転職成功ノウハウ   2017.07.12

自分に合う仕事を知りたい!無料の適職診断・適性診断テスト4選

自分に合う仕事選びを
picupPick Up!
 転職の達人が厳選する「転職エージェント徹底比較」

「自分に合う仕事なのか解らない」「自分の強みが解らない」という人は、適職診断などの診断ヒントになることも多いのではないでしょうか。

適職診断で自分に合う仕事を診断したからと言って、その職業が本当に自分に合っているかは長く働いてみないと解らない部分もあるでしょうし、合っているから長く勤められるかというと一概にはそういえません。

しかし、「自分に合う仕事」が「自分のやりたい仕事」にできれば、とてもやり甲斐もあり、楽しいことは間違いないでしょう。

このページでは、自分に合う仕事のヒントになる適職診断や、自分の強みや適性が解る適性診断ツールなどを紹介していきます。無料で診断できるものばかりなので、積極的に活用するようにしましょう。

自分に合う仕事ってどんなもの?

自分に合う仕事とは、どういったことでしょうか。

「この仕事自分に合わないな・・・」と考えるとき、多くの場合、仕事にやり甲斐が見つからず、自分の良さを生かせていないと感じているのではないでしょうか。

会社では理不尽なこともありますし、毎日の通勤自体が大変な労力だったりしますが、自分に合っていると感じている人は「やり甲斐」も強くあるので、多少の不満があっても、「仕事が楽しい」と言える人が多いです。

そういった意味では、自分の性格や特徴が生かせて、強みが発揮できる仕事が「自分に合う仕事」だと言えるのではないでしょうか。

その意味で、自分に合う仕事を探すには「自分の価値観」や「性格・特徴」を洗いざらい書きだすなどして、整理していくことが大切です。

しかし、それ自体も時間も労力も掛かるのは事実です。そんな時は、無料で利用ができる適職診断や適性診断は、とても有用なツールです。

見えていなかった自分を発見できることもありますし、自分で理解していた自分の特徴もより明確になり整理がつきやすくなるメリットがあります。

それでは、無料で利用できる適職診断や適性診断を紹介していきます。

@type適職タイプ診断テスト

適職タイプ診断テスト

@typeの適職診断テストは、4~5問程度のごく簡単な設問に答えると、適性タイプやその解説、自分に向いている仕事などが、診断結果として表示されます。

項目の少ない簡単な診断なので精度のほどは不明ではありますが、個人的には結構当たっているなと感じました。「外資系やベンチャー企業」が合っていると診断されましたが、自分から選びたいと思う業界ではなかったものの、適性は確かにあるのかもしれないと意外ながら納得できる診断結果でした。

適職タイプ診断テスト

@type転職力診断テスト
転職力診断テスト

キャリアデザインセンター運営の転職サイト「@type」で受けられる無料の診断テストです。

転職サイト@type利用者の13万人以上の職種・年齢別経歴などのデータに基づいて詳細な診断ができるのが特徴。type転職エージェントのキャリアコンサルタントが監修していて、的確な診断ができると評判も良い診断ツールです。

診断テストは48項目の設問に順番に答えていき、経歴やスキルを記載するだけです。所要時間は10分程度で診断が手軽にできます。

テストは無料ですが、転職サイト@typeの登録者のみが利用できるようになっています。

転職力診断テスト

リクナビNEXT適職診断

リクナビNEXTの適職診断

転職サイト「リクナビNEXT」の適職診断は、12問の設問からなる「仕事選びの価値観テスト」と11問の設問からなる「自分発見!性格テスト」に答えるだけの簡単な適職診断テストです。

「自分が仕事に求める価値観」や「性格的に向いている仕事」が診断結果として解説されるようになっているので、現状で「自分に合う仕事」が解らないと思っている場合、ヒントになるかもしれません。

リクナビNEXTの適職診断テスト

リクナビNEXT「グッドポイント診断」

グッドポイント診断転職サイトのリクナビNEXTでは、「グッドポイント診断」という登録者専用のツールがあります。

案内に従って診断を進めるだけで、自分では客観的に把握しづらい「強み」を知ることができます。

グッドポイント診断では、親密性・受容力・決断力・慎重性・挑戦心など、18種類の項目の中から、あなたの強みを5つ診断してくれます。

無料で受けられますが、費用が掛かってもおかしくない詳細な診断ができ、精度が高い本格的なテストとして有名です。

自分の強みが解ることで、自分に合う仕事探しの大きなヒントになることは間違いないでしょう。

また、転職エージェントを利用する際は、コンサルタントもグッドポイント診断を認識していますから、面談時にグッドポイント診断の結果を持っていくことで、コンサルタントがあなたに合った仕事を紹介しやすくなります。

ヒアリング面談時のコミュニケーションで、伝えられれば良いですが、自分に合った仕事が良く解らないというのであれば、診断結果などを見せたほうが、あなたに合った仕事を紹介してもらえる可能性が広がるでしょう。

また、自分で気付けていなかった、アピールポイントに気付くことができる上に、転職エージェントに自分の強みを伝えることができるので、ぜひ活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

使える転職エージェントまる解り・6項目の徹底比較(完全版)

転職エージェントを利用する事は転職成功への近道ですが、どのエージェントを使えば良いのかは迷うものです。

・求人数
・求人の質
・年収アップ率
・サポートの質
・得意分野
・拠点数


上記の「6項目」から使える転職エージェントを手間暇を掛けて徹底比較しています。ぜひ、参考にしてください。

詳細を見る