の仕事が何に役立っているか解らない
  • 正当な評価を受けられない
  • 会社の将来性が良くない
  • 職場の雰囲気・人間関係が悪い

仕事にやりがいを感じないと言っても、働き始めたばかりの人や、経験が浅い人はある意味仕方がないかも知れません。

まだ、幅広い業務を任されていないければ、仕事のやりがいや楽しさは感じられないことも多いでしょう。

仕事に興味がない

現在、毎日している仕事内容に全く興味が持てないという人は、仕事が面白くなりようもないかもしれません。

仕事に熱中できない状態では、やりがいを感じるのは難しいかもしれませんね。

自分が喜べる事や楽しいと思えることを見つける為には、もう少し今の仕事を掘り下げて考えていくのも良いかもしれません。

それでも、全く興味が湧かないのであれば、あなたに合っていない可能性も充分考えられますので、興味のある仕事への転職を決断するなら若いうちのほうが得策かもしれません。

ただし、転職先の仕事にも興味が持てず、転職を繰り返すことになるリスクもありますので、慎重に判断するようにしていきましょう。

自分の仕事が何に役立っているか解らない

やりがいと言っても、人それぞれ捉え方は違うかもしれませんが、多くの場合、仕事に対する達成感や、誰かに役立っているという使命感など、自分の仕事を肯定できるような状況の時に感じる事が多いのではないでしょうか。

また、自分の携わる仕事が世の中に役立っていることなども、仕事に対するやりがいを持ちやすいかもしれません。

反対に「こんな仕事何の役にも立たない」とか「誰も喜ばない」なんて感じている場合は、仕事に対する誇りを持つのは難しいですし、やりがいも無くなってしまうでしょう。

まずは、自分の会社が世の中にどう役立っているのか、自分の仕事で会社が利益を出したり、誰かの負担が減ったりしていないか、一度考えてみましょう。

それでも「こんな仕事に意味はない」と思うのであれば、ただただお金の為に毎日同じような業務をこなす以外にないのですから、やりがいを感じるのは難しいかもしれません。

仕事の楽しさを知らない

特に、仕事が身についていない若い世代では、仕事の奥深さを解らないこともありますし、自分の能力を活かして活躍できた時の喜びなども少ないのかも知れません。

一般的には、年齢が上がり、経験を積む中で、責任のある仕事も任されていくようになります。それはそれで大変なことでもありますが、責任感を持って仕事に取り組むことで、達成感や充実感を味わえることも多くなり、それが仕事の楽しさに繋がる人も多いと思います。

経験が余りにも短い場合は、何か1つでも目標を立て、スキルアップを目指す中で、仕事の楽しさを感じやすくする工夫もしていきたいところです。

しかし、本当に合わない仕事の場合は、いくら頑張っていても楽しくないという事も当然有り得ます。

残念ながら、楽しくないまま給与を貰うためだけに働いている人も、少なからずいますが、それは自分の選択ですし、他人が否定できるものではないかもしれません。

ただ、楽しく仕事をしたいという想いがあるのであれば、自分の仕事について真剣に考える時間を作ることは大切なことではないでしょうか。

仕事のミスが多くついていけない

仕事のミスは誰にでもありますが、ミスばかりで怒られてばかり、というような場合は、やりがいを感じるどころではありませんね。

仕事が難しくてついていけないという人は、多くが20代前半の若手だと思いますが、要領よく仕事が覚えられない人だって少なくありませんので、自信を無くす必要はありません。

毎日の積み重ねで、少しずつスキルは身についていきますし、時間が解決する場合も多いです。

転職を検討している人もいるかもしれませんが、転職すれば解決するとは限りませんので、できる工夫や努力はした上で決断していくようにしましょう。

仕事内容が自分にあっていないと強く感じる場合は、自分に合う仕事がどんなものなのか、ある程度明確になってから、転職を決断していくようにしてください。

ただ、行動してみないことには、違う仕事の良さも解らないという事もありますので、転職活動を開始してから、実際に転職するかどうか決断していくのも1つの方法かもしれません。

正当な評価を受けられない

一生懸命仕事をして、自分なりの成果を出していると思っているのに、上司や会社には正当に評価されていないと感じる場合も、仕事に対するやりがいが無くなってしまう人は多いでしょう。

もちろん、仕事をする限り、正当な評価を受けたいと感じるのは当然なことです。

しかし、自分の満足度や充実度を図る基準が「他人」になっているうちは、本当の意味でのやりがいは感じることはできないかもしれません。

一見、評価されていないと感じるようでも、真面目に仕事に取り組んでいれば、誰かしらしっかり見てくれているものです。

すぐに評価が上がることを期待せず、「昨日の自分から少しでも成長した、前進した」と思える仕事を続けるようにしましょう。

他人の評価ではなく自分の評価が基準になっていくと、仕事にやりがいを持ちやすくなりますし、そのうち、正当と思える評価をもらえることも増えていくと思います。

ただし、会社の誰しもが正当な評価をされていないような環境の場合、原因は会社にある場合も有り得ます。

そんな場合は、よほどのことがないと、現在の不満を解消できないかもしれませんので、転職を検討するのも良いでしょう。

会社の将来性が良くない

いくら頑張ったところで、斜陽産業で勤めていると努力が業績に反映していかず、ボーナスも安い、給料も上がらないなど、モチベーションは上がりづらいでしょう。

今の会社で働くことで、まだ成長できると感じていれば、続ける価値がありますが、そうでない場合は、限られた人生ですから早目に決断していくことも時には大切なことです。

会社の将来が見えなくても、みんなで同じ目的を共有しているベンチャー企業などでは、現状は厳しくても将来に希望を持って働くことができるかもしれません。

しかし、そうでない場合は、いずれ会社を辞めることになる可能性も高いですし、会社自体が無くなることも残念ながら少なからずありますので、真剣に考えていくようにしましょう。

職場の雰囲気・人間関係が悪い

仕事のやりがいは、なにも仕事そのものの充実感などだけで感じるものではありません。

仕事自体は大して面白いものではないけれど、悩んでいれば相談に乗ってくれる上司や同僚がいたり、一緒に喜べる瞬間があったりするなど、職場の雰囲気や人間関係が良好な場合、仕事にやりがいを感じることもできるでしょう。

反対に、人間関係が悪いと、それだけで一気にモチベーションは下がり、会社に行くのも嫌になりますから、いずれ仕事自体にもやりがいを感じなくなることは多くなります。

転職するかの判断は難しいですが、今の状況を解決できる可能性があるのかどうかで判断することをおすすめします。

例えば、上司との人間関係で悩んでいて、1年後に上司が変わるなら、時間が解決するかもしれません。社内での異動が可能なのであれば、検討するのも良いでしょう。

いずれにせよ、給与など人間関係以外の要素も大切ですから、客観的な視点で冷静に判断していくようにしましょう。

満足の行く転職には転職先の見極めが大切

転職は、現状の不満が大きくなりすぎて、言葉は悪いですが「どこでもいいから今の状況から逃げたい」というようなネガティブな状態で決断する人が少なくありません。

しかし、転職の目的は、今いる会社から逃げることではなく、転職先で今の不満を解消し、より希望に合った環境や仕事内容を実現できるかということです。

ですから、転職して失敗だったと後悔しない為には、転職先の見極めは慎重に行う必要があります。

自分で応募企業を研究することも大切ですが、おすすめは転職エージェントに相談してしまうことです。

転職エージェントは、企業の依頼を受け転職者を紹介し、入社することで報酬を得ますが、転職者がすぐに辞めるようなことになれば、その報酬は企業に返還しなければならないことがほとんどです。

その為、転職理由になったような不満は、できるだけ解消できる企業を紹介しようと考えてくれます。

また、企業との繋がりが深いので、自力で調べても解らないような内部情報を得ることができます。

求人の紹介や選考対策、面接スケジュールの調整など様々なサポートを無料で受けられるので、転職の際は必ず利用することをおすすめします。

転職エージェントは沢山ありますが、第一選択肢になる、まず利用すべきエージェントを下記で紹介しますので、参考にしてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、第二新卒を含む20代~30大の若手に強い転職エージェントです。

マイナビの知名度を活かして、企業との太いパイプがあり、良質な独占案件を多く保有しています。

大企業から中小・ベンチャーまで幅広い求人がありますが、特に優良中小企業の独自案件は評価が高いです。

求人数では、業界最大手のリクルートエージェント、2番手のdodaには及びませんが「紹介数が多い」「ホワイト求人の紹介が多い」という定評があります。

多くのビジネスパーソンにおすすめの転職エージェントです。

求人数・質 2.8万件(うち非公開求人=2.1万件)2018年2月現在)
サポート力 採用支援業界大手の強みを活かし、業界や企業に精通する。書類選考率や面接対策も手厚い。
年収アップ率 64%(現在は非公開)
おすすめの年齢層 25歳以下17%、25~35歳59%と第二新卒を含む若手に強いが36歳以上も24%と全年齢に対応。特におすすめなのは第二新卒を含む20代~35歳までの若手。
強みのある職種・業種 特に求人が多いのは、SE(IT/通信/インターネット)、機械/電気・電子/素材、営業職、医療系、コンサル、クリエイティブ系、バックオフィス(事務系職種)などだが、幅広い業種に対応している。

マイナビエージェンとの公式サイト

doda

doda

dodaは国内トップクラスの圧倒的な求人数があり、転職実績も豊富で強みを持っています。

利用者の満足度が非常に高いことでも知られ、書類対策・面接対策など丁寧なサポートに定評がありますので、安心して利用することができる転職エージェントです。
利用者の年齢層は幅広く、若手から40代まで利用価値が高いです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。リクルートの知名度と企業との太いパイプで、大手から優良中小企業、ベンチャー企業など、良質な求人案件を幅広く保有しています。

dodaと同じく、他の転職エージェントと比較した場合、求人数が圧倒的に多く、転職エージェントを利用する上で選択肢を広げたい場合には登録必須です。