女性の転職   2017.02.20

【女性の転職】転職サイトは女性特化型がメリット大

女性の転職サイトを活用しましょう

転職をする上で、転職サイトや転職エージェントの利用は必須な時代になっていますが、女性の場合、男性向けの求人の中から女性の求人を探すのも面倒な部分もあると思います。

そういった応募者のニーズに応えるように、近年では、転職サイトも細分化が進んでいます。女性の場合「女性特化型の転職サイト」や、女性が多い業種の「看護師」、「アパレル業界」なども業種別の転職サイトがあります。

大手の転職サイトは独自の求人も多く、利用価値は高いですが、それと同時に「女性の転職サイト」や「希望業種に特化した転職サイト」を利用すると、とても便利なので、転職の達人では同時平行で利用することをおすすめしています。

スポンサーリンク
リクルートエージェント

実際に転職サイトを利用した感想を聞いてみました

今回は、転職サイトを利用して転職した女性が、実感としてどう感じたのかを、「みかさん(32歳女性)」から聞いてみました。

転職サイトを利用しようと思った理由

転職の達人:まず、最初に転職サイトを利用して、転職しようと思った経緯をお聞かせください。

みかさん:私の場合、前職の会社で給与が少なかったので、転職を決意しました。転職サイトの利用は初めてなんで、始めは良く分からずにとにかく登録してみようと思いましたね。だから経緯と言ってもほとんど思い付きです(笑)

転職の達人:なるほど。求人雑誌を読んでみたり、ハローワークに行こうとは思わなかったんですか?

みかさん:そうですね。求人雑誌は探すのが大変そうだし、ハローワークも行くのに仕事の都合をつけたりするんも面倒だったので、初めから転職サイトを使おうと思いました。

転職の達人:みかさんは、リクナビに始めに登録したそうですが、その後に女性特化型の転職サイトも登録したと伺っています。リクナビは日本で最大級の転職サイトですが、どう違うと感じましたか?

みかさん:リクナビの場合は、とにかく求人数が多くて、自分の希望する求人を探すのが大変でした。「女性も活躍中!」というような求人は多いですが、私みたいに調べるスキルが低いと、なかなか女性が有利に転職できそうな求人を探すのが難しいのかも。スカウトメールも初めのうちは少ししか来なかった気がします。

転職の達人:たしかに、検索機能がありますので、いろいろキーワードを入れて、試していけば希望に合った求人を探すことはできますが、人によっては難しく感じる場合もあるかもしれませんね。

スカウトメールは経歴などのレジュメを登録すると企業からオファーが届くようになる機能ですが、そもそも企業からメールがあまり来なかったということですね。

みかさん:「条件に当てはまった人には全員送っておこう」みたいな雰囲気のメールはそこそこ来ましたが、いまいち魅力を感じなくて・・・ その後でレジュメを書き直したりしているうちに、メールが届くようにはなりました。

転職の達人:企業側からオファーメールが来ること自体は、忙しい中なら特に便利ではあると思いますが、興味のある仕事内容でない場合もありますもんね。では、その点「女性特化型の転職サイト」の場合は、何か違いがあったんでしょうか?

みかさん:女性の転職サイトの場合は、女性求人しか載っていないので、希望の給与とか条件を絞って、どんどん応募しちゃいましたね。スカウトメールもリクナビと比べると、すぐに来ましたし、量も多かったです。中から自分の興味がある企業にはとりあえずお返事していました。

転職の達人:なるほど。女性のみかさんにとしては、リクナビのような総合転職サイトより、女性の転職サイトのほうが使いやすかったし、メリットもあったということですね。

みかさん:あくまで私にとってはですが。とにかく、どんどん進めたいタイプなので、面倒臭いことをいろいろ考えているより、解りやすいのが一番だなぁと思いました。

転職エージェントは利用しなかった

転職の達人:女性の仕事に特化した転職エージェントもありますが、利用は考えなかったんですか?

みかさん:うーん。実は女性特化ではないですがエージェントにもは登録しました。女性特化の転職エージェント会社は知りませんでした。でも転職サイトのほうで、どんどん応募をしていたし、面接も決まっていきましたから、結局使いませんでした。

私は希望条件が高いわけでもないし、とにかくどんどん面接したいのが本音だったので、いいかなーと。

転職の達人:転職エージェントの場合、企業を紹介してもらえるし、経歴書から面接などのサポートもしてもらますから、ご自分で面倒くさがりと言われているみかさんにも利用するメリットは大きかったとは思いますが、それだけ積極的な転職活動をされるバイタリティがあれば、どちらでも大丈夫だったかもしれませんね。

1週間程度で2件の面接・面接期間も応募を続けた

転職の達人:女性の転職サイトを利用した感想、ありがとうございました。話は少し変わりますが、せっかくですから、みかさんが経験した転職活動の流れなどお聞きしてもよろしいでしょうか。知りたい人も多いと思いますので。

まずは、面接まではどのくらい時間がかかりましたか。

みかさん:私は転職サイトに登録したその日から、どんどん応募しましたし、スカウトメールでも興味があればどんどん応募していくようにしました。

すぐに電話してくださった企業もあって、1週間後には面接が2件ありました。

転職の達人:面接をしながらも応募はしましたか?

みかさん:そうですね。応募は面接が多くなるまではしてました。私は応募しすぎたかも(笑)何件かは面接の前にお断りもしました。

転職の達人:理想的な進め方だと思います。あまりに志望企業を絞ってしまうと、1社面接して落ちたらまた応募するような事にもなりかねないですね。そうなると、転職活動の期間はとても長くなってしまいますから。それでは、面接まででの注意点などありましたらお聞かせください。

みかさん:面接が増えると、2時面接も入ってくるので、仕事をしながらは難しいなと思いましたね。有給休暇も使いましたが、それでもハードスケジュールな感じでしたので、途中で応募はしなくなりました。

あとは、面接の時点で「この会社は嫌だな」と思うこともあったので、「行かなければよかった」と思う面接もありましたし、逆に何社か面接したことで面接の雰囲気に慣れたのは良かったかなとも思います。

「自分らしさ」がキーワード

転職の達人:ありがとうございました。次に転職活動で注意されていた点をお聞かせください。

みかさん:転職活動は自分を売り込む場だと思って臨んだので、自分の立場をあまり下だと思わないように注意していました。もちろん、上だとも思ってないですけど、変に固くならないように自分らしくと思っていましたね。

先ほどの話と重なる部分がありますが、女性の面接官の場合、企業によって、とても丁寧な対応や質問をしてくださる方もいれば、態度が大きくて失礼な人だなと感じることもありました。

普通は面接は面接官が応募者を「どんな人か見る」場だと思うんですが、私の場合は面接官を見て企業の雰囲気を判断したりしました。

転職の達人:ストレス耐性を見る為に、わざと高圧的な面接をする場合もあるそうですけど、確かに面接官のように人をきちんと見れなければならない人の対応で、会社の一面を見ることはできるかもしれませんね。「自分らしさ=魅力的な部分」だったりもしますから、アピールする上での心構えとしてとても参考になります。

みかさん:本当に失礼な面接官がいたんですよ!採用する気がないなら呼ぶなと本気で言いたくなった会社もありましたし・・・偉そうな態度をされても、こちらはまだ入社している訳ではないので、冷静にそういった点でも判断してました。

でも、逆にとっても気持ちの良い、配慮がある面接官の方には本当に「時間を割いていただいてありがたかった」と思えましたし、悪い対応をされた後などは特に元気ももらいましたので、合否に関わらず感謝しています。

転職の達人:態度の悪い面接官や、とりあえず全員呼んじゃおうみたいな面接で、面倒臭そうに面接されたりすると、確かにうっとおしいですよね。そういった転職活動の負の部分も乗り越えて、転職を勝ち取られた訳で素晴らしいです。

最後に、これから転職活動をする女性にアドバイスをお願いします。

みかさんのアドバイス

みかさん:アドバイスというようなものでもないかもしれませんが、私の場合、積極的にどんどん応募したのが良かったかなと思っています。面接に進まないと解らなかった事も多かったので、多分募集内容だけ見て判断しても、面接の時点で違いがあると思います。

例えば募集要件には資格の記載がなかったのに面接に行ってみたら資格必要だったり。その企業は面接官が私の適性を見てくださり、募集と違う職種を提案してくださったので良かったんですけど。

「ちゃんと書いといてよ!」と思うような事はそこまでないのかも知れないけど、全て書いてあるわけではないし、雰囲気も含めて面接の中で知ることも大事だと思うので、どんどん応募して面接を受けるほうが良いと思います。

ただ、私の場合はどんどん受けすぎて面接の準備が足りなかったかなと思います。場数を踏んでどんな質問をされるのか理解しましたけど、始めから準備しておけば済んだかなぁという感じです。

転職の達人:今日は貴重な体験をお話してくださり、ありがとうございました。

女性におすすめの転職サイト

リクナビNEXT

グッドポイント
リクナビNEXTは日本最大級の転職サイトです。独自求人が85%もある事から解るように、とにかく求人数が多く、どんな人でもリクナビだけは登録しておくことをお勧めします。

女の転職@Type

LP13
女の転職@typeは人材紹介サービスでは老舗の「(株)キャリアデザインセンター」が運営する女性特化型の転職サイトです。

サイト内の「志向に合う求人ランキング」では、あなたの仕事に対する志向や希望に合わせて、スライドバーを左右に動かすだけで、相性のいい求人をランキングで表示してくれたりと、女性が使いやすいように工夫がされていてるので便利。

今回インタビューさせていただいた「みかさん」も使用した転職サイトです。

高収入・キャリアアップを目指す女性の転職サイト

ここからは転職エージェントになります。転職エージェントについては下記の記事をご参照ください。

転職エージェントとは?基礎知識と選び方の軸

リクルートエージェント

リクルートエージェント
キャリアアップや高収入を目指す女性は迷わず「リクルートエージェント」を利用するようにしてください。非公開求人数も転職成功実績もやはりリクルートの強さは別格です。

転職エージェントも大手が良いとは限りませんが、大手だからカバーできる求人も欠かせません。大手は必ず使った上で、複数利用が基本です。

クリーデンス

クリーデンス
アパレル業界志望(デザイナーから店舗スタッフまで)なら、クリーデンスがおすすめです。いわゆる転職エージェントなので、あなたの希望にあった求人紹介から、面接などのサポートまでしてくれます。業界特化型ならではの詳細な情報も持っているのが特徴です。

ナースではたらこ

ナースではたらこ
東証一部上場のディップの運営する看護師専門の転職サイトです。楽天リサーチで3年連続「顧客満足度1位」「担当者の対応1位」「友達に薦めたいランキング1位」「転職後のアフターサポート1位」という実績を誇っています。

まとめ:転職の達人の感想

みかさんは、とても明るくてバイタリティのある女性でした。こういった女性の場合、行動力で多くのものカバーできてしまえるのだと思います。

転職の達人としては、「準備は大切」ですが「行動することはもっと大切」だと考えます。最低限の準備はしておいたほうが当然良いですから、当サイトの記事も参考に進めていただければ幸いです。

また、みかさんの場合、女性の転職サイトのほうが利用しやすかったようですが、これも人によりけりだと思います。総合型と特化型のどちらにもメリットがあるし、デメリットもあります。

一般的には

  • スキル・経験がある・高年収を狙う場合・・・転職エージェント
  • スキル・経験に自信がない・沢山の企業から選びたい・・・転職サイト
  • 自分の特性だけに絞って探したい・・・特化型転職サイト(女性特化・業種特化)

というような振り分けになると思いますが、より自分の希望に合った転職をされたいのであれば、それぞれメリットがありますし、相性もあるでしょうから、複数登録というのが基本的な考え方になるかと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

使える転職エージェントまる解り・7項目の徹底比較(完全版)

転職エージェントを利用する事が転職成功への近道ですが、利用する際、どのエージェントを使えば良いのかは迷うものです。

・求人数
・求人の質
・年収アップ率
・サポートの質
・得意分野
・拠点数


上記の「7項目」から使える転職エージェントを手間暇を掛けて徹底比較しています。

ぜひ、参考にしてください。

比較を見る

スポンサーリンク
グッドポイント

コメントを残す

*